鬱病の娘から責められる

テレフォン人生相談
%e8%b2%ac%e3%82%81%e3%82%8b%e5%a8%98

テレフォン人生相談2016年12月1日は、心療内科に通う鬱病の娘から、毎日電話やメールで責められる母親。娘が小さな頃、人間関係のイライラを娘にぶつけて鬱憤を晴らしていた事を、虐待と言って責めてくる。そんな状況から解放されたいという母親。どうすればいいのか?

テレフォン人生相談2016年12月1日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:67歳女性 夫75歳 長女41歳 長男39歳

加藤諦三氏の〆の言葉『苦しみは、解放と救済に繋がる』アルフレッド・アドラー

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

67歳の女性からの相談、夫は75歳、長女41歳、長男39歳。

攻撃的に私を責めてくる娘

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えーっと、長女が・・県外で、結婚してます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

10年前から、なにか困ったことがある度に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
メールや電話で泣きごとを言ってきます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その度に、娘の家に行ったり、連れて帰ったり、送り返しました。(相談者)
はい。

娘の旦那さんからは、過干渉と思われるぐらい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
孫、可愛さに、行動しました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

今年に入ってからも・・鬱になり・・(相談者)
鬱になりっていうのは、この41歳の、あなたのお嬢さんが、鬱になった・・(加藤諦三)
そう、そうです。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

で、心療内科にも、通ってますけど・・毎日、電話とメールを・・3ヶ月以上、かかって来るんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

朝は8時から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
夜は、11時頃・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
4~5回・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、私、30分ぐらい、話すんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、私もそれ、聞くんですけど、同じやりとりの繰り返しで、さらに攻撃的に、私を責めてくるんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、限界で・・(相談者)
あのぅ、例えば・・メールの内容でいうと、どんな言葉で・・が・・攻撃的っていうのはどのように・・(加藤諦三)

お母さんは、私の気持ちをわかってくれんとか・・(相談者)
ああ、はい、はい、はい・・(加藤諦三)
お母さんは、子供の時に、私を・・可愛がってくれなかったとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・って、未だに言われます。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

なんか、子供みたいで、なんか・・子供が・・おもちゃを・・買い与えてもらわなかったら、ギャーギャー言うような・・そんな欲望を・・が、発揮できなかったら、私とか、家族・・(相談者)

私とか、家族っていうのは、この、41歳のお嬢さんの、お子さんのね、あなたの・・にとって孫ね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

にあたるって・・(加藤諦三)
とか、旦那さんにも、あたってると・・(相談者)
ご主人にも、あたってると。(加藤諦三)
はい・・と、思うんですよ。(相談者)
ああ、なるほどね。(加藤諦三)

子供が小っちゃいうちは・・行ってたんですけど、もう・・いつまで行っても、自立できんと思って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

3年ぐらい前から、行ってないんですけど、来て来てって、言うんですけど・・行っても、同じことの繰り返しなんで・・(相談者)

もう、行かないことにしてるんですけど。(相談者)
はい、行って・・も、繰り返しということは、要するに・・お母さんは、私の気持ちを、わかってくれないっていうことばっかり、言ってるっていうこと?(加藤諦三)
そ、そうです、そうです。(相談者)

好きではなかったが幸せにはなって欲しい

で、あなたの側からすると、その、お嬢さん、お嬢さんって言っても、もう41歳ですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

言い分っていうのは、どういうふうに感じます?(加藤諦三)

はい、私もイライラして、子育てしたような気がします。(相談者)

なんで、そんなにイライラしてたんですか?(加藤諦三)
仕事と、両方と・・その時・・(相談者)
あ、働いてたのね。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

専業主婦では、なかったんですね?(加藤諦三)
そうです、そうです。(相談者)

そうすると・・ご主人も働いてた、あたなも働いてたで・・で・・このお嬢さんは、どうやって育てたんですか?・・誰が・・(加藤諦三)

あの・・自営業ですから、家・・に、おりますから・・(相談者)
ああ、家で、居るから、絶えず見てはいられるわけですね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

そうすると、お嬢さんの側からすると・・要するに、お母さんは・・傍にいるけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お店のことをやっていて、私の方には、まったく、注意を向けてくれなかったってことね。(加藤諦三)
はい、そう、いつも言われます。(相談者)

で・・(加藤諦三)
イライラして、私を育てたと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

イライラして育てたって、そういう言葉で、言うんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
虐待されたとか言います。(相談者)
虐待されたと言う?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、その、小さい頃は、何、手のかからない子だったの?・・それとも、手のかかる子だったの?(加藤諦三)
手のかからない子でしたけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

高校生の時に、登校・・拒否して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

困ったことが、ありました。(相談者)

で、社会人になっても・・結構、遊びまくって・・で、やれやれ結婚してもらって・・やっと・・離れてくれたと思ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こんな、調子で・・(相談者)

