テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月5日(月)は、加藤諦三&塩谷崇之。結婚して37年、息子は独立し夫と二人暮らしの妻からの相談。結婚当初から性格の不一致で意見が合わなくて衝突が多かった。二人暮らしになった今、夜の晩酌で言い争いになると、夫がビール缶を投げつけたりする。離婚して一人になるのも不安だし、一緒に生活していくのは辛くて苦しい。どうしたらいいだろうか?という相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『離婚の不安と結婚の不満で、多くの人は不満な人生を選びます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:61歳女性(パート) 夫65歳(まだ現役で働いている) 結婚生活37年 息子35歳は独立して家を出て二人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

はぁい?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、はぁい、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、61です。(相談者)
61歳・・(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ぇ、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

65歳です。(相談者)
65歳・・(加藤諦三)

お子さんは?(加藤諦三)

えっと、一人おります。(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)

35です。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

で、35歳の方、もう、家、出てるんですか?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
じゃあ今は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お二人で暮らしてるんですね?ご主人と・・(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はぁい、わかりました・・で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

結婚当初から・・あのぅ・・夫とこう・・(相談者)

性格の不一致というか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あの、意見が合わなくて、あのぅ・・(相談者)

衝突が絶えなかったんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

今、あのぅ・・夫婦二人になりましたけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょっとしたことで、こう、また・・あのぅ・・(相談者)

意見が・・合わないというか・・(相談者)

ってことで・・夫と衝突してしまえば、あのぅ・・(相談者)

夜・・(相談者)

なんですけど、よく晩酌・・してるんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

この間も、ちょっと、夫があのぅ・・(相談者)

怒ってあのぅ・・(相談者)

飲んでたあのぅ・・(相談者)

ビール缶・・投げたり・・(相談者)

するんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ・・まぁ、そういう中で・・(相談者)

これからも・・フゥ・・あと・・もう・・(相談者)

・・

何年の人生か・・もう、わからないけれども・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

この夫と・・(相談者)

・・

生活していくのも・・まぁ、大変だし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

・・

離婚してでも、一人にな・・って、自分のこれからの人生を考えた時に・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
果たして、一人で・・(相談者)

・・

・・

生きていけるかなぁ?・・っていう、不安もあったりして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

まぁ・・離婚してしまえば・・夫との人間関係もなくなって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

心は楽になると思うんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

決断できなくて・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

お電話いたしました。(相談者)
はぁい、ありがとうございます。(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚当初から・・(加藤諦三)

いろいろと・・(加藤諦三)

合わないところがあったっていうの・・かなり、な・・長いですよねぇ?・・こ・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
息子さん、もう、35歳ですから・・(加藤諦三)

結婚生活は、何年ぐらいですか?(加藤諦三)
え・・っともう、30・・7年ですねぇ。(相談者)

・・

で、あのぅ、性格の不一致って言いますけれ・・(加藤諦三)

って言うけど、具体的には、どういう・・意見が合わないって言いましたけれども・・(加藤諦三)

・・

ぇ・・違うなぁ・・この人と・・(加藤諦三)

わたしとは違うなぁ・・と、思ったのは・・(加藤諦三)

そう・・(相談者)
具体的には、どんなことですか?(加藤諦三)

まぁ・・一緒に・・こう・・(相談者)

買い物に行ったり・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
そういう・・(相談者)

夫婦を・・(相談者)

思い描いてたんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・夫はあの、一人行動が好きって言うか・・(相談者)

一緒に、出掛けるの・・が・・(相談者)

好きでなかったっていうか・・(相談者)
・・
ああぁぁ・・(加藤諦三)

・・

ウーン・・でぇ・・(相談者)
まぁ・・要するに、あなたと一緒に、なにかをする・・っということが・・(加藤諦三)

いや、具体的に一緒にしててもなんか・・気持ちが一緒に動いてないというか・・(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・(相談者)

そんな感じなんですかねぇ?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

・・

・・

で、あなたが求めていたのは、やっぱり、一緒に・・例えば、息子さんが、35歳ですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

そうすると、子育ても一緒に・・子育てをしてるというよりも・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あなた一人が・・(相談者)

頑張って子育てしてるって感じだったってこと?(加藤諦三)

・・

わたしも・・ズッ・・(相談者)

あの、夫とこう・・(相談者)

意見が衝突なんかで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

言い合いになったりして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

子供を、あの・・(相談者)

・・

・・

小さい時・・幼児期の頃・・(相談者)

・・

置いて・・(相談者)

実家に帰ったりしたこともあるんですよ。(相談者)

・・

・・

・・

はぁ・・ぁ・・だ・・あの、子供を置いて、実家に帰るっていうのは・・(加藤諦三)

ちょっと・・(加藤諦三)

子供を連れて・・(加藤諦三)

実家に帰るっていうのは、わかるんですけども・・何歳ぐらいの時ですか?この・・(加藤諦三)

3歳の時、あのぅ・・(相談者)

最初、連れて・・行ったんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

夫があの、連れに来まして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

でぇ・・(相談者)

その時・・わたし・・もう、まだ、若くて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分で・・(相談者)

・・

育てていく自信がなくて・・渡したんですね。(相談者)

渡した・・そして・・(加藤諦三)

・・

あなたはそのぅ・・もう、実家に残ったわけですね?(加藤諦三)

そうですね、その時ですね。(相談者)

・・

・・

と、3歳で・・(加藤諦三)

・・

・・

ご主人は、子供を連れて行って・・(加藤諦三)

は、働いていたわけですよね?もちろん。(加藤諦三)

・・

主人ですねぇ?(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

そうすると・・(加藤諦三)

まぁ、ど・・預けて・・ということですか?(加藤諦三)

保育園か・・(加藤諦三)
あのぅ・・主人の・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
お母さんがいました。(相談者)

あっ、ご主人の実家の方で・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

アレですか・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
なるほどねぇ・・(加藤諦三)

そうすると、そのぅ・・子育ての心配は、なかったわけですね?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ、でも・・(相談者)

今思えば・・(相談者)

わたし・・は・・(相談者)

なんで、あの時、子供を渡したのかなぁ・・って、思いましたけれども・・ズッ・・(相談者)

・・

その時は・・(相談者)
そうですよねぇ・・(加藤諦三)
でも・・(相談者)
普通、そう思いますよねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

3歳ですからねぇ・・(加藤諦三)

ですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

子供を渡したと・・(加藤諦三)

で、その時に、わた・・渡した・・(加藤諦三)

こ・・夫の側の言い分っていうのは・・(加藤諦三)

どういう言い分ですか?(加藤諦三)

結局・・(相談者)
「お前は、子育ての・・資格がない」ってこと?(加藤諦三)
はぁい、「お前は、結局・・」(相談者)

・・

あの・・「子供を手放して・・」(相談者)

「俺が、ずっと面倒を看てた」と・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
あの・・(相談者)

・・

今でも・・(相談者)

・・

意見の衝突をした時に、言われますし・・(相談者)

・・

・・

・・

その事に関しては、わたしも、もう・・(相談者)

・・

弁解の余地はないんですけれども・・(相談者)

お・・(加藤諦三)

っととの(夫との)・・(加藤諦三)

で、そういうその・・(加藤諦三)

・・

意見が衝突してですねぇ・・(加藤諦三)
・・
なんか、離婚の話みたいのは、出たんですか?(加藤諦三)

はぁい、出ましたもう、その時もですねぇ・・(相談者)

・・

それでぇ、離婚っていうのは、どちらから言い出したの?(加藤諦三)

・・

その時はもう・・わたしも・・感情的になって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「あのもう、あなたとは暮らせないから、離婚してください」とかって、言ったことはありました。(相談者)

ぁ、あなたの方から・・ぃ、言ったの?(加藤諦三)
はぁい・・はぁい・・(相談者)
それに対する、ご主人の反応は、どうだったんですか?(加藤諦三)

もう、別に構わない・・って・・言いましたけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

やはり、決断ができませんでした。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

それで、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
まぁ、そういうような環境の中で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
まぁ・・ビール缶を投げる云々まで行ってしまって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
かと言って、離婚して一人になるというのは、ちょっと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

不安だと・・(相談者)

はぁい。(相談者)

・・

かと言って・・(加藤諦三)

・・

この夫と・・(加藤諦三)

これから先・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
二人の生活を・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

続けていくのも苦しいと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

・・

どうしたらいいか、わかんないんだよ・・っていう・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
悲鳴みたいなもんですね?(加藤諦三)

はい!(相談者)

はい、わかりました・・(加藤諦三)

ぁ・・今日はスタジオに、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい、こんにちは。(塩谷崇之)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク