テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)

あっ・・よろしくお願いします。(相談者)
こちらこそ。(大原敬子)

あのぅ・・あたしは、男の人の涙にすごく弱いんですよ。(大原敬子)

ものすごく。(大原敬子)
・・
いや・・(相談者)
だけれど・・(大原敬子)

お話を加藤先生と伺っていて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
奥様が・・「あなたは・・そういう人」「そういう性格」って、言いましたねぇ?(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

母親と思って聞いてください。(大原敬子)

はい。(相談者)

でなければ・・このままあなたはすべて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
被害者のようにして・・(大原敬子)

相手を加害者にして・・(大原敬子)

加害者で涙を訴えて・・(大原敬子)

あげく・・最後、「いやぁ・・でも僕は・・」って、やってしまって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたの周りに・・いる人は・・(大原敬子)

あなたにとって、おかしくなってしまう。(大原敬子)

あなたはずるい

はぁい・・(相談者)
でぇ、今回ね・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
奥さんがねぇ・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
一見、見ると、すごく悪く見えるんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

でもあなたの、この加藤先生とのお話を聞いていて・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
ああ、この方と、話が出来ないな・・っていうのは、そういうことだったんです。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
じゃあ、申しますねぇ。(大原敬子)

はい。(相談者)
まず、あなた自身は、もう泣き・・止まったでしょう?泣きは?(大原敬子)

はい。(相談者)
泣きが止まるはずなんですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)
ホントは加藤先生、先程おっしゃったように・・(大原敬子)

はい。(相談者)
こんなに僕は辛くて、こんなに我慢して・・こんなにいい人なのに・・ただね、ちょっと僕・・嫉妬がありましてね・・って。(大原敬子)

嫉妬程度だったら・・(大原敬子)

僕のこの、奥の恥部ですねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
は(わ)、見られなくてすむから。(大原敬子)

この程度は出してもいいと。(大原敬子)

はい。(相談者)
泣いたら、ふがいないやつと、人から思われてもいいと。(大原敬子)

はい。(相談者)
もっと心の中に・・どろどろした強いものを、あなたは持ってらっしゃるはずなんです。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
でね・・(大原敬子)

今からのお話し合いは、こういうことをしてたいんですねぇ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
泥水ありますねぇ、土・・泥じゃなくて、土ね。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
その、お水入れます、かき回しますね、すごく。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
泥水になりませんか?(大原敬子)

あっ、なります。(相談者)

しばらく・・置いとくと、沈殿しますねぇ・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
上にちょっと上澄みは、濁った水。(大原敬子)

はい。(相談者)
下は土になりますよねぇ。(大原敬子)
・・
はぁい。(相談者)
先ほど、あなたがお話をした・・(大原敬子)

冒頭の部分は・・(大原敬子)

上の、上澄みの話なんです。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
例えばですねぇ・・奥様は・・結構、かかぁ殿下なんですねぇ・・たぶん。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
そして、結構、操縦してたんですけども・・あなたは、その時にそれが、都合よかったんです、実は。(大原敬子)

はぁい。(相談者)

でぇ、これでうまくいくならば・・(大原敬子)

はい。(相談者)
僕の責任も来ないし・・(大原敬子)

はい。(相談者)
妻も、それでご機嫌・・あるならばと、思っていたんです。(大原敬子)

はい。(相談者)
そこはあなたのずるさです。(大原敬子)

はい。(相談者)
そのずるさはね・・あなたがいみじくもこうおっしゃったんです。(大原敬子)

「いやぁ、僕・・あの、気が弱いから」と、おっしゃいましたねぇ?(大原敬子)
はぁい。(相談者)

気が弱い人っていうのは、どういう人かわかりますか?(大原敬子)

自分のほんとうの大事なものは知らない。(大原敬子)

だけれども・・(大原敬子)

はい。(相談者)
自分が楽をして・・(大原敬子)

はい。(相談者)
手抜きをすることは、したいと思う、選ぶ時は、気が弱いって言葉使うんです。(大原敬子)

はぁい。(相談者)

これ言おうかな・・と思っても、いやいや、長時間考えてみたら・・(大原敬子)

ぃ、一時(いっとき)、嫌なんだけど、手抜きできるなぁ・・と。(大原敬子)

はい。(相談者)

じゃあ、やめとこうと。(大原敬子)

はい。(相談者)

優柔不断とまた違って、あなたがいみじくも・・(大原敬子)

気が弱いっていうの・・その場で、上手くいければいい・・ってことがあったんです。(大原敬子)

ぁ、はぁい。(相談者)
それを、こういう土壇場に来ると・・(大原敬子)

人から・・相談しますねぇ。(大原敬子)
はい。(相談者)
と、なぜあなはたそれを、奥さんに言わないの・・って、言ってしまうと、追い詰められますねぇ。(大原敬子)
・・
はぁい。(相談者)
と・・いやぁ・・僕は気が弱いから。(大原敬子)

はい。(相談者)
いや・・僕が全部、悪かったんです。(大原敬子)

っていうことによって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
上澄みだけで人は聞いてしまうんですよ。(大原敬子)

善人ぶる

ぁ・・はぁい。(相談者)
でぇ、今日はすごくきついんですけども・・(大原敬子)

はい。(相談者)
泥の中は、わたしは・・(大原敬子)

分析したいんです、いいですか?(大原敬子)

はい。(相談者)

その泥はですねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
奥様が、あの先ほど、おっしゃいましたねぇ?(大原敬子)

「あの、お父さんみたいになっちゃダメだ」って。(大原敬子)

はい。(相談者)
叫びですよ、これ。(大原敬子)

つまり、奥さんはあなたの気持ちわかってるけども・・この、お父さんと話が、まったくできない事を、言ってるんです。(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたは、学歴で言ってるんですねぇ・・学問とか。(大原敬子)

はい。(相談者)
性格的に、あのようになってはいけないってこと、言ってるんですよねぇ?(大原敬子)

はい。(相談者)
妻は・・(大原敬子)

何を考えているかわからないこの夫・・(大原敬子)

はい。(相談者)
一見、見れば、優しいふりして・・(大原敬子)

はい。(相談者)

隙あらば・・(大原敬子)

いや、そうじゃないんだっていう、善人ぶったり・・(大原敬子)

はい。(相談者)
自分のやってる行動と、言葉の善人さがもう、ギャップがあるんですねぇ。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
話してる妻が、自分がすごく悪人になってしまうんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

ぁ・・(相談者)
妻は・・いいですか?(大原敬子)

この四年間で変わらなければ・・(大原敬子)

本当に別れますよって、今、準備しています。(大原敬子)

はい。(相談者)
それなのに・・愚かなあなたはなんて言ったかっていうと・・(大原敬子)

「頼むから別れないでくれ」って。(大原敬子)

はい。(相談者)
「頼む」って意味が、なにかってことです。(大原敬子)

「頼む」ってことは・・(大原敬子)

はい。(相談者)
自分の心の恥部は、まったくしゃべってないですよね?(大原敬子)

はぁい。(相談者)

でしょう?(大原敬子)

そうです・・そうです。(相談者)

「君、いいよ、飲みに行くの・・女友達だよねぇ・・そうだよねぇ」・・だから僕は、気持ちよく・・嫉妬しないで送り出しました。(大原敬子)

そこまでは自分の理想の夫です。(大原敬子)

はい。(相談者)

帰ってきたとき・・がらっと変わって・・(大原敬子)

意地悪をするんですよ、あなたは。(大原敬子)
あっ・・はぁい、そうでした。(相談者)

これが、あなたの・・(大原敬子)

はい。(相談者)
そういう・・あなた。(大原敬子)

っていうことです。(大原敬子)

はい・・(相談者)

もう、どんどん、きつくなりましたけどねぇ・・(大原敬子)

そう・・そう・・(相談者)
話が、合わないでしょう?聞いてると、どうですかぁ?(大原敬子)
はい、合わないです、はい。(相談者)

真の気持ち

妻がね・・「あなたは、そういう性格よ」・・って言ったのは、なんだと思いますか?(大原敬子)

自分の・・(相談者)

ホントの・・(相談者)

気持ち・・は・・(相談者)

全然・・伝えてなくて・・建前で繕ってて・・(相談者)

それで、なんとかなだめたり、そういう軽いものだけで、全部・・(相談者)

済ましちゃおう・・と、してて・・その自分の中の、裏の・・ことが・・(相談者)

ひとっつも(一つも)・・自分は・・気が付かないし・・(相談者)

そういうふうに、妻にも本気で・・(相談者)

真の気持ちを、伝えようとしていなかったし・・(相談者)
・・
まるっきり・・(相談者)

ぅ、うわべだけで・・接して・・(相談者)

いたということです。(相談者)

ありがとう、ホントにありがとう。(大原敬子)
・・
あなたは、自分が、自分が・・一番好きなの。(大原敬子)

はい。(相談者)
その自分をなんとか守ろうとしたことが・・逆に・・(大原敬子)

崩壊しつつあったってことですよね。(大原敬子)

そ、そうです。(大原敬子)

そうでした。(大原敬子)

やっぱりここは・・四年間の時間があるのに・・(大原敬子)
はい。(相談者)
お***んごと、なにを言ってるんだ・・って気持ちがあるんです。(大原敬子)

お前さんが好きならば・・(大原敬子)

はい。(相談者)
逃しちゃダメだって気持ちは・・わたしの根底にあります。(相談者)

はい。(相談者)
・・
その上での、徹底して言いました(笑いながら)・・ははははっ・・(大原敬子)

はい、ありがとうございます。(相談者)

あとはホント、その先生の・・言葉を、絶対に・・ホントに・・(相談者)

やってみます。(相談者)

はい。(加藤諦三)

大丈夫ですねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
すいません、ありがとうございました。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

テレフォン人生相談2018年5月15日(火)予告

同棲相手の男性と入籍したい。47歳の女性からの相談です。

パーソナリティが今井通子さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. しょっちゅう午前様って?
    奥さん浮気してるんじゃないのかなあ?
    少なくともそう思われても仕方ない行動ですよ。
    夫が嫉妬するのは当たり前でしょう。
    奥さんだってそれはわかってるはずです。それなのに行動が改まらないのは、もう浮気がばれたってかまわないと思ってるからじゃないでしょうか。奥さんは離婚する決心がついちゃってますよ。

    メソメソしてる暇があったら、浮気の証拠集めをして、ケリをつけろ、と言いたいですね。

  2. 私も同意見ですね。
    ご主人は一度奥さんの身辺調査をしたらいかがでしょうか?休日は外出ばかり、帰宅も午前様が多い、会話が少ない、下の子が大学生になったら離婚宣告、などなど明らかに疑われても仕方がない無い状況。
    有責配偶者と判断されたら、奥さんの思い通りにならないので後はご主人の思い通りにされたらいかがでしょうか?子供達には[お父さんみたいにならない様に]。どの口が言うのでしょうかね…。