テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)
よろしくお願いしまーす。(相談者)

え・・今、お話を伺ってまして・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あなたの・・疑問は・・いちいちごもっともなので。(坂井眞)
はあ。(相談者)
え・・(坂井眞)

ごもっともです、ではお答えになりませんので・・ふふっ・・(坂井眞)
ははっ、はぁい。(相談者)
順を追って、説明しますね。(坂井眞)
はぁい、お願いします。(相談者)

成年後見のシステム

あのぅ・・まず、成年後見・・っていう制度の・・(相談者)

そのシステムって、あんまりまだ・・(相談者)

ピンときてないところ、あるんですかねぇ?(坂井眞)
はぁい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

例えば、「お世話をしてもらえなくても困る」とかっていう話なんですけれども。(坂井眞)
はぁ・・はぁい。(相談者)

え・・成年後見人は・・(坂井眞)
はい。(相談者)

誰がどういう手続きで・・選任をして。(坂井眞)
はい。(相談者)

どんな権限を持ってるのかっていうのは、今一つ、明確じゃないですよね、きっとね?(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、そこから説明をしますね。(坂井眞)
はい。(相談者)

今回のあの、あなたの・・ぉ、叔父さんですねぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
お父さんの・・弟さんになるのかな?(坂井眞)
はぁい。(相談者)

あ・・の、ように・・(坂井眞)
はい。(相談者)
まぁ、そのぅ・・(坂井眞)

社会人として、ちゃんと一人で、財産を管理していったり・・(坂井眞)
はい。(相談者)
生活していったりする能力が、なくなってしまって。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

自分の財産をちゃんと管理できなかったりと。(坂井眞)

はい。(相談者)
いうような人については・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ちゃんと後見的に、その人に代わってね。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・財産を管理したり・・(坂井眞)
はい。(相談者)
まぁ、それから日々の療養看護・・を・・(坂井眞)
はい。(相談者)
手伝ってくれる人が必要だと。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ、どういう形になるかというと。(坂井眞)
はい。(相談者)

普通は、まぁ、身近な人ですよねぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
お子さんとか兄弟とか。(坂井眞)
はい。(相談者)

あ・・きっとこれは、アレだろうなぁ・・ご兄弟であるお父さんが・・選任の申し立てをしたんじゃないかと思うんですけれども。(坂井眞)
あっ・・はぁい。(相談者)

家庭裁判所に・・選任申し立てをするんですね。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・それでぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
能力がある人に、成年後見人ついちゃ困るんで。(坂井眞)
はい。(相談者)

本人が・・やるのが、一番いいんでね、能力があれば。(坂井眞)
はい。(相談者)

本当にそういう能力がないかどうかを・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ちゃんとお医者さんの・・(坂井眞)

診断を受けて。(坂井眞)
はい。(相談者)

あ、この人は、本当にそういう方が、つかないけませんよねっていう・・医学的な判断が出たうえで・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

最終的には家庭裁判所が・・(坂井眞)

はい。(相談者)
じゃあ、これはつけなきゃいけませんねっていって選任をするんです。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、選任するのは、さっき言ったように、裁判所ですから。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
家庭裁判所ですね。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

裁判所・・に対して・・(坂井眞)
はい。(相談者)
選ばれた・・(坂井眞)

成年後見人っていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

責任を持ってやらなくっちゃいけないっていう立場なんですね。(坂井眞)
はい。(相談者)
うん。(柴田理恵)

なので、選ばれたから、もう好き勝手にしていいとか・・(坂井眞)
はい。(相談者)

この人は・・(坂井眞)

財産いっぱい持ってるから、一生懸命やってあげようとか。(坂井眞)
はい。(相談者)

そうじゃなければ、手ぇ抜いていいとか、そういう話じゃなくて。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

お伺いは家庭裁判所

で、場合によったら、わたしも成年後見人にやったことありますけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

例えば、弁護士が選ばれたような場合には・・(坂井眞)
はい。(相談者)

日々の、そのぅ・・療養看護って言いますけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
生活的な支えっていうのは・・(坂井眞)

毎日側に行って、やるわけにはいかないので。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・成年後見人としては弁護士・・法律の専門家がつくけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

日々の面倒を看るのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
一緒に住んでいる奥さんだとか、お子さんだとかっていうような選ばれ方をすることもあるんですね。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

え・・(坂井眞)

でぇ、そういう形で・・(坂井眞)
はい。(相談者)
家庭裁判所に対して・・(坂井眞)

はい。(相談者)
え・・責任を持って・・(坂井眞)
はい。(相談者)
やりますということなので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

これ、疑問点のうちの一つですけれど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

「こういうことやっていでしょうか?」って、いうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
家庭裁判所に・・(坂井眞)
はい。(相談者)
許可を得なきゃいけないわけですよ。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、あな、あなたのお母さんっていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
義理の・・兄弟になるのかな?叔父さんからすると。(坂井眞)
はい、そうです・・はぁい。(相談者)

に・・いくら親族だからって、電話して・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、いくら聞いても、それ意味ないんですよ。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

お母さんはそんなこと、オッケーする権限はないから。(坂井眞)
あっ・・はぁい。(相談者)

だから、そのあなたの疑問は、もっともなんですね。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

え・・だから、まぁ、ちょっと、そもそもそういう聞き方をしてくることが・・(坂井眞)
はい。(相談者)
おかしい、というのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

一つ、あります。(坂井眞)
はい。(相談者)

それでぇ・・じゃあ、あのぅ、成年後見人、選ばれると、どんな事するかというと・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
日々の・・細かな・・あの支出まで・・(坂井眞)

全部いちいち家庭裁判所に、お伺いを・・立てていたのでは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

とても、仕事にならないから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

大きな財産。(坂井眞)
はい。(相談者)

例えば不動産とか売らなきゃいけないっていう時は・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そういう事していいでしょうか?っていうことを裁判所に、お伺いを立てます、許可を得てやります。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

え・・そうじゃなければ・・(坂井眞)
はい。(相談者)

その日常的な処理については・・(坂井眞)
はい。(相談者)
一年に一回は・・(坂井眞)
はい。(相談者)
報告書を出さなきゃいけない・・はずです。(坂井眞)

はい。(相談者)
こういう支出がありましたと。(坂井眞)

注意信号

で、もうひとつの・・(坂井眞)

え・・疑問。(坂井眞)

はい。(相談者)
自分で事故を起こしといて・・(坂井眞)
はあ。(相談者)

なんで・・はぁはぁ(笑)・・叔父さんのお金、使うんだろうか?と。(坂井眞)
ふふふ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
そりゃ、もっともな話で(笑)。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・仕事の最中に事故を起こしたからといって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そのぅ・・病院で寝ている叔父さんの責任じゃないじゃないですか。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

自分に落ち度があれば・・(坂井眞)
はい。(相談者)

自分のお金で・・ないしは自分が掛けている保険でもいいですけども。(坂井眞)
はい。(相談者)

修理しなくちゃいけないですよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ、もらい事故。(坂井眞)
はい。(相談者)
つまり、例えば・・今から・・病院にお金払いに行こうと思って信号待ちしてたら後ろから突っ込まれちゃった。(坂井眞)
はい。(相談者)

そんな場合は、叔父さんのお金じゃなくて・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

突っ込んできた、か・・いわゆる加害者。(坂井眞)
うん。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

から・・修理代を・・(坂井眞)
はい。(相談者)
もらえばいいわけじゃないですか。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

どう考えたって叔父さんが出す理由はないので。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
うん。(柴田理恵)

ふふふ・・(相談者)
でぇ、そこは・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
もっともな疑問なんで。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

ちょっと、お聞きしたいのは。(坂井眞)
はい。(相談者)

この方、まぁ、その70代後半になっちゃったのはいいんですけど。(坂井眞)
はい。(相談者)
もともとなにか・・例えば、なんか、資格をお持ちの方ですか?(坂井眞)

えーっと・・はぁい・・司法書士・・(相談者)
司法書士さんかな?(坂井眞)
だったと思います。(相談者)
司法書士さんで・・(坂井眞)
はい。(相談者)
されてる方、もちろんたくさんいらっしゃるので。(坂井眞)
あっ、はぁい。(相談者)

司法書士だった・・(相談者)
あのぅ・・(坂井眞)

そういう方であれば、本来、資格・・の問題が、あるので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

わたしが、さっき申し上げたような原則を、間違えるはずもないし。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それ、疑問なので。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

これはちょっと、あのぅ、注意信号が出てますから。(坂井眞)
あっ、はぁい。(相談者)

それはどこへ・・家庭裁判所・・(相談者)
でぇ・・うん、そう、それで、最初、申し上げたシステムの話になるんですけど。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

その選任された家庭裁判所ご存知だと思いますから。(坂井眞)
はああ・・(相談者)
住んでる地域の、叔父さんがね。(坂井眞)
ちょっと調べないとだめだ、はい。(相談者)

ただ、それはすぐ調べればわかる話なんで。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
うん。(柴田理恵)

え・・(坂井眞)

その家庭裁判所に。(坂井眞)
はい。(相談者)
ちゃんと、こういう話がきたんですけど・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

おかしくないでしょうかと。(坂井眞)
はい。(相談者)

を・・いうことですね、例えば車の修理代金の話。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

成年後見人としての・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
ぉ・・業務の報告はちゃんとされてるんでしょうか?と。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
いうことを、家庭裁判所に聞かれるのが一番いいんですよ。(坂井眞)
あ、はぁい、分かりました。(相談者)

それはあの、家庭裁判所の仕事ですから。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
それはきちんと言いにくべきだし。(坂井眞)
はい。(相談者)

わたしも実際、そのぅ・・(坂井眞)

成年・・後見人になられた方が・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あ・・ちゃんと仕事をしてない・・っていうことで。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・家庭裁判所に・・おかしいんじゃないか?ということ、言いに行ったことありますし。(坂井眞)
あっ・・そうなんですか・・(相談者)

でぇ、その時も別にあの、怒って行く事・・必要もなくて。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

今、言ったことを、淡々とお話になられれば。(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・裁判所は・・変だな?・・っていうことは、すぐわかりますから。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

で、そりゃ、早くやられた方が・・(坂井眞)
はい。(相談者)
いいと思いますよ。(坂井眞)

面倒な事になる前に

あ、はぁい、わかりました・・じゃあ、すみません、あのぅ、成年後見人の方には、直接、連絡せず、裁判所行っちゃっていい?(相談者)
・・
連絡しちゃっていいです?(相談者)

あのぅ・・それ・・(相談者)

もう、やっちゃったことなんで・・(坂井眞)

はぁい。(相談者)
その、修理代金を、ホントに、どうしたか?・・ってことは、わかってます?(坂井眞)
いえ、あのすみません、昨日・・電話が・・来ておりましてぇ・・(相談者)
はい。(坂井眞)

そして今日、お電話をしてしまっているのでぇ。(相談者)
ああ・・(坂井眞)
うん・・(柴田理恵)

まだ、どこまでか・・(相談者)
これからかもしれない?(坂井眞)
はぁい。(相談者)

でぇ、あの、いずれにしてもですねぇ・・(坂井眞)
はい。(相談者)

わたしが今、お電話でお話を聞いている限りでは・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

成年後見人の・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
動きとして。(坂井眞)
はい。(相談者)

疑問なので。(坂井眞)
はい。(相談者)

それは一度、裁判所の耳には入れた方が・・(坂井眞)
はい。(相談者)
いいと、思います。(坂井眞)
はい。(相談者)

わかりました・・(相談者)
でぇ、入れてから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・裁判所が、すぐ動いてくれれば、直接言うまでもないかもしれないし。(坂井眞)
ぁ・・はぁい。(相談者)

ただ、そのぅ・・(坂井眞)

裁判所が動く間に・・(坂井眞)

はい。(相談者)
勝手に出されちゃうと。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それはそれで面倒なので。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

ま、裁判所に言うと同時に、言うっていう選択肢もありかもしれないですよね。(坂井眞)
ぁ、はぁい、わかりました。(相談者)
でぇ、あのぅ・・いや、ちょっとあのぅ・・(坂井眞)

知り合いの弁護士・・に、相談したら。(坂井眞)
はい、はい。(相談者)

え・・成年後見人を監督してるのは・・家庭裁判所らしい・・ですよね、と。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

うちの母に電話されたようだけど、意味無いんじゃないでしょうか?と言ってみても・・(坂井眞)
あっ・・はぁい。(相談者)
いわけですよね。(坂井眞)
うん。(柴田理恵)
なるほど、そうか・・はい。(相談者)

うん、でぇ・・いや、じゃあのぅ・・事故をされたのは気の毒だけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

それは、わたしの叔父・・の責任じゃないと思うんだけど・・ま、最初にご相談されたとおりのことなんだけども。(坂井眞)
うん。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

それを、あのぅ・・おっしゃられれば・・(坂井眞)
はい。(相談者)

それは、あのぅ・・もし、司法書士さんだとしたら、理屈はお分かりのはずだから・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

そこで止まるかもしれないし。(坂井眞)
あっ、はぁい、わかりました。(相談者)
はい、いずれにしても、ちゃんと家庭裁判所の監督を・・してくださいという・・(坂井眞)
ぁ・・はぁい・・(相談者)

メッセージを、伝えた方がいいですね、やはり、家庭裁判所に。(坂井眞)
はぁい、わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 聞いてて思ったけど、これって悪意の有る成年後見人だったらやりたい放題でしょ。親族すら通帳も見れないってどうよ?
    だから後見人に横領って後が立たないんだな・・・しかも使われた後じゃ絶対戻って来ないでしょ?まさにやり得。
    弁護士も政治家もオカシイと思わないのかな?改正する気も無さそうだし。
    変な法律がまかり通ってる日本って・・・

  2. 成年後見人は裁判所へ毎年報告書を提出する義務があるからね。
    変なことをすればバレる仕組みにはなってるよ。
    でも現実に不正をする後見人が珍しくないのも事実。
    そして一旦使い込みをされたら、それを取り戻すことは至難の業なのも yamane さんがご指摘の通り。
    いったい誰を信じたらいいんだろうねえ?肉親が一番危ないって言うし・・・

    yamane さんがおっしゃるように、(個人情報保護との兼ね合いが難しいけど)、できるだけ情報開示して関係者が随時チェックできる制度に改めるべきだろうね。