老後の為に財産分与は半分欲しい

テレフォン人生相談
%e6%b5%ae%e6%b0%97%e8%a8%bc%e6%8b%a0

テレフォン人生相談2016年9月19日は、加藤諦三&坂井眞。再婚前から女性問題があった夫、結婚すれば止めるの言葉に、老後や生活の事も含めて再婚。婚姻生活13年目で、携帯に女性からのメール。浮気を認めた夫、不貞行為は認めず。2ヶ月前から別居状態。家裁の調停の不成立に終わる。要求は、慰謝料請求も含めて財産の半分。マンションと預貯金で1500万、そこには退職金も含まれいる。車に隠したレコーダーに、証拠の音声もなく、不貞行為の立証は不可能。退職金も認めらえる公算が少ないと坂井眞。願望が強すぎると加藤諦三。

テレフォン人生相談2016年9月19日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:69歳女性 夫69歳 子供は独立 婚姻13年 妻は再婚 夫は3回目の結婚

加藤諦三氏の〆の言葉『強過ぎる願望は、不安によります』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

69歳の女性から、再婚で夫は69歳、子供は全員独立、今は別居中で一人暮らし。

女性問題発覚し別居

えーっと、女性・・問題・・(相談者)
ご主人の女性問題ということ?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、あの、別居中ということですけれども、あの、何年前からですか?(加藤諦三)
2ヶ月前です。(相談者)
で、それはあの、あなたが出てったの?・・それとも、ご主人が出てったの、どっち?(加藤諦三)
いえ、私が出てきたんです。(相談者)

あ、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、その女性問題ということですけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うん・・どういうことですか?(加藤諦三)
うーん、見つかったのが、見つかったと、わかったのが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

えーっと、去年なんですよね。(相談者)
それで、何でわかったんですか?(加藤諦三)

携帯・・を、見たんです・・(相談者)
あ、あな・・ご主人の携帯を見たら・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
相手の女性との・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

メ、メールのやりとりが、わかったということね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、その女性は・・何歳ぐらいの女性?(加藤諦三)

えっと、10歳下です。(相談者)
うん・・そいでその、女性・・と・・結婚したいって言ってるんですか、ご主人、っていうか・・(加藤諦三)
いえ、それは、言ってなくて、あの・・発覚してから・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、すぐ・・ちょっと離れたみたいなんですよね。(相談者)
あ、その女性と・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

うん・・それで・・その後は、なんもないって言ってるんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
メールとかは、来てますね・・(相談者)

別れた言ってるけれども、実際は、まだ別れてないということね?(加藤諦三)
ない・・メール来るっていうことは・・別れてないんじゃないかなって・・いう・・(相談者)

結婚前から女性問題あり

ああ、なるほどね。(加藤諦三)
それで、あなたは、別居はしてるけれども、もう・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
別れたいということ?(加藤諦三)

そうです。(相談者)
離婚の決心は、ついてるわけですね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

はい、ご主人との、結婚生活、何年ぐらい、続いたんですか?(加藤諦三)
13年ぐらいですね。(相談者)
ふーん、10年以上続いてたのね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そいで・・迷ってるんじゃなくて、離婚する・・って・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
決めたってことは・・この事が、わかる前から・・ご主人に対する、不信感はあったの?(加藤諦三)
あ、ありました。(相談者)

それで、まあ、この事が、要するに、まあ、決定打・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
という、ことですね。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

それで・・だけど、再婚っていうことは・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
あれでしょ、お互いに、いろいろ、まあ、人生いろいろあるということ・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
承知の上で・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

結婚してるわけですよね?(加藤諦三)
はい、はい・・(相談者)

んっと、再婚する前から、女性関係は、もうずっと、あったんですよね。(相談者)
そうすると、あなたとすると、何?・・再婚する時に・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
既に・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

女性問題のある・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
男性だということを、知って結婚したということね。(加藤諦三)

はい・・それも、一緒になったら、止めるって・・(相談者)
という言葉を、信じたわけ?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

生活や老後のことを考えて結婚

あなた・・は、あの、前のご主人と別れてから、どのぐらい経つんですか?(加藤諦三)
20年ぐらいですかね。(相談者)

あ、20年ぐらい・・だから、10年ぐらい・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
独身で、そいで・・ま、今の男性とあって・・(加藤諦三)
はい・・はぁ・・(相談者)

再婚したということですね。(加藤諦三)
はい、はい、はい・・(相談者)
で、男性の方も・・アレですね・・(加藤諦三)
ええ、3回目・・です。(相談者)
あなたが3回目ですか・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、あなたがですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
まあ、女性問題が・・いろいろ、あるということを知り・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だけども、まあ・・結婚したら、止めるということを信じたっていうよりも・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
信じたかったってことでしょ?(加藤諦三)
まあ・・そういうことですね。(相談者)

寂しかったわけね?(加藤諦三)
そう・・でもあるし、生活・・の事も考えて、老後の事とかも考えて・・(相談者)
ということは、恋愛感情が、すごかったというわけでもないんですか?(加藤諦三)

嫌い・・ではなかったので、結婚したの・・(相談者)
ま、もち・・もちろんそうでしょうね、嫌いだったら・・(加藤諦三)
はい、はい・・(相談者)
わざわざ結婚しない・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

財産を半分要求

そいで今日あなた、もうそうやって、離婚ということの・・決心がついているとすると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

今日の相談内容っていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

えっと・・財産ですね。(相談者)
財産ですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今、その・・家とか貯金とか、家屋敷、その他財産は、あるんですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

うーん、あの、マンションも、買って・・るんですけど・・はい・・(相談者)
そうすると、財産っていうのは・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

一緒に住んでいた、マンションのことですね。(加藤諦三)
そうです、それとあと・・(相談者)
主としてね・・(加藤諦三)

預貯金ですか・・(相談者)
預貯金ですか?(加藤諦三)
うん・・(相談者)
まあ、おおよそ、どのくらいあるの?(加藤諦三)

1500万ぐらい・・かなぁ・・と思ってるんですけど・・(相談者)
ああ・・でそれを・・その離婚する時に・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あなたはなに、相手方に責任があるから・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
慰謝料も含めて・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

たくさんもらいたいということね?(加藤諦三)
半分欲しいって・・いう・・あの、要求したんですけども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

それは・・(相談者)
あ、もう・・もう、そういう話ししてるの?(加藤諦三)
ええ、あの・・家裁に・・一回出てるんですよね。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
で、あなたの要求ってのは何ですか?・・その・・半分?(加藤諦三)
はい、半分・・(相談者)

欲しいっていう、要求だたんですけども、家裁では・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
不成立に終わっちゃったんです。(相談者)

で、相手方はなに?・・あなたに、半分財産を、あげないって言ってるわけね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

で、その理由は何ですか?(加藤諦三)
いや・・わからないです。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

で、あなたは今日の・・相談っていうのは・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
半分、欲しいんだけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

家裁が、不調停終わったけれども・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
ま、どうしたら、いいでしょう?っていうことですね。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

は、わかりました、今日は、スタジオに弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
あ、よろしくお願いします。(相談者)

【おすすめ記事】



坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)

財産の半分要求

えー、そうしますともう、離婚の決心はできているし・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
もう、調停までやって・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

いるということなので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
方向性は、はっきりしてるみたいですね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、そうすると、あの・・離婚の時に、どういう要求ができるかっていうことも、ある程度、もう、おわかりですよね?(坂井眞)
はい、だいたい・・(相談者)

財産分与の話しと・・慰謝料請求・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
の話しでしょうね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、財産分与の話しから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
あの、ご相談の方から、話しますけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

えっと、さっき仰った・・えー、マンションとか、預貯金、合わせると・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
まあ、ざっくりで、1500万ぐらいかなぁっと・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

おっしゃっておられましたが・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
これは・・結婚してから・・作った・・財産っていうことで、よろしいですか?(坂井眞)

うーんっと、マンションは、結婚してから、買ったんですよね。(相談者)
はい・・(坂井眞)

それと・・その間に退職してるもんですから・・(相談者)
はい・・(坂井眞)
退職・・の、お金を・・あの・・(相談者)
退職金ね。(坂井眞)

うん、預貯金に・・(相談者)
うん・・(坂井眞)
やっ・・・たん・・・です。(相談者)

マンションは売って半分

えっと、ひとつはマンションは、結婚してから買ったのは・・これはローンは残ってますか?(坂井眞)
残ってないです。(相談者)
残ってない・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そうすると、結婚してから買った物、まるまるプラス財産を買ってるので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
それはまあ、わかりやすいですよね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

あの、一番、計算できるのは、売って半分に分けるっていうことですよね、残ったお金。(坂井眞)
はい、はい・・はい。(相談者)

退職金の性格

退職金はもうちょっと複雑で・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
ええっと・・お二人共、69歳って仰ってたから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

どうだろう、60歳か65歳か、その間ぐらいで退職されたんですかね?(坂井眞)
そうです、60・・ですかね。(相談者)
60で・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

で・・そうすると・・えー、今から13年前だから、56だとすると、結婚された時が、仮にね。(坂井眞)
はい、はい・・(相談者)

あの・・その前から、働いておられたわけでしょ・・(坂井眞)
そうです。(相談者)
退職金、もらった会社は・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

そうすると、その・・退職金っていうのは・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
ま、いろんな・・あ、あの、法律的な性質はあるんだけれども・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

えー、その勤めあげてきたことの、後払いみたいな・・(坂井眞)
うん、うん、そうです・・はい・・(相談者)
給料の後払いみたいな性格があるので・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

おいくつから、働きだしたか、わからないけど、例えば、25から、その会社で働いて、60で・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

退職した・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
で、退職金もらったとなると・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

その、結婚した期間って、まるまるじゃないじゃないですか・・(坂井眞)
はい、そうです。(相談者)

35年、働いたうちの・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
5年とか、6年とかね・・(坂井眞)
はいはい・・(相談者)

で、そうすると、退職金まるまるは・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
二人で、作りあげてきたもんじゃないよねっていう理屈は、先方から出る可能性ありますよね。(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、そういう事を考えて、あの、今、手元に計算できる・・資産の内・・どれだけが・・(坂井眞)
うん・・(相談者)

結婚の間に作ったものかっていう計算をして・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
その半分、くださいよっていうのが、それはいいと思うんだけども・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

今、手元にあるのは、全部そうだっとは、言えなさそうですよね。(坂井眞)

ああ・・そうですか・・(相談者)

うん、どっかわかんないとこ、あります?・・そうですかって仰って・・(坂井眞)
いや、いや・・そうですね。(相談者)
あはははははは(笑う)・・(坂井眞)
わかりました・・ははは(笑う)・・(相談者)

わかるよね?(坂井眞)
はい、わかります、わかります・・はい・・はい・・(相談者)
うん、だからそれは・・あの、もう、調停終わっちゃって・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

調停の中で、話し合いの中であの・・決めるんだったら、理屈はそうでも・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
もういいよって、両方が納得すれば・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

スパッと、半分でもいいんだけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
まあ・・あの、相手が納得しなかったみたいだから・・(坂井眞)、
はい・・(相談者)

そうすると、次は、裁判やらなきゃいけないですよね。(坂井眞)
そうですね。(相談者)

で、その中で・・えー、財産分与の話しも、話していかなきゃいけなんだけども・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

そうすると、理屈の世界になるから、今みたいな議論は、出ますっていうのは、一つね。(坂井眞)
うん・・(相談者)

不貞行為はなかった

で、もう一つは、あの・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
もともとのこの・・離婚の話し、それだけじゃないと仰ってたから・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

そんな単純な、話しじゃなさそうなんだけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
まあ、最後のきっかけは・・女性問題?(坂井眞)
はい・・(相談者)

で、ちょっと、よくわかんないんですけど、この女性問題っていうのは・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
携帯見たら、メールがありましたと・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

いう話しなんですけど・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
それは、その・・男と女の関係だったっていうの、わかるメールだったんですか?(坂井眞)

いや、そういうあの、内・・内容は、書いてないんですけども・・(相談者)
うん、うん・・(坂井眞)

えー、慰謝料請求するとなると・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
こう、夫が不貞行為をして・・(坂井眞)
うん・・(相談者)

え、まあ、浮気をしてって事ですよね・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
ひら、平たく、言葉で言うと・・(坂井眞)
それは認めてるんです。(相談者)

それは認めてるんだ。(坂井眞)
あ、あの・・遊びに行ったとか・・(相談者)
うん・・(坂井眞)

そういうのは、ドライブに行ったとか、そういうのは認めてるんですけども・・(坂井眞)
で、それは、不貞行為があったことは、認めてますか?(坂井眞)

いや、それがないって言うんです。(相談者)
うーん・・(坂井眞)
ただ、遊びに行っただけって・・(相談者)

車の中をレコーダーで録音

あの・・ちょっと、怪しかったもんですから・・(相談者)
はい・・(坂井眞)
車に・・レコーダー入れたんですよね。(相談者)
はい・・(坂井眞)

そしたら・・(相談者)
はい・・(坂井眞)
やっぱり、女の人と・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

その、車の中で会って・・(相談者)
はい・・(坂井眞)

1時間近くかなぁ・・(相談者)
うん・・(坂井眞)
あの・・あの、録音ですね。(相談者)
はい・・(坂井眞)

そういうのが、あります。(相談者)

そういうのっていうのは、車の中で、男と女の関係があったって、そういうこと?(坂井眞)

いえ、ない・・かと思うんです・・全然・・(相談者)
はっきりしてない?(坂井眞)
話しは全然・・しないで、1時間近くも、何してたんだって・・いうふうな、感じなんですよね。(相談者)

あ、でも、それは何やってるか、よくわからないんだ。(坂井眞)
女の人の声が、チラ、チラっと・・(相談者)
ふーん・・(坂井眞)
入るんですけど、はっきりは・・聞こえないんですよ。(相談者)

不貞行為の立証

うん、あの、何が言いたいかというと・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
この、その、夫婦関係を壊しちゃったのは・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

夫の不貞行為が原因だっていうの、こっちが立証しなくちゃいけないので・・(坂井眞)
うん、はい・・(相談者)

その為の、証拠は、ありますか?っていうことなんですよ、今、お聞きしてるのは・・(坂井眞)
ええ・・ええ・・(相談者)

で、そういうのがあると・・財産分与とは別に・・一定の、裁判所が認める金額の・・(坂井眞)
うーん・・うん・・はい・・(相談者)

請求ができるんだけど・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

ちょっと、微妙なところは、あるみたいですね、あの・・(坂井眞)
微妙ですね、あの・・ホテルに行った、写真さえあれば、100%っては、言われたんですよね。(相談者)
うん・・(坂井眞)

だけども、それ・・が・・ない・・ちょっと、撮れなかった・・撮れなかった・・(相談者)
そういう、直接的なメールは、なかったですか?(坂井眞)
それは、ちょっと、見当たらないですね・・(相談者)
うん・・(坂井眞)

それが、上手く立証できないと、慰謝料も・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

請求できない・・手に入らないかもしれないですね。(坂井眞)
うーん、うん、ううーん・・はい・・(相談者)

だからまあ、あの、そこで・・請求が通ればいいし、通らないとしても・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)
あの、もう、別れることを決めて・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

この人と、一緒にやっていく気はないと・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
もう、決心されてるようだから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)

であればもう、その・・最初の財産分与のところも・・(坂井眞)
はいはい・・(相談者)
もらうべきものは、しっかりもらって・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

慰謝料のところで、立証できるなら、それも貰って・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
次の方向へ、行くしかないでしょうね、もう、決めちゃったんだったらね。(坂井眞)
ええ、わかりました。(相談者)

加藤諦三まとめ

よろしいですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

願望と現実の区別

あの、あれ・・あなたの話し聴いてるとね・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
坂井先生に、いろいろ説明してましたけども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

証拠はないわけですよね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
なんか、こう思いたいっていうことが、先になってるんだよね。(加藤諦三)

結婚する時も・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
もう、女性関係が、いろいろある男性で・・(加藤諦三)
ええ、ええ・・(相談者)

もう3回目の結婚で・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
女性とも、遊んでるってのも、十分、わかってるわけですよね?(加藤諦三)
うん・・はい・・(相談者)

だけど・・これは止めるっと、信じたと、まあ、信じたんじゃなくて、止めると思いたいだけですよね、止めると信じたいから、信じたわけよね。(加藤諦三)
そうです・・で・・(相談者)

で、今度の・・まあ、実は財産が欲しいっていうのが本音で・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
そうすると・・浮気してると・・思いたいから、浮気してるっていう・・ことですよね。(加藤諦三)

まあ、やっぱりそういうふうに、とる・・そういうふうな・・やっぱり・・(相談者)
だすよね(ですよねがなまった?)・・(加藤諦三)
はあ・・(相談者)

だから、願望と現実とが、ちょっと区別しないと・・自分の願望通りには、いかないですよ。(加藤諦三)

うーん、そうですね・・(相談者)
ねえ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

私はこういう願望が強いと・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
だけど現実はこうなんだと・・(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

いうような、発想の方が・・気持ちが落ち着くんじゃないかなぁと思って・・(加藤諦三)
ああ・・そうですか・・(相談者)

わかりました・・(相談者)
よろしいでしょうか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
すいません、ありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.