だから、ま、離れてくれたっていうことで、あなたにとっては、こう・・正直な話し・・「好き」ではなかったんだねぇ。(加藤諦三)

たぶん・・(相談者)

ですよね。(加藤諦三)

うん、で、うんでも、、あなた・・今もまあ、かなり、イライラしてるけど、素直な部分もあるね。(加藤諦三)

「嫌いだ」って言ったけど、「たぶん」って、認めるからね。(加藤諦三)
「そんなことありません!」って、こう言う人、多いんだけれども・・(加藤諦三)

嫌いではないけど、やっぱし心配で、やっぱし、いつも、幸せになって欲しいなとは、思ってますけど。(相談者)

あ、それは思ってる?(加藤諦三)
はい。(相談者)
だから・・そう、その気持ちだけじゃなくて・・その、矛盾した気持ちが、あったという意味ですけど・・(加藤諦三)
そうです、はい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

解放されたい

もう、子供の幸せが、私の幸せです。(相談者)

電話、かかってくると・・自体がもう、不安で・・(相談者)

子供の幸せが・・私の幸せ?(加藤諦三)
はい、今のところ。(相談者)

今のところ・・(加藤諦三)

・・・

あなた、ご主人との関係、上手くいってないよね。(加藤諦三)

たぶん。(相談者)

あのね、自分で幸せになろうっていう・・前向きの意欲が今、ないよね?(加藤諦三)

いやぁ・・ありますけど、今のところ・・自粛してます・・(相談者)
いや、もし・・もしあれば・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

子供の幸せが、私の幸せとは・・絶対に言いません!(加藤諦三)
あ?そうなんですか?(相談者)

自分で自分の幸せを・・作れない人が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
子供の幸せを、私の幸せって言ってるんです。(加藤諦三)
ああぁ・・(相談者)

だから・・人間関係も、上手くいかないですよ、それ、ご主人って・・ご主人・・とも、上手くいってない、ですから今・・あなた、お嬢さんとの関係だけで・・相談してきましたけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お嬢さん以外に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

周りの人間関係は、上手くいってないですよね。(加藤諦三)

・・・

いいえ、そんなことないと思います。(相談者)

・・・

いいですか?(加藤諦三)
周りの人間関係ですか?(相談者)

周りの人間関係が・・上手くいっていて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんで・・お嬢さんを育てる時、お嬢さんにイライラして・・今、こんなんなるの?(加藤諦三)

んん・・はぁ・・(相談者)

逆に言うと、あなた自身が・・お譲さんに・・自分の気持ちを、どんどんぶつけてきたんじゃないの?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

そうでしょう?(加藤諦三)
はい。(相談者)

だから、周りの人間関係の、上手くいかないことを、全部このお嬢さんに向けて・・鬱憤を晴らしてきたんだね。(加藤諦三)

そうかもしれません。(相談者)

・・・

お嬢さんからすると、これたまんないねぇ。(相談者)

・・・

今、あなた・・お嬢さんからのメールだ云々って言うけど・・もう、全部今までの人生、全部に対して・・助けてくれ!ってことじゃないの?(加藤諦三)

とりあえず今の・・解放されたい気持ちだけ・・(相談者)

そうだよね。(加藤諦三)

もう、今の状態から、解放されたいって叫びだね。(加藤諦三)

・・はい。(相談者)

大変難しい相談だと思いますけれども・・今日はあの、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

お願いします。(相談者)

【おすすめ記事】



大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)
はい・・お願いします。(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵美子)

親の愛情に包まれた記憶

まあ、あの、今ね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
えー、加藤先生の方から、いろいろ言われたことを・・あの、お聞きになって・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

随分、思い当たることがありましたよね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、おそらくね 、あの、お嬢さんも今、この41歳という歳になって・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
えー、ご自分の人生を、あのぅ、ふりかえってるんだと思いますよ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、そうすると、あなたにそのね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
えー、今まで、自分の人生の中で・・えー、支払ってもらってないものがあると・・いうことに・・今、気付いてるんだと思うんですよ。(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)

それは、本来ね・・子供の時に・・あのぅ、まあ、母親に対して・・ま、すっかり安心した気持ちになってね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

自分の身を任せて・・あなたの愛情に包まれるっていうね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、どの子供でも、みんな、そういうものがあるはずのもの・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

その部分を、自分は、支払ってもらっていないっていうね・・(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)
そういう気持ちなんじゃないでしょうかね?(大迫恵美子)
そうかもしれません。(相談者)

あの、長女ですよね(大迫恵美子)
はい。(相談者)
女の子・・が、一番上の場合ね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ、ホントに、時々おきることですけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

そのぅ、「お姉ちゃんだから」・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
っていうことでね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、まあ、下に、2歳下に弟さんがいるわけですよね?(大迫恵美子)
はい。(相談者)
そうすると、どうしてもその、小さい時から、下の子の方に・・えー、親の気持ちも行きますし・・(大迫恵美子)

お姉ちゃんだから、下の子の為に「なにかしなさい」とかね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ま、子供にしてみれば、はっきりした形で、親の愛情が、自分・・に、注がれていないことが、わかるような・・現象が出ちゃうんですよね。(大迫恵美子)
うん、はい・・(相談者)

それが、やっぱり、その、今、おこ、お嬢さんが、自分の人生は、幸せじゃないって思った時にね・・(大迫恵美子)

これは、お母さんに、支払ってもらってないものがあるっていうことに・・あのぅ・・なんか、気持ちが行ってるんじゃないでしょうかね。(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)
それ、意識してるか、無意識かは、わかりませんけど・・(大迫恵美子)

・・・

助けて欲しい娘と逃げる母親

あのぅ・・まぁ、そんなに朝の8時から、11時までね・・(大迫恵美子)
の、間の・・4~5回ですけど・・(相談者)
ああ、そう・・(大迫恵美子)

続けて・・間をおか・・おかずにかかってくることもあります。(相談者)
うん・・でも、それはね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
きっと、お母さんに、助けて欲しいからだと思ってるからだと思うんですよ。(大迫恵美子)

そうですね。(相談者)

その助けて欲しいってね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
で、あなたはそんな事、言われても、自分はもう、どうしてもいい・・どうしていいか、わからないし、自分には何もできないから・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

関わり合いになりたくないっていうふうにね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
今も、思ってしまってますけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あなたがそうやって、逃げる気持ちになればなるほど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ますます、お嬢さんの方は・・あの、支払がまだ、足りないっていう気持ちになるんだと思うんですよ。(大迫恵美子)

ああ・・(相談者)

だから、むしろ、あなたの方から・・相当ね、覚悟を決めて・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、逃げ腰ではなくて・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

お嬢さんの方に、近づいていくぐらいのね・・(相談者)
はい。(相談者)
精神的には、そういう気持ちで・・えー、行かないとダメなんじゃないかなぁという、気がします。(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)

膝の上

あの、昔ね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
えー、聞いたことがあるんです、あの、私自身も・・あのぅ、兄弟の中で、一番上の女の子ですのでね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

えー、あの・・しかも、下の、兄弟とは・・歳が近いので・・えー、そういう、そのお嬢さんがね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

お姉ちゃんだからっていうふうに、言われて育ったことに対して・・ぇ、私の中でも、わかるものがあるんですけどね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

昔そういう、同じような境遇の、お嬢さんが・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ま、思春期を過ぎて、二十歳ぐらいになった時にね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

精神的に、とても・・病気のような、状況になった時の話しを・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
聞いたことがあるんです。(相談者)
はい、(相談者)

それは・・その時に、その精神科のお医者さんがね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
お譲さんを・・お母さんが・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

膝の上に乗せて・・抱いて・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
「ごめんね」と・・(大迫恵美子)

ホント、あなたのことが、大好きだったのよと・・(大迫恵美子)

言ってあげなさいって、言われたんですって・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

それでもう、ホント、大きなお嬢さんを膝に乗せて・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
小さい時はいろいろね、あなたに辛い思いさせて、ごめんなさいねと・・(大迫恵美子)

でも、私の気持ちは、本当に、あなたのことをね・・(大迫恵美子)
大好きだったのよって・・言ったら・・まあ、お嬢さんの状態が、非常に良くなったっていう話しをね、聞いたことがあるんですよ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、それを聞きながらですね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
私もなんか、涙が出てしまって・・(大迫恵美子)

でぇ、その、自分が涙が出たっていうことはね・・たぶん、私の中にも同じような気持があったんだなって、その時、気づいたんです。(大迫恵美子)

ああ・・(相談者)

だから、お母さんは・・小さい時にね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
この41歳のお嬢さんを・・そうやって膝に乗せて、抱きしめて・・お嬢さん、すっかりその、くつろいだ気持ちにさせながらね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

「あなたのことが、大好きよ」って・・言ってあげたことがないんですよ。(大迫恵美子)

・・・

だから・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
それを、今、たぶん、必要としてるんだと思いますよ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

逃げては解決できない

で、お嬢さんは、早くそうしてくれと・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

毎日、毎日・・そういうふうに迫ってくるんだけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
迫られれば、迫られるほど、あなたが逃げ腰になってしまうのでね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ますます、お嬢さんの気持ちは・・焦りとね・・その強い要求とで、攻撃的になって・・えー、ますますあなたを追い詰める・・(大迫恵美子)

こういうことになってるんじゃないかなぁって、気がするんですけどね。(大迫恵美子)

・・はい。(相談者)

これホントにねぇ、あの鬱病になって、心療内科にかかってるということならばね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

そして、あなたは、その・・お嬢さんと一緒に病院に行って・・付き添ってね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
病院で、お医者さんの話しを、一緒に聞いてあげるぐらい、そのぅ・・のめり込んであげて・・(大迫恵美子)

そして・・えー、お嬢さんを抱いてあげてね。(大迫恵美子)

・・はい。(相談者)
ホントに、最後の最後まで、私がついているからと・・いう気持ちをね・・伝えてあげないと・・(大迫恵美子)

もう、今の状況から、あなたが逃げ出すこと、できないんじゃないでしょうかね?(大迫恵美子)
はあ・・わかりました。(相談者)

加藤諦三まとめ

よろしいですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

苦しみと解放

あのぅ、今、大迫先生が・・逃げて解決できないって言ったでしょう。(加藤諦三)
はい。(相談者)

これあなたね、逃げないでこの、苦しみに直面することが・・あなたを、解放することなんです。(加藤諦三)

もうあなた、解放されたい!って、さっき言ったでしょ?(加藤諦三)
はい。(相談者)
おそらく、小さい頃からの、全部のしがらみ・・に・・もう、縛られてるんだと思うんですよ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ほんっとに、解放たいんだと思います。(加藤諦三)

だけど・・(加藤諦三)

解放っていうのは・・どういうことを通じて成されるかっていうと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

苦しみを通してしか、解放っていうのはないんです。(加藤諦三)

だからこの苦しみに逃げないで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

このお嬢さんとの関係を、正面から・・(加藤諦三)

受け止めれば・・(加藤諦三)

あなたの今までの、いろんなしがらみ、全部、解放されます。(加藤諦三)
・・はい。(相談者)

よろしいですか?(加藤諦三)
はい、わかりました。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございました。(相談者)

加藤諦三氏の〆の言葉『苦しみは、解放と救済に繋がる』アルフレッド・アドラー

管理人のちょっとひと言

冒頭から、「新婚さんいらっしゃい!」かと思ったぞw
ま、なんか読みながら、余計な事を言わずに、必要な情報だけ伝えてるんだろうけど
テレビならまだしも、ラジオだとなぁw

それにしてもこれ、仕方ないよね
自分にも自覚があるわけだから、その報いを受けてるわけで
別に、仕返しだとかって娘が思ってるわけでもないでしょう

もちろん、した方より、された方は忘れない
どんだけ小さくたってね、よっぽど飢えてたんだ
高校の時の登校拒否だって、母親へのメッセージだった気がしちゃう

愛情を注いでくれっていうね

「やれやれ結婚してもらって・・やっと・・離れてくれた」
だから、この言葉を吐いたのね
ずっと、ずっと、娘が構ってくれっていうのに逃げ回ってたから

今回の大迫先生、いいね、いいね
時に、行き過ぎ、偏り過ぎって思う事もあるけど、これはいい!
もう、同意ね、同意

まず、子供に「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」はないからね
先に生まれたか、後に生まれたかだけ
先に生まれたから、我慢しなきゃとか、後に生まれたから、我慢するとか

そんなことはない、そもそも名前つけたんだったら
その名前で呼んでやれってことだな
大迫先生、おいらも激しく同意だよ!

それと、膝の上に乗せて、抱きしめてあげる
こんな41歳にやったことないけど・・・そもそも、そんなデカい子供いないし
お子さんが、いるところはオススメだ(実は、うちも教えてもらった)

子供が精神的?に不安定だったりすると
腕の中で、大声で泣いたりするよね
で、泣き止んだ後は、信じられないほど落ち着く

理由は、わからないし、誰がどんな時にやっても同じかどうかわからないけど
うちの場合は、そうだったな
膝の上に、子供をちょこんと乗せてさ、ぎゅっとね

これ、我が家の場合だけかもしれないけど
今でも、辛そうだったり、苦しそうだっりする時
黙って、手を広げてやると、勝手に来て、大泣きするよ

流石に、膝の上は、もう無理w
普段、「クソ親父!あっち行け!」って言っててもね
親子でも、ハグなんてあり得ねぇしって言っててもね

まあ、息子は、大泣きはないな・・・ちょっと過剰表現w

41歳に、できるかどうかしらないけど
ガッキーの『逃げ恥』みたいなぎこちないハグでいいんでない?
67歳の母親の膝の上に、41歳の娘がって、やっぱり無理あるしさw

父親の自分ですら、そこそこの効果あるんで
母親なら、尚更、効果抜群じゃないかな
なんか、すごい逃げたそうだったけど、逃げちゃダメ

それもこれも、自分の蒔いた種なんだから

YouTube

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.