テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月15日(木)は、柴田理恵&大原敬子。高校を卒業し就職した二十歳の娘。高校時より付き合っている彼氏の子供を妊娠。そこで初めて、彼氏がバツイチで、養育費を支払っている4歳になる娘がいる事を知る。話し合いをするも、産ませて欲しい、同棲したいというバツイチ彼氏と揉めることに。結果、娘は中絶させる事になるも、以降、娘との関係は悪化し家を出て、連絡が取れなくなってします。なんとか、連絡が取れるよう、関係修復を図りたいのだが。

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:48歳男性 妻48歳 長女20歳 長女の彼氏25歳 バツイチ・養育費を払っている4歳の娘

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)
えっと、娘のことで・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
ちょっと、相談なんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

妊娠した娘のバツイチ彼氏

んっと、娘さんは、おいくつですか?(柴田理恵)
・・
ぇ・・二十歳です。(相談者)
20歳・・ぇ、あなたは、おいくつでしょうか?(柴田理恵)
えっと、48です。(相談者)
48・・じゃ、奥様は?(柴田理恵)
・・
一緒で、48です。(相談者)
48歳、はい・・わかりました。(柴田理恵)
・・
で、どういう・・ご相談でしょうか?(柴田理恵)
ぇ・・ちょっと・・(相談者)

・・
妊娠しまして・・(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

妊娠して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
・・
その、相手の・・彼氏・・(相談者)
・・
うん。(柴田理恵)
とか・・が・・(相談者)

えっと・・(相談者)

離婚歴が・・あったんですね。(相談者)
・・
うんうん、うん。(柴田理恵)
・・
まぁ、娘の方は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

高校時代から、付き合ってたみたいで・・(相談者)

彼氏は、いくつですか?(柴田理恵)
・・
ぁ、25歳です。(相談者)
・・
25歳・・はい。(柴田理恵)

ぇ・・わたしも知ったのが・・(相談者)
・・
付き合って、1年目ぐらいなのかなぁ?・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
18ぐらいの時ですかね。(相談者)

はあ・・(柴田理恵)
うん、付き合ってるって、言って、紹介されて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
ま、家・・も、ちょっと、来てたりとかもしてて・・(相談者)
・・
はい。(柴田理恵)

・・
でぇ、就職して、本人も・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの、高校卒業して・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

・・
でぇ、向こうも・・(相談者)

一人暮らし・・を、してて・・(相談者)

卒業したぐらいから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

泊まりに来たいとかって話し、ちょっと、揉めたことがあって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・
でぇ・・(相談者)

ま、僕は、あまり、ぃ、いい・・(相談者)

気持ちはしなかったんですけど・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

まぁ・・行き来・・するように、なったんですね。(相談者)

子供・・(柴田理恵)

達にしてみれば・・(柴田理恵)

その・・(柴田理恵)

・・
親・・公認の・・仲だ、みたいな・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
気持ちになってますか?(柴田理恵)
んん・・そうですね。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

・・
でぇ、まぁ・・2ヶ月くらい前ですかね。(相談者)
うん。(柴田理恵)
・・
んっと、妊娠がわかりまして。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

嫁とも・・(相談者)
・・
ん・・(相談者)
・・
しょうがないかなという・・か・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
どうする?・・な、なんか本人も、う、産みたいような、話し・・を、してて・・(相談者)
うん・・うん。(柴田理恵)

そんなこと言ってたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
後から・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・・

実は、離婚・・やります(?)と・・(相談者)

・・
ああ、ああ・・(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

・・
4歳の娘がいて、養育費、払ってますと。(柴田理恵)

・・
ああ・・(柴田理恵)

・・
なるほど・・その、彼氏の子供も居るんですね。(柴田理恵)
はあ。(相談者)

・・
ふーん・・(柴田理恵)
・・
で、自分の娘に聞いたら、それは・・付き合って、なんか、半年だか、1年ぐらいの時に、聞いてたとか、言ってまして。(相談者)
うん・・そこ、隠してたんですね。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

はいはい。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ、こっちは、ちょっと待てと。(相談者)
・・
うんうん。(柴田理恵)

・・

でぇ、逆算すると、その子は・・(相談者)
・・
産まれてすぐ・・離婚したらしいんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)
・・
うん、だから・・(相談者)

・・

そんな時に・・娘と付き合って・・(相談者)

・・
うーん・・(柴田理恵)

そんな・・(相談者)

・・
事を、よくやってるなと。(相談者)
・・
こっちとしては。(相談者)
うん・・うん。(柴田理恵)

でぇ・・ぇ・・呼んだんですね、それで。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
・・
でぇ、もう一度、話して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・
堕ろすということに、なったんですよ。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
ま、だから、そこで・・まずは・・(相談者)

二人の将来・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
それから、考えろっていう話しをして。(相談者)
・・
うん。(柴田理恵)

・・

そしたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

わかりましたっていう話しになって・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
だったら・・(相談者)

・・
知らない・・間に・・うち・・から、荷物を、運び出してたんですね。(相談者)

中絶、そして家出

・・
でぇ・・(相談者)
勝手に、出て行っちゃったんですね、ぉ、あのぅ・・娘さんは。(相談者)
・・
あ、出て・・行こうと、考えてたみたいです、どうしても、産むからって・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
一応、同意っていうか・・同意はして・・(相談者)
要するに、堕ろすことには、納得してなかったんですね。(柴田理恵)
わたしと・・まあ・・たぶん・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そうですね。(相談者)

うん。(柴田理恵)

それで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

向こうの親も、やっぱり、よ、呼べということで・・で、話して・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
で、彼氏の方が・・わ、わたしに対して、ちゃんと、こうするんだ・・なんか、ほんとは・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
産ましてあげて下さいっていうふうに、来たらしいんですよ。(相談者)

・・

実は。(相談者)

・・
うーん・・(柴田理恵)

でぇ・・同棲させてくれみたいなこと、言い出して、また・・(相談者)
・・
うん。(柴田理恵)
ちょっと、わたしも、カッとなって、ふざけんな・・って・・(相談者)
・・
うん。(柴田理恵)
・・
もみ合いになったんですけど・・(相談者)
うんうんうん。(柴田理恵)

娘とかも、泣いてたんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そんなの見てて・・(相談者)

ん・・じゃあ、今は・・(柴田理恵)
・・
結局は、堕ろさなかったわけですか?(柴田理恵)
あ、結局、それで、そこは・・でぇ・・堕ろしたんですよ。(相談者)
・・
あ、はぁはぁはぁはぁ・・(柴田理恵)
ああ、はい。(相談者)

はぁはぁはぁ、(柴田理恵)
でぇ・・堕ろして・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
でぇ、少し、落ち着くかなぁと思って、家で。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

まぁ、仕事も行き出して・・(相談者)
・・
ふん・・(柴田理恵)
まぁ・・あんまりもう・・(相談者)

そこって、関係が悪くなってるから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

放っとくしかないのかなぁって思ってたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・
ここ・・2週間ぐらい・・とか・・もう・・帰って来なくなっちゃって・・(相談者)
あああ・・(柴田理恵)

それは、彼氏の所に、居るんですね。(柴田理恵)

ええ。(相談者)
連絡は、取れないんですか?(柴田理恵)
・・
取れてないですね、今は、はい。(相談者)
あ、取れてないんですね?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

・・

はぁ・・(柴田理恵)

・・

でぇ・・(柴田理恵)

・・

そのぅ、家に・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

居る間ね、その、堕ろしてから、家に居る間・・(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)
娘さんとは、何もお話は、なさってないんですか?(柴田理恵)
は・・一応、カラダ、大丈夫?とか・・(相談者)

は・・(相談者)
あぁ・・(柴田理恵)

声・・かけはしましたけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ、心開かないというか・・(相談者)

なるほどねぇ・・(柴田理恵)
はぁはぁ・・はい。(相談者)

はい・・(相談者)

・・

でぇ、今日の相談は・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あの、本音は、帰って来て欲しいんですけど・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ、なんか、娘との関係を、修復したいというか・・(相談者)
うん、ふんふんふんふん。(柴田理恵)
あのぅ・・連絡を・・取れるようにだけ、して欲しい・・(相談者)

うーん・・(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
じゃあ・・あのぅ・・先生に、聞いてみましょうね。(柴田理恵)
はい。(相談者)

はい。(柴田理恵)
・・
今日の回答者の先生は・・幼児教育研究の、大原敬子です。(柴田理恵)
はい・・はい。(相談者)
先生、よろしくお願いします。(柴田理恵)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. >だって、ご自分の・・(柴田理恵)
    >お孫さんですよ。(柴田理恵)
    >初孫になるはずだった、人ですよ。(柴田理恵)

    男性にはこういう ↑ 視点が欠けている。
    で、何年も経ってからようやく気付く。

    産む性と種まきするだけの性の決定的な違い。やむを得ないのでしょうかねえ?

  2. 20歳の娘さんも、もう社会人なんだから親の言うことに振り回されすぎじゃないですか?
    20歳社会人で出来婚してる人なんか今の世の中沢山いますよ。
    彼氏もそこまで問題のある男性とは思えないし。
    いくら父親に精神的にべったりだったとしても、絶対産むと頑張ってたのに言う通りにして中絶するとか、、自分の頭で正しいことを選ぶことができないんですね。
    中絶のトラウマは一生残ると当事者は言います。もう親子関係は回復できないかもしれないですね。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.