テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)
よろしくお願いします。(相談者)

え・・・一番、本質的なことだけ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
先に述べてしまうと・・(坂井眞)
はい。(相談者)

さっきあったように、今、親権者は・・(坂井眞)
はい。(相談者)
妹さんでしょう?・・お母さんの方ですよね? (坂井眞)
そうです、はい。(相談者)

・・

だから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あのぅ・・(坂井眞)

養育監護する・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ための責任は、妹さんが・・負っていて・・(坂井眞)
はい。(相談者)

逆に言うと・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ぉ・・基本的に妹さんが、お子さんのことについて判断できる立場に・・あるわけですよ。(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

それで・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ぇ・・(坂井眞)

離婚した・・(坂井眞)
はい。(相談者)
元夫・・(坂井眞)
はい。(相談者)
まぁ・・(坂井眞)

お子さん・・お子さんは、これは、男性、女性、どっちだっけ・・男の子だ・・(坂井眞)
ぇ・・男の子です。(相談者)
男の子だね?(坂井眞)
はい。(相談者)

・・

はい。(相談者)
の、お父さん。(坂井眞)
はい。(相談者)

としては・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ぁ・・法律的には・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そのぅ・・面会交流はもちろんする・・(坂井眞)

はい。(相談者)
要求できる権利がありますよね?(坂井眞)
はい、はい。(相談者)
それ、男の子のためにも・・お父さんと会ってるってことは・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

成長・・のために・・(坂井眞)

はい。(相談者)

ま、一般的には絶対プラスなので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そういう機会はあったほうがいいと。(坂井眞)
はい。(相談者)

いうことで・・ぇ、ちゃんと約束通り、月一回、会わせ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
会う機会を作ってるわけですよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

・・

・・

で、ぇ・・ま、養育費もちゃんと払ってくれているのかな?(坂井眞)

は、ぇ・・滞・・ったり・・(相談者)

します。(相談者)
養育費は滞ってるの!?(坂井眞)

はぁい。(相談者)

養育費は滞ってるんだけど・・写真をくれ・・とか、うるさいわけ?(坂井眞)
はぁい。(相談者)

わりと勝手なんだね・・ははははは・・(坂井眞)
そうですねぇ、あのぅ、なにかこう・・(相談者)

言うと・・(相談者)

「俺は、父親だろ」・・っとは、すぐ言うので・・(相談者)

うん、父親なんだけれども・・(坂井眞)
はぁい・・(相談者)
今、申し上げて、途中になっちゃったんだけど・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

確かにあのぅ・・(坂井眞)

その息子さんの・・(坂井眞)
はい。(相談者)
お父さんであることは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
もう、間違いない。(坂井眞)
はい。(相談者)

これは、ずーっと・・続く関係ですよ。(坂井眞)

はい。(相談者)

だけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)
子供を育てることについて、責任がある・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そして、権限があるということでもあるんだけど・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それは・・(坂井眞)

妹さん・・(坂井眞)

お母さんの方なんで・・(坂井眞)
はい。(相談者)

父親だからと言って、なんでも要求できるという立場にはないんです。(坂井眞)

はぁ・・い・・(相談者)

要求できるのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ぁ・・さっき言った面会交流・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ぇ、てき・・ま、相当な・・適当な・・ぁ・・範囲で・・(坂井眞)
はい。(相談者)
の話ですけどね・・(坂井眞)
はい。(相談者)
毎日、会わせるわけにはいかないから。(坂井眞)

はい。(相談者)

ぇ、での、面会交流は、要求できるけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)
それ以上に・・(坂井眞)
はい。(相談者)

「通ってる保育園教えろ」だとか・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

そのぅ・・ま、写真を・・(坂井眞)

・・

しょっちゅう・・(坂井眞)

はい。(相談者)
くれとか・・(坂井眞)

はい。(相談者)

そういう要求は、できないわけですよ・・法律的には。(坂井眞)

あっ・・そうなんですね?(相談者)
うん。(坂井眞)

じゃあ、あのぅ・・よく・・(相談者)
ぉ、お父さんだから・・(坂井眞)
はい?(相談者)

あのぅ・・父親としてなんでも要求できできるという・・立場にはないってことを、まず、頭に入れといてください。(坂井眞)
あっ・・はぁい。(相談者)

・・

・・

でぇ、例えばね・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

・・

あのぅ・・別れても・・(坂井眞)

お父さん、お母さんの関係が、非常にうまくいっていれば・・(坂井眞)
はい。(相談者)

べつに、通ってる保育園、教えたっていいし。(坂井眞)
はい。(相談者)

写真だって、黙ってても、あげちゃうかもしんないじゃないですか?(坂井眞)
はい、はい。(相談者)

だけど、場合よったら、保育園、教えちゃうと・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ぇ・・(坂井眞)

しょっちゅう、保育園にお父さんが、行っちゃって・・(坂井眞)
はい。(相談者)
子供が動揺したりするってことも、ケースによったらあるわけですよね。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

喜ぶ場合も、あるだろうけど。(坂井眞)
あ、はい。(相談者)

で、子供が動揺しちゃうようなケースは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
子供の成長発達には、マイナスだってことになるので・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それは・・親権者としては、要求に、応じられないってことになる・・(坂井眞)

と、思うんですよ。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

今、あのぅ・・お父さん、お母さん・・(坂井眞)

はい。(相談者)
別れちゃったけど、お父さん、お母さんの関係は、あまりよくないですよね、会うたんびに喧嘩してるって言うんだから。(坂井眞)
そうですねぇ、もう・・(相談者)

あんま・・ちょっと、傍から見てると・・(相談者)

・・

ひどい・・(相談者)

うん。(坂井眞)
方に入るかな・・って感じはするんですけれど。(相談者)
だから・・そういう状況で・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ぇ・・(坂井眞)

保育園、教えたり・・(坂井眞)

はい。(相談者)
写真だけ・・写真送れというのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
なかなか普通、通らない・・(坂井眞)

はぁい・・(相談者)
応じてくれないですよね。(坂井眞)

はい。(相談者)
逆に・・いくら、男の方が言っても・・(坂井眞)
はい。(相談者)
親権を持ってる、お母さんの方は?(坂井眞)
はい。(相談者)

そんな関係の人に・・(坂井眞)
これ以上、関わって欲しくないっていうふうに・・普通、思うので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

それで、場合によったら、もう、じゃ・・だったら、こんな、月一回、会わせられないって、言い出しちゃうこともあるので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

・・

・・

・・

わたしがその・・(坂井眞)

・・

・・

親権を持っていない・・(坂井眞)
はい。(相談者)
別れた・・(坂井眞)

・・

はい。(相談者)
お父さんの方のね。(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

弁護士だったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あんまりそういうことやると・・(坂井眞)

ぁ、会えなくなるから、やめた方がいいですよ・・って、言いたくなっちゃうぐらいですよね。(坂井眞)

あっ・・(相談者)

そうなんですね?(相談者)
うん、だけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
それで、会わせないってことになると、結局・・ぁ、あのぅ、裁判所行って・・(坂井眞)
ああ・・はぁい。(相談者)
会わせる・・(坂井眞)

ふっ・・ことになっちゃうから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
それを、勧めてるわけじゃないですよ。(坂井眞)

あ、そういうことですね、はぁい。(相談者)

うん、だから、会わせてるのは、いい事だけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
それ以上の要求っていうのは、別に法律的には、出来ないんだっていうことが・・(坂井眞)

一つですよね。(坂井眞)
あっ・・(相談者)

じゃあ・・ぁ・・はぁ・・(相談者)
で、そうした時に、トラブルが、起き・・(坂井眞)

はい?(相談者)

可能性、ありますでしょう?(坂井眞)

そうですね・・(相談者)
その時・・うん・・(坂井眞)
あの、今・・あのぅ・・よく言うのは・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

それはもう・・(坂井眞)

しつるい(?)・・したくもないし、する必要もないと言うと・・(相談者)

それでは、あのぅ・・(相談者)

訴えを、起こしますと。(相談者)

うん、それは、別に怖がる必要ないですよ。(坂井眞)
あっ、そうですね・・でぇ、あのぅ・・で、訴えを、おこ・・そう、起こしますと・・言われるので・・(相談者)
うん。(坂井眞)

ま、わたしの方も・・(相談者)

起こすなら、起こした方が、もう・・(相談者)

いいんじゃないかと・・思うんですけども・・(相談者)
うん。(坂井眞)

そう言った直後に・・(相談者)

でも、そうすると・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

子供がまず施設に預けられて・・(相談者)
いや、そんなことないから大丈夫です。(坂井眞)

ああ・・はぁい、でぇ・・(相談者)

まぁ、相手が言うには・・(相談者)

あのぅ・・親族も・・両親も知らない場所に・・(相談者)

連れて行かれて・・(相談者)
それは・・まったく、嘘ですから。(坂井眞)
ふっ・・ふふふふふふ・・(相談者)
だって・・お母さんが、親権者であるお母さんがいるのに・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
相手が調停申し立てると、子供がどっか行っちゃうなんてことは、あり得ないから・・心配しなくていいです。(坂井眞)
あっ・・(相談者)

そうなんですね?(相談者)

でぇ・・(相談者)
ただ問題は・・(坂井眞)
あ、はぁい。(相談者)

あのぅ・・(坂井眞)

お母さん・・である、あなたの妹さんがね。(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・ちゃんと、お父さんに・・(坂井眞)
はい。(相談者)
やるべきことを、やってないっていう形には、なっちゃいけないと。(坂井眞)

はい。(相談者)

で、教えられないっていう理由は、こういうわけだと、会うたんびに、こんな喧嘩しているので・・(坂井眞)
あっ、はい・・(相談者)
非常に、不安があると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
親権者としてね。(坂井眞)
はい。(相談者)

そういうことは・・証拠に残しておいた方がいいと。(坂井眞)
あっ・・そうなんですね?(相談者)

でぇ、後はまぁ、写真あげたくないっていうのも・・(坂井眞)
はい。(相談者)

