テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)
お願いします。(相談者)

・・

今日、お聞きになりたい事は・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

息子さんから言ったら、いわゆる義理のお父さん?(坂井眞)
ええ。(相談者)
が・・(坂井眞)

あ・・「この家は、君にあげるよ」と言ったと・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
こういう話なんですよね?(坂井眞)
はい。(相談者)

で、結局もらえなかったから、それは詐欺にならないでしょうか?っていうのが・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ご質問でしたよね?(坂井眞)
はい。(相談者)

詐欺ではない

じゃあ・・それ・・にまず、お答えしますけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

これは詐欺というのとはちょっと違うんですね。(坂井眞)
はい。(相談者)

えー、詐欺ということではない。(坂井眞)
はい。(相談者)

まずあのぅ・・(坂井眞)

普通に話してて・・(坂井眞)

詐欺にあっちゃったとか・・(坂井眞)
はい。(相談者)

っていう話っていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

騙して、人から物をとる・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

ないしはなんか・・利益を得る。(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

ことをいいますよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

今回は・・(坂井眞)
うん。(相談者)
あなたの息子さんは・・(坂井眞)
うん。(相談者)

その義理のお父さんから、家をもらいますっていうだけの話なんですよね。(坂井眞)
うん・・(相談者)

代わりに何か渡してないじゃないですか。(坂井眞)

うーーん・・(相談者)

向こうが家をくれるって言うだけで・・(坂井眞)

うん。(相談者)
代わりに何か出してないのね。(坂井眞)

でも、そこに・・(相談者)

23年、暮らしたって話でしょ。(坂井眞)
そう。(相談者)

うん・・でも・・(坂井眞)

そこはちょっと切り離ください。(坂井眞)
・・
うん。(相談者)

家をくれるかどうかってことに関しては・・(坂井眞)
あぁ・・あぁ・・(相談者)
別にお金払ってるわけじゃないですよね?(坂井眞)
うん、う、うん・・(相談者)

だから自分が家を渡す・・(坂井眞)

って言ったのに、代金貰えなかったっていうのとは違って・・(坂井眞)
うん・・う、うん・・うん。(相談者)

お義父さんが、家をくれる・・っていうのが、くれなかったってだけなんで・・(坂井眞)

ふーぅ、うーん・・(相談者)

だから・・(坂井眞)

ぁ、あのぅ・・最初のご質問の、詐欺にはならないですか?・・(坂井眞)
うーん・・(相談者)
っていうことの、向きが違うから・・(坂井眞)
うん。(相談者)

まず形が全然違うのでなりませんっていうのが・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)
一つですね。(坂井眞)
はい、わかりました。(相談者)

取引の対象

ね、で、そっから先ね、引っかかってることに・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
入ります。(坂井眞)
はい。(相談者)

でも・・(坂井眞)

ね・・(坂井眞)
はい。(相談者)

結婚して・・向こうの家に住む・・んだから・・(坂井眞)
・・
ええ・・(相談者)

それの代わりに家くれるって言ったのに・・(坂井眞)
うん。(相談者)
23年住んだのに・・(坂井眞)
うん。(相談者)

家くれないのは、おかしいじゃないか・・って、これ、言いたいんですよね?(坂井眞)
はい。(相談者)

で、それが詐欺にならないっていうのは・・(坂井眞)
ぅ、うーん・・(相談者)

結婚して一緒に住むっていう話は・・(坂井眞)
うんうん・・(相談者)

取引の対象にならないんだなぁ。(坂井眞)

ふぅーん・・(相談者)

お金くれるから結婚しますっていうのはおかしくないですか?(坂井眞)

うん、うふふ・・(相談者)

ふふふふ・・(相談者)

ふふ、ふーん・・(相談者)
で、家くれるから結婚したんですか?息子さんは。(坂井眞)

う・・いや、結婚っていうか、その・・そこにずっと居てた・・それを信じて居てたっていうことが・・(相談者)

わかりました。(坂井眞)
時間の無駄っていう・・(相談者)
うん、結果的にそうかもしれないけれども。(坂井眞)
ええ。(相談者)

法律的に・・(坂井眞)

ここに住むから・・(坂井眞)

うん。(相談者)
代わりに家をくださいっていう話・・だけだと。(坂井眞)

うん。(相談者)
法律的な効力はないんだよね。(坂井眞)

ああああ・・(相談者)

でもその・・権利書じゃなくて・・その図面を持たされた・・っていうことがもう・・拘束されたってことになりませんか?(相談者)
うん・・(坂井眞)

結婚するとかいう・・(坂井眞)

ぅ・・問題・・これはあのぅ・・(坂井眞)

なんて言うかな、身分関係っていう言い方をするんだけれども。(坂井眞)
ええ。(相談者)

その人の身分にかかわることね。(坂井眞)
ええ。(相談者)

結婚するだとか、離婚するだとか・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
養子・・に、なるだとか・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

そういう話には・・(坂井眞)

お金くれるからこうしました・・みたいなことは・・(坂井眞)
うん。(相談者)

法律的には・・(坂井眞)

あの、認められないんですよ。(坂井眞)

うん、ぅ、うん・・(坂井眞)

・・

事実としてね、そういうことあるかもしれませんよ、内心ね。(坂井眞)
うん・・(相談者)

持参金、いっぱい持ってくるんだったら結婚しようとか・・それ、事実としてあるかもしれないけど・・(坂井眞)
うん。(相談者)

お金くれなかったから結婚しません・・っていう話しは、法律的・・には、認められないんですよ。(坂井眞)
うんうん・・(相談者)

で、それと同じで・・(坂井眞)

結婚の話しと一緒に済む話しって・・(坂井眞)

全く同じじゃないですよね。(坂井眞)
うーん・・(相談者)

結婚はしたけど、一緒に住むかどうか・・に関しては・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
ああ、将来、この家をもらえるなら住んでもいいですって、こういう契約は・・ちゃんと書面にすれば・・(坂井眞)

うん・・(相談者)

有効・・かもしれない。(相談者)

うん。(相談者)

結婚の話じゃなくてね。(坂井眞)
うん・・(相談者)

ウン・・(相談者)
だけど、そういう・・書面とかは作ってないですよね?(坂井眞)
・・
ええ。(相談者)

なので・・(坂井眞)

そういう約束があった・・っていう話しでね・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

約束違反だっていうことは・・(坂井眞)

うーん・・(相談者)
まず・・なかなか言えない・・ってことが・・二つ目の話し。(坂井眞)
はい。(相談者)

贈与の撤回

で、三つ目。(坂井眞)
ええ。(相談者)
でも・・(坂井眞)

権利書をくれるって言って、渡したじゃないかと。(坂井眞)

うん、うん。(相談者)
ま、実は、違ってたんだけど。(坂井眞)
うん。(相談者)

で、そこで・・(坂井眞)

ちょっと法律の話になっちゃいますけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

えー、家をあげますっていうのは・・(坂井眞)

ウン。(相談者)
それを法律で、贈与って言うんですけども・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

あなたのおっしゃるとおりだと・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・義理のお父さん、あなたの息子さんに・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
家をあげますと言って・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
あなたの息子さんが・・それをお受けしますと言ってるわけだから。(坂井眞)
ええ。(相談者)

贈与契約は成立してるわけ。(相談者)
はい。(相談者)

で、そこまで・・行くと・・(坂井眞)

ちょっといけるんじゃないかと・・思うかもしれないけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

どっちも勝手に・・(坂井眞)

自分の好きなように、やめたって言えるんですよ。(坂井眞)

はい。(相談者)
でぇ・・(坂井眞)

あなたの息子さんのケースを見ると・・(坂井眞)

ウン・・(相談者)

土地建物をあげます・・もらいます。(坂井眞)

って、言ってたんだけど。(坂井眞)
ええ。(相談者)

土地建物も贈与の実行は・・(坂井眞)

まだ、なにもやってないんですよ。(坂井眞)
はい。(相談者)

その、図面を渡しただけじゃ・・(坂井眞)

はぁ・・(相談者)
履行とは、言えないので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

登記を移してたら、もう撤回できません、と。(坂井眞)

はぁぁ・・(相談者)
いうことになるんだけれども。(坂井眞)
はい。(相談者)

それは・・してないじゃないですか。(坂井眞)
そうですねぇ。(相談者)

だから、結局、今、贈与って話しですから・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
贈与は・・(坂井眞)

自由に撤回できちゃうと、書面によらない贈与はね。(坂井眞)
ああ・・はい。(相談者)

ということで・・(坂井眞)

ウン。(相談者)
なかなか難しい・・ですね。(坂井眞)

はい。(相談者)

慰謝料

ねぇ・・(相談者)
でぇ・・(坂井眞)

け・・(坂井眞)
じゃあ、その23年間っていうのは・・もう・・泣き寝入りですか?(相談者)

だから・・これはね、あのぅ・・(坂井眞)
うん。(相談者)
たまたま・・家をあげますって言って、図面もらってたから・・(坂井眞)

うん。(相談者)
あのぅ・・あなたはそこに・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
どうしても目が行っちゃうんだけれども。(坂井眞)
ええ。(相談者)

あの・・さっきご説明になったような・・(坂井眞)

ちょっと・・(坂井眞)

普通、起きないような事態で・・(坂井眞)

ええ。(相談者)

結婚が壊れちゃったと、夫婦で・・関係が。(坂井眞)
ええ・・ええ、ええ。(相談者)

だとしたら・・(坂井眞)

ええ・・(相談者)
これはやっぱり、慰謝料の話しなんだよね。(坂井眞)

ああ、ねえ。(相談者)

23年間・・(坂井眞)

あのぅ・・(坂井眞)
うん。(相談者)
一緒に暮らしたとかどうかよりも・・(坂井眞)
うんうん。(相談者)

あのぅ・・夫婦の間でそういう事が、あっちゃいかんじゃないですか。(坂井眞)
うんうん・・(相談者)

だから・・(坂井眞)

夫婦・・生活を壊したのは、妻の不貞行為だから・・(坂井眞)
うん。(相談者)

しっかり慰謝料払いなさい・・っていう話しをきっちりするべきだと。(坂井眞)

ああ、ねぇ。(相談者)

そっちまぁ・・そっちの話しだっていうの・・わかりますよね?(坂井眞)

では、一番悔しいのはねぇ、そうしてねぇ・・あのぅ・・騙されてたってこと。(相談者)

ほんで母親も・・知ってたくせに・・それを・・ずっと・・(相談者)

な・・ねぇ、もう・・男が入るのを・・(坂井眞)

親も知ってて見てたっていうふうな・・(坂井眞)

そこが一番なんかねぇ・・(相談者)

しゃ、癪に障る・・っていうか・・(相談者)
あのねぇ、さっきもお話聞いていて・・(坂井眞)

ええっ?ほんとにそんなことあったんですか?・・って、最初に聞いたら思いますよね?(坂井眞)

ええ。(相談者)
自宅に・・(坂井眞)

子供も居る自宅で・・(坂井眞)
そう・・(相談者)

両親も住んでる自宅に・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

他の男性・・連れてきて、事もあろうに、風呂入ってるっていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ちょっと・・考え難い状況だから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

本当なの?(坂井眞)

って話しが、出るじゃないですか?(坂井眞)
そうですねぇ・・(相談者)
で、お母さんも知ってたっておっしゃるのも・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

どうして知ってたってわかるの?・・っていう話しになるから・・(坂井眞)
ええ・・(相談者)

そういう状況をきちんと・・裏付けをね・・(坂井眞)
はい。(相談者)
出して・・(坂井眞)

ふぅーん・・(相談者)
でぇ、それで・・(坂井眞)

裏付けを示してこそ、それは、酷いねってことになって・・(坂井眞)
うんうん・・(相談者)

たくさん慰謝料払ってくれっていう話になるわけですよ。(坂井眞)
う、うーん・・(相談者)

だから・・その辺の裏付け・・を、ちゃんととって・・(坂井眞)

ふぅーん・・(相談者)

あの、請求をちゃんとしていくってことだと思います。(坂井眞)

そうですか?(相談者)
うん。(坂井眞)
ねぇ・・(相談者)

えーっと・・(坂井眞)

一点、思うのは、相手の男からは、慰謝料取ったんでしょう?(坂井眞)
はい。(相談者)

で、そん時に、なんかちゃんとこう・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
示談書とか、作ってんじゃないですか?(坂井眞)
作ってる。(相談者)

気になるのは・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
そこの示談書の中で・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

あのぅ・・元奥さんの分も含めて・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
慰謝料の、支払いはこれで全部終わりだって書いてあったりすると・・(坂井眞)

はあぁ・・(相談者)
もう、請求できなくなっちゃうから・・(坂井眞)

それは書いてないみたいです。(相談者)

そこだけ、ちょっと気になります。(坂井眞)
ああ・・あのなんかまだあのぅ・・あとから取るぞ・・っていうようなことを、文書に残したみたいです。(相談者)

だから・・(坂井眞)

そこで、不貞行為があったっていうことが認めてあるんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

まぁ、そのぅ・・まったく言いがかりだ・・みたいな話しには、ならないじゃないですか?(坂井眞)

そうですねぇ。(相談者)
後は・・どのぐらいそういう不貞行為を、続けていたとか・・(坂井眞)
はい。(相談者)

さっき言ったように、考え難い事、やってたとかね。(坂井眞)
うん。(相談者)

そういうことになっていけば・・慰謝料の金額は、増え・・増える方向になっていくわけですよ。(坂井眞)
あ、そうですか?(相談者)
はい。(坂井眞)

はい、わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク