テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月7日(木)は、ドリアン助川&坂井眞。結婚時に家をもらう約束で嫁の家に入った息子。約束の証として権利書を預かるも、実はただの家の図面。嫁の不貞で離婚することになり、約束の家は貰えなかった。詐欺で訴えられないか?嫁は大胆にも家族が居る時に間男と一緒に家の風呂に入浴中、息子に見つかる。息子が夜勤なので、通常はいない時間だった模様。義母は知らなかったと言うが。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:75歳女性 息子49歳 元妻49歳 孫二人で男と女共に20歳(過ぎか?)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はい、ありがとうございます。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい、よろしくお願いします。(相談者)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

詐欺

ええ、あの息子の離婚のことなんですけど。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えーっと、嫁が・・そのそういう・・不貞を働いてて・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
はあ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほんでまぁ、決定的なところをね。(相談者)

あの、目撃して・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
それを・・(相談者)

あのぅ、親も・・そばに寝てるから、わかってた・・思うんですけどね。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
親は、「知らなかった」って、こう言うんですね。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

ほんで・・そのぅ、23年前に・・(相談者)

ま、いろいろあって向こうの家に入ったんですけどね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・その時に、ぎ・・向こうのお父さんが・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

家をあげる・・っていうことで、権利書を、渡して・・くれはったんですけどもね。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

ほいで、まぁ、23年目に、そういうことがあって・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

その・・金庫、後生大事に直してたの見たら・・(相談者)

権利書じゃなくって、図面でしたんやねぇ。(相談者)

はああ・・(ドリアン助川)

はああ・・(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(ドリアン助川)

ほんで・・だから、それでもまぁ、孫達も二十歳になってるから・・(相談者)
ウン・・(ドリアン助川)
もう・・(相談者)

みんな・・なんにもなしで(泣きそう)、まぁ・・(相談者)

離婚して、出ましたわね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

でもね、23年間って言うたらね・・(相談者)

大事な年頃ですのでね。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あの、家も買えたと思うんですけどね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんにもなしで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほんっとうに何にもなしで・・(相談者)

可哀想なんですね。(相談者)

はぁぁ・・(ドリアン助川)
ほんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
それが、詐欺にならないかな?・・っと思って。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
電話させてもらったんですけどね。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

口約束

じゃあ、もう少し詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えーっとまず、あなた様おいくつですか?(ドリアン助川)
75。(相談者)
75歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

息子さんは?(ドリアン助川)
えーっと、49。(相談者)
49歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

23年前に、ご結婚なさったでしょうか?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えー、ということは、息子さん26歳で・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

相手の・・お嫁さんは当時おいくつだったんですか?(ドリアン助川)
同い年です。(相談者)
同い年・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ということは・・(ドリアン助川)

離婚された元奥さんも、49歳ということですね。(ドリアン助川)
そうなんです、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・奥さんのほうの・・(ドリアン助川)

家庭に入ったということなんですね?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

その時に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その家をあげるっていうふう・・に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
話しが・・出て・・(相談者)
出て?(ドリアン助川)

ほんで、そのぅ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

権利書じゃなくって図面を・・(相談者)

持たされてたんですね。(相談者)
このただ、その、権利書・・(ドリアン助川)

えっと、確認しなかったんでしょうか・・当時?(ドリアン助川)

そう・・知らなかったんちゃいますか、もう、信用してたから・・(相談者)

ええ・・(ドリアン助川)
あのもう、それが権利書やと思ってたんちゃいますかねぇ?(相談者)
ということは・・(ドリアン助川)

えー、口約束をしたということですね。(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)
なにかその・・(ドリアン助川)

えー、文章で・・こういう約束をしたっていうことが残っているっていうことはないわけですね?(ドリアン助川)
ええ、でもその図面がね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

図面がそのぅ・・あげるっていうふうに、渡されたんですもんね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それで・・えーっと、お孫さん二十歳というふうにおっしゃいましたけれども・・(ドリアン助川)
ええ・・ええ。(相談者)

おま、お孫さん、なん人いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
二人。(相談者)
二人・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、男の子、女の子?(ドリアン助川)

そう・・両方。(相談者)
両方。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、の、お子さんがいらっしゃるわけですね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

間男と入浴中の嫁と目撃

で、23年連れ添ってきて・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

でぇ、え・・この、奥さんには、お父さん、お母さん、両方いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

つまり、その家庭の中で・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
何を目撃してしまったんでしょう?(ドリアン助川)

ええ、そのねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・嫁が・・向こうの男、間男と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
お風呂に入っているところを・・(相談者)

あのぅ・・偶然・・(相談者)

自分の息子が風呂入るから、「湯を流すなよ」っていうふうに言いに行ったんですって。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたら・・なんか変やし覗いたら、男も入っとって。(相談者)

ほう・・(ドリアン助川)
うん、ほんでぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
ちょっと大胆ですねぇ。(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

ほしても親にもね、「男と風呂入ってる!」っていうふうに言いに行ったのに・・(相談者)

出て来なかったみたいです。(相談者)
ちょっと待ってくださいよ。(ドリアン助川)
はぁ・・(相談者)

