悲しみを抑え込まない

テレフォン人生相談
生き方

テレフォン人生相談2016年11月10日は、加藤諦三&中川潤。7ヶ月前に妻が他界。当たり前のように傍にいた妻が亡くなり、今が一番寂しい。ぽっかり空いた心の空洞をどうすればいいのか。これから先の長い人生、気持ちも持っていきようは?

テレフォン人生相談2016年11月10日(木)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:61歳男性 妻7ヶ月前に他界 28歳次女と二人暮らし 長女29歳と長男26歳は自立

加藤諦三氏の〆の言葉『不幸は、時と共に和らぎません。しかし悲しみは、時と共に和らぎます。』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

61歳の男性からの相談、妻は亡くなりました今、少し前に・・7ヶ月位前です。子供は3人、長女が29歳、次女が28歳、長男26歳で、今は次女と二人暮らし。長女と長男は独身だが自立して家を出た。

妻を亡くした心の空洞が埋まらない

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えーっとですね、ま、これからの、自分その、この、長い、まあ長い人生ですわね・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

うん、これまぁ、どういう形で、過ごしていったらいいかなぁと思いまして、ちょっと、その相談で・・(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
で、29歳の長女の方はもう、家を出てる・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
ですね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で・・その、長男の方も・・家を出てるわけですね?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
これはあの、アレですか、あの、結婚をす・・(加藤諦三)
いや・・(相談者)
してなくて、とにかく・・(加藤諦三)
うん、うん・・はい。(相談者)
自立してるということですね。(加藤諦三)
はい・・はい、はい。(相談者)

で、その、お子さんとの関係は、別に悪くいってるわけじゃないんでしょ?(加藤諦三)
もうないです、な、な、ないです、全然。(相談者)

ああ・・そうするとあの・・ごく一般的な事から考えると・・お子さん・・3人いてね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ま、一緒に暮らしているか、どうかは別として・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
そこらへんで・・まあ・・子供もいるし・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

60歳まで、こう生きてきて・・これからの人生・・今までいろんな、子育てから仕事から、大変なことがあって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ところがもう・・子育ても終わって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
これから人生、楽しもうっていうような・・時期、でも、おかしくはないと、思うんですけれども・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

なんか、そういうような、考え方では、無理な・・んですか?(加藤諦三)

自分の気持ちの、もって行きよう・・ですがね。(相談者)
ああ、むしろこの・・7ヶ月前に亡・・奥さんが亡くなられたということが・・心に響いてる?(加藤諦三)
うん、そう、そうです、そうです、はい。(相談者)

これが、大きいということですね?(加藤諦三)
はい、はい、はい。(相談者)

その心の空洞、なかなか・・子供とか、あの、他の人との付き合いでは、埋められないということね?(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

今が一番寂しい

仕事の方は、もう・・ま、まだ、現役ですか?(加藤諦三)
う、う、うんうん、げん、現役です、はい。(相談者)
まだ、現役ですか?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

そうすると毎日・・まあまあ、忙しいっていうか・・(加藤諦三)
うん、そう、忙しいです。(相談者)
忙しいですよね?(加藤諦三)
忙しい、はい。(相談者)

だけど、フッと・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
忙しい・・なかでも、フッとなんか、仕事の合間に・・奥さんの事が、思い出されて・・(加藤諦三)
そうそう、そうで、そうです。(相談者)

でぇ、ハァッ・・ってなってくるわけねぇ?(加藤諦三)
うーん、うん、そうですね、はい。(相談者)

結婚生活、何年ですか?(加藤諦三)

うーんっと、どれぐらいかなぁ・・約30年ぐらいかな・・(相談者)
30年・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

ま、思いでが、もう、ぎっしり詰まってるわけね?(加藤諦三)

はい、うふふ・・(相談者)

でぇ・・7ヶ月・・アレですから、まだ・・寂しいのは分かるんだけど・・当初のね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

寂しさ・・一番寂しい・・感じたのは、時期としては、7ヶ月の間・・の中で、どこら辺ですか?(加藤諦三)

いや、それはぁ・・最近ですね。(相談者)

最近?・・(加藤諦三)
さいきん・・(相談者)
ということは・・こう考えていい?・・もう、当たり前のように、自分の傍にいた奥さんが亡くなって・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

なんかこう・・もう、亡くなったという・・実感が、来ないで・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

あ、は、は、は・・(加藤諦三)
うん、そう・・(相談者)
いないんだぁ・・っていう感じが・・最近になって・・(加藤諦三)
そうです、うん、うん・・(相談者)
感じてきた。(加藤諦三)
はい、はい・・(相談者)
ということね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

幸せな婚姻生活の30年だった

ということは、あれですか?・・亡くなられた時に・・から・・なんか心の中で・・奥さんが・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

いないという現実を・・心の中で、受入れられなくて、否定していた・・ような、時期があったわけ?(加藤諦三)

そうですね、はい。(相談者)
ところがそういう・・そういう、どうしても、認めたくない・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

うん、妻が亡くなったということ、認めたくない・・けれども・・ああぁ・・いなくなったんだぁっていうことを、その現実を、初めて、受け・・入れだしたって・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
ことだよね。(加藤諦三)
そうですね・・うん・・(相談者)

ですよね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
だけどまだ、仕事を・・忙しいってのは、仕事をやる、エネルギーは、あるんだよね?(加藤諦三)

うん、それは、あります、あります。(相談者)
つまりもう・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

立ち上がれない・・で、で、電車に乗る・・(加藤諦三)
そこまでは・・(相談者)
気にもならないってわけじゃあ、ないんだよね?(加藤諦三)
そ、それは、ないです、ないです。(相談者)

ねぇ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ということは、あなた、本当に結・・幸せな結婚生活だったんだ。(加藤諦三)

ん、まあ、夫婦喧嘩もしましたけどね・・うふふ・・(相談者)
あん、そりゃ夫婦喧嘩・・一緒に・・暮らしてれば・・喧嘩はするでしょう。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

むしろ喧嘩しない方が、おかしいよね。(加藤諦三)
そうですね、ふふふ・・(相談者)
喧嘩しないで・・かったら、もう、お互いに、自分の感情、押し殺して・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

に、いたわけだから・・(加藤諦三)
ってか、そう、はい、はい・・(相談者)

だから・・なんか・・さっき言ったように、思い出が、ぎっしり詰まった・・(加藤諦三)
うん、そうです・・(相談者)
30年間だったと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

いうことですよね・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
んで、幸せなね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ポッカリ空いた心の空洞

うんと、今日の、あなたの相談っていうのは、この・・妻が亡くなって、ポッカリ空いた・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
心の空洞を・・どうしたらいいか・・っていうことですかね?(加藤諦三)

そうですね、これから、まあ、まだ長い人生ですので・・(相談者)
長い人生だよねぇ。(加藤諦三)
うん・・これ、ま、もっていきようです、自分の心・・人に聞いたら、まあ、時間が経ったら・・とは、言ってくれますけど・・(相談者)

うん、だ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
おそらくみんな、そう言うんでしょうね。(加藤諦三)
うん、でもまぁ・・(相談者)

悲しみは、時と共に和らいでいくという・・(加藤諦三)
ふふふ・・うーん・・(相談者)

わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオにですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたの、相談は、法律上の、離婚のどうのこうのっていうことでは、ないんですけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ま、いろいろ、そういうような・・実際のケースをですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ・・体験されてきた、弁護士の・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

中川潤先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
伺って、みたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

【おすすめ記事】



中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)
あ、こん・・よろしくお願いします。(相談者)

あなたの心の中で生きている

あのぅ・・ご主人のような、状況に私・・は、まだ、立ち至っていないので・・(中川潤)
はい・・はい。(相談者)
ね、あの、ご主人のホントの、今の心のね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あの・・なんて言うのか、やるせなさっていうかね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
辛さっていうのかね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

それを、本当に、私が理解できるとは、思えない・・ですけども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ただ・・奥様、これ、あの、亡くなられた、7ヶ月前に亡くなられたって言うんだけど・・(中川潤)
はい・・(相談者)

長患いを、されてたわけではなくて、急に、逝ってしまわれたの?(中川潤)
・・・
えっとですね・・(相談者)
うん・・(中川潤)
そうです、急です。(相談者)

急だったんですか?(中川潤)
うん、病気にな・・って、急です。(相談者)

で、その穴を埋めるってね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
これ、何をもってしても、埋められるもんではないと・・(中川潤)
うん・・(相談者)
私は、思うんですよ。(中川潤)
はあ・・(相談者)
うん・・(中川潤)
はい。(相談者)

だけどねぇ・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あの、翻っていえば・・偉そうな、ものの言い方かもしれないけども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あのぅ、私も・・もう、60を、とっくに過ぎてますから・・(中川潤)
はい・・(相談者)
思うんですけどね。(中川潤)
はい・・(相談者)

結局、みんなね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あのぅ、亡くなる、ことに向かってって言うか・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あのぅ・・死ぬことに向かって、生きているんですよ。(中川潤)
ああ・・はい。(相談者)
ねぇ?(中川潤)
はい・・(相談者)

で、死んだら、私は別に、神様、仏様っていう、信心深い、人間では、まったくないんですけれども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ないんだけれども・・でも、奥様・・あなたがそこまでね・・思ってくれてる・・ね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

っていう状態の中で・・(中川潤)
はい・・(相談者)

逝ってしまわれた、奥様・・自身はね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あのぅ、そりゃ、物理的にはですよ・・(中川潤)
はい・・(相談者)
物理的には、そのぅ・・いらっしゃらないけれども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あなたの心の中では、生きてるわけですよ。(中川潤)

そうですね・・(相談者)
そうでしょう?(中川潤)
はい・・はい。(相談者)
だから、辛いんでね。(中川潤)
はい・・(相談者)

無理に気持ちを抑え込まない

でもね、それは・・あのぅ、逆に言えば、その奥様が・・(中川潤)
はい・・(相談者)

なんて言うのかなぁ、そのぅ・・へんに、あの、センチメンタルな言い方になるのかもしれないけれども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ねぇ・・頭の上の、どこかでね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あなたを毎日、見てくれているんだと・・(中川潤)

ね?(中川潤)
はい・・(相談者)

そういうふうに、思うしかないわけであって・・(中川潤)
ええ、はい、わかります、はい。(相談者)
わかるでしょう?(中川潤)
はい、わかります。(相談者)

うーん、でね・・無理して、あなたの今のね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
気持ちを・・あのぅ、抑え込もうと思わないで・・(中川潤)
はい、はい・・(相談者)

たとえばまぁ、仏壇があるのか知らないね、どういう・・(中川潤)
はい。(相談者)
あの、アレかは知らないけれども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あなた自身が・・今日、こういうこと、あったんだよってね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
遺影なり、なんなり・・(中川潤)
うん・・(相談者)

置いてらっしゃるわけでしょ?(中川潤)
はい、はい・・(相談者)
ね?・・そこへ、お話になって、語り掛けてごらんになっても構わないし・・(中川潤)
はい・・(相談者)
ね?・・(中川潤)
はい・・(相談者)

そりゃ、べつに、気休めでも、なんでもないし・・(中川潤)
うん・・(相談者)
ねえ。(中川潤)

だから、今の・・逆に言うと、その、そのことで埋まるかどうか、それは別の問題ですよ。(中川潤)

はい・・(相談者)
埋まるかどうか、別の問題だし・・(中川潤)
はい・・(相談者)

いつまでも、その悲しみっていうのは、やっぱり続く・・のかもしれませんよ・・(中川潤)
はい・・(相談者)

しれないけれども・・いずれあなたも・・ね?・・(中川潤)
はい・・(相談者)
行く先だから・・(中川潤)
はい・・(相談者)

うん・・そこで・・いずれ会おうなと・・ね?・・(中川潤)
はい・・(相談者)
そういう思いで・・(中川潤)
うん・・(相談者)

大事に、今のお気持ちをね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
していかれるしか、ないのですよ。(中川潤)

語り掛ける

あ、わかりました、はい。(相談者)
ねえ・・(中川潤)
はい・・(相談者)

で、奥さんの為にも、亡くなった奥さんの為にもね。(中川潤)
はい・・(相談者)

今のあなたが・・(中川潤)
はい・・(相談者)
少しでも元気に・・ね?・・やってるぞ!っと・・(中川潤)
はぁはぁ、はい。(相談者)

うん・・見てくれやぁと・・(中川潤)
はぁはぁ、はい。(相談者)
ねぇ?(中川潤)
はぁい。(相談者)

思って・・(中川潤)
はい。(相談者)
む、そこは無理にでも、思って・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ねえ、母さん、今日、こういうことやったぞ・・っと・・(中川潤)
うーん、はい、はい・・(相談者)
ねぇ、こういうこと、やったぞ・・っと・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ねえ・・(中川潤)
はい・・(相談者)
お話しになってあげたら、どうですか?(中川潤)
はい、わかりました。(相談者)
ねえ。(中川潤)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
お父さん、ホント、まあ、喧嘩もいろいろ、したんだろうけど・・(中川潤)
はい・・(相談者)

いい奥さんだったのね?(中川潤)
・・・
そうですねぇ、はい、はい・・はい・・(相談者)

とっても素敵なぁ・・あれだったと、思いますよ・・(中川潤)
はい。(相談者)
うーーん・・(中川潤)

ねぇ・・(中川潤)
はぁい・・はい。(相談者)
あの、奥さんはね・・(中川潤)
はい。(相談者)
お父さんのこと、見てるから。(中川潤)
あ、わかりました。(相談者)
ホントに・・(中川潤)
はい。(相談者)
ね。(中川潤)
はぁい。(相談者)
そう思って、頑張って。(中川潤)
はい、わかりました。(相談者)
はぁい。(中川潤)
はい。(相談者)

加藤諦三まとめ

もしもし・・もしもし。(加藤諦三)
はい。(相談者)

悲しみを抑え込まない

今、中川先生のおっしゃったね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
無理して、思い込もうとしないっていうことは、すごく大切なことでね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

例えば、離婚の悲しさの調査っての、あるんですけどね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、あなたの場合は、離婚の悲しさじゃないんだけども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

離婚の悲しさを、泣き叫んで悲しんだ、アメリカの女性とね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
じっと、耐えた日本の女性とね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

数年後にね・・調べてみると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
泣き悲しんだ人の方が、悲しみから回復してるんですよ。(加藤諦三)
はぁ、はい。(相談者)

だから・・無理してね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
これは、誰にでも、あることだとか、なんか、こう・・悲しみを抑え込まない方がいいですよね。(加藤諦三)
ああ、はい。(相談者)

対象喪失

これはあの・・対象喪失の悲哀の仕事って言うんだけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

対象喪失っていうのは、&%$を失くすとか、恋人を失くすとか、仕事を失くすとかね・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

対象喪失の・・悲哀の過程の・・悲しみを・・しっかり味わった人の方が・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

回復が早いんです。(加藤諦三)
あ、はい、わかりました。(相談者)

あなたの、場合は・・ホントに、プロセスは、はっきりしてるんです。(加藤諦三)

奥さんが亡くなって・・それを、なんか認められないような、否認の時期が続いて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そしてその否認の後は・・絶望が来るんです。(加藤諦三)
あ、はい・・(相談者)
認めて、ああ、やっぱりそうなんだと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だけど、その絶望の悲しみの後に・・絶望の悲しみを味わった人は、回復に向かうんですよ。(加藤諦三)

ああ、はい・・(相談者)

だからあなた・・大変失礼な言い方すると、幸せな人なんですよね。(加藤諦三)
ふっ・・(相談者)
幸せな人だけが、悲しめるんです。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

本当に孤独な人は、自分が孤独と思っていないですから。(加藤諦三)
ああ、はい・・(相談者)

ですから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
し、しっかり・・あのぅ・・辛いところは・・辛い・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

辛い時には、泣き叫んでもいいですから・・(加藤諦三)
ふふ・・はい、わかりました。(相談者)
必ず回復します。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいどうも、失礼します。(加藤諦三)
はい、あり、ありがとうございました・・はい・・はい・・(相談者)

管理人のちょっとひと言

対象喪失がポイントになるんだろうけど。
上手く言葉にできないもんだなぁ。
自分に置き換えると言っても、難しいしね。

ただ、相談者自身よりも、先生方の方が、のめり込んでいって。
相談者を、置いていってしまったように感じたのは、自分だけ?
なんか、もう最後の方は、早く電話を切りたそうにしてたし。

難しい話し聞いて、どうでもいいやって、思ったなら。
それはそれで、ある意味、良かったのかも。
とりあえず、泣き叫んだ方が、いいってことかな。

後悔しないようにしたいけれど、突然の訃報だったりすると。
時間差で悲しみがやってくる。
そればかりは、慣れないよね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.