酒癖の悪い息子を引き取れと嫁から電話

テレフォン人生相談
酒癖悪い

テレフォン人生相談2016年6月21日は、今井通子&大迫恵美子。1週間前に息子の嫁から電話で、息子を引き取ってくれと言われる。底抜けに酒を飲み、酒癖の悪さに孫達も息子を嫌う。以前、パチンコにのめり込んだことがあり、嫁は苦労している。引き取ってくれと言われたのは初めてだったので驚いたが、なんとか話し合いでならないものか。飲んだくれでアルコール依存症、アルコール中毒とまではいかないが、病院へ行く事を薦める今井通子。離婚はしないが、実家から仕事に行って、子供達のためにもお金を入れて欲しいと嫁。息子が悪いので全面的に同意しているが。

テレフォン人生相談2016年6月21日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:70歳女性 夫とは長男3歳の時に死別(約44年前) 長男47歳(嫁47歳・長子高校2年17歳 長女中学3年 次男中学1年) 妹46歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

私の息子の件でお願いしたいんですけどという、70歳の女性からの電話。
息子(長男)は47歳、長男が3歳の時に夫とは死別し、下に46歳の娘がいる。

嫁が息子を引き取ってくれ

あなた自身は、ご主人が亡くなってから、ずっとお一人で、このお子さんお二人を育てられた?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)

ああ・・それと、あの、今のご相談になる、長男の方は、あの、ご結婚されてますか?(今井通子)
はい・・(相談者)
で、奥様はおいくつかしら?(今井通子)
47歳です。(相談者)
あ、同い年。(今井通子)
はい・・(相談者)

はい、お子さんはいらっしゃるのかしら?(今井通子)
はい、3人います。(相談者)
あの、上から、男性、女性と、それから年齢を教えてください。(今井通子)
はい、わかりました。(相談者)

えー、長男が、高校2年17歳かな・・で、長女が、中3です。あの、次男が中1です。3人です。(相談者)
わかりました。(今井通子)

で、そのご長男に、何か問題が?(今井通子)
そうです、ちょっと話していいですか?(相談者)
どうぞ。(今井通子)

あの、実は、1週間ほど前に、お嫁さんから私のところに電話が来まして・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あの・・お父さんを、あの、引き取ってもらいたいって、突然というか、あの、そんな話、本当にまるっきり初めてなんですよ・・(相談者)
はい・・(今井通子)

酒を飲んで、あの・・もの凄い底抜けに飲んで、よ、酔っ払って・・(相談者)
はい・・(今井通子)

で、職業があの・・お・・あの、何て言うの・・運送業なんですよ。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、実はね、あの・・お嫁さんの言うには、居なくて、あの、なんて言うの・・ハンコは押さないけど、そっちへ・・うん、家に帰って、そっちから仕事に行って、給料が入らないと、子供、もちろん育てていけませんものね・・私も、それ、分かってるんです。(相談者)

で、それはそれで、いいんですけども・・話した方がいいんじゃない・・うん、ふた・・二人でって言ったら・・(相談者)
話し合いをすれば、逆ギレするし、とか、こう渋々・・それも、あの、嫁さんの気持ちもわかるんですけども・・(相談者)

じゃあ、分かった、分かった、私が出て、あの、お嫁さんが、あの・・うちの息子が、明日だが、休みなんですって・・(相談者)
はい・・(今井通子)

で、その休みの時、私が出勤してっから、8時半に私が出勤するから、その留守に、あの、電話をして下さいっていうことになっているんですよ。(相談者)

で、いよいよその日が明日なんですけども・・私も考えて、ま、うちの息子が、もうホント、全面的に悪いんですけども、あのぅ、私としては、ちゃんと話し合って、あの、一晩ぐらいそこへ・・寝かせてもらって、その翌朝から、こっちから、あの、通うように、させたいなぁとかは、思っているんですが・・(相談者)

孫にも嫌われる

うん・・あの、まずですね・・(今井通子)
はい・・(相談者)
息子さんは、あの、ずっと・・お酒は、昔から召し上がっていたの?(今井通子)

あの、普通には飲んでたの、そんなに底抜けに、毎晩飲むっつうことは、なかったんです・・(相談者)

で、もうあの、お子さん達もかなり大きいんだけど・・(今井通子)
はい、はい・・(相談者)
で、今まで、その、お嫁さんの方から・・そういうことで、なんか、あなたにご相談があったこと、あるんですか?(今井通子)

一度もありません。(相談者)
あ、突然なわけね。(今井通子)
はい、あの、家に引き取ってくれっていうのは、突然です。(相談者)

で、今まであたなと、それからその・・えー、ご長男のご夫婦、若しくは、お孫さんも含めてですけど・・(今井通子)
はい・・(相談者)

お付き合い的には、どんな感じだったんですか?(今井通子)
あの、盆と正月に・・(相談者)
うん・・(今井通子)

あの、実家へ、私の所へ・・(相談者)
はい・・(今井通子)
来るぐらい、仕事がなかなか忙しくって、あの家庭は、子供が一人欠けても・・(今井通子)
うん・・(相談者)

親が、一人が都合つかなくても・・(相談者)
あの・・一家で揃って来たいっていう主義というか・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あの、なんでも、あの、5人で、5人でっていう生活なんで、合わせて、あの盆もちょっと過ぎるとか・・(相談者)
はい・・(今井通子)

あの、お正月も、1日か2日過ぎると、全員があの、なんか、予定がない日とかにって・・は、ずっと来ていたんです。(相談者)
なるほど・・(今井通子)
はい・・(相談者)

ということは、かなり仲の良いご家庭だったと、思っていいですよね?(今井通子)
私も、見てて、その・・息子でなくって、あの、嫁さんね、親子ですよね・・(相談者)
はい・・(今井通子)

母親と、あの子供・・その関係を見て、素晴らしい親子やの・・なんて言うの、兄弟のような親子だなぁとは、もう、ずーっと、何年も思っていたんです。(相談者)

で、今も、もぷ子供もだんだん大きくなって、お父さんが、あの、飲んでる姿とか・・(相談者)
ええ・・(今井通子)
ああいうとこ、見たくなくて、子供にも嫌われちゃったらしいんです。(相談者)

なんとか話し合いで

で、あの・・ちょっとお話によると・・あなたの息子さんは・・(今井通子)
はい・・(相談者)

運送業で、働いてらっしゃる・・それから、えー、奥様の方も、お嫁さんの方も、働いてらっしゃるのね?(今井通子)
はい・・(相談者)

わかりました・・あの、ええっと、あなたの息子さんに関しては、もう何しろ、お酒で、ダメダメ男だっていう・・評価なの?(今井通子)

そうです、お酒の前は、パチンコが好きで、パチンコにのめりこんで、うん、うん、うんっと、あの、なんてい言うの、苦労したんです、お嫁さんも・・(相談者)
はい・・(今井通子)

さて、そうすると、今日のご相談は結局何なんですか?(今井通子)
だから、もう・・(相談者)
明日、明日なにしろ、あなたが話して・・(今井通子)
そうです、その、そうです・・(相談者)
電話で、息子さんと話しして・・(今井通子)
はい・・(相談者)

荷物まとめて、自分と家へ来なさいと・・(今井通子)
はい・・(相談者)
・・いう説得をして下さいと・・(今井通子)
はい・・(相談者)
お嫁さんから、命令のように頼まれちゃったわけでしょう?(今井通子)
はい、はい・・(相談者)

うん・・で、それ・・(今井通子)
それはそれでいいんだよ、私はもう、覚悟はしてるんですけども・・(相談者)
あ、そうなんです?(今井通子)

もちろん、覚悟はしてるんです・・(相談者)
うん・・うん・・はい・・(今井通子)
で、もう・・(相談者)

で、それで、あなた自身は、今日、どういうふうに、ご相談にな・・こちらに対してですね・・(今井通子)
はい、あの・・(相談者)
どういうご相談?(今井通子)

あの・・実はね、もちろんあの、出てくるについて、あの、私としては、あの、二人で・・(相談者)
ええ・・(今井通子)
話し合いをして、あの、出てきてもらいたいんが、望みです。(今井通子)
うん・・(相談者)

わかりました、今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい・・お願いします。(相談者)

先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

大迫恵美子アドバイス①

もしもし。(大迫恵美子)
はい、もしもし。(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵美子)
こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はい、よろしく・・(大迫恵美子)

話し合いの段階じゃない

ええーっとですね、難しいですね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
あの、確かに、あなたにとっては、まあ、突然の話しでね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

で、もう急に電話で・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
出てってもらうって話しなので・・(大迫恵美子)
はい・・はい、はい、はい・・(相談者)

えー、まあ、ちょっと・・それは、もう少し・・順々にやれないのかなと、思ってらっしゃると思うんですけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

ご夫婦の間で、やっぱりそれなりの経緯があったんじゃないですかね?(大迫恵美子)
と、思います、もう、長年、我慢してたんじゃないかなと思うです、お嫁さんの方が・・(相談者)

うん、ただもう、ちょっと話し合いをして・・っていう、お母さんの希望は、もう、難しいんじゃないですかね。(大迫恵美子)
ああ、難しいですか?(相談者)

うん、それはだって、その、話し合いもできないぐらいのところまで、きちゃってるんじゃないですか?(大迫恵美子)
ああ・・・(相談者)

まあ、お嫁さんにね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
その、1回話してくれって仰る気持ちは、それはやっぱり、お母さんとしては、いちるの望みとしてね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

その話し合いで、一旦は、落ち着いてくれないかなぁというね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
多少は、そういうご希望も、お有りでしょ?(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

うーん、ちょっとそういう段階じゃないかもしれませんよね。(大迫恵美子)
はい・・はい、はい・・(相談者)

実質的に離婚

要するにその、ハンコはつかないって言ってますけど・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
結局それは、その生活費のね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

確保のことだけを言っていて・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
まあ、離婚ですよね、実質はね。(大迫恵美子)
そうです、そういうふうにはっきり言いました。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
あの、お給料入れてもらわないと、子供は育てられないから、ハンコは押さないってことを、はっきりまあ、言ってました。(相談者)

ちょっと、一時的に預かってくれじゃなくて・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
もう、ずっと帰って来ないでねっていうことですよね。(大迫恵美子)
と思いますよ。(相談者)

ですよねぇ。(大迫恵美子)
私も、そのように承知してます。(相談者)
あの・・どうもその息子さんは・・うーん・・少し甘えてるところもあるのかなぁ・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

で、たぶん小さい時から、お母さんが、もの凄く頑張って育ててこられたので・・もう、お母さんに頼りきっちゃってるのかもしれませんよね。(大迫恵美子)
ああ、わか・・ああ、そういう点もあると思います。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

だから、むしろ、自分が、しっかりして一家を守っていくっていう気持ちがないもんだから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

そういうところで、父親らしく・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
まあ、一家の大黒柱としてね。(大迫恵美子)
はぁい・・(相談者)

しっかりしたところを、見せるってことが、上手じゃなかったのかもしれませんよね。(大迫恵美子)
ああ・・・そうですよね・・・(相談者)

うーん、まあ、自分も、お父さんという、こう、モデルを見てないので・・(大迫恵美子)
はぁい・・(相談者)
男親が、こういう時に、こういうふうに振る舞うんだなぁみたいなことはね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

まあ、ちょっと、勉強が足らないので・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
それがちょっと、お嫁さんからすると、だらしないとか、駄目だっていうふうに思われちゃってるのかもしれませんよね。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

出過ぎた事はしない

まあ、とにかく、うちの息子が全面的に悪いんだから、仕方がないんだけど、でも、私も、そのなんて言うんですか・・(相談者)
いよいよ、その当日、休みの当日に、あの、電話をして、いちおう、その旨を、あの、子供にも伝えてってくれって、電話をしたいと思うんですけど、どうでしょうか?(相談者)

うん、あのね、お母さん・・(大迫恵美子)
お嫁さんの方に・・(相談者)
それ、それはね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

お母さんが少し、前、出過ぎてるかもしれませんよね。(大迫恵美子)
その・・息子さんが、こうしたいと思ってるからっていうことを、先回りして行言っておくっていうようなね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

そんなことは、しなくていいんですよ。(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
しない方が、いいですよ。(大迫恵美子)
はい、わかりました。(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)

今井通子まとめ①

おわかりいただけましたか?(今井通子)
はい、わかりました。(相談者)

飲んだくれ

あの・・ま、お母さんも、これから大変になっちゃうと思うんですけどね・・(今井通子)
はい・・(相談者)
飲んだくれの息子さんが、今度ね、ご実家に来られたら・・(今井通子)
ああ・・はい・・(相談者)

そ、ここでまた、飲んだくれてたら、お母様も大変ですよね。(今井通子)
困るんです。(相談者)
これからあの・・息子さんは・・しっかりしてもらわなきゃ、困るっていうことを・・(今井通子)
そうなんです。(相談者)

言っておかなきゃいけないね。(今井通子)
それが分かる人間ならいいんですけど・・(相談者)
うん、それで・・(今井通子)
はい・・(相談者)

アルコール依存症だとか・・(今井通子)
はい・・(相談者)
うん、アルコール中・・中毒までは、なってないと思うんですよ。(今井通子)
はい・・(相談者)
朝から、飲んでるわけじゃないから。(今井通子)
はい・・(相談者)

だから、そこら辺は、お母さんが、鑑みてあげて・・(今井通子)
はい・・(相談者)
とりあえずはちょっと、医者に行って、どの程度なのかを、診てもらうっていうのを、約束させた方がいいと思う。(今井通子)
わっかりました。(相談者)

うん・・ね。(今井通子)
はい・・(相談者)
そして・・まともにアルコール抜ければ・・(今井通子)
はい・・(相談者)

もしかしたら、まともな息子さんなんでしょ?(今井通子)
うん、まあぁそうです。(相談者)
うん・・(今井通子)

飲んでる・・しさい、しなければ、いいんですけど・・(相談者)
そうですね。(今井通子)
はい・・(相談者)

そしたら、そういうまともな息子さんになれば、また、お嫁さんも見直すと思うから。(今井通子)
いえいえ・・へへへ・・(相談者)

急がない

へへ・・まだ今ね、あんまり、性急に色々考えない方がいいですよ。(今井通子)
わかりました。(相談者)
先の事は、先の事・・うん・・(今井通子)
わかりました。(相談者)

ということで。(今井通子)
はい・・(相談者)
あと、あの、お母様としては、お嫁さんとも、今後も、まあ、盆暮れの挨拶にしか来ないようだから・・(今井通子)
はい・・(相談者)

もしかしたら、これで完全に切れちゃうと、息子、お嫁さんの方が、思ってるかもしれないけど・・(今井通子)
私も、そんなふうに感じているんですけど・・(相談者)
うん、うん・・(今井通子)

で、私もね・・(相談者)
ただ・・(今井通子)
孫に会えないかなぁと、思っているんです。(相談者)
そうそう、だけど、その辺はしっかりと、今後もね・・(今井通子)
はい・・(相談者)

付き合っていけるように・・(今井通子)
はい・・(相談者)
あの・・お母様の方がですね。(今井通子)
はい・・(相談者)
うん・・(今井通子)

っていうようなことは、今回、こういうような事もやったげるっていう事で・・ちょっと、お話をされといた方が、いいかもしれませんね。(今井通子)
はぁい・・(相談者)
うん・・(今井通子)

で、あの、ちょっとすいませんけども・・(相談者)
あの・・弁護士さんに相談すれば・・(相談者)
ええ・・(今井通子)

もう、完全に、子供とは縁が切れちゃうんですか?あの息子と、その子供と、私とか・・(相談者)
それはちょっと違うので・・(今井通子)
はい・・(相談者)

えーっと、大迫先生にもう一回、お話を伺います。(今井通子)

大迫恵美子アドバイス②

はい、あのね・・ええっと・・もう、例えば、まあ、そのハンコつかないって言ってるので・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

これはもう、あの、法律上も、結婚生活は続いてますのでね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
あの、別居していても・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

で、まあ、親権、未成年の間は親権者、共同親権ですし・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
それからまあ、そういう法律の固い話しじゃなくてもね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

親子は親子なんですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
それで、そのもう、この年齢になっていればね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

大きいのでね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
あの・・会いたいと言っても、子供の意志で、会いたくないっていうのかもしれません、今はね・・(大迫恵美子)
ええ・・(相談者)

その、嫌っているというお話だと、本当だとするとね。(大迫恵美子)
はい、今、そうです。(相談者)
でも、まあ、20歳くらいになってくると、まあ、そうは言っても、お父さんは、まあ、自分達を育てる為に、まあ働いてくれてたよね、っていうようなね・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

落ち着いたものの見方ができるようになる子の方が・・多いですから・・(大迫恵美子)
はい・・(相談者)

まあ、その、そういう時を待って・・(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)
そうすると、落ち着いて会えるようになると思いますので・・ええ・・(大迫恵美子)
そういう時もありますでしょうか?(相談者)
ええ、あると思いますよ。(大迫恵美子)
はい、はい・・(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

わかりました。(相談者)

今井通子まとめ②

おわかりいただけましたか?(今井通子)
あひ、わかりました。(相談者)

いずれにしても、奥さんがね・・(今井通子)
はい・・(相談者)
あの・・お嫁さんが・・(今井通子)
はい・・(相談者)

あの、何しろその、なに?子育てのために、まだこれから、お金いるからっていう、お父さんの、お金期待してるわけだから・・(今井通子)
そうです・・(相談者)

うん・・だから、そのことは、まあ、そのうちにだけど・・(今井通子)
お孫さん達に、あなたから言えるチャンスだって、あるわけじゃないですか・・(今井通子)
はぁ・・・(相談者)

結局は、働いて、お父さんのお金で、あんた達は育ったんだよ、みたいに・・(今井通子)
ああ・・・(相談者)

言えるチャンスは、来ると思いますよ・・(今井通子)
はい、はい・・はい・・(相談者)
うん・・(今井通子)

だから、今いろいろ全部やろうと思っちゃダメ。(今井通子)
はい・・(相談者)
うん・・(相談者)

まずは、あの・・息子さんを、ちょっと、アルコールから抜かせる・・手段を、ひき取ったら、まず考える。(今井通子)
はい・・(相談者)
うん・・(今井通子)
はい・・(相談者)

そっから始めましょうよ。(今井通子)
はい、わかりました。(相談者)
はい・・(今井通子)
ありがとうございました。(相談者)
はい、どうも、失礼します。(今井通子)
ごめんくださいませ、失礼します。(相談者)

管理人のちょっとひと言

昨日に続き今日も、回答・アドバイスが、わかりやすかったですな。
実質は離婚だけど、子供の養育の為に離婚はしない、でも、この飲んだくれ息子とは、もう一緒に暮したくないから、親のあんたが引き取ってくれ。
まあ、大迫先生にしてみたら、文句のつけようのない状況なので、終始、優しかったですね。

それにしても、母親、物分りがいいです。
ちょっとだけ、話しに出てましたが、パチンコにのめり込んでたとか、この飲んだくれの酒癖の悪いダメダメ息子。
相当、やらかしてますな。

嫁と孫達の仲の良さを、褒めてるとこなんか、ちょっと達観してるぞ、このお母ちゃんと思ってしまいました。
そうでなくても、母子家庭で苦労してきただろうに、迷惑かけっぱなしの息子。
お前、いったい何歳なんだって話しです。

母子家庭ってだけでなく、息子の擁護も控えめなので、若い頃から、かなり尻拭いしてきたんでしょうね。
大迫先生が見事に指摘してますけど、かなり相談者に甘えてますな。
結局、父親どころか、大人にも成りきれなかったってことかな。

そこのところ、相談者が、凄く分かってるってことなんでしょう。

さて、今週は、なんでも白黒つけるんじゃなくて、上手に生きていくためにも、グレーの選択もありってことですね。
そうでなくっちゃ!

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.