テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月18日(水)は、ドリアン助川&大原敬子。4年前に夫が他界。子供が小さかったので必死に頑張ってきて、やっと安定した生活を得たが、心にぽっかり穴が開いていてやる気が出ない。休みの日など、起きれない。亡くなる前、胸が痛いと言っていた夫夫を冷たくあしらってしまった後悔。自分を認めてくれていたのは夫だけだった。同情が欲しいのでなく夫への依存していた承認欲求。素晴らしいという称賛、賛美が欲しいと指摘される。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:51歳女性 4年前に1歳年上の夫が他界(享年48歳) 婚姻期間15~6年 息子二人 長男(当時、中学2年生) 次男(当時、小学6年生)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

お願い致します。(相談者)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

はい・・えーっと・・主人が・・(相談者)

4年ほど前に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
亡くなりまして・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

うん、最初は・・子供も・・まだ・・(相談者)

小さかったので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
頑張らなきゃいけないと・・(相談者)
・・
また、周りに・・(相談者)

あのぅ・・手伝ってくれる人とか・・全くいなかったので・・(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、わたしが・・もう、一人で・・(相談者)

やっていかなきゃいけないって思っていたんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、ずっと・・(相談者)

・・

まぁ、それでも・・優しい方とかが・・(相談者)
・・
まあ・・(相談者)

わたしに・・わたしの事を聞くんではなくて・・(相談者)

わたしに・・「頑張れよ」とか、そのぅ・・(相談者)

子供の前では・・「笑ってなさい」とか・・言われるんで・・(相談者)

ずっと、泣けなかったんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたらだんだん泣けなくなってきて・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

・・

でもう、頑張ってきたんですけど・・(相談者)

・・

なんか生活も安定してきて・・(相談者)

・・

すると・・自分が・・(相談者)

楽しんでもいるんですけど・・(相談者)

・・

・・

なんか・・(相談者)

・・

こう・・(相談者)

穴が開いたままで・・(相談者)
・・
うん・・(ドリアン助川)

・・

やる気が出ない。(相談者)

っていうか・・(相談者)
・・
人と会う時は笑ってるし、楽しいし。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

子供がいるときも、やらなきゃいけない事はやるんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも一人で・・(相談者)
・・
平日に休みがあったりすると・・(相談者)

朝も起きれてなくて。(相談者)

・・

掃除しなきゃいけないのにしなくて。(相談者)

何にも出来ない・・(相談者)

自分が情けなくて・・(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)

やる気を出したいって思うんですけど・・(相談者)

出ないんですよ。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)

・・

え・・失礼ですけど、おいくつですか、今?(ドリアン助川)
あっ、51・・です。(相談者)
51歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ということは・・(ドリアン助川)

え・・47歳の時に、ご主人亡くなったんですか?(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)

ご病気?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ウン。(ドリアン助川)
突然に・・亡くなる・・(相談者)

4年前に・・突然亡くなったんですね、前触れもなく?(ドリアン助川)
出さ・・(相談者)

はい、出先で。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

なんか・・(相談者)

気付いてあげる・・ことも、「ああ、そう言えば」・・って、誰にも言ってないけど、あるんですけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

その時に・・冷たくあしらったりとか・・わたしはしてて・・(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)

自分・・が・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

・・

醜いっていうか・・(相談者)

ウーーン・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)

自分が・・悪いな・・って。(相談者)

ウーーン・・(ドリアン助川)
・・
でぇ・・亡くなってからも、自分が悪いのに・・(相談者)

主人の会社の責任にしたり・・(相談者)
・・
うん・・(ドリアン助川)

文句を言ってしまったり(半泣き)・・(相談者)

ズッ・・(相談者)

なんか・・(相談者)
ご主人、おいくつだったんですか、その時?(ドリアン助川)

48でした。(相談者)
48歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなたより、一つ上だったんですね?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

結婚、何年目だったんですか?(ドリアン助川)

え・・っと・・(相談者)

10・・5~6年・・(相談者)
15~6年ね。(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)
ぉ、お子さんは?(ドリアン助川)

その時・・(ドリアン助川)

えっと、6年生と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
中学2年生でした。(相談者)
・・
6年生と、中学2年生・・(ドリアン助川)

男の子です。(相談者)
男の子・・二人?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

そして・・あなたはそれから一人で・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
頑張って・・来られたわけですねぇ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でぇ・・じゃあ、今・・ぁ・・お子さん達は・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・高・・(ドリアン助川)

高校生・・えっ?(ドリアン助川)
・・
はい、そうです。(相談者)
高校生ですね。(ドリアン助川)
・・
二人とも・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ・・ぇ・・お父さんいなくなっちゃってからのこの4年間は・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
あなたは仕事はなにを・・どんな事をされてきたんですか?(ドリアン助川)

ぁぁ・・最初は、ずっと・・わたし・・亡くなるまでに・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

ある・・資格を取りたくて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう、10年・・以上、10年ぐらい・・(相談者)

専門職で頑張っていたんです。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
ただ・・パートだったんですけれども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

受験資格やら・・なんやら・・まぁ、一つずつステップを・・(相談者)

・・

でもそれで、がんばろう、がんばろう・・って。(相談者)

やっていて、楽しくて・・(相談者)

・・

そこだけを目指してたんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だけれ・・その後に・・一度入ったんですけど・・(相談者)

一回、辞めて・・(相談者)

正社員で・・(相談者)

入り直したんですけど、その専門職に。(相談者)
・・
はぁい。(ドリアン助川)

でもやっぱり・・きつくて・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

もう・・(相談者)

そこに・・魅力を感じなくて・・(相談者)

・・

もう、辞めて・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

もう、全然違う事務的な仕事に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
変わったんですね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

時給もいいし・・(相談者)

座ってられて・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

すごく・・(相談者)

楽というか・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

・・

そういうの・・やるんですけど・・(相談者)

・・

そこに対・・(相談者)

・・

して・・(相談者)

目標もなにもなくて、お金を稼ぐだけ・・(相談者)

うん・・でもお金稼がないとねぇ・・だって・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
息子さん二人いるわけですからねぇ。(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)

でぇ・・もちろんそのぅ・・(ドリアン助川)
・・
今、自分の心の中のモヤモヤって、全部は語りきれないとは思うんですが・・(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)

今日、電話をされてきた1番のとこというのは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そのぅ・・(ドリアン助川)

精神・・的な、ちょっと、危機・・に・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

瀕してるということなんでしょうか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
・・
なんか息子に負担をかけているのが・・(相談者)
ウン。(ドリアン助川)

じゃないかとか・・(相談者)
・・
うーーん・・(ドリアン助川)

すごく・・(相談者)
・・
思うけども・・(相談者)
ウン。(ドリアン助川)
だから・・こそ・・(相談者)

わたしが・・(相談者)

元気で・・(相談者)

いることが・・いいって、わかってるんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

やる気が出ない・・(相談者)

も・・目標も・・(相談者)

なにも・・(相談者)

輝いた物が見えない?(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
もう、生きていたくないと思ってしまうこともあるんですか?(ドリアン助川)

あります。(相談者)
あるんですね?(ドリアン助川)

タヒぬのは怖いですけど・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

生きている方がずっと辛い・・って。(相談者)
・・
うん・・(ドリアン助川)
なんか・・(相談者)

今・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

うん。(ドリアン助川)
でぇ、こんな親を見てたら・・子供達も・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

大きくなったときに・・(相談者)

お母さんが、あんなんだったから・・って・・(相談者)
なんか、随分お母さん、自分を責めますねぇ?(ドリアン助川)
・・
そのぅ・・(ドリアン助川)
ああ・・どうなんでしょう?(相談者)
旦那さんが亡くなったことの理由も、自分が悪いとおっしゃったり・・(ドリアン助川)

わたしはダメだ、みたいなことをおっしゃるんですけど、それ、なんか具体的に、なにがあるんですか?(ドリアン助川)

・・

・・

いやぁ・・(相談者)

・・

人として・・(相談者)

・・

主人が・・(相談者)
・・
認めてくれていた唯一の・・(相談者)

人だったんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

たぶん・・(相談者)

わたし・・誰も、味方がいない気がします。(相談者)
・・
ふぅーん・・(ドリアン助川)

うん、主人が・・(相談者)

守ってくれてたというか・・(相談者)
・・
一人・・わたしを支えてくれてたな・・って・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

すご・・く・・(相談者)

思います。(相談者)

では・・(ドリアン助川)

今抱えてる・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
お気持ちも含めて・・(ドリアン助川)

もう一度、お話されてください。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今日の回答者の先生、紹介致します。(相談者)

はい。(相談者)
幼児教育研究の大原敬子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

あ・・よろしくお願い・・(相談者)
こんにちは。(大原敬子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. なるほどそういうことなのか、と大原先生の話を聴いて腑に落ちました。

  2.  この手の ご相談は 苦手です、 三石先生に「がんばれ がんばれ!」 と 言ってほしかったですね!