テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月19日(金)は、加藤諦三&坂井眞。高校へは休まず通うも、夕方から夜は改造したバイクで走り周る息子達のグループ6人。別の暴走族グループに、富士山が描かれたヘルメットの件で因縁をつけられ、二人が鼻を折られ、一人は目に痣を作る。息子はお金を巻き上げられる。警察に通報はしてあるが、仕返しを怖がって被害届を出したがらない息子達。どう説得すればいいでしょうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『世の中に正面から向き合う態度なくして、世の中のトラブルは解決できません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:47歳女性 夫51歳 子供二人 長男17歳 次男16歳

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
こんにちは。(相談者)

はい。(相談者)

あの、最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦三)

40・・7です。(相談者)

47歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい・・ぇ、結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
ぇ・・ご主人、何歳でしょうか?(加藤諦三)

51です。(相談者)
51歳・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

二人います。(相談者)

長男17歳、次男が・・(相談者)

16です。(相談者)

はい、わかりました、んでぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

ヘルメット。(相談者)

ヘルメット?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

の、トラブルで・・(相談者)

お電話しました。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

どんなトラブルですか?(加藤諦三)

えっと・・ですねぇ・・(相談者)

ちょっと・・やんちゃな子達が・・(相談者)
・・
被るようなメットがあるんです・・よ。(相談者)

いや、普通のヘルメットと、違う・・んですか?(加藤諦三)

あの、富士山が描いてあるのが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やんちゃな子達が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・今、それが、暴走族の・・(相談者)

メットの・・らしいんです。(相談者)

ああ、そう・・あのぅ・・そのぅ・・ヘルメットは・・(加藤諦三)
・・
暴走族の中でも・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ぁ、愛好されているというか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

それがたまたま・・(相談者)

あのぅ・・お友達が持ってまして・・(相談者)

ええ。(相談者)

友達が持ってたっていうのは・・(加藤諦三)

この・・(加藤諦三)

今、ヘルメットの話って、この、17歳のお子さんの話?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
はい、17歳の、お子さんの・・(加藤諦三)
長男の方です。(相談者)

はい。(相談者)
友達が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

その、今、言ってる、富士山・・の描いたような・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ヘルメットを持っていた・・はい。(加藤諦三)
はい、そうです・・(相談者)

それ・・を、ちょっと被らせてもらったりしてまして・・(相談者)

はい、息子さん・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
が、かぶったということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを・・順ぐり、順ぐり・・(相談者)

他の・・お友達と・・(相談者)
みんなが・・みんなして・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
かぶった・・次々、かぶったということねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、何人ぐらいでかぶったんですか?(加藤諦三)

うちのグループっていうのが・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

6人ぐらいいるんですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(加藤諦三)

それで・・えっと・・他のグループが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やっぱり・・(相談者)

5~6人、いる・・んですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

6人のグループの中の・・1人だけがかぶって、ちょっと、遊びながら・・(相談者)

こう・・(相談者)

シマ・・あのぅ・・その・・(相談者)
要するに・・はい、6人が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの、オートバイ乗って・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ブラーっと・・(加藤諦三)

どっかを走ってた。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
はい、そいで?(加藤諦三)

それで、えーっと・・「それは、何でかぶってるんだ?」・・っていう、因縁をつけられまして・・(相談者)

いざこざがありまして・・(相談者)

・・

いざこざっていうのは・・ん・・ど、どの程度のいざこざですか?(加藤諦三)

えっと・・鼻を折られた子が、二人いて・・(相談者)

うちのグループの。(相談者)

・・

ほうで。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでもう一人は・・(相談者)

目のほうを・・青く・・(相談者)

なりまして・・(相談者)

うちの子は、お金・・にするか・・それか、ヤキを入れるか・・っていうことで・・(相談者)

それで・・(相談者)
つまりそれ・・ごめんなさい、ちょっと、言ってる話しの内容が、掴めないんです。(加藤諦三)

で、もともと・・(加藤諦三)

その、暴走族としてあなたの・・(加藤諦三)

息子さんが、暴走族の仲間で・・(加藤諦三)

いえ・・暴走族じゃないんです。(相談者)
・・
ちょっとだけ、やんちゃ?(相談者)

あの、高校は、ちゃんと行ってますし・・(相談者)

ちょっと、夕方・・夜・・(相談者)

ぼう・・あのぅ・・バイクで、ちょっと遊びに行くぐらい・・(相談者)

な、子なんです。(相談者)

・・

うちは、たまたま・・あの、カッコイイなと思って・・その・・(相談者)

あのぅ・・メットが・・(相談者)

なんか・・流行ってる・・っていうのを、聞きつけまして・・(相談者)
・・
なんか、ちょっと、かぶってみたいな・・っていうことで、かぶ・・(相談者)

ってたん・・ですよねぇ。(相談者)
・・
みんなで、あのぅ・・たまたま、家の・・(相談者)

近所・・で・・たまたま、遊んで・・(相談者)

たところに・・(相談者)

あの、他の・・(相談者)

チームが来まして、「なんでそんなのかぶってるんだ?」っていうことで・・(相談者)

あの、いざこざが・・あ・・(相談者)

って・・(相談者)
うん・・さぁ、その、いざこざっていうの、だから、ちょっと・・(加藤諦三)

ぉ・・大変な・・(加藤諦三)

の、暴力事件ですよねぇ、これは。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
はい。(相談者)

それで・・(相談者)
なんでその・・(加藤諦三)
「訴えよう」って、言ってるんですが・・(相談者)

「訴えない」って言うんですね、本人達は。(相談者)

怖がって。(相談者)

それで・・(相談者)

どうしたら・・(相談者)

いいのか・・(相談者)

っていうのが、ちょっと・・(相談者)

どうしたらいい・・って、いうのは・・(加藤諦三)

このまま、放っておいた方がいいのか・・それとも、きちんと・・(加藤諦三)

あの、暴力事件としてちゃんと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
現実に、これだけ酷い事、されてるわけですから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

「訴えなさい」というふうに、どう説得したらいいか・・という・・(加藤諦三)

そういうことですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

そうです。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
警察だって、こんだけの・・(加藤諦三)

暴力事件が・・起きてれば、放っておかないでしょう。(加藤諦三)

はい。(相談者)

本人達が、怖がって・・(相談者)

「訴えない」と言ってるので・・(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

警察には・・(加藤諦三)

報告してないんですよね?(加藤諦三)

ええ、警察には、報告は・・(相談者)

してます。(相談者)

で、警察、なんて言ってるの?(加藤諦三)

訴えるんだったら、訴えろ・・って、言ってます。(加藤諦三)

そんで、あなたの、そうすると今日の相談っていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

・・

どうすれば・・(相談者)

説得できるかな?・・という・・(相談者)
あっ・・要するに、この6人に・・(加藤諦三)

どう説得したらいいか・・という・・(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

そういう相談ですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
ぁ・・今日はスタジオに弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク