テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月2日(金)は、加藤諦三&坂井眞。22年前、夫が離婚に応じてくれないので、故意に不貞の事実を作り離婚した女性。元夫から、子供を通じて、建物の持ち分10分の2を贈与して欲しいと連絡があった。住宅金融公庫を借りた時にした手続きだが、すっかり忘れていた。何もいらないからと協議離婚したが、不貞する原因になった元夫と関係のあった女性が住んでいると思うとモヤモヤする。自分が入れた家具もまだ残っていし・・・
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:68歳女性 22年前に離婚し独り 結婚し独立した子供3人 長男48歳 次男46歳 長女44歳

加藤諦三氏の〆の言葉『事実が解決しているという事と、心理的に解決してるという事は、別です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

68歳の女性から、22年前に離婚して、独りという相談者。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
・・
離婚後に、家の名義変更の事で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
聞きたいことがありまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

10分の2の持ち分

うん、22年前・・(加藤諦三)
・・
に、家を建てましたところ・・(相談者)
一緒に住んでた家が・・(加藤諦三)
はい?(相談者)
ご主人の名義だった、ということですか?(加藤諦三)

え、その時に、わたし・・には、10分の2ってものがありまして・・(相談者)
・・
あっ・・(加藤諦三)
その・・(相談者)
10分の2が、あなたの・・名義?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・10分の2の・・名義を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
贈与にして欲しいっていうことを、言われまして。(相談者)

贈与にして欲しい?(加藤諦三)

はい。(相談者)
ということは、要するに・・全部、夫の物に、して欲しいということですか?(加藤諦三)
そういうことです。(相談者)

はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それで、あなたは、どう言ったんですか?(加藤諦三)

いや、これは、わたし自身が電話に出たわけではなく・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
子供を通じて、あのぅ、聞きまして・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
・・
そうですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)
あの・・お子さんは今、何歳ですか?(加藤諦三)
え、3人おりまして、長男が48歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
次男が46歳、(相談者)
はい。(加藤諦三)
長女が44歳。(相談者)
44・・(加藤諦三)
それぞれ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
結婚しております。(相談者)

それで?・・贈与にして欲しいと、言われて、あなたはどうしたんですか?(加藤諦三)

すっかり、忘れておりまして。(相談者)

わたし、離婚する時に、なにも、あのぅ・・財産を、受け取ったりは、しないで離婚しましたので。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
その、家を建てて・・はい?(相談者)

継続して、払ってることは、事実、わかっておりましたけれども・・(相談者)
・・
名義が、ここまであるとは、わたし、知ら・・知らなかったんですね。(相談者)

ということは、もう・・アレですか?離婚する時に、離婚できさえすればいいという事で・・(加藤諦三)
そう!・・はい・・はい・・(相談者)
そういう、財産分与のようなことっていうのは、話題にもならなかったっていうこと?(加藤諦三)

要するに・・(加藤諦三)
はい、わたしの方が、離婚・・していただければもう・・「財産は何もいりません」ということでしたので。(相談者)
・・
ああ、そうですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ということは、そのぅ・・家庭裁判所に行って、なんぞというんじゃなくて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
とにかく・・お互いに話しで・・(加藤諦三)
はい、協議離婚でした。(相談者)
協・・協議離婚ということですね?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

離婚できるなら

でぇ・・ぇ、今は、その元夫は、あのぅ・・おん・・女性と一緒に・・(相談者)

その家に、住んで・・おりますんですね。(相談者)

その方・・(相談者)
女性・・もう、再婚してるんですね?(加藤諦三)

再婚ではない・・その、籍のことは誰にも・・わかっておりませんです・・(相談者)
わかってない?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

あなた自身も・・(加藤諦三)
・・
はい・・(相談者)

よく事実が・・把握できてないわけですね・(加藤諦三)

わたしは、全然、そのぅ・・(相談者)

自分の・・2の事に関しては・・持ってること・・は、最近、わかったんですね。(相談者)

・・

その、言われてから、10分の2・・(相談者)
あっ・・じゃあ、家の・・10分の2、持ってるということすらも、わからなかったと?(加藤諦三)
はい、あのぅ・・(相談者)

金融公庫から、借りた時のことは、覚えてるんですけれども、それが名義に関わってるっていうことは・・知らなかったんですねぇ、わたしが。(相談者)

ふん・・わかりました・・(加藤諦三)
・・
そうすると、もう、協議離婚で・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
ただ離婚・・とにかく離婚しましょうと・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
親権が、どちらだと、財産、どうするかと・・そういうような話しも、真剣にはしなかったと。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

と、離婚理由っていうのは、なんだったんですか?(加藤諦三)
・・
あっ・・(相談者)

・・・

まぁ・・・はっきり言うと、わたしの不貞でしょうか。(相談者)
・・・
あっ・・(加藤諦三)

・・

あなたの方の・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
・・
不貞ですか?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
というこ・・(加藤諦三)

が・・それで、あなたとしては、とにかく、離婚・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
できるんだったら、なんでもいいということで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
はい。(相談者)
財産、云々とは・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
まぁ、言わないと。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・・

でぇ・・(相談者)
そのけんど、あのぅ・・住宅の返済は・・元の夫の方が、全部やっておりましたので。(相談者)
うん、そうすると、あのぅ・・も・・元の夫の方から、離婚してくれ・・(加藤諦三)

・・

っと・・(加藤諦三)
・・
じゃなくて、わたしの方です。(相談者)

が、離婚してくれと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
言ったと。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
それで、離婚・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
できたということですね・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで、今・・(加藤諦三)

想い出してみると、10分の2、あるから、これが欲しいと。(加藤諦三)

そういうことなんです。(相談者)
そういう、そうですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク