テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月9日(月)は、加藤諦三&大原敬子。32歳の女性から、昔から支配的で人格否定する父緒、それに同調する母親、今も変わらず、攻撃を続ける両親とどう付き合っていけばいいか?という相談。小さい頃から、姉も父や母に同調し、三人が組みするような関係で仲間外れにされていた相談者。仕事を始めて家を出るが、子供と連れて実家に帰っても変わらない。子供への影響も気になる。
加藤諦三氏の〆の言葉『イジメは、家族の中から始まる』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:32歳女性 夫30歳 子ども7ヶ月の男の子 実家の父67歳 母67歳 姉(年齢不明)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

32です。(相談者)
32歳、結婚してます?(加藤諦三)
してまーす。(相談者)
えーっと、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

30です。(相談者)

30歳、お子さんは?(加藤諦三)

ぅ、ゼロ歳です。(相談者)
ゼロ歳・・(加藤諦三)

はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと、今後の、自分の両親と、わたし・・との付き合い方について・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、相談したいんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと・・(相談者)
両親は今、何歳ですか?(加藤諦三)
両親は・・67です。(相談者)

ん、67・・ぁ・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

お父さんの方?67っていうの?(加藤諦三)

父も母も、60・・(相談者)
あ、両方とも67?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、一緒に住んでんの?別?(加藤諦三)

別です。(相談者)
別に住んでんのね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、そいでその別に住んでいて・・(加藤諦三)

付き合い方って、問題があるんですか?(加藤諦三)

うちの親・・ま、特に、父親なんですが、すごく・・(相談者)

あのぅ・・ま・・(相談者)

支配的でぇ。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
えっと、わたしはかなり、あの・・否定されて、こう、育ってきたんですね。(相談者)
はい・・はいはいはい。(加藤諦三)
んでぇこう・・なんか失敗すると、失敗・・(相談者)

したお前が悪いんだ・・とか。(相談者)
はい。(加藤諦三)

努力しない・・しなく・・足りなかったんだ・・とか。(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんかちょっとした弱音を吐くと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それ以上に、何か怒られたりとか。(相談者)

して育ってきたんですね。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)

お母さんは・・あの・・(相談者)

自分・・が、ない人なんですけど。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
自分・・(相談者)

でぇ、父親のことが・・母親も・・(相談者)

父親のことが怖いので。(相談者)

は-い、はいはいはいはい。(加藤諦三)
揉めたくないから・・(相談者)

父親が・・こう、気に入らないことがあって怒鳴ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)

「お父さんがそう言ってるのに、なんでアンタはわからないの?」みたいな。(相談者)

でぇ・・(相談者)

わたし・・は、ま、そういう・・(相談者)

ぅ、あの、悩みを抱えて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
いたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう・・(相談者)

自分はもう・・(相談者)

あのぅ・・自分のきゅう・・仕事を・・して、給料をもらって自分で食べていけるようになったし。(相談者)

うん。(加藤諦三)

そんなことで悩む必要ない・・って・・(相談者)

自分の中で解決して。(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

実家をもちろん出ていって、一人暮らしして。(相談者)

でぇ、今、結婚して、子供もいて・・もう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なにも・・(相談者)

言われる筋合いなんて何にもない状態・・(相談者)

なんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、わたしが・・ちょっと、子供連れて実家に帰ったときに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ・・ま、父親が突然、その、あたしが・・居た・・(相談者)

あの、リビングに、現れたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

現れて・・でぇ・・(相談者)

「あっ!どうしよう?」って、あたし、思ったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
父親はもう・・あたしが居ないかのように・・スゥーって・・(相談者)

あの、その場から去っていったんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でねぇ、隣の部屋でぇ・・父親が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

いきなり怒鳴りだして・・いたんです、大きい声で。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)
なんか・・「挨拶もしねぇでぇ・・」みたいな。(相談者)

はい。(加藤諦三)
「なんか、こそこそ、いつでもこそこそ・・」(相談者)

「なんかしやがって・・親になったくせに、挨拶も出来ねぇのか?ふざけんな!!」みたいな感じで、すごい・・(相談者)

おっきい声で・・(相談者)
はぁん・・(加藤諦三)
一人で、怒鳴ってたんですよ。(相談者)

はぁぁぁ・・(加藤諦三)

ま、それとか・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
会話をしていた時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんか、突然、なにかよくわからないタイミングで、怒りだし・・不機嫌になったんですよね、父親が。(相談者)

うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

そこから・・(相談者)

だんだん、な、なぜか・・なんか、「大事に育ててやったのに、このザマか」とか・・(相談者)
ウーー(電話の向こうで赤ちゃんの声)
ああ、それ言うでしょうねぇ・・(加藤諦三)
うん・・とか、なんか、あと・・(相談者)

「大した・・仕事もしてねぇくせに・・」とか、なぜそこで、そんな話が出るのかが、わからないんですけど。(相談者)
ああ、そう、そうですねぇ、うんうん。(加藤諦三)
なんか、そういう・・なんか、関係のない・・ことで、いきなり怒鳴り出したのでぇ・・そういうなんか、人格否定とか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
「なんか、人を馬鹿にする、り・・」(相談者)
ウーー(赤ちゃん)

「言い方とか、なんか、すぐあたし、傷つくから止めてよ・・今、そんな話、してないじゃん」・・って・・(相談者)

な、なんか、小っちゃい時の事を思いだして、泣きながらあたし、言ったんですよ。(相談者)
はい、はいはいはい。(加藤諦三)
「止めて!」って。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

でぇ、そうすると・・「もう、余計に言ってやるよ、お前なんか・・大した仕事もしてねぇ・・なんか・・」(相談者)
はい。(加藤諦三)

感じでこう、余計にこう・・言って・・(相談者)

きたんですね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

そういうことを、なんか、繰り返して、これからどうやって・・(相談者)

うん・・でぇ、兄弟はどうなの?(加藤諦三)

一人?(加藤諦三)
兄弟は・・(相談者)

あたし、姉がいます。(相談者)

あっ、お姉さんに対する態度はどうなの?(加藤諦三)

姉は・・(相談者)

あたし・・とは、ちょっとタイプが違くて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

父親・・(相談者)

は(わ)、間違ってない・・って、思ってますね、たぶん。(相談者)

あのぅ・・お父さんの、お姉さんに対しては、あなたと、全く違う態度を取ってるんじゃない?(加藤諦三)

姉・・とは、普通に喋ってますねぇ。(相談者)
ですよねぇ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
つまり、お姉さんに対して、「大した仕事もしてねぇでぇ・・」(加藤諦三)

「ふざけんじゃねぇ・・」とかね。(加藤諦三)

言わないですねぇ。(相談者)
そういうこと、言わないですよ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
むしろ・・(加藤諦三)

お姉さんと・・(加藤諦三)

・・

は(わ)・・(加藤諦三)

上手くいってるっていうか・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・

もっと極端に言えば、お姉さんと・・(加藤諦三)

お母さんと・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
お父さんと三人が組みになって、あなた一人を、虐めてるってこう・・構図・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

なんか、昔から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あたしって・・(相談者)

この家・・(相談者)

で、一人だ・・なんかこう・・(相談者)

一人な感覚ってありました。(相談者)

四人家族の中で、一人、仲間外れにされて・・(加藤諦三)

ひどい目にあって・・(加藤諦三)

ええ、ええ・・(相談者)
今、ゼロ歳の子供を抱えて・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

これからゼロ歳の子供に・・影響が出ます。(加藤諦三)

ええ、そうですよねぇ・・(相談者)

もう・・(相談者)

これは間違いなく影響が出る・・出ますけれども。(加藤諦三)

あぁぁ・・(相談者)
それを、いかに・・(加藤諦三)

悪い影響なくすか。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
そして、いかにあなたの人・・格を・・(加藤諦三)

再構成するか。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
これが最大の問題ですけれども。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
今日は、そのためにはですねぇ・・(加藤諦三)
ぅ、ぅ、うん(咳払い)・・(大原敬子)
ええ・・(相談者)
もう、最高の先生がスタジオにいらしてます。(加藤諦三)

はい。(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生です。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

  1. 相談者さんが、大原先生がおっしゃっていたように「ゼロ歳児」さらには「七(なな)」(ヶ月を付けない)と言っていたのがとても変だと思った。赤ちゃんに対する愛情がちょっと。。。「七?」「ヶ月です」と言い直した。
    この時期の赤ちゃんは、お母さんに聞くともっと愛おし気に喜んで「七ヶ月です♪」と言いますが。(子育てに関する見守りのボランティアたまにしてます)
    相談者さん、そんな家庭でいろんな思いしてきたから、素直な母親の感情を持てない感じになったのでしょうか。。。つらいですね~

    もう、実家には行かないで、そこに何かを求めないで、強くなって今の自分の家庭の中で幸せをつかんでください。親に引きずられて心痛めたり壊したりしたら、未来の自分の家族の幸せ、見つけられないです。私も、そうしてきましたよ。

    前だけ向いて!赤ちゃん、抱きしめて。
    旦那さんと一緒に。

  2. 私の祖父母も、子や孫たちを公平に扱わない人たちでした。
    そのくせ老後の面倒は一番邪険にしてきた私の母に負んぶに抱っこ。
    祖父母と同居してた叔父(母の弟)家族は何一つ面倒見ず。

    『リア王』みたいな歪んだ家族って不思議ですね。なぜそうなるのか?

  3. 管理人さんもお辛い経験がおありなんですね…。

    孫に当たるなんて信じられない!とまともな祖父母は言いますが、本当に居るんですよね。私の毒母ですが。

    精神的に未発達な大人が親になるのを止めてほしい。
    電気工事に資格がいるように、子供を産むのも資格制にして欲しいです。
    少子化とか知ったこっちゃない。
    不幸な目にあうくらいなら生まれないほうがいいです。