犬で繋がる家族の絆

テレフォン人生相談
%e5%ae%b6%e6%97%8f%e3%81%ae%e7%b5%86

テレフォン人生相談2016年11月28日は、加藤諦三&最上雄基。大学生になり下宿し始めた次男18歳の息子。1ヶ月経ち大学の休みを利用して帰省3日間。その時に11年間飼っていた犬が死ぬ。号泣した次男、犬の死をきっかけにホームシックになる。希薄だった家族の絆を繋いでいた犬が死に、悲しみを上手く表現できない相談者に、最上雄基がアドバイス。

テレフォン人生相談2016年11月28日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:最上雄基(心理療法研究)
相談者:43歳女性 夫50歳 長男20歳 次男18歳

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

43歳の女性からの相談。

結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
えー、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
50歳です。(相談者)
50歳・・お子さんは?(加藤諦三)
はい、男の子が二人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
上の子が・・20歳です。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、下の子が、18です。(相談者)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、下の18歳の子なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

飼い犬の死と息子のホームシック

えーっと、今年から、大学生で、一人暮らしを始めたんですが・・(相談者)
はい。(相談者)
入学してから、初めてのおやす・・休みで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと、自宅に帰ってきたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、それからちょっと、ホームシックが強くなってしまって・・(相談者)
あのぅ、一人暮らしを始めてから、自宅に戻るまで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どのぐらいですか・・3ヶ月とか、2ヶ月・・(加藤諦三)

1ヶ月・・(相談者)
あっ、1ヶ月ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・は、一人暮らしをしていた。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そして、自宅に戻った。(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、自宅に戻っ・・て、自宅に居たのは・・どのぐらいですか?(加藤諦三)

自宅に戻って・・3日ぐらいですかね?(相談者)
3日ぐらいで・・また、その下宿の方に、戻ったと?(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、その・・あの、戻った時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと、11年間飼っていた犬が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、死んでしまったんです。(相談者)

11年間、飼っ・・て・・犬が、要するに・・18歳の息子さんが、戻ってきた時には、まだ、その犬は、生きていたわけですね?(加藤諦三)

そうですね、もど・・戻ってきた時には・・はい・・(相談者)
そうすると、あな・・今・・いる・・自宅と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
大学とは、どのぐらい離れてるんですか?(加藤諦三)

えーっと、4時間ぐらい、離れてます。(相談者)
ああ、そうですか?(加藤諦三)
片道・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすると、下宿と、大学はもちろん、近いわけですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そして・・今は、そうすると・・ど、どっちなんですか?・・(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

下宿の、今・・今現在は・・下宿の方ですか?自宅の方ですか?(加藤諦三)
今現在は、ええっと・・大学に、いったん戻るっていう形で、あの・・今日・・から、あの、大学、行ってます。(相談者)

犬の飼い主は誰?

で、さっき・・あの・・話しをした・・11歳の犬が死んだということを、ちょっと・・言いましたけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その犬・・は・・誰が、飼ってたの?(相談者)

ああ・・ええ・・っと・・誰がというか・・はい・・えー・・(相談者)
誰が、世話してたの・・そしたら?(相談者)

えーっと、それぞれ・・で、世話していて、ま、あのぅ・・主には主人がしていて・・でぇ・・(相談者)
ご主人が、飼っていたと、考えていいわけですか?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

だって、散歩、行くにしたって、お水あげるにしたって、トイレの世話にしたって・・誰かが、世話しなければ、どうにも何ないでしょう?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

それは、それぞれがして・・いました・・あのぅ、気づいた人がっていうか・・(相談者)

でぇあのぅ・・主人が今日は、あのぅ、水はやってあるか?とか、あのぅ、ご飯はあげたか?とか・・いうことを聞いて・・(相談者)

聞いたりして・・それぞれで、あの、時間が、あった時に・・(相談者)

そうすると、犬の側からすると・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
わんちゃんの側からすると・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

オーナーは、いないんですよねぇ。(加藤諦三)

あああ・・(相談者)
普通、わんちゃんのこと、お父さんとか、お母さんとか、みんな・・わんちゃんの仲間同士で、話す時には、お父さんとか、お母さんとかって言ってますけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この、わんちゃんには、お父さんも、お母さんも、いないんですよね。(加藤諦三)

あああ・・い・・(相談者)

つまり、普通、わんちゃんの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
仲間で集まった時に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

自己紹介すると・・何々の母親ですとか、何々の父親ですとかって言い方・・してるんですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

このわんちゃんは、4人の・・家族の中にいるけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
誰にも、属していないん・・(加藤諦三)

・・ですよね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・はぁい・・ま、主人が帰ってきた時は・・あの、喜びを、すごく声とかに、表しては、いた・・ので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

いや、だからだから、ご主人だと、思ってるんでしょうけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

誰も飼っ・・自分が、飼ってるという感じで、殊に、あなたはないんですよね?(加藤諦三)
ああ。私はちょっと、猫の感覚が・・犬なんですけど、猫の感覚が・・ありまして。(相談者)

犬なんですけど、猫の感覚があるっていうのは、ど、どういうことですか?(加藤諦三)
こう、躾けるというよりも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・こう・・な、なんて・・なんて言うんですかね・・自分ペースで、こう、犬に接していたっていう・・(相談者)

あっ、犬としてではなく・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
この犬が、猫として、飼っていたということですね?(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)
ああ・・わかりました、はい、はい、はい・・よくわかります。(加藤諦三)

そして、じゃあ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
僕が知りたかったの、この犬と、この18歳の息子さんとの関係は、どうだったのかな?と思って、聞いたんですけど・・(加藤諦三)

これは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そんな、大きな影響を持ってないですね。(加藤諦三)

ただ・・あの、このわんちゃんが、亡くなった時に・・あの、声をあげて、泣いたんです、この息子が・・(相談者)
はい、声を上げて泣いた・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたは?(加藤諦三)

わたし・・は・・ま、その時は、辛くて泣いたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい・・あの・・そうですね、その時だけというか・・(相談者)

ですよね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
今、問題なのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、18歳の息子さんですもんね・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

家から通える大学で

それで、相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、こ、本人・・息子が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この先・・ま、やっていけるのか、どうか?っていうのが・・あって・・でぇ・・(相談者)

やっていけるってのは、ど、どういうことでしょうか?(加藤諦三)
えっ・・えっと、一人暮らし・・が・・やっていけるのか?・・大学、これから4年間っていうものが・・(相談者)

全然もう、見えなくなっていて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
先が見えていなくて・・(相談者)

はい、先が見えていない?(加藤諦三)
はい、この先、ええっと、このまま・・あの、大学を辞めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・家族がいないことが、辛いって言っているので・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

家族が、いないことが、辛い・・あ、はい。(加藤諦三)

実家から、大学に通うことは・・あの、いいんだけれども・・実際問題、4時間、片道4時間ということは、無理なので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あの、辞めなければ、いけなくなる・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ので・・はぁい、あのぅ・・どうしたらいいかっていう・・(相談者)

あ、つまり・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

大学・・この18歳の息子さんが、大学を辞めた方がいいか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

どうか?っていうことね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました・・今日はあの、心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

【おすすめ記事】



最上雄基アドバイス

もしもし、こんにちは、よろしくお願いします。(最上雄基)
はい・・はい。(相談者)

犬が家族を繋いでた

今、すごいね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
大きな転機に・・家族が、きてると思うんですよ。(最上雄基)
はい。(相談者)

わんちゃん亡くなって・・(最上雄基)
はい。(相談者)
あのぅ・・ま、いなくなってからの、残った家族・・って・・(最上雄基)
はい。(相談者)

それ以降・・なんか雰囲気、変わってるでしょ?(最上雄基)

・・わんちゃんが、亡くなってからの・・雰囲気?(相談者)

あ、あのぅ、じ、次男のね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
あの18歳の、息子さんも、当然なんですけれども・・(最上雄基)
はい。(相談者)

あの・・このわんちゃんが・・(最上雄基)
はい。(相談者)
家族の中心になって・・(最上雄基)
はい。(相談者)

みんなを、繋いでましたよね?(最上雄基)

そうなんです(涙声)。(相談者)
この・・要は・・(最上雄基)
はい。(相談者)
これ、はっきり申し上げますけど・・(最上雄基)
はい。(相談者)

家族、誰もちゃんとコミュニケーションとれてないのに・・(最上雄基)
はい。(相談者)
わんちゃんがいてくれるから・・(最上雄基)
はい。(相談者)

ここの・・この仲介を通して、みんなが繋がっていられたんでしょ?(最上雄基)

・・はい、もう、この子は・・そうです・・(相談者)

自分の人生は自身にしか見えない

今ここは・・(最上雄基)
はい。(相談者)
踏ん張りどころだと、思うんですよ。(最上雄基)
はぁい。(相談者)

わんちゃんが、亡くなってからですから、この話し・・ね、結局・・(最上雄基)
そうなんです。(相談者)
ね。(最上雄基)
はい。(相談者)
その寂しくなってっていうのも・・(最上雄基)

ただ、ま、それがね、どの程度、本当に息子さんの気持ちかは、わかんないですよ?(最上雄基)
はい。(相談者)

息子さんも、そうだと思うんですよ・・ただ、あなたの気持ちも、加算されちゃってると思うんでね。(最上雄基)
・・はぁい。(相談者)

あなたが・・(最上雄基)
うーーん・・(相談者)
息子の人生を、どう生きるかを考えても・・(最上雄基)
はい。(相談者)

あなたは、息子さんじゃないから、先は、見えないんですよ。(最上雄基)
はぁい。(相談者)

あなたの、先は・・あなた自身の人生の先にしか、ないんですから・・(最上雄基)
はい。(相談者)
どんなに、人のことを構っても・・(最上雄基)
はい。(相談者)

どんなに、どうしようかしても・・(最上雄基)
はい。(相談者)
もう、息子さんが、上手くいけば、息子さんには、先が見えてきますよ。(最上雄基)

はい。(相談者)
でも、あなたには、見えないですよ。(最上雄基)
はい。(相談者)

自分の、希望とかね、未来は・・(最上雄基)
はい。(相談者)
自分の人生の中に、探さないと・・(最上雄基)
はい。(相談者)

犬の思い出を家族で話し合う

で、わんちゃんのね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
思い出とかを・・(最上雄基)
はい。(相談者)
みんなで話したりしました?・・11年も飼っていたわけですからね。(最上雄基)

・・・

ははっ・・そ・・うーん・・(相談者)

あんまり、話してないんじゃないですか?(最上雄基)

家族集まって・・(最上雄基)
はぁい。(相談者)
こういうことがあった、ああいうことがあったって、11年、家族と一緒だったわけでしょ?(最上雄基)

(すすり泣き)(相談者)

思い出すだけでやっぱり、涙がでてきちゃって・・(相談者)

それでいいんですよ!(最上雄基)

みんな同じなんですよ(ん?声が震えてる?)。(最上雄基)
辛いんです。(相談者)

みんな同じなのに・・わんちゃんしか拠り所がいなかった、家族全員が・・(最上雄基)
はい。(相談者)

全員、同じ気持ちなのに、誰にも言えないんですよ・・寂しいのに・・(最上雄基)

(泣きながら)はい。(相談者)
だから・・(最上雄基)
はい。(相談者)
今・・(最上雄基)
はい。(相談者)
その辛い気持ちを・・(最上雄基)
はい。(相談者)

いい方にね・・家族で、一丸となれる方に、もっていくために・・(最上雄基)
はい。(相談者)

みんなで、ちゃんと、思い出話しすべきですよ。(最上雄基)
はい。(相談者)
悲しいって時には・・(最上雄基)
はい。(相談者)

十分に悲しまないと・・(最上雄基)
はい。(相談者)
これから頑張ろうって気、おきないんですよ、人間って・・(最上雄基)

(泣いて言葉が出ない)(相談者)

みんな同じだよ(感極まってきた最上先生)・・きっと。(最上雄基)

恥ずかしくもないしね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
みっともなくもないし・・(最上雄基)

11年も家族で飼ってたら、家族みんなで、悲しくてしょ・・当然だよ(タメ口になる)。(最上雄基)
はい。(相談者)
それは、そんだけ、可愛がってたってことなんだから(強い口調)。(最上雄基)
はい(すすり泣きながら)。(相談者)

今まで、頼りにし過ぎてて・・みんなたぶん、わんちゃんに悪いなって部分は、あるんだと思うのね、どこっか・・(最上雄基)
はい。(相談者)

もっと、可愛がってあげれば良かったとか・・(最上雄基)
はい(涙声)。(相談者)
もっと、もっと、こうすれば、こうすればっていうことが、あったと思う。(最上雄基)

(泣きながら)・・たぶん・・本当に・・いい子だったんで・・(相談者)

ちょっと、後悔してることもあるでしょう、もっと、いろんなこと、すれば良かったって・・(最上雄基)
はぁい・・(相談者)

いなくなっちゃうと・・(最上雄基)
はい。(相談者)

すごく・・(相談者)
うん・・(最上雄基)

存在が、大きかったんです。(相談者)

癒されてたんだね。(最上雄基)
ホントに・・あの子がいなかったら・・(相談者)
うん・・(最上雄基)

(泣きがら)乗り越えられなかったことも、たくさんあると・・思ってます。(相談者)

だから、それだけ大事だったんだよ。(最上雄基)

(すすり泣く)はい。(相談者)
みんな・・(最上雄基)

犬が一家の大黒柱

ねぇ、だから、心の支えを、みんなで失っちゃったから・・(泣いてる?)・・もう・・(最上雄基)
はい。(相談者)

ホントはね、家族の絆が、ちゃんと繋がってれば、良かったんだけれども・・(最上雄基)
はい。(相談者)

一家の大黒柱が、わんちゃんになってたから・・(最上雄基)
そうです。(相談者)
精神的には・・(最上雄基)
はい。(相談者)

それを、失っちゃったんだよ。(最上雄基)
はい。(相談者)

だけどこのままだと・・ガタガタガタって崩れていっちゃうから・・(最上雄基)
はい。(相談者)
バラバラになるのは簡単だから。(最上雄基)
はい。(相談者)

この・・わんちゃんいなくなって、辛いよ!(最上雄基)
はい。
辛い時は、辛いって自覚しないと・・(最上雄基)
はい。(相談者)
この辛さから、逃げちゃダメだよ。(最上雄基)
はい。(相談者)

それは、亡くなったわんちゃんに、失礼だよ!(最上雄基)

ホントですね。(相談者)
11年も、支えてくれたんだから・・(最上雄基)
ホントですね。(相談者)
うん・・(最上雄基)

だから、これからは・・ね、素直になって・・(最上雄基)
はい。(相談者)
是非、頑張ってください。(最上雄基)

はぁい。(相談者)
絶対、やれるから!(最上雄基)

はい。(相談者)
今が、チャンスだよ。(最上雄基)

はい。(相談者)

よろしいですか?(最上雄基)
ありがとうございます。(相談者)
じゃあ・・はい、先生、お願いします。(最上雄基)

はい。(相談者)

加藤諦三まとめ

あのぅ、今ね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

励ましてもらいましたねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで・・ちょっときついこと言う・・言っていい?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

・・・

あなた達は、わんちゃんを・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
可愛がっていたのではなくて・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

わんちゃんに、甘えていただけです。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

・・・

あぁ・・どうしたらいいでしょう?(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・・

あのね。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

親鸞・・がね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あの、『有縁を度す(うえんをどす)』・・自分と縁があった人に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・を、愛すること。(加藤諦三)

はああ・・はい・・(相談者)

たまたま・・縁があった人『有縁を度す』っていうことは、そういうことなんです。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そうすると、だんだんと・・自信がついてきます。(加藤諦三)

・・はい。(相談者)

やってみます。(相談者)
どう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どうですか?・・うま・・あのぅ・・や、やれそうですか?(加藤諦三)

はぁい、やってみます。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございました。(相談者)

管理人のちょっとひと言

『有縁を度す(うえんをどす)』

有縁というのは因縁のあつい人、深い関係で結ばれている人をいう。本文にあるのは父母である。更に兄弟、夫婦、そういうのが一番近い関係である。何よりも先ず、何をおいても先ず自分の因縁の深い周囲の人々から働きかけていくべきである。遠い他人でなしに、近い所から働きかけていかねばならぬ。

引用元:先ず有縁を度す

犬が死んで、ホームシックになった次男
一人暮らしの今の生活を辞め、家族の元から大学に通いたいと
今の大学を辞めて家から通えるところでと言い始めたと・・・

で、辞めるべきか、どうすべきか?という相談
だったんですね
これについては、はっきりと、最上先生はアドバイスを送ってます

『息子の人生を、どう生きるかを考えても、あなたは、息子さんじゃないから、先は見えない』

『あなたの、先は・・あなた自身の人生の先にしかない』

『どんなに、人のことを構っても、どんなに、どうしようかしても・・・でも、あなたには、見えない』

『自分の、希望とかね、未来は、自分の人生の中に、探さないと』

要するに、息子の未来を、母親が、ああだこうだ言ったところで
なんもできないし、なんのビジョンも見えてこないから
余計なことするなってことでしょうね

そんなことより、このホームシックの根っこにあるのは
家族の絆の希薄さ
繋がりの薄さにあるよっていうこと

今回の相談、実質14分少々の枠の中に収まらなかったのかもしれません
上記のアドバイスも唐突って感じで
さらっと、言ってますので、前後、かなり編集されているのかも

勝手に解釈するならば、家族の関係が希薄なので
もっと、つながりを持つよう、最上、加藤両先生がアドバイスを送っている
そういう構図なんだろうと思います

そもそも、家族間を繋いでいた犬の死で
次男が、より一層の関係性の繋がりがなくなることを、恐れて?
家から通いたい・・・って言い出したのかもしれません

犬が一家の大黒柱かどうかは別にして
母親を煽って、泣かす・・・感情を昂らせて本音を吐かす
そこからが、本当の人生相談

まあ、こんな感じに受け取ったのですが
巷の評価は、あまり芳しくないようで(汗)

自分がなんか、浮いてしまってる感じがして
あれ?おかしいのか?と少々戸惑い気味
いい、アドバイスだったと思うんですけどね

ま、放送聞く分には、しゃあないなと思わなくもないかな・・・
特に、犬を猫ようにって件・・・加藤先生凄いなぁ、アレは、なんだろう?

YouTube

スポンサーリンク

コメント

  1. ツイッターの#teljinハッシュタグでは「神回」とのツイートもあった今回を
    生で聞ける状態であったにもかかわらず聞き逃しました。残念でなりません。
    文章からでも迫力は伝わります。ありがとうございました。

    ちなみに、またまた誤植チェックですみませんが、概要部 「休み」が「安み」
    になっております。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.