テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年2月24日(金)は、今井通子&大迫恵美子。結婚相談所の紹介で9年前に結婚し、帰化した元中国人の妻と7歳になる息子がいる夫。1ヶ月ほど前に大喧嘩をし、妻が息子を連れて警察に駆け込んだと思われる。言葉の暴力で警察に事情を聞かれて、おそらくDVシェルターで保護されている状況。妻子の一切の情報は遮断され、何もわからない。離婚し親権が欲しいのだが。

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:47歳男性 妻38歳(中国人妻・帰化済) 息子7歳 9年前に結婚相談所の紹介で結婚 同居の両親 父78歳 母75歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

47歳の男性から、妻との離婚と・・あとは、子供の親権をとりたいってことなんですけども・・

あ、はい・・(今井通子)
はい。(相談者)
まず、あなた、おいくつ?(今井通子)

わたしは、47です。(相談者)
47歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
奥様、おいくつ?(今井通子)
九つ下ですね・・えっと・・(相談者)

え、じゃあ、30・・8歳?(今井通子)
ですね・・ですね、はい。(相談者)

で、えー、お子さんは、おいくつ、おいくつ、何人か・・(今井通子)
7歳で、男です。(相談者)
7歳の、男のお子さんが、いらっしゃる?(今井通子)
はい・・はい・・一人です。(相談者)
お一人?(今井通子)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

えー、ご結婚されたのが、何歳の時?(今井通子)

9年前に結婚して・・(相談者)
はい。(今井通子)
2年後に、子供が産まれて・・(相談者)
はい。(今井通子)

今、7歳の男の子ですね。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

警察に駆け込んだ中国人妻

そして・・まあ・・(今井通子)

まだその、そんなに、アレじゃないですね・・(今井通子)

そうすると・・お互いに・・(今井通子)

いろいろ、わかっちゃって・・(今井通子)

飽きちゃった時代・・年代では、ないと思うんだけど・・(今井通子)
えっと・・(相談者)
何があって・・離婚しようかなぁって、思ってらっしゃるの?(今井通子)
うん・・(相談者)

これ・・結婚相談所通して・・(相談者)
うん。(今井通子)

相手は・・中国人なんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

中国人妻で・・今はもう、帰化しましたけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

ただ・・うん・・こと・・ば・・の・・スレ違いとか、文化の・・こととかで・・(相談者)
はい。(今井通子)

日頃から、こう・・(相談者)

行き違いっていうか・・んん・・(相談者)
はい。(今井通子)
スレ違いも、いろいろあって・・(相談者)
はい。(今井通子)

んん・・(相談者)

1ヶ月ほど前ですかね?(相談者)
はい。(今井通子)

うん、まあ・・(相談者)

大喧嘩になっちゃったんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

で、それから、1週間・・10日ですかね?(相談者)
はい。(今井通子)
経ってから・・(相談者)

んん・・突然・・(相談者)

ふっと出かけるように、子供連れて・・(相談者)
はい。(今井通子)
出て行ってしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

そのまんま・・(相談者)

約1ヶ月・・今・・帰ってない・・状態・・ですね。(相談者)

・・・

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

で、子供がすごい・・心配で・・(相談者)

あの・・行き先は、わかってるのね?(今井通子)
行き先は、たぶん・・(相談者)

警察のとこに、飛び込んだんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、その後、私服の警官が、2人来たんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

奥さん、片言の日本語だから・・(相談者)
はい。(今井通子)

主人のわたしにも・・(相談者)
ええ。(今井通子)
直接・・話しを聞きに来たっていうわけで、家にまで来たんですね。(相談者)
なるほど。(今井通子)

居場所はシェルター

でぇ、事情を説明して・・(相談者)
はい。(今井通子)

喧嘩だと。(相談者)
はい。(今井通子)
言って・・(相談者)

で、そん時は・・警官が・・(相談者)

あのぅ・・普通に帰って行ったんでね。(相談者)

はい。(今井通子)

どうも・・お邪魔しましたぐらいの調子で、帰ってったんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

その日はもう、てっきり帰ってくると思ってたんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

はい・・買い物でも、済ませて・・(相談者)
はい。(今井通子)
でも・・(相談者)

全然、帰って来ないし・・(相談者)

・・・

うん・・(相談者)

・・・

あ、で、結局だめな・・えーっと・・その、どこに居るかの・・居場所の・・住所は、わかっているの?(今井通子)

わたしは、わかんないです・・ただ、施設とか・・(相談者)

そういう機関では、わかってるはずです。(相談者)

・・・

うん?・・わかっている・・はずなの?(今井通子)
うん、だって・・ん・・警察とか・・市役所で・・匿ってるのを・・わたし、確認してるんですよ。(相談者)

出て行った車に・・(相談者)
うん。(今井通子)

ドライブレコーダーが付いてるんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

うん、ドライブレコーダー付いてて・・そのドライブレコーダー・・あっ、後に、車、返してもらったんですけど・・(相談者)

はい。(今井通子)
その車に、載ってるドライブレコーダーに・・(相談者)
ええ。(今井通子)

前の先導者が・・(相談者)
はい。(今井通子)

いて。(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・役所関係の・・(相談者)

・・・

人だって、わかるふうに・・(相談者)

ね。(相談者)
うーん、なるほど。(今井通子)
指示を出してたんですよ、はい。(相談者)

ここの駐車場に、止めなさいってわけで・・(相談者)

っていうことは、もう、駆け込み寺みたいなとこ、行っちゃったってことね?(今井通子)

シェルターって言うんですか?(相談者)
そうですね。(今井通子)
シェルター(アクセントを変えてみる)って言うんですか?(相談者)
はい。(今井通子)
うん。(相談者)

なんか、そういうとこに・・居そう・・だと思います。(相談者)

わっかりました。(今井通子)
だから、向こうでは、わかってると思うんですが・・はい。(相談者)

ということは、警察は、場所はわかっている・・(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

言葉の暴力

でぇ、そうすると、なぜ、出て行っちゃったかも・・警察では把握している。(今井通子)

そうですね。(相談者)
ということですよね?(今井通子)

はい。(相談者)

じゃあ、なぜなんですか(ちょっとキツメの口調に)?(今井通子)

あの・・警察では・・DVっていうことで、相談を受けましたがって・・来たんですよ。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

でも、DVだって、口で言うだけじゃ、無理なんで、証拠見ますよね?(今井通子)

うん、それを、事情を詳しく聞きに、警察が来たって言ってたんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん。(相談者)

ただ・・(相談者)
だから・・あの、手をあげたわけね?(今井通子)

言葉ですね・・だいたい。(相談者)

言葉の暴力っていうか、結局は、そういうふうになっちゃうんでしょうけど・・(相談者)

そういう感じだったと、思うんですよね。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

それで?(今井通子)

あなたの・・(今井通子)

おっしゃるのは・・(今井通子)

離婚をしたい。(今井通子)

まず。(今井通子)
ま、こうなっちゃった以上は、もう、離婚しか道ないと思うんですよね。(相談者)

はい。(相談者)
で、離婚・・離婚したいんですね?(今井通子)
はい。(相談者)

で・・(今井通子)
でぇ・・(相談者)
離婚をした上で・・(今井通子)
うん。(相談者)

親権っていう・・(相談者)
お子さんの親権が、欲しい?(今井通子)

はい。(相談者)

それが第一です。(相談者)

・・・

もう・・・身を粉にしても・・(相談者)

・・・

だって、奥さんは、別に・・なんも悪いことしてないでしょう?(今井通子)

・・・

言葉が、わからないのは・・元々・・当たり前だった・・ことですよね?(今井通子)

・・・

はい。(相談者)

・・・

それで・・えーっと、それまでは、ほとんど喧嘩しなかったの?・・じゃあ。(今井通子)

いや・・(相談者)

よくやってましたね。(相談者)

しょっちゅう喧嘩してたわけでしょ?(今井通子)
はいはい。(相談者)

・・・

シャットアウト

でぇ、えー、お子さんは、今・・(今井通子)

学校は・・通ってるのかな?(今井通子)

それが全然わかんないんですよ、学校からも・・(相談者)
うん。(今井通子)

もう・・(相談者)

・・・

連絡もらっても・・(相談者)
はい。(今井通子)
学校に、行ってる、行かない・・それすらも、教えてくれない状態で、もう・・電話かけてきても・・ぉ・・(相談者)
あ、これは相当だな(大きな独り言)。(今井通子)

学・・ぁ、そう・・教えてくれないのね?(今井通子)

そうです、もう学校からもシャットアウトになっちゃって・・(相談者)
なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)
か、かなり不利ですよ。(今井通子)

いずれにしても、じゃあ・・あなたのご希望としては・・(今井通子)
はい。(相談者)
えー、離婚と、それからお子さんの親権を、自分にと言う・・おっしゃるんだけど・・(今井通子)
はい。(相談者)

あっ、あの・・ちょっとその前に・・(今井通子)
はい。(相談者)
あの、あなた、ご実家に居る?・・それとも、別の所に居る?(今井通子)
実家です。(相談者)

ああ、実家にいらっしゃるのね?(今井通子)
はい・・(相談者)
お父さん・・(今井通子)
実家で、親元と一緒で・・(相談者)
お父さん、おいくつ?(今井通子)

70・・8かな?(相談者)

8?・・お母様は?(今井通子)

5です、75です。(相談者)
75・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご実家は、あなた長男?(今井通子)

次男です。(相談者)
次男?(今井通子)

お父さん、お母さんと、一緒に住んでらっしゃるのね?(今井通子)
そうです。(相談者)

なるほど、わかりました。(今井通子)

・・・

じゃあ、今日の、その、あなたの・・えー、離婚をしたい・・(今井通子)

はい。(相談者)
しかも、親権が欲しいという・・(今井通子)
はい。(相談者)
お話を・・(今井通子)

はい。(相談者)
えー、弁護士の大迫恵美子先生に伺ってみたいと思いますので・・(今井通子)

はい。(相談者)
大迫先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
はい、すいません、お世話になります。(相談者)

目次に戻る

大迫恵美子アドバイス

はい、もしもし?(大迫恵美子)
はい・・すいません。(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵美子)
はい、おせわになります。(相談者)

妻の出かた次第

うーん、そうですね・・あのぅ・・まあ、あなたの方から離婚したいと・・いうことですけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
まあ、今の段階でね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・奥様の方は、離婚に応じるかもしれませんよね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ん、も・・わからないですよ、でもね・・(大迫恵美子)
あのぅ、離婚・・あな・・奥様が離婚したくないと、言うと・・(大迫恵美子)

あなたの方から、奥さんを離婚してしまう理由が・・ないように思うんです。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

あなただけの、お話ししか聞いてないですけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぉ・・そうだとすると・・あなたの方から奥さんを、離婚してしまうと、いうことは・・難しいように思いますよ。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

でぇ、まあ、あの、奥様の方からいずれね・・離婚したいというお話があるのかもしれません。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

で、それはあの・・今の段階だとね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたから、例えばその、離婚の話し合いをしましょうと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうことを持ちかける方法もないですよね?(大迫恵美子)

はい。(相談者)

どこに・・(大迫恵美子)
居場所、わかんないですから。(相談者)
ええ、どこに居るか、わかんないですからね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、まあ、離婚・・は、普通、あのぅ・・お互いの協議が整わない時は・・家庭裁判所に、離婚調停を申立てたりするわけですけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
それもまあ、できないですよね、今はね。(大迫恵美子)

はい、相手、わかんないですから。(相談者)
ええ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

で、実際にその、話しを進める方法も・・ない・・わけですよ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

・・・

ただ、まあ・・一般的には、普通はね・・この、こんなシェルターに・・逃げ込んでしまうというような状況になっていると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
女性の方から、離婚の要求だとか・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あるいは、慰謝料の要求だとかね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
えー、財産分与だとか・・(相談者)

はい。(相談者)
そういうことを、要求して・・連絡を取ってくるっていうことは・・あり得ますよ。(大迫恵美子)

・・・

はい。(相談者)
ま、これ、結構な確率で、あり得ると思いますので・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
まあ、あなたの方から、探しださなくても・・離婚の話しは、出てくるかもしれません。(大迫恵美子)

状況を作ったのは

で・・その時にですね・・あのぅ・・まあ、そういうその・・お金の問題ね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
これは・・必ず、出る・・んじゃないかなと思いますけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ、お子さんの親権ですよね、問題は。(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そこなんです。(相談者)
んん・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

・・・

あの、親権をね、どちらに与えるかというのは・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

ん、裁判所は、まあ、やっぱりその、お子さんにとって、どっちがいいかと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いう判断なんでね。(大迫恵美子)

・・・

ドライブ・・レコーダー・・(相談者)

・・・

返してもらった、ドライブレコーダーの中に・・(相談者)
・・はぁい・・(大迫恵美子)

録音されてるんですよね・・室内の会話が・・(相談者)
はい。(大迫恵美子)

ええ・・(相談者)

・・・

今度・・(相談者)

どこ行くの?(相談者)

どこに泊まるの?・・って言って・・(相談者)

うん・・(相談者)

・・・

なんで?・・なんで?・・って・・(相談者)

・・・

入ってるんですよね。(相談者)
はぁい。(大迫恵美子)
子供が、可哀想で、可哀想でね・・(相談者)
ふーん・・(大迫恵美子)
ホント・・(相談者)

・・・

だから・・(相談者)
まあ、もちろんね・・それは、あの・・ぉ・・お子さんにとっては、安定的な、家庭を提供できるのが、一番いいことですよね。(大迫恵美子)
もう(かすかに入っている声)・・(相談者)

ただ・・(大迫恵美子)
ただ、突然、出てっちゃったし・・(相談者)

だから、子供も・・ん・・全然・・ん、わかってないよね?・・その辺が、すごい・・可哀想で、可哀想で・・(相談者)

んん・・(相談者)
んん・・(大迫恵美子)

ま、確かにね・・それは、お子さんは可哀想だと思いますよ。(大迫恵美子)

うん・・(相談者)
でも・・まぁ、申し訳ないですけど、その状況を作ってるのは、あなたの方にも、責任があるんじゃないんですか?(大迫恵美子)

んん・・(相談者)

・・・

警察の保護の元

困っちゃいましたねぇ・・(相談者)

どうも・・(相談者)

まあ、あのぅ・・奥さんの方から、なにかね・・あのぅ、アクションがあるまで・・身動きがとれませんので・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
それは、そうしているしかないと思いますし・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
逆にね、そのぅ・・割と、あなたが焦ってね・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
えー、いろいろ、調べようとして、動いたりすると・・(大迫恵美子)

んん・・(相談者)
そういう動きは、警察からは、警戒されると思いますよ。(大迫恵美子)

これ、仮に・・わたしもどっかで買い物やってて・・(相談者)

向こうも・・(相談者)

買い物やってて・・(相談者)

子供を見つけたとして・・(相談者)

・・・

連れて帰っちゃたら・・(相談者)

お縄になっちゃうんですか?・・わたし?(相談者)

うん。(大迫恵美子)
今の状態で。(相談者)
まあ、それ、状況によっては・・あのぅ、誘拐だって・・言われ・・かねない・・ですよね。(大迫恵美子)

これ?・・誘拐になっちゃうんですか?(相談者)

ええ・・(大迫恵美子)
自分の子供なのに。(相談者)
あのぅ、誘拐っていうのはね・・自分の子供であっても・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
今、誰が監護してるか・・その、監護権を侵害してるかどうかというふうにみますので・・(大迫恵美子)
監護権?(相談者)
えー・・はい。(大迫恵美子)

自分の子供なのに?(相談者)
はい。(相談者)

今、だって・・奥様が・・子供、監護してるわけでしょ?(大迫恵美子)

いや・・連れ・・勝手に連れて・・っちゃったんですよね、要は・・(相談者)

うん、でも、それは、警察に保護されてるわけですよ?(大迫恵美子)

警察が保護してるんですか、これ?(相談者)

もちろんそうですよ・・あの・・えっ?・・それは・・あの、お分かりでしょ?・・シェルターに匿われてるんですよ、警察に。(大迫恵美子)

あの、非常にね・・深刻な・・(大迫恵美子)

よくない状況にあるんです。(大迫恵美子)

・・・

はい。(相談者)
あなたはね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
だから・・警察からは・・奥さん・・は、保護するべき人で、奥さんと、お子さんは・・(大迫恵美子)

あなたは、その、保護するべき人から、遠ざけておかなければいけない人だというふうに、思われてるんですよ。(大迫恵美子)

まあ、わ・・平・・平たい言葉で言うと・・あなたが、悪い人だと思われてるんです。(大迫恵美子)

・・・

それだけは、確実?(相談者)

そうですね、それは間違いないことですね。(大迫恵美子)

だって、そうじゃないと・・その、ご夫婦なのにね・・居所を・・あの、隠しておくっていうことは、とんでもないでしょ?(大迫恵美子)

・・・

はい。(相談者)

まあ、それぐらいね、深刻なことなので・・えー、その状況の中で、あなたが親権をとろうとすると・・(大迫恵美子)

裁判所もね、もちろん、あなたのことを・・まあ・・(大迫恵美子)

そういう言葉、使いませんけど・・まあ、悪い人だ・・かもしれないと・・思ってみるわけですよね。(大迫恵美子)

それを踏まえた上で、あなたに・・ま、お子さんを渡した方が、いいのかどうかという、判断ですから・・(大迫恵美子)

やっぱり、ハードルは・・だいぶ高いんじゃないかなと思いますよ。(大迫恵美子)

(約4秒半の沈黙)・・・

・・・

目次に戻る

今井通子まとめ

おわかりいただけましたでしょうか?(今井通子)

・・・

はい。(相談者)

・・・

待つ以外ない

うん・・これ・・かなり、深刻な問題なんですよね。(今井通子)

すごい深刻です、はい。(相談者)
うん・・(今井通子)

で・・学校も、来てる・・来てないも、教えないっていうぐらいだから・・(今井通子)

はい。(相談者)

突然なんですよね。(相談者)
いや、突然っていうか、相当の・・周りのガードが・・敷かれているっていう形になりますね。(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(今井通子)

なので今は、大迫先生が、おっしゃるように・・(今井通子)

はい。(相談者)
あちらが側が、動かれるのを、お待ちになる以外、ないと思います。(今井通子)

・・・

どのぐらい続くんですかね、これ?(相談者)

・・・

これ、向こう側のか・・方が、納得されるまででしょうね。(今井通子)

・・・

1年でも、2年でも?(相談者)

そうですね。(今井通子)

・・・

そうですか・・(相談者)
はい・・あの、とりあえずは、お待ちいただくしかないですね。(今井通子)

はあぁ・・そうですか・・(相談者)

・・・

おわかりいただけましたでしょうか?(今井通子)

・・・

わかりました。(相談者)
はい。(今井通子)

それじゃあ、そういうことで。(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)
失礼します。(相談者)
はい、失礼しまーす。(今井通子)
はい・・はい。(相談者)




YouTube

管理人のちょっとひと言

『奥さん、片言の日本語だから・・』
その相手に、言葉の暴力って
完全に、一方的な展開しか想像つきません

今回のように、一方的な展開になる時は、ちょっと引いて聞くようにしