テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月24日(土)は、ドリアン助川&中川潤。40年前に女と一緒に失踪した夫と離婚したいという相談。夫とは再婚同士、調理師のような仕事をしていたが、女性関連で、しょっちゅ出て行っていた。失踪5年目ぐらいまでは消息はわかったが、自ら突き止めようとしたことはない。自分が亡くなった後、息子に迷惑をかけないようにしたいのだが。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:77歳女性 夫76歳(調理師) 40年前に女性と一緒に失踪 お互いに再婚同士 長男(前の旦那の子) 次男(失踪した旦那の子・現在行方不明)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はい、もしもし・・よろしくお願いします。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

失踪

あのぅ・・ちょっと失踪した夫のことで・・(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)

あのぅ・・死ぬ前・・わたしがもう、77歳なものですから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ちょっと・・離婚・・とか、そういうのを・・(相談者)

す・・す・・(相談者)

済ましておきたいなと思って、どうしたらいいのか・・(相談者)
ほっ、ほっ、ほっ、ほっ・・(ドリアン助川)

ごそうだん・・お願いしたいんですが・・(相談者)
旦那さん、失踪されたんですね?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

何年前ですか?(ドリアン助川)

40年前ぐらいなんです。(相談者)
40年前!?(ドリアン助川)
はっははぁ・・はい。(相談者)

40年前というと、まだ・・(ドリアン助川)

あなたが37歳の時?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)

あらぁ・・その時に、その失踪された旦那さんは、おいくつだったんですか?(ドリアン助川)

一つ・・下でしたねぇ・・36です。(相談者)
一つ下・・36歳・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
でも、これぇ・・あのぅ・・どこかで生きていらっしゃるとしても、もう、76歳ってことですねぇ。(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

女性と一緒だったもんですから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

・・

あたしも、ほ・・放っといたんですよねぇ・・(相談者)
ああああ・・(ドリアン助川)

まぁ、昔あのぅ・・蒸発という言葉が、やたら流行った時期がありましたけども・・(ドリアン助川)
そうです・・そうです・・(相談者)

いわゆるそのぅ・・一人で、ポッといなくなったというのではなくて・・(ドリアン助川)
なくて・・はい。(相談者)

相手に女性がいた?(ドリアン助川)

そういうの言葉・・時々・・あったんですよねぇ。(相談者)
うーーーん・・(ドリアン助川)

・・

とは言え・・ちょっと、もう少し、詳しく教えて下さいね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

旦那さんが40年前に失踪されたときというのは、旦那さんは仕事されていたんですか?(ドリアン助川)

あの、調理師・・(相談者)
・・
調理師?(ドリアン助川)
のようなこ・・はぁい。(相談者)

でぇ・・この時は、どこかにお勤め・・だったわけですね?(ドリアン助川)

はぁい、そうです。(相談者)
ということは・・(ドリアン助川)

家からいなくなっても・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そのぅ・・旦那さんがどこにいるかという事は、つき・・突き止めることは可能だったわけですよね?(ドリアン助川)

・・

そうですねぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でも、突き止めなかった?(ドリアン助川)

な・・かったです、もう・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
しょっちゅうやってたもんだ・・(相談者)
あああ・・(ドリアン助川)
のことなんでぇ・・(相談者)

よく出て行く旦那さんだったんだ?(ドリアン助川)

そうなんです・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
時々、いなくなっちゃうんです。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

で、だいたい、その、女性関係で?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

はぁぁ・・(ドリアン助川)

じゃあ、またかと思って?(ドリアン助川)
また・・ってことですよね・・(相談者)
へええ・・(ドリアン助川)
結局・・働いてんだか、働いてないんだか、給料はないし・・(相談者)
うーーーん・・(ドリアン助川)

給料ないっていうのは、あのぅ・・(ドリアン助川)

ご結婚は何年前なんでしょう?(ドリアン助川)

・・

あ、何年くらい前ですか?(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

この前のね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

・・

あっ・・(ドリアン助川)
それでぇ・・(相談者)
じゃあ、結婚なさったのは、あなた様、おいくつの時ですか?(ドリアン助川)

20・・いくつかな?(相談者)

・・

もう・・ふふふ・・(相談者)
20いくつかの時に、ご結婚なさった?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
まぁ、じゃあ、50年ぐらい前ですねぇ?(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)

50年ぐらい前に結婚なさって・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
10年ぐらいして、出て行っちゃったってことですね、旦那さんが。(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)

うむ・・(ドリアン助川)

息子は行方不明

お子さんは・・いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

子供は・・あの、わたしが・・(相談者)

最初の・・(相談者)

旦那の子が一人と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その後に生まれた子が、ちい・・あのぅ・・一人、男の子がね・・(相談者)
あ・・(ドリアン助川)

じゃあ、再婚だったんですか?(ドリアン助川)

再婚です。(相談者)
再婚で・・(ドリアン助川)

あなた様も、再婚だったと?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

でぇ、最初に・・お嬢さん?(ドリアン助川)

・・

・・

いえ、男の子です。(相談者)
男の子・・(ドリアン助川)

最初に、男の子・・(ドリアン助川)
二番目も・・はい。(相談者)
あ・・じゃあ、両方男の子?(ドリアン助川)

男の子・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

で、もう・・独立なさってますね?(ドリアン助川)
もう、独立してるんですけど、子供、酷かった・・(相談者)

これも酷かったっていうのは?(ドリアン助川)

お・・(ドリアン助川)

お子さんが?(ドリアン助川)
やっぱ・・(相談者)

ええ・・(相談者)
はあ・・(ドリアン助川)
あの・・(相談者)

子供はねぇ、ちょっと、最初・・ね、小さかったものですから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、実家の方で・・(相談者)

あのぅ・・面倒看るってことで、お願いして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

で、その子が、18ぐらいの時に、ちょっと事故を起こして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

で、引き取ってくれって、連れてきたんですよ。(相談者)
はい。(相談者)

それもあまり良くなかったよね、やっぱり。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

・・

いろいろ・・あのぅ・・(ドリアン助川)
で、その子も、行方不明になって・・(相談者)
あっ・・これも行方不明?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
失礼ですが、これは、上の子ですか?下の子ですか?(ドリアン助川)
下の子で。(相談者)
下の子?(ドリアン助川)

あのぅ・・実家に預けてた子が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

やはりねぇ・・(相談者)

両親いないもんですから・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

・・

でぇ、今は・・どこに居るか、わかるんですか?(ドリアン助川)

今の・・(相談者)

わかるんですよねぇ・・(相談者)
へえぇ・・(ドリアン助川)
一応、調べれば。(相談者)
ちゃんと、調べれば?(ドリアン助川)

ぁ、あのぅ、居場所を探さないでくれって言われて・・(相談者)
ふぅーーん・・(ドリアン助川)
そいで会ってないんですけれども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

じゃあ、今、会えるのは、誰ですか?(ドリアン助川)

・・

今、長男だけですね。(相談者)
長男?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
長男は、あなた・・(ドリアン助川)

の、お子さん?(ドリアン助川)
最初の子供です。(相談者)
最初の子供・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
あのぅ、前・・の旦那さんとの、間に作った子供?(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)

この長男は、しっかりしてる?(ドリアン助川)

しっかりしてます・・(相談者)
ああ・・ようやく一人?(ドリアン助川)

・・

・・

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

夫と離婚したい

それで、ぇ・・今日のお悩みというのは・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
今日のというか、何十年間ですからねぇ・・失踪されたのが・・(ドリアン助川)
そうなんですよ・・(相談者)

ずーっと・・まぁ・・(ドリアン助川)

心に、引っかかってましたよねぇ・・(相談者)
だから、心に引っかかってるし、仕事をしなきゃならないし・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
借金は、払わなきゃならないしでねぇ・・(相談者)
借金っていうのは、ど・・どういう借金ですか?(ドリアン助川)

子供がね、二番目の子供が・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あのぅ・・今、流行の何ですか?あの・・(相談者)

・・

・・

今、流行の・・(ドリアン助川)
あのぅ・・利息の高いところから、借金して・・(相談者)
ああぁぁ・・(ドリアン助川)

催促が来たりとか・・(相談者)
あ・・はぁ、はぁ、はいはい・・(ドリアン助川)

長男のところへ、取に来たりとか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
催促が来たりでぇ・・(相談者)

まぁ・・(ドリアン助川)
それが、みんな払ってたもんですから・・(相談者)
下のお子さんが、ちょっと、軌道から外れちゃったんですねぇ。(ドリアン助川)

そうなんですよねぇ・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

軌道からというか・・(ドリアン助川)
そういう・・(相談者)
線路から・・(ドリアン助川)

そうそう、そうそう・・(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)
結局、父親はいないわ、わたしはいないわで・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

でも、きっと、わたしが、結局、おそらく・・実家で、わたしが悪いってことでぇ・・(相談者)

う・・ん・・(ドリアン助川)
アレされたんじゃないですかねぇ・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
連れてきた時は、そうでもなかったんですけど・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

さて、そのぅ・・旦那さんですけども・・(相談者)

はい。(相談者)
40年前に、女性関連で・・これ、たぶん、女性関連ってことですねぇ?(ドリアン助川)

そうの・・それ、わかってるんです。(相談者)
ぁ、それはわかってるんですか?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
それは、はっきりしてる?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
相手の・・女性のことも、わかってるんですか?(ドリアン助川)

わからないです、それは。(相談者)

それはわからない?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)

でも・・なんで、わかってるんですか?女性関連だって?(ドリアン助川)
あのぅ・・あのねぇ、しょっちゅう・・(相談者)

あったんですよ、そういうことが。(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
いや、しょっちゅうあったり・・(ドリアン助川)
時々、いなくなっちゃうんです。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

・・

・・

でも、そのぅ・・(ドリアン助川)

・・

そうした・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

浮気とかねぇ・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・・(ドリアン助川)

いうことで、いなくなっちゃうことが・・(ドリアン助川)

数多くあったにしても・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

この、最後の失踪から、40年、帰ってきてないってことは・・(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
事件とか、事故に巻き込まれた可能性もあるわけですよねぇ?(ドリアン助川)

・・

そういう疑いは、持たなかった?(ドリアン助川)

・・

持たなかったですねぇ。(相談者)
・・
うーーん・・(ドリアン助川)

なんかその、今・・(ドリアン助川)

・・

旦那さんが・・どっかで生きて・・らっしゃる、暮らしてらっしゃる・・っていう情報は、あるんですか?(ドリアン助川)

・・

・・

今は全然・・聞いてないです、あたし。(相談者)

じゃあ、もう・・(相談者)

そのぅ・・最後に、旦那さんの情報が入ってきたの、何年前ですか?(ドリアン助川)

・・

・・

・・

・・

いなくなってから・・(相談者)
いなくなってから?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

え・・(相談者)

5年・・(相談者)

・・

・・

それでぇ・・そっから先はもう、情報が、まったくないと?(ドリアン助川)

です・・もう、仕事のことで、夢中になってたものですから・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

それで、もっかのところは、離婚成立させたいということなんですか?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

これ、離婚はなんか・・(ドリアン助川)

まぁ、この現状だとねぇ・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
あのぅ・・あり得ると思うんですけども、それよりもその・・(ドリアン助川)

今、彼が生きてるのかどうかも、わからないということ・・(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
・・
なんですねぇ・・(ドリアン助川)

・・

でぇ、これから調べる方法が・・(ドリアン助川)

・・

はい、どうしたらいいのかぁ・・(相談者)
あるのかどうかということも・・(ドリアン助川)
離婚・・(相談者)
知りたい・・んですねぇ?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

・・

・・

わかりました。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ぇ・・それでは・・あのぅ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

早速・・(ドリアン助川)

伺ってみてください。(ドリアン助川)

すんません。(相談者)
弁護士の、中川潤さんです。(ドリアン助川)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 四十年もほっておいたのに ご高齢になられたご婦人特有の 「心配がムラムラ」沸いてきたのでしょうか(・・?
    今後もこのままほっておいたら 失踪夫死亡時に負の遺産でもしょい込まされたら いろいろ 想像できますが その方面の知識を深めることをお勧めしたいですね。

  2. 逃げた旦那が他の女と結婚しようとしても、この相談者さんとの籍が抜けてなければ婚姻届けは受け付けてもらえない。
    意地悪してやろうという気持ちもあったのかもしれませんねえ。
    本気で離婚したかったのなら、方法はあったでしょうに。
    でも40年も経ってしまったら、なかなか厄介な手続きに・・・
    まあ、遣りようはあるようですから、あとは実行力の問題ですね。
    ここらでケリをつけとかないと、相談者さんが死んだあとで長男さんが大変かも。