普通、あのぅ・・別れても、普通の関係だったら、別に写真あげてどうなの?・・って、わたしは個人的には思うんで・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あげられる範囲で、あげてもいいし、会ってる時に、向こう、写真撮ればいいじゃないですか・・って思うんで・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)

それは・・(坂井眞)

あのぅ・・(相談者)

言ってはいるんですけども・・(相談者)
うん、だって・・月に一回、会ってるんだったら、写真撮れますよね、自分で・・(坂井眞)

で、撮ってる・・(相談者)

で、撮ってるみたいで・・(相談者)
うん・・じゃ、それでいいじゃないですか・・って話しだと・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)
思うんだけど。(坂井眞)
はぁい・・でぇ・・あのぅ・・まぁ、そんなこと言うと・・(相談者)

・・

違うと。(相談者)

・・

自分が・・(相談者)

見てないところの写真も、見る・・って・・(相談者)

あのぅ・・父親として、権利があるから・・送るのが普通だろと。(相談者)
あ、そういう・・特別・・そういう特別な権利は、具体的にないので・・(坂井眞)
はぁ?・・あはっ・・(相談者)
仲が良ければ送ってくれるけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・そういう要求をしても、それだけで通るっていう関係にはないので・・(相談者)
はぁ・・い・・(相談者)

・・

あのぅ・・そんなに気にしなくていいです・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)
でも、そういう・・(坂井眞)
そうなんですね?(相談者)
まぁ、ある意味、養育費も滞っていながら、そういう要求ばっか・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
厳しい人は・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・いろいろ、ほんとになんか、調停起こしたりするかもしれなくて・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、事実と違ったこと、言うかもしれないから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

実際、どうだったの・・(坂井眞)

かっていう事がわかる・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)
まぁ、録音なり・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
状況の証拠はね・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

あのぅ・・残しておいた方がいいと。(坂井眞)

あぅ、そうですか・・(相談者)
で、必要以上に、意地悪する必要はなくて・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

しちゃいけなくてって、言った方がいいかな?(坂井眞)

はい。(相談者)
お子さんの為に、なにがプラスかっていうことで・・(坂井眞)
はい。(相談者)
お母さんとしては、動かれた方がいいと。(坂井眞)

あっ・・(相談者)
だけど・・(坂井眞)

はい。(相談者)
相手は別に、あの、向こうが要求しているような権利を持っていないから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それに全部、応じなきゃいけないってことでは、ないですよっていうのは、お答えになるかなぁ・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)

・・

はぁい。(相談者)

で、あのぅ・・(相談者)

・・

ま、ここ・・(相談者)

・・

2~3回、そのぅ・・(相談者)

子供・・と、面会の日に・・(相談者)

あまりにも、その、二人の・・(相談者)

関係が悪いので・・(相談者)
はい。(坂井眞)

ちょっとあのぅ、わたし自身も、仲介に・・(相談者)

入ったことがあるんですけども・・(相談者)
はい。(坂井眞)

わたしは、関われないってことでも、いいと思いますよ。(坂井眞)
あっ、そうなんですね?(相談者)
だって・・(坂井眞)
はぁ・・(相談者)
入り込みたくないって・・おっしゃってたじゃないですか?(坂井眞)
あっ・・はぁい。(相談者)

・・

・・

か、彼も、どうしようもなくなって・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あなたが、聞いてくれてるから、聞いてるだけで・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

・・

別に、そのあなた・・(坂井眞)

聞かなければいけないってことではないですよ。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

まして、玄関に押し入ってきたっていうのは、もうこれ・・(坂井眞)

出てってくれって言って、出て行かなければ、不退去罪っていう、犯罪になっちゃうぐらいの話ですから・・(坂井眞)
はい。

・・

ま、いきなり、そういう話にす・・すると、事を荒立てちゃうけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

・・

あのぅ・・「入っていいよ」って言われなきゃ、人の家に入っちゃいけないし・・(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

「出て行ってくれ」って言って、出て行かなければ、不退去罪で、同じ住居侵入と、同じ罪になっちゃうんで・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それだって・・(坂井眞)

「もう、出て行ってください」って言えばいい話しじゃないかと・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
思いますよ。(坂井眞)
あっ・・(相談者)

そういうことですね。(相談者)
はい。(坂井眞)

はぁい、わかりました。(相談者)

・・

はぁい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  うーん この手の相談 ぜひ 当事者から欲しいのですが 第三者 の口だけからの情報では100パーセント事実を把握しきれませんねぇ(・・?

     そんな 出戻り妹の 事などに関わらず ご自身(×いくつか 知りませんが?)の今後の身の振りようについて 真剣に考え て ダメなら 是非 もう一度 テレホン人生相談へ 電話ください。

     それに しても ご相談者 お妹さん もっと 情報を 仕入れるべきです
     裁判所は 子供の幸せを第一に考えますから 親権者から 子を引き離し福祉施設へ移送するようなことは断じてありません  虐待などがあればべつですがねぇ 
     もっと 社会について お勉強なさい!