え・・(ドリアン助川)

息子さんは家の中に居るわけですよね?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)

その、状況で・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

つまり、家族全員、居るわけですよね?(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)

その状況で・・(ドリアン助川)

奥さんは、他の男と風呂に入ってた?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

なか・・(ドリアン助川)
その夜やからね。(相談者)
なかなかでもこれは・・(ドリアン助川)

ないケースですねぇ。(ドリアン助川)
ねえ。(相談者)

 

夜、何時頃・・だったそれ?(ドリアン助川)

夜・・それか、10時か・・9時くらい、ちゃうかなぁ・・(相談者)
随分早いじゃないですか?(ドリアン助川)
・・
これ・・(ドリアン助川)

深夜2時とか、3時とか思ったら・・(ドリアン助川)

いやいや・・(相談者)

夜9時に・・(ドリアン助川)
9時か10時・・(相談者)
他の男、入って・・(ドリアン助川)
そのぐらいですね。(ドリアン助川)

はあああ・・(ドリアン助川)

おくさ・・この人も、な・・何を考えて・・(ドリアン助川)

それを入れちゃったんですかねぇ・・(ドリアン助川)

うーーん・・いやぁ、ちょっともうねぇ・・そんでも・・(相談者)

・・

5~6年前ぐらいから、そういうのが・・(相談者)

あったんだそうで、息子もこう・・(相談者)

お勤めが、夜勤っていうのかねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・9時頃に・・行って・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
朝、帰ってくるという・・お仕事・・ですのでねぇ。(相談者)

いや、まぁ、いろいろなあのぅ・・浮気はありますけども・・(ドリアン助川)
うん。(相談者)

このぅ・・みんな家族が居るところの、お風呂に・・あのぅ・・はい・・(ドリアン助川)

そう・・(相談者)
一緒に入ってるって、なかなか・・これ、聞いたことがないですねぇ。(ドリアン助川)
そう、それも・・親・・母親もねぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

男、連れ込んでるっていうの、知ってたと思うんですねん。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あの、これ、息子もかい・・会社から帰ってくるのに、えらい大きなトラ・・あの、車がとまってるなぁ・・とは思ってたけどもね。(相談者)
はあ・・(ドリアン助川)

まさか、そんなこととは思ってないからね。(相談者)

でぇ・・(相談者)
そしてまぁ、当然、トラブルになりますわね?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

でぇ、え・・それから離婚まで・・というのは、時間は・・(ドリアン助川)

そんなかかんなかったんですか?(ドリアン助川)
ええ、そうですねぇ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

えっと・・ふぅ・・約・・半年・・(相談者)
半年?(ドリアン助川)
半年もかかってないね。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

我慢

でぇ・・(ドリアン助川)

ぃ、慰謝料というかね・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

え・・どういうことになったんですか?離婚については?(ドリアン助川)

ええ、あのねぇ、相手か・・相手の男からは、自分が一生懸命努力して・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

相手の男からは、とったみたいやけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その女の方からは、一切、なにも・・(相談者)

・・

なし?(ドリアン助川)
なし。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

お子さんは・・ま、お孫さんは・・(ドリアン助川)
ええ。(ドリアン助川)

え・・この事実を知ってるわけですか?(ドリアン助川)
知ってるんです。(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

今、このお孫さんは・・お父さん、つまり息子さんと、連絡を取り合ってるんでしょうか?(ドリアン助川)
いいえ、ないんです、一切。(相談者)
ないんですか?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

ふーーん・・(ドリアン助川)
でも・・向こうのは・・向こうの親の方に・・(相談者)

入り浸ってるんですねぇ。(相談者)

まぁ、今後どうなるかわかりませんけどね。(ドリアン助川)
そうですねぇ、まぁ、まだ・・(相談者)
そりゃまぁ、あのぅ・・息子さん・・お孫さん達も、判断っていうものが、ありますから・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

今後、どうなるかわかりませんけれども。(ドリアン助川)
はい、いいようになってくれたらいいのになぁ・・と思ってるんですけどね。(相談者)
うーーん・・うん・・でぇ・・(ドリアン助川)

お母様としては・・(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

こりゃもう、息子さんが、騙され損で・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

え・・(ドリアン助川)
ちょっと、可哀想過ぎるので・・(相談者)
もうちょっと、どうにかなんないかと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

いう部分ですね。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
はい。(相談者)
なんか、虫がおさまらん。(相談者)

おさまらないっていうのか・・(相談者)
うん・・なるほど。(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

ウン・・肝心の、ご本人は、なんとおっしゃってるんですか?(ドリアン助川)

本人はねぇ(泣くのをこられてます)・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
もうねぇ・・(相談者)

思い出したくないのか、「忘れた」っていうふうに・・(相談者)

言うんですけどねぇ。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

我慢しちゃってるという?(ドリアン助川)
そう、ものすごい我慢してるんですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

だからそれが爆発したら・・こわ・・い・・から(言葉につまりながら)・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

今のあいだになんとか・・(相談者)
わかりました。(ドリアン助川)

はぁ・・い・・(相談者)

え・・では、今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
弁護士の坂井眞先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい、ありがとうございます。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク