産後に夫から性病をうつされる

テレフォン人生相談
夫婦関係

テレフォン人生相談2016-04-28は、里帰り出産をした妻、産後に性病を夫からうつされる。結婚前から夫に行動に二股や女の影を感じていたが結婚。夫の身勝手な行動で仕事も続けることができず辞める。土日も仕事が忙しいと言っているが、給料は変わらず、不審には思っていが。喧嘩を機に里帰り出産を選択するも、実家に帰った妻に対して冷たい態度。お腹の赤ちゃんはどう?という心配もしない。離婚すべきか婚姻生活を継続すべきか悩んでいるという相談。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年4月28日(木)

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:33歳女性 夫33歳 男の子3歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

読むテレフォン人生相談

33歳の女性から、 、夫と離婚すべきか継続すべきか悩んでいるという相談。

産後に性病をうつされた妻

息子さん3歳、これから家庭が楽しいという時に何があったんでしょう?とドリアン助川。
旦那のことなんですけども、産後、性病をうつされたんですね。。と妻
ずいぶんな人と一緒になりましたね。
なんで一緒になったんですか?とドリアン助川。

最初、付き合った当初は、いろいろ出かけたりとか、 食事に行ったりとか結構行動派だったので、私もそういうのが好きだったのでいいなぁと思っていたんですけれども。
途中からなんか仕事が忙しいって言って、会えないことがちょっと多くなったんですよね。。と妻

それは結婚前、結婚後?とドリアン助川。
結婚前からです。。と妻
結婚前から、途中からなんか変な感じになってきた?とドリアン助川。

はい、なのでちょっと、女の人が、他にも二股とか、いるのかなぁと思ったんですけど、やっぱ仕事も変わって、転勤もあったので、まあ、その仕事一生懸命なのかなーと思って待ってたんですけど、それでそのまま結婚しちゃったんですけど。。と妻

で、新婚時代はどんな感じだったんですか?とドリアン助川。
挙式を上げてからは、落ち着いた生活で、まぁ旦那、仕事が忙しいということで、土日も結構多く、仕事が入っていて、その代わりには給料が上がんなかったので、アレ?って感じはしてたんですけど、あまり反発すると怒るんで、喧嘩になるんで、あんまりそれ以上、言えなかったんですけど。。と妻

で、えー、生活していくのに、申し分ないお給料は持ってきてくれる?とドリアン助川。
はい持ってきてます。。と妻
あなた、今働いてないんですね?とドリアン助川。
はい。。と妻

愛情がなくなり冷たい感じ

だけど、産後に性病をうつされちゃった、とドリアン助川。
はい。。と妻
あのぅ・・女性がいたってこと?とドリアン助川。

聞いたんですけど、旦那は一切、口を閉ざしたまんまで・・
話さないので、そこら辺は明らかではないんですけど、事実、その性病ってのは、明らかなんですけど。。と妻

あの・・出産前に実家の方に行って、行ってたんですけど、ま、旦那とちょっと喧嘩、あの旦那が仕事、忙しいので、なかなか家にいないので、ま、私も里帰り出産をして、実家の方に行ってたんですけど、妊娠後期から、会えない、会えないというのが続いていて、来てくれなくて、仕事が忙しいと言ってから、なんか怪しかったんですけど。。と妻

忙しいっていうよりは、愛情がなくなっちゃったって感じ?とドリアン助川。
そうですね、電話しても冷たい感じで、なんか怒ってるんですよね、常に怒ってるんですよ。。と妻

電話なんかするなよ!みたいな?とドリアン助川。
そうです、まだ寝るんだから・・普通だったら、お腹の赤ちゃんとか、私に対して「どうした?」とか、会いに来たりするじゃないですか。
それがなんか全然、もう仕事で眠い、疲れてんだみたいな感じで、いつもそればっかりで。。と妻

仕方なく

で、そういうことになって、出産をして、そして息子さんに対しては、旦那さんどんな感じなんですか?とドリアン助川。
少しは、お風呂入れる時に私の・・私と一緒にちょっと手伝うぐらいで、あとは、夜泣きとかしても、「うるせぇなぁ!」みたいな感じの時はありました。。と妻

息子さん連れてどっか、旦那さん遊びに行ったりとか、そういう事は無いんですか?とドリアン助川。
は、1人ではないです、私がほとんどやっていて・・まぁ私と一緒にちょっと出かけるぐらいですね。。と妻

こう、抱っこしたりあやしたり、そういう事はあまりない?とドリアン助川。
まあ産・・産後、少しはあったと思うんですけど。。と妻
今は?とドリアン助川。
今は、結構ありますけど。。と妻

あ、今はありますか?とドリアン助川。
はい。。と妻
じゃあ、今は息子さんのこと、かわい・・お父さんなりに、かわいがってる?とドリアン助川。
今は、かわいがってます。。と妻

かわいがってる・・で、あなた・・は、可愛がってくれない?とドリアン助川。
前よりは、まあ、ちょっと、あの・・皿洗いですとか、掃除とかは手伝ってくれるようになりました。。と妻

あ、じゃあ状況は少し改善されてきたんですか?とドリアン助川。
そうですね、あの、親のほうに言って、あの、性病ってこと・・になってから、親が出てきてくれて、向こうの親にも話して、まぁちょっとバレたって意識もあるせいか、手伝うようにはなったんですよね。。と妻

今更遅い、自分が惨め

じゃあ、あの・・昔よりはひどくないんですけども、しかしあなた今、離婚したい?とドリアン助川。
なんか愛がないのに、一緒に居ても、なんか私が惨めだなって思って。。と妻

今でもだって、状況、良くなってきたんですよね?とドリアン助川。
それは親に言われた・・から、しゃあなくやってるような感じで。。と妻
仕方なくやってるっていう感じ?とドリアン助川。
そうですね、なんかやった後にも、やったよって、いちいち報告されるんで。。と妻

はあぁ・・とドリアン助川。
今やられてもなぁと思って、本当に私が一人で悩んで一生懸命やってる時に、手伝ってくれれば良かったのにっと思って・・
今頃やっても遅いよって、思っちゃうんですよね。。と妻

ということは、ええっと、あなたとしては、もう旦那さんと別れて、息子さんと2人で生きてく方がいいんですか?とドリアン助川。
・・でも、経済力の部分で、まぁ、両親もちょっと高齢ですし、他に、あの、入退院とかもある・・繰り返したりもしてるので・・まあ、私も働いて、息子の子育てと両立ってのは、ちょっと難しい・・なぁと思って、暮らしてるんですけども・・すごく悩んでるんですよね、そこは。。と妻

まあ・・傷つくことがいっぱいあった日々で、えー、今でも許し難い、家庭の状況、今そんな悪くないんだけど、えー、この結婚・・今後も我慢するべきか・・えー、あるいは・・別れた方がいいか、って相談ですか?とドリアン助川。
はい。。と妻

マドモアゼル愛アドバイス

なんか・・あなたの考える・・じゃあ1番いい理想のなんか結婚生活っていうの、どういうのかな?とマドモアゼル愛。
愛情がやっぱり、感じられて、まあ、一緒にやっぱり協力とか、話し合ったりとかもできる・・人が良かったんですけど。。と妻

自分中心な夫

でもあなた・・ 1人になると生活費が大変だから、結婚を続けているという状況で・・あの・・働くのだって、それだけ大変じゃないの、やっぱり。
だから旦那さんだって、もしかして俺は働いて、協力してんだって言われたら・・いう意識あるかもしれないよ、とマドモアゼル愛。

そう・・ですね、でも最初、あの私も働いていたんですけども、あの、旦那が住む所、かって・・あの、決めちゃったので、凄く、私が働いている場所から遠くなってしまって。。と妻

ああ、なるほどね、とマドモアゼル愛。
働けなくなってしまって、最初から、子供が欲しいっていうふうに思ってたので。。と妻
きょう・・うん、なるほど、とドリアン助川。
はい、妊娠したんです。。と妻

ちゃんとあなたという存在を、優しい思い出見つめる気持ちが、少ないんだよね要するにね、やることはやっててもね、とマドモアゼル愛。
そうなんですよ、自分中心なんですよね。。と妻

うんうんうんうん、それは不満になるよね、確かにね、とマドモアゼル愛。
はい。。と妻
はい、それはわかりました、それとでもね、あと気になるのは、うーんと、仕事は、結婚前に忙しいと、だんだん忙しくなってきたと・・いう、そしてその時に、女の人がいるのかなってあなたはまず疑ったわけよ、そしたら結婚するわけないんじゃないの?とマドモアゼル愛。

僕は別に男の味方するわけじゃないけれども、もし本当に女がいたら、結婚に至るわけないと思うのね。
そうするとやっぱり、基本はあなたの妄想とか、そっち側にウエイトがあったと思うわけ、とマドモアゼル愛。

泣かすマドモアゼル愛

私が結構・・。。と妻
疑い深い、とマドモアゼル愛。
あの、連絡くるのかって待ってたんですけれども、まあ1回、ちょっと、あの、転勤になってから、ちょっと距離が開いてしまって、まあ、デートすることになったんですけど、まあ来た時に、一緒に出掛けたのはいいんですけど、なんか誰かから電話が掛かってきて、あの・・ちょっと帰るって、その仕事で帰るからって言われちゃって、車からおろ・・おろされたんですね。。と妻

それは酷いね、となると、あなたの心の中には、旦那は本当は、私のことを愛してくれてないなっていう・・不審があるわけだよね、とマドモアゼル愛。
そうですね。。と泣き始める妻

だからだよね、とマドモアゼル愛。
そうですね。。と震える声で妻

それで1番大事な、本当に最初の妊娠の時に、一番力になってもらいたい、これは当然のことだと思うよね、その時に、あの・・どんな理由があったのか知らないけれども、そういうことになってしまった悲しさ、これはわかるよね、もちろん、とマドモアゼル愛。
はい。。と泣きながら妻

そして、いちばん子育てが大変な時に、性病まで持ってこられて、うつされたと、その事実関係を問う前に、なんであれ、相当あなたは苦しかったよね、やっぱり、とマドモアゼル愛。
はい。。と泣きながら妻

どうだろうね、一度、今ここでね、あなたが泣いて、そうやって訴えてくれたような思いを、離婚まで考えてる・・とは、まだ言ってないよね?とマドモアゼル愛。

・・・すすり泣き
性病をうつされた後は、やっぱりこう、許せないって事は言いました。。と妻

うん、そうしたら旦那さん、どういう反応だった?とマドモアゼル愛。
そうしたらなんかもう、向こうのお父さんが出てきて、あのぅ・・まぁ・・もう一回、やらせてくださいみたいな感じで。。と妻

じゃあ、旦那さんは自分でそれを妻と一対一で対峙して、あの・・理解してもらおうというような・・とマドモアゼル愛。
それはないです。。と妻
また、謝るという態度がなかったっていうことだよね、とマドモアゼル愛。

ないです、黙ったままです。怒ったままです。。と妻
それも、不甲斐ないよね、妻からしたら、やっぱりね、とマドモアゼル愛。
はい。。と妻

男として自立できていない夫

よく・・あの・・気持ちは分かりました。
だから、さて、どうしようか?ってことだよね、とマドモアゼル愛。
結論ですね。。と妻

今の・・やや吐きだされた、思いの形で、その、誰を責める、誰を責めないじゃなくて、今後私たちはやっていけるだろうかと、いう視点から、やっぱり一度、ちゃんと話す必要があるような気がするのね、とマドモアゼル愛。

そうですね・・その話しを出すと、あの、旦那、怒ってしまって、話し合いができないんですよね。。と妻
責めてるように感じるからだと思うのよ、相手は、とマドモアゼル愛。

だから、本当の意味ではあなたが大事にされていない可能性あるよね。
形の上では大事にされても。
なぜなら、妻が、こういう思いを持って、何か語ろうとする時に、一つの、形で壁を作ろうとして、自分を守ってるわけだから、やっぱりそういう意味じゃあ、あなたの気持ちに対する、優しさや関心ないよね、確かにね。

まあ、ないって言っちゃあ悪いけども、薄いよね、でもそれは彼が、あなたに対する、実は・・これはわかってもらいたいんだけれども、あなたに対する愛情が少ないゆえにそうなってるって、あなたは取ってるけれども、僕はそうじゃないような気がしています、とマドモアゼル愛。

ど、どういう、ことですか?と妻

彼は、自分のお父さんやお母さん、育った環境の中で、本当の意味で男として自立できていない精神的な背景があるからだと思うの、とマドモアゼル愛。
ああ、そうですか?と妻

うん、だから、親がでてきたのよ性病の時に、とマドモアゼル愛。
そうですね、なんか親には逆らえないというか、すごく気を使ってるみたなところがあります。。と妻

女になれない妻

すごく気を使ってるよ。
と言う事は、彼は家の中で、本当の自分が獲得できなかった、ある意味じゃあ、そちらの虚しさ、問題の方が、重要なんだよね。
だから本当にこの問題の原点は、旦那さんが実は、お父さん、お母さんに心理的に、スポイルっていうか、奪われちゃって、利用されちゃっていて、人間として成長しきれなかったところに、一番の原因があるような、きがするよね、とマドモアゼル愛。

はあ、そうですか。。と妻
だから、そういう人は、妻として、女として迎えることはできない、とマドモアゼル愛。

あ、そうなんですか・・なんか私が、私自身が、女や・・母親役と男役をやってる感じで。。と妻
そうです、そうです、母親役として付き合うしかないんです、とマドモアゼル愛。

そうなんですよね、女になれないんですよね。。と妻
女になれないんです、とマドモアゼル愛。
そうなんです、だから前からも女になれないよって言ってるんですけど、向こうは「何言ってるんだ!」わぁーっとかって言ってくるんですよ。。と妻

そう、でもそれは分からないと思うよ彼には、とマドモアゼル愛。
はい。。と妻
だから・・そしたら男を育てるか、もしくは違った人生を生きるかという視点で、ちょっとしばらくまだ・・時間的猶予はあるんで、考えてはどうなのか、と思うね、とマドモアゼル愛。

はい。。と妻
いちおう僕の、かん、あの・・アレなんですけれど、とマドモアゼル愛。
ありがとうございます。。と妻

ドリアン助川まとめ

もしもし、昔ちょっとバーテンダーをやってたことがありましてね、若い頃に、とドリアン助川。
ああ、そうなんですか。。と妻

御夫婦で、よく飲みに来る方がいらっしゃって・・60超えられてる、御夫婦でしたけどね。
とっても仲いいんですけど、旦那さんが居ない時に、よく奥さんが、「もう、どれだけ泣かされたか、わかんない」って仰ってまして。

あの・・最初から最後まで、ずっとこう、理想の夫婦って、なかなかないと思うんですよね。
で、特に、男って気付くのが遅くて、奥さんの苦しみとか、痛みとかに、後で気づくことがあって。

あの・・そういう意味で、男は鈍感で、酷い生き物だと思いますが、しかし、まあ、1回、2回、言っても分かんない人でも、10回言うと、通じることありますので、とドリアン助川。

はい、ありがとうございます。。と妻
では、失礼します、とドリアン助川。
ありがとうございます。。と妻

管理人のちょっとひと言

マドモアゼル愛さんがよく使う、相談者を半ば怒らせる、若しくは感情を昂らせて、本音を引き出す。
加藤先生や大原先生も、時々やりますよね。
これが、なかなか効果があって、言いたくない事を言わせるのに丁度いい。

最終的には、少し同調することで、相談者がホロっとくる。
泣いてしまえば、こっちのもんです。
あ、最初から、泣く気満々の人は、どうしようもないかもしれませんけど。

旦那は、女がいたというより、風俗通いじゃないのかな?
気になるのは、お金をどうやって捻出してるんだろう?ってこと。
土日も仕事に行って、給料が変わらないって言ってたから、いくら貰っているのか、知ってはいるんですよね。

女がいるにしろ、風俗通いしてるにしろ、どちらも軍資金なしでは難しい。
まあ、貢がせるって方法もありますが、そうであればあるほど、女の影は色濃く出るはず。
必ず、私の女を、どこかにアピールしてるはずですからね。

それを、気付かないというのなら、この奥さん、かなりの鈍感なのか、全くの妄想なのか。
ちなみに、他に女がいて、結婚するのはおかしいと、マドモアゼル愛さんは言ってますが・・・いやいや、いますって。
ちゃんと関係を保ったまま、結婚するやつ。

結婚するから、身辺を綺麗にしようとするより、どうやって、関係を継続させるかに腐心するのね。
まあ、バレなきゃいいんじゃないのって、いますから。
そこは、全面的に、違うと断言できます。

さて、この奥さん、なんで古い話しばっか持ち出して、きたんだろう?
そこ、なんで指摘しないんかな?
性病をうつされたのは、3年前。

・・・産後って言ってますからね、つい最近までセックスレスという設定ではないはずです。
向こうのお父さんが、もう1回、やらせて下さいと言ったのも、そんな頃。
それから、旦那の行動が、変わったんですよね。

こうなると、旦那は嫌々ながら、そうせざるを得ない、良い子になってしまったと。
これが、気に入らないのか?
そんな旦那を、3年間、我慢してきたってことか?

そうでなければ、自分自身に何か、心境の変化があったんだよね。
きっかけは、なんだい?
マドモアゼル愛さんの、ひとことにヒントあるよね。

『しばらくまだ・・時間的猶予はあるんで、考えてはどうなのか』

さて、何だろう?
それこそ、リスナーが妄想の翼を広げるチャンスなのかもしれない。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.