テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年11月28日は、加藤諦三&最上雄基。大学生になり下宿し始めた次男18歳の息子。1ヶ月経ち大学の休みを利用して帰省3日間。その時に11年間飼っていた犬が死ぬ。号泣した次男、犬の死をきっかけにホームシックになる。希薄だった家族の絆を繋いでいた犬が死に、悲しみを上手く表現できない相談者に、最上雄基がアドバイス。

テレフォン人生相談2016年11月28日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:最上雄基(心理療法研究)
相談者:43歳女性 夫50歳 長男20歳 次男18歳

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

43歳の女性からの相談。

結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
えー、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
50歳です。(相談者)
50歳・・お子さんは?(加藤諦三)
はい、男の子が二人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
上の子が・・20歳です。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、下の子が、18です。(相談者)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、下の18歳の子なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

飼い犬の死と息子のホームシック

えーっと、今年から、大学生で、一人暮らしを始めたんですが・・(相談者)
はい。(相談者)
入学してから、初めてのおやす・・休みで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと、自宅に帰ってきたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、それからちょっと、ホームシックが強くなってしまって・・(相談者)
あのぅ、一人暮らしを始めてから、自宅に戻るまで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どのぐらいですか・・3ヶ月とか、2ヶ月・・(加藤諦三)

1ヶ月・・(相談者)
あっ、1ヶ月ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・は、一人暮らしをしていた。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そして、自宅に戻った。(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、自宅に戻っ・・て、自宅に居たのは・・どのぐらいですか?(加藤諦三)

自宅に戻って・・3日ぐらいですかね?(相談者)
3日ぐらいで・・また、その下宿の方に、戻ったと?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、その・・あの、戻った時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、11年間飼っていた犬が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、死んでしまったんです。(相談者)

11年間、飼っ・・て・・犬が、要するに・・18歳の息子さんが、戻ってきた時には、まだ、その犬は、生きていたわけですね?(加藤諦三)

そうですね、もど・・戻ってきた時には・・はい・・(相談者)
そうすると、あな・・今・・いる・・自宅と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
大学とは、どのぐらい離れてるんですか?(加藤諦三)

えーっと、4時間ぐらい、離れてます。(相談者)
ああ、そうですか?(加藤諦三)
片道・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすると、下宿と、大学はもちろん、近いわけですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そして・・今は、そうすると・・ど、どっちなんですか?・・(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

下宿の、今・・今現在は・・下宿の方ですか?自宅の方ですか?(加藤諦三)
今現在は、ええっと・・大学に、いったん戻るっていう形で、あの・・今日・・から、あの、大学、行ってます。(相談者)

犬の飼い主は誰?

で、さっき・・あの・・話しをした・・11歳の犬が死んだということを、ちょっと・・言いましたけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その犬・・は・・誰が、飼ってたの?(相談者)

ああ・・ええ・・っと・・誰がというか・・はい・・えー・・(相談者)
誰が、世話してたの・・そしたら?(相談者)

えーっと、それぞれ・・で、世話していて、ま、あのぅ・・主には主人がしていて・・でぇ・・(相談者)
ご主人が、飼っていたと、考えていいわけですか?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

だって、散歩、行くにしたって、お水あげるにしたって、トイレの世話にしたって・・誰かが、世話しなければ、どうにも何ないでしょう?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

それは、それぞれがして・・いました・・あのぅ、気づいた人がっていうか・・(相談者)

でぇあのぅ・・主人が今日は、あのぅ、水はやってあるか?とか、あのぅ、ご飯はあげたか?とか・・いうことを聞いて・・(相談者)

聞いたりして・・それぞれで、あの、時間が、あった時に・・(相談者)

そうすると、犬の側からすると・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
わんちゃんの側からすると・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

オーナーは、いないんですよねぇ。(加藤諦三)

あああ・・(相談者)
普通、わんちゃんのこと、お父さんとか、お母さんとか、みんな・・わんちゃんの仲間同士で、話す時には、お父さんとか、お母さんとかって言ってますけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この、わんちゃんには、お父さんも、お母さんも、いないんですよね。(加藤諦三)

あああ・・い・・(相談者)

つまり、普通、わんちゃんの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
仲間で集まった時に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

自己紹介すると・・何々の母親ですとか、何々の父親ですとかって言い方・・してるんですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

このわんちゃんは、4人の・・家族の中にいるけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
誰にも、属していないん・・(加藤諦三)

・・ですよね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・はぁい・・ま、主人が帰ってきた時は・・あの、喜びを、すごく声とかに、表しては、いた・・ので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

いや、だからだから、ご主人だと、思ってるんでしょうけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

誰も飼っ・・自分が、飼ってるという感じで、殊に、あなたはないんですよね?(加藤諦三)
ああ。私はちょっと、猫の感覚が・・犬なんですけど、猫の感覚が・・ありまして。(相談者)

犬なんですけど、猫の感覚があるっていうのは、ど、どういうことですか?(加藤諦三)
こう、躾けるというよりも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・こう・・な、なんて・・なんて言うんですかね・・自分ペースで、こう、犬に接していたっていう・・(相談者)

あっ、犬としてではなく・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
この犬が、猫として、飼っていたということですね?(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)
ああ・・わかりました、はい、はい、はい・・よくわかります。(加藤諦三)

そして、じゃあ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
僕が知りたかったの、この犬と、この18歳の息子さんとの関係は、どうだったのかな?と思って、聞いたんですけど・・(加藤諦三)

これは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そんな、大きな影響を持ってないですね。(加藤諦三)

ただ・・あの、このわんちゃんが、亡くなった時に・・あの、声をあげて、泣いたんです、この息子が・・(相談者)
はい、声を上げて泣いた・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたは?(加藤諦三)

わたし・・は・・ま、その時は、辛くて泣いたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい・・あの・・そうですね、その時だけというか・・(相談者)

ですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
今、問題なのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、18歳の息子さんですもんね・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

家から通える大学で

それで、相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、こ、本人・・息子が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この先・・ま、やっていけるのか、どうか?っていうのが・・あって・・でぇ・・(相談者)

やっていけるってのは、ど、どういうことでしょうか?(加藤諦三)
えっ・・えっと、一人暮らし・・が・・やっていけるのか?・・大学、これから4年間っていうものが・・(相談者)

全然もう、見えなくなっていて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
先が見えていなくて・・(相談者)

はい、先が見えていない?(加藤諦三)
はい、この先、ええっと、このまま・・あの、大学を辞めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・家族がいないことが、辛いって言っているので・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

家族が、いないことが、辛い・・あ、はい。(加藤諦三)

実家から、大学に通うことは・・あの、いいんだけれども・・実際問題、4時間、片道4時間ということは、無理なので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あの、辞めなければ、いけなくなる・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ので・・はぁい、あのぅ・・どうしたらいいかっていう・・(相談者)

あ、つまり・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

大学・・この18歳の息子さんが、大学を辞めた方がいいか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

どうか?っていうことね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました・・今日はあの、心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. ツイッターの#teljinハッシュタグでは「神回」とのツイートもあった今回を
    生で聞ける状態であったにもかかわらず聞き逃しました。残念でなりません。
    文章からでも迫力は伝わります。ありがとうございました。

    ちなみに、またまた誤植チェックですみませんが、概要部 「休み」が「安み」
    になっております。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.