テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

柴田理恵の疑問

先生?(柴田理恵)
はい?(坂井眞)

先生、そのさ、お金の出し入れの・・(柴田理恵)
はい。(坂井眞)

収支みたいのを、家裁に・・報告する義務も・・(柴田理恵)
します・・(坂井眞)
あるんですよね?(柴田理恵)
あります、はい。(坂井眞)

おかしいと思ったら

こんなこと言ったら、アレだけど・・(柴田理恵)

こういうことを言ってくる・・(柴田理恵)

後見人の人っていうのは。(柴田理恵)

信用できるかどうかわからないじゃないですか?(柴田理恵)

最近ではその、そういうこう、自分の財産を管理できない人の・・お金を狙って、いろんなことをする人も出てくるって、聞いたことがあるので。(柴田理恵)
ウン・・(相談者)

今までのお金の出し入れみたいなのを・・(柴田理恵)

確認してみる必要・・そんなことはできるんですか?(柴田理恵)
ええ・・あのぅ・・(坂井眞)

そういう不祥事も・・たまに報道されたりしますのでぇ。(坂井眞)
はい。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
わたしがさっき、疑問だ・・って、言ったのは・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
まぁ、ソフトに言ってるわけでぇ。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

もう一つじゃあ、調べなくていいでしょうか?って、言うんですけれども。(坂井眞)
はぁい。(相談者)
うん。(柴田理恵)

このご相談されてる方は、調べる権限ないので。(坂井眞)
ああ、そうですねぇ・・ふふっ・・(相談者)
ああ・・ないんだ。(柴田理恵)

あの、その、成年後見人に通帳を見せてくれ・・って言っても、あんたに見せる・・理由はないって言われたら、そりゃそのとおりなんですね。(坂井眞)
はぁーい。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

別に権限ないじゃないですか、叔父さんの財産に・・(坂井眞)
そうなんです。(相談者)
手を触れる・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
ああああ・・なるほど。(柴田理恵)
だから家庭裁判所に、行ってくださいと。(坂井眞)

はぁい。(相談者)
家庭裁判所は、成年後見に・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ちゃんとやってるのか、監督するんだ・・って言えば・・(坂井眞)
はい。(相談者)
見せざるを得ないので。(坂井眞)
ぁ、はぁい。(相談者)
じゃあ・・(柴田理恵)

家裁の方に行って・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

はい。(坂井眞)
それで・・(柴田理恵)

ちょっと、こういう方なので・・(柴田理恵)
はいはい。(坂井眞)

ちゃんと調べてもらえませんか?・・って・・(柴田理恵)
はい。(坂井眞)
お願いすることはできるわけですね?(柴田理恵)
はい、少なくとも・・(坂井眞)
はい。(相談者)
今日のご相談と同じことを・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
お伝えすれば。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

裁判所も、そりゃ変ですよね・・と。(坂井眞)
はい。(相談者)

大丈夫だろうか?と思うはずですから。(坂井眞)
ぁ、はい。(相談者)

あのぅ・・すぐ、動いてくれると、わたしは思ってますけれども。(坂井眞)
はぁ・・はぁい。(相談者)
まず最初に、家庭裁判所には、行かれた方がいいと。(坂井眞)

はい、わかりました。(相談者)
・・
ホント、ありがとうございます。(相談者)
よかったですね、相談して。(柴田理恵)
はぁい・・はぁい、早速・・実行に移してみようと思います。(相談者)
まぁねぇ、叔父さんの為ですからねぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ぁぁ、ご苦労さまです。(柴田理恵)
ぁ、はぁい。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

遺産、遺産・・これ、つい本音が出ちゃった?
亡父と自分の兄弟が何人か、知りたかったね
質問は、成年後見人の件だから、仕方ないけど

少なくとも、叔父さんが亡くなれば
代襲相続は、ほぼほぼ確定(遺言書があれば、わからないけど)
関係ないっていう話になってるけど

遺産の残り具合で、自分の取り分が決まってしまう
そりゃ、車の修理費用は問題だな
減額されちゃうもんね

下衆の勘繰りかもしれないけど
そういうことも、ありかな

ただ今回は、この少子化の時代
他人事ではないかもしれない
結婚すれば、配偶者の親の問題もあり

この相談者同様に、結婚してない
伯父、伯母、叔父、叔母
なんてことも、少なくない

もしも、そこそこの資産家だったら
放っては、おけないよね
そういうことも、あり得るんだなぁ

テレフォン人生相談2018月6月8日(金)予告

仕事でコミュニケーション取るのが苦手な男性からの相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 聞いてて思ったけど、これって悪意の有る成年後見人だったらやりたい放題でしょ。親族すら通帳も見れないってどうよ?
    だから後見人に横領って後が立たないんだな・・・しかも使われた後じゃ絶対戻って来ないでしょ?まさにやり得。
    弁護士も政治家もオカシイと思わないのかな?改正する気も無さそうだし。
    変な法律がまかり通ってる日本って・・・

  2. 成年後見人は裁判所へ毎年報告書を提出する義務があるからね。
    変なことをすればバレる仕組みにはなってるよ。
    でも現実に不正をする後見人が珍しくないのも事実。
    そして一旦使い込みをされたら、それを取り戻すことは至難の業なのも yamane さんがご指摘の通り。
    いったい誰を信じたらいいんだろうねえ?肉親が一番危ないって言うし・・・

    yamane さんがおっしゃるように、(個人情報保護との兼ね合いが難しいけど)、できるだけ情報開示して関係者が随時チェックできる制度に改めるべきだろうね。