テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月1日は、心療内科に通う鬱病の娘から、毎日電話やメールで責められる母親。娘が小さな頃、人間関係のイライラを娘にぶつけて鬱憤を晴らしていた事を、虐待と言って責めてくる。そんな状況から解放されたいという母親。どうすればいいのか?

テレフォン人生相談2016年12月1日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:67歳女性 夫75歳 長女41歳 長男39歳

加藤諦三氏の〆の言葉『苦しみは、解放と救済に繋がる』アルフレッド・アドラー

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

67歳の女性からの相談、夫は75歳、長女41歳、長男39歳。

攻撃的に私を責めてくる娘

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えーっと、長女が・・県外で、結婚してます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

10年前から、なにか困ったことがある度に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
メールや電話で泣きごとを言ってきます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その度に、娘の家に行ったり、連れて帰ったり、送り返しました。(相談者)
はい。

娘の旦那さんからは、過干渉と思われるぐらい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
孫、可愛さに、行動しました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

今年に入ってからも・・鬱になり・・(相談者)
鬱になりっていうのは、この41歳の、あなたのお嬢さんが、鬱になった・・(加藤諦三)
そう、そうです。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

で、心療内科にも、通ってますけど・・毎日、電話とメールを・・3ヶ月以上、かかって来るんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

朝は8時から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
夜は、11時頃・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
4~5回・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、私、30分ぐらい、話すんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、私もそれ、聞くんですけど、同じやりとりの繰り返しで、さらに攻撃的に、私を責めてくるんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、限界で・・(相談者)
あのぅ、例えば・・メールの内容でいうと、どんな言葉で・・が・・攻撃的っていうのはどのように・・(加藤諦三)

お母さんは、私の気持ちをわかってくれんとか・・(相談者)
ああ、はい、はい、はい・・(加藤諦三)
お母さんは、子供の時に、私を・・可愛がってくれなかったとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・って、未だに言われます。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

なんか、子供みたいで、なんか・・子供が・・おもちゃを・・買い与えてもらわなかったら、ギャーギャー言うような・・そんな欲望を・・が、発揮できなかったら、私とか、家族・・(相談者)

私とか、家族っていうのは、この、41歳のお嬢さんの、お子さんのね、あなたの・・にとって孫ね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

にあたるって・・(加藤諦三)
とか、旦那さんにも、あたってると・・(相談者)
ご主人にも、あたってると。(加藤諦三)
はい・・と、思うんですよ。(相談者)
ああ、なるほどね。(加藤諦三)

子供が小っちゃいうちは・・行ってたんですけど、もう・・いつまで行っても、自立できんと思って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

3年ぐらい前から、行ってないんですけど、来て来てって、言うんですけど・・行っても、同じことの繰り返しなんで・・(相談者)

もう、行かないことにしてるんですけど。(相談者)
はい、行って・・も、繰り返しということは、要するに・・お母さんは、私の気持ちを、わかってくれないっていうことばっかり、言ってるっていうこと?(加藤諦三)
そ、そうです、そうです。(相談者)

好きではなかったが幸せにはなって欲しい

で、あなたの側からすると、その、お嬢さん、お嬢さんって言っても、もう41歳ですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

言い分っていうのは、どういうふうに感じます?(加藤諦三)

はい、私もイライラして、子育てしたような気がします。(相談者)

なんで、そんなにイライラしてたんですか?(加藤諦三)
仕事と、両方と・・その時・・(相談者)
あ、働いてたのね。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

専業主婦では、なかったんですね?(加藤諦三)
そうです、そうです。(相談者)

そうすると・・ご主人も働いてた、あたなも働いてたで・・で・・このお嬢さんは、どうやって育てたんですか?・・誰が・・(加藤諦三)

あの・・自営業ですから、家・・に、おりますから・・(相談者)
ああ、家で、居るから、絶えず見てはいられるわけですね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

そうすると、お嬢さんの側からすると・・要するに、お母さんは・・傍にいるけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お店のことをやっていて、私の方には、まったく、注意を向けてくれなかったってことね。(加藤諦三)
はい、そう、いつも言われます。(相談者)

で・・(加藤諦三)
イライラして、私を育てたと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

イライラして育てたって、そういう言葉で、言うんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
虐待されたとか言います。(相談者)
虐待されたと言う?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、その、小さい頃は、何、手のかからない子だったの?・・それとも、手のかかる子だったの?(加藤諦三)
手のかからない子でしたけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

高校生の時に、登校・・拒否して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

困ったことが、ありました。(相談者)

で、社会人になっても・・結構、遊びまくって・・で、やれやれ結婚してもらって・・やっと・・離れてくれたと思ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こんな、調子で・・(相談者)

だから、ま、離れてくれたっていうことで、あなたにとっては、こう・・正直な話し・・「好き」ではなかったんだねぇ。(加藤諦三)

たぶん・・(相談者)

ですよね。(加藤諦三)

うん、で、うんでも、、あなた・・今もまあ、かなり、イライラしてるけど、素直な部分もあるね。(加藤諦三)

「嫌いだ」って言ったけど、「たぶん」って、認めるからね。(加藤諦三)
「そんなことありません!」って、こう言う人、多いんだけれども・・(加藤諦三)

嫌いではないけど、やっぱし心配で、やっぱし、いつも、幸せになって欲しいなとは、思ってますけど。(相談者)

あ、それは思ってる?(加藤諦三)
はい。(相談者)
だから・・そう、その気持ちだけじゃなくて・・その、矛盾した気持ちが、あったという意味ですけど・・(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

解放されたい

もう、子供の幸せが、私の幸せです。(相談者)

電話、かかってくると・・自体がもう、不安で・・(相談者)

子供の幸せが・・私の幸せ?(加藤諦三)
はい、今のところ。(相談者)

今のところ・・(加藤諦三)

・・・

あなた、ご主人との関係、上手くいってないよね。(加藤諦三)

たぶん。(相談者)

あのね、自分で幸せになろうっていう・・前向きの意欲が今、ないよね?(加藤諦三)

いやぁ・・ありますけど、今のところ・・自粛してます・・(相談者)
いや、もし・・もしあれば・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

子供の幸せが、私の幸せとは・・絶対に言いません!(加藤諦三)
あ?そうなんですか?(相談者)

自分で自分の幸せを・・作れない人が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
子供の幸せを、私の幸せって言ってるんです。(加藤諦三)
ああぁ・・(相談者)

だから・・人間関係も、上手くいかないですよ、それ、ご主人って・・ご主人・・とも、上手くいってない、ですから今・・あなた、お嬢さんとの関係だけで・・相談してきましたけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お嬢さん以外に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

周りの人間関係は、上手くいってないですよね。(加藤諦三)

・・・

いいえ、そんなことないと思います。(相談者)

・・・

いいですか?(加藤諦三)
周りの人間関係ですか?(相談者)

周りの人間関係が・・上手くいっていて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんで・・お嬢さんを育てる時、お嬢さんにイライラして・・今、こんなんなるの?(加藤諦三)

んん・・はぁ・・(相談者)

逆に言うと、あなた自身が・・お譲さんに・・自分の気持ちを、どんどんぶつけてきたんじゃないの?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

そうでしょう?(加藤諦三)
はい。(相談者)

だから、周りの人間関係の、上手くいかないことを、全部このお嬢さんに向けて・・鬱憤を晴らしてきたんだね。(加藤諦三)

そうかもしれません。(相談者)

・・・

お嬢さんからすると、これたまんないねぇ。(相談者)

・・・

今、あなた・・お嬢さんからのメールだ云々って言うけど・・もう、全部今までの人生、全部に対して・・助けてくれ!ってことじゃないの?(加藤諦三)

とりあえず今の・・解放されたい気持ちだけ・・(相談者)

そうだよね。(加藤諦三)

もう、今の状態から、解放されたいって叫びだね。(加藤諦三)

・・はい。(相談者)

大変難しい相談だと思いますけれども・・今日はあの、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.