テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月12日(金)は、加藤諦三&大原敬子。10年ほど前、続けて結婚した年子の娘二人。長女は2~3年で子供が生まれ、6歳と2歳の孫がいる。次女には子供がいない。不妊治療をしているかもしれないが、詳細は不明。甥と姪を可愛がっており、誕生日やクリスマスにプレゼントをくれる。しかし、楽しそうに遊んでいる写真を見せた所、後から、長女に対して、「当て付けなの?」と怒る。
加藤諦三氏の〆の言葉『満たされない心を、満たされているフリをして生きる。自己執着的対人配慮です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:60歳女性 夫66歳(再雇用で単身赴任) 一人暮らし 娘二人 37歳と36歳は同時期に結婚 長女の子6歳と2歳の男女

もしもし?(加藤諦三)
もしもし。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、お願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、60歳です。(相談者)
60歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
はい、してます。(相談者)
ぇ・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)
66歳です。(相談者)
66歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

はい、えーっと、37歳と36歳の娘二人です。(相談者)
・・
あ、そうですか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、今・・は、お二人で暮らしるの?(加藤諦三)

主人は仕事で、単身赴任で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

再雇用で単身赴任で・・行ってますので・・(相談者)
ん・・そ・・(加藤諦三)

あなたお一人?(加藤諦三)
別々に・・はい、別々に暮らしてます。(相談者)
はい・・わかりました・・で、じゃ、どういう相談ですか?(加藤諦三)

娘の方が・・二人いまして・・(相談者)
ぁ、はい。(加藤諦三)
一人には、あの・・(相談者)

子供・・が、居てるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの・・同時・・(相談者)
あの、37歳と30・・どちらですか?・・お子さん・・(加藤諦三)
ぁ、上の方は、子供居てます。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ほとんど同時期で、結婚つづきでしまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

上の子の方は・・ま、2~3年で・・子供出来て・・今、二人居てるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

下の子の方が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・ずっと、子供出来なくって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう、10年近くなるんですけど・・(相談者)

結婚してから10年ぐらい経ってるのねぇ?(加藤諦三)
はい、そうです、はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

そいであのぅ、子供出来た方は、もう仕事辞めて、主婦してます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、居ない方の、妹の方は、会社員でもう・・だいぶキャリアを積んでるんですが・・(相談者)

結婚していて、共働きという・・(加藤諦三)
あ、そうです・・はい、そうです。(相談者)
ン・・んでぇ・・こ・・お子さんが居ないと。(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
一番、生活の豊かな・・(加藤諦三)
・・
あれね。(加藤諦三)
あっ、はい、あのぅ、結構、贅沢してます。(相談者)
ですよねぇ・・(加藤諦三)
二人で・・はい。(相談者)
ぇ・・あのぅ・・まさに、ダブルインカムノーキッズ(Double Income No kids)ですね。(加藤諦三)
はい、あのぅ・・あのぅ・・学校出てから、ずっと働いてるので。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
わかりました、それで?(加藤諦三)
はい。(相談者)

嫌味

子供が今、6歳と2歳なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
孫の方が。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

まぁ、仲良くは、あの、年に何回か、両方の家族が集まって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ、一緒に遊んだりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

してて、あの、妹の方が・・(相談者)

「お姉ちゃん」「お姉ちゃん」・・って言って・・孫達も、かわ・・あのまぁ・・姪と甥ですねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
可愛がってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それがやっぱり・・(相談者)

30・・前半ぐらいの時は、自分達もまた・・(相談者)
・・
出来るかもしれないっていうことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

たぶん、あのぅ・・可愛がってたんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
その・・もう、年齢も35過ぎまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
結婚して、10年近くなるのに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
いや、あの、言わないので、わからないんですが・・不妊治療もしてるかもしれないですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それが、まぁ、たぶん、上手いこといかないみたいで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、結果的にはできてないんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、なんかこう・・(相談者)

去年ぐらいから、だんだん・・(相談者)

ひがんでるというか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

距離を置いているというか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そういう、態度を・・とるように・・(相談者)

に・・でも、それも表立っては、そういう態度を取ってなかったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

去年ちょっと、わたし・・と、主人が、揉めることがありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、その時に、こう、みんなで集まった時に・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

なんかこう・・(相談者)

あのまぁ、「じいじい」ですよね、夫、主人ですね。(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)
「じいじいも、あの・・別に孫なんか、可愛くないのに」とか・・その・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
会わすから・・とか、そういう事を、言い出しまして・・(相談者)
うん・・うん、うん。(加藤諦三)

で、それを聞いてた姉の方が、その、なに言う・・なんか、頭に来まして・・へへへ・・(相談者)
はいはいはいはい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

自分は、あの、やっぱり・・(相談者)

その、孫を二人・・そのぅ、親に見せたんは、すごい親孝行してる・・って、まぁ・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)

そのぅ、孫を抱かせてあげたっていうような気持が・・(相談者)
・・
あるみたいでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

んでぇ、わたしも、そりゃ嬉しいから、もちろん世話をしに行ったりとか・・(相談者)
うん・・うんうん。(加藤諦三)

やったん・・ですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

それをすごくこう・・(相談者)
・・
嫌味に・・取ったみたいなんですよ。(相談者)
ああ・・なるほどねぇ・・はいはい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あてつけ

ほんでぇ、あのぅ・・去年のお盆の時に、そのぅ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

えっと・・子供の居ない方・・ですよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

が、「旅行に行こう」って、前々からもう・・随分前から言われてて・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
ただ・・そのぅ・・(相談者)

わたしは当然、お盆の時は、みんないつも、集まってるので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まさかお盆の時に、旅行、行くつもりしてるとは思ってなかったんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ほんで、そいやけど、やっぱ、会社の都合、休みの都合で・・(相談者)

お盆の時には、自分達がやっぱ、都合、いいみたいでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、その時に、あのぅ、「旅行、行こう」って、わたしに言うてきたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・「みんなが集まるから、お盆の時は、外して、無理やわ」って、言ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのぅ・・「お母さんは、いっつも、わたし達と旅行するのよりも・・」(相談者)

うん。(加藤諦三)
「孫・・達が来る方を、優先する」って言うて・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

あの、すごく、まぁ、怒ってしまったような状況になりまして・・(相談者)
うーん・・うん、うん。(加藤諦三)

そんでぇ・・それと前後して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

わたしと主人・・(相談者)

と・・その孫達が、みんなで、遊んでる・・写真とかを・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その、別に全然、その、悪気・・は、全然、わたし達は、ないんですけどねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
その、こうやって、楽しかった、こういうのやったんよ・・っていう時に、みんな来た時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

あの、妹の子供居ない子に、見せたんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「こんなんでぇ、どっかで・・じいじいも一緒にね、みんなで、こんなん行ってきたんよ」っていう感じでね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
なら・・(相談者)

その表面上は・・(相談者)

「わぁ、楽しそうでいいね」・・っていうふうに、言うたみたいなんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その後で・・(相談者)

孫達の、母親の方にですねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
その・・(相談者)

「それって、あてつけなん?」って、いうような感じでね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・なんか、言うたみたいなんです。(相談者)
うん・・ふんふん。(加藤諦三)

んでぇ・・もちろんそんな・・姉の方も、あてつけするつもりなんか・・(相談者)

全然ないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

今まですごい、あのぅ・・(相談者)
・・
自分の子供達を、可愛がって・・くれてたもんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、単純に・・嬉しいから、見せただけなんですけどねぇ。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)

うん、それをすごいやっぱり、子供、居てない・・(相談者)

っていうので・・(相談者)
・・
すごい、悪く受け取ってしまったみたいでぇ。(相談者)
うーん・・うーん・・うん。(加藤諦三)

ほんでぇ、その後、ちょっと・・(相談者)

まぁ・・こう、お互いに、なんか言い合いみたいになって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

その後もう・・(相談者)

何か月か全然、行き来もしないような・・状態になってしまって・・(相談者)
ぅ、ぅ、うーん・・(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

ちょっとわたしも、その、子供、居てない・・(相談者)

ン・・妹の方に・・(相談者)

配慮が足らんかったかなぁ・・(相談者)

うん、ウン・・(加藤諦三)
とは、思ってるんです・・はい。(相談者)

ギクシャク

そいで、今、あのぅ・・(加藤諦三)

要するにそれで・・(加藤諦三)

・・

甥と姪とが・・(加藤諦三)

ほうが、可愛いというのは、可愛い・・(加藤諦三)

と・・感じてるんでしょうねぇ。(加藤諦三)

はい、今まであのぅ・・えっと、誕生日とか、クリスマスとかに・・あの・・(相談者)

プレゼント、くれたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そんなんは、すごい気を使ってくれてました。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ところが今、おっしゃったようにねぇ・・(相談者)
はぁい。(相談者)
最近・・(加藤諦三)

ま、そういうような・・(加藤諦三)

・・

ぅ・・ことではない・・自分達のところに、子供が産まれてないということと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

そのぅ・・(加藤諦三)

あなた達、自分達の母親・・(加藤諦三)

そして・・(加藤諦三)

その、甥と姪との・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
祖父母との関係、いろんなことが、あって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
少し・・昔に比べると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

多少・・(加藤諦三)

ギクシャクしてるんで、どうしたらいいんだろうかなぁ・・っていうことなんでしょうかね?(加藤諦三)
あ、そうです、はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の・・(加藤諦三)
ぁ、はい。(相談者)
大原敬子先生が、いらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1.  子がいたらいたで また 孫がいたらいたで  悩みは尽きないものですね
     それらが居なくても また 相談する方もおられるし 何が幸せなのか?
     要するに気の持ち方です 断言します。

  2. いるんですよね、こういう寂しい女性。不満や不安な自分より、わかりやすく不幸な要素のある女性を見つけて、かわいそうと口で言いながら、自分は彼女よりマシと思って気分を晴らそうとする。そんなことすると益々、自分から人が離れて行くという悪循環。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.