テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月4日(金)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。国際結婚をして4歳の子供を設け海外で暮らしているが現在は日本に帰国して実家にいる、子供の頃から何かと両親に頼ってしまう、何とか自立したいが一体どうしたらよいのか?という32歳女性からのご相談だったが、本音は、占いを盾に、押しの強い支配的でナルシズムな義母に対する憎しみをを、夫の耳に入れたくなくて明るく振る舞ってしまう。
加藤諦三氏の〆の言葉『結婚を継続できないのは、背後にある人の、両者の心の問題の表現です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:32歳女性 夫35歳 子供は男の子4歳一人 国際結婚をして海外に居住していたが、今は帰国して実家の両親の元に居る。

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、はぁい、ありがとうございます。(相談者)
はぁい・・最初に年齢教えて下さい。(加藤諦三)

32歳・・です。(相談者)
32歳・・(加藤諦三)

え・・結婚してます?独身ですか?(加藤諦三)

結婚してます。(相談者)
結婚してます・・ぅ・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)
ぁ・・(相談者)

35歳です。(相談者)
35歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)

4歳・・になりました。(相談者)
4歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
男の子女の子どっちですか?(加藤諦三)
男の子です。(相談者)
男の子・・はい。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
はい、わかりました、それでぇ・・(加藤諦三)

どんな相談ですか?(加藤諦三)

あっ、えっとですねぇ・・あっ・・(相談者)

自分の・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

精神的な・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
こう、両親からの自立・・(相談者)

あぁ・・はいはいはい。(加藤諦三)
したいです。(相談者)

・・

・・

・・

でぇ、今、両親・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
と・・は(わ)、別に暮らしてんですね?(加藤諦三)

いや、えっとですねぇ・・この間までは・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えっと、両親と・・暮ら、あぁ・・あの、別の、あの、かい・・国際結婚して海外に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
住んで・・いたんですけれども。(相談者)
はい、ぁ・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

あっ、あなたが国際結婚して・・(加藤諦三)
****・・はい?(相談者)
海外に居たという事ですね?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

えっとぅ・・(加藤諦三)

でぇ、帰って来て・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

やっぱりまた今回も・・(相談者)

あのぅ、実家に戻って来ちゃったなぁ・・っていう、感じで。(相談者)

そ・・あのぅ・・(相談者)

ふぉーん・・(加藤諦三)
小さい頃・・から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

いつも・・外で・・(相談者)

あった・・(相談者)

あのぅ、理不尽な事とかを全部お母さん・・親に・・相談したり・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
お父さん・・相談したりすると・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
「うんうん」・・って頷いてくれて・・(相談者)

聞いてれるのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ずーっと・・(相談者)

相談・・(相談者)

をするような、スタイルだったんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
今回もやっぱり・・あの・・(相談者)

相談するのと、自分の体が弱いので・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
その話も、やっぱすると・・心配して・・(相談者)

あの・・手を貸してくれたっていう感じで、また戻って来ちゃったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
でぇ、あのぅ・・(加藤諦三)

お子さんが今、4歳という事は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
向こうで結婚して、向こうで産まれてるわけですね?外国で?(加藤諦三)

いえ、行った・・行ったり来たりでぇ・・えっと・・(相談者)
あっ、行ったり来たり?(加藤諦三)
はい。主人は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・日本の生活が長いので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

出会ったのは日本なんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ・・っとぅ・・結婚のすぐあとは・・(相談者)

あのぅ、外国で・・(相談者)

生活を始めたんです。(相談者)

あのぅ・・その時・・(相談者)

彼は・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

その国・・に・・(相談者)

での、あのぅ・・(相談者)

両親の下、自営の・・(相談者)

ところで手伝って・・いたので・・(相談者)

っていうこ・・とは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その時、けっ・・(加藤諦三)

こん(結婚)して・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
すぐにそのぅ・・(加藤諦三)

ご主人の国に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
一緒に行ったわけですね?(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

はい、それでぇ・・(相談者)
となんか・・あのぅ、形だけ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
見ると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

んん・・自立・・(加藤諦三)

してるような・・(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)
ようには見えるんですけども・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
はい、それでぇ・・ご両親は、そのぅ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
出会ったのは日本・・という事ですけれども・・(加藤諦三)
はい・・そうです・・(相談者)

はい。(相談者)
ご両親はその結婚に対して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

どうだったんですか?(加藤諦三)
反対しなかったんですよ。(相談者)
・・
あっ・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

反対しなかった?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

親を・・心配させてはいけないっていうのも頭でわかりながらも全部・・親にしか相談できなくて、しちゃうん・・ですよねぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
それでぇ、しんぱ・・やっぱ、心配になって来て・・今はもうちょっと・・何ていうんですかねぇ・・(相談者)

ああ・・なんか・・(相談者)

えらいとこに・・なんか・・(相談者)

・・

に、行かせちゃったのかな?・・って、思わせちゃったりとか・・(相談者)

うん・・ただ・・(加藤諦三)
やっぱり、わたしの言葉が全て・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
なんかこう、掻き回してるような・・感じが・・あって・・(相談者)

両親を、掻き回してる?(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
・・
でも、まぁ、両親は両親でいろんな・・あなたのおかげでいrんな・・(相談者)

ねぇ、あのぅ・・「世界が見えて、いいよ」・・とか・・優しいんですよねぇ。(相談者)

うん。(相談者)
だけど、わたしは・・なんか、こう・・(相談者)

うーん・・わたしはなんか言う事でスッキリして・・(相談者)

他所では・・(相談者)

なんかこうニコニコしてられるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
家でなんか吐き出しちゃうところがあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それが・・(相談者)

もうずーっとなんですよねぇ。(相談者)

でぇ、ご夫婦の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その間(かん)・・でぇ、今の夫との関係は上手くいってんですか?(加藤諦三)

うーん・・今ちょっと直って来た感じはあるんですけど・・一時(いっとき)は・・やっぱり、もう合わない・・みたいな感じで・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
こう・・(相談者)

合わないっていうのは、例えば・・ど、どう・・(加藤諦三)

結婚・・新婚当初は向こうの・・(相談者)

国で一緒に・・暮らして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

いたんですけども、そのぅ・・(相談者)

実家のお手伝いをしながら?(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、子供、産まれてぇ・・で・・(相談者)

えっと・・でも小学校はやっぱり・・(相談者)

日本で育てたいって・・ふ、二人共、日本・・が、慣れてるし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

彼も・・日本の生活がやっぱり慣れ・・あ、合うんですよ。(相談者)
・・
なんか彼の家族の中でも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんか一人だけちょっと・・(相談者)

見てるとキャラクターが違って、・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・あっ、この人は・・(相談者)

日本じゃないとダメだなっていうのはやっぱりわかるのでぇ・・先に・・(相談者)

安定するために行ってもらった・・行って、行ってくれたんですよ、彼が。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
そうす・・はい。(加藤諦三)
一年・・以上は、わたしが一人で・・子どもを育てて・・(相談者)

でぇ・・まぁ・・(相談者)

ほんとに急に、行ったのでぇ・・言葉も・・(相談者)

全然出来ないん・・ですけど、なんとか・・一人で育てつつ、義両親に・・(相談者)

あの、の・・あのぅ・・(相談者)

見守ってもらいながら・・(相談者)

来たんですけど。(相談者)
両親ってのは向こう・・の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
両親の話ですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
そいでぇ・・(加藤諦三)

出会ったのは日本という事ですけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

どこですか?出会ったのは、どういう形で出会ったの?(加藤諦三)

あ・・(相談者)
会社かなんか・・(加藤諦三)

ゲストハウス・・(相談者)

・・

の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お客さんと、わたしが、スタッフだったんですけど。(相談者)
あぁ・・あ、はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

そうすっと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ごく自然な・・形の恋愛関係には・・(加藤諦三)

発展したわけですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
そうすると、恋愛が・・(加藤諦三)

から始まって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚まで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

は(わ)・・(加藤諦三)

一応、そ・・外側の・・から、いろんな反対も、りょう・・両家ではないと。(加藤諦三)

ああ・・はぁい。(相談者)

・・

うん・・でぇ、なんか彼・・とも、彼からのふ・・一目惚れって感じだったんですけども。(相談者)

あなたの一目惚れ?(加藤諦三)

彼が。(相談者)

あっ、彼が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたに一目惚れ?(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

はぁい・・(相談者)
その時、彼は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ま、日本だ・・に・・(加藤諦三)
・・
居て出会ったという事ですけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんかそのぅ・・さ・・(加藤諦三)

寂しかったかなんかしたのかなぁ?(加藤諦三)

あぁ・・でも、あのぅ・・(相談者)

そうかもしれないですねぇ、あのぅ・・(相談者)

そういう感じがあると思います。(相談者)

うーん・・(加藤諦三)

あの、一目惚れは危険です。(加藤諦三)
・・
はぁい・・(相談者)
これはもう間違いないです。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

だって・・相手を知る前に、サァ・・っと、そのぅ・・(加藤諦三)

好きになっちゃうなんていうのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

心に問題を抱えてない限り起こり得ないですよ。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

あっ・・なんかこう・・(相談者)

・・

・・

たぶん・・(相談者)

・・

今までも・・(相談者)

なんかちょっと破天荒な事をするタイプなんですよね・・あのぅ、三人兄弟の長女なんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
親の・・(相談者)

あの・・(相談者)

・・

目を、うか・・なんかこう・・(相談者)

気にしてるわりには・・(相談者)

親・・の・・(相談者)

考えとは全然違う?(相談者)

方に・・行きたい、願望みたいなのが多分あるんじゃない・・かなぁ・・(相談者)
うん、あのぅ・・(加藤諦三)
なんかこう・・(相談者)
人から注目されたいわけだから。(加藤諦三)

かもしんないですねぇ。(相談者)
は・・破天荒というより・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
人の注意を引きたいんですよね。(加藤諦三)
・・
そうですねぇ・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
なんかこう・・ぉ・・(相談者)

地道に実直に・・(相談者)

やってる親・・(相談者)

とかの・・なんかこう・・(相談者)

質素・・さというか地味さっていうのは・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

なんかこう・・(相談者)

わたしを、はば・・なんか自分が・・親に何でもかんでも聞いてるくせに、自分がなんか羽ばたけない理由みたいな・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
ふうになんかこう、転嫁してるっていうか、そういう部分もあったりとか・・(相談者)
うん・・そうなんですよね。(加藤諦三)
・・
うん・・(相談者)
なるほどね・・わかりました、ま、そういうような事で、今、あのぅ・・(加藤諦三)

・・

外国の方と結婚して・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あのぅ、離婚しようか・・そうな・・っていう相談よ・・より・・(加藤諦三)

ではなくて・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

なんか・・(相談者)
でぇ、今じゃあ・・両親との・・気持ちの関係をどう整理したらいいか・・(加藤諦三)
・・
わかんないという事ですねぇ、はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
今日はあのぅ、スタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染のマドモアゼル愛先生がいらしてんので・・(加藤諦三)
あっ・・はぁい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

あぁ・・ありがとうございます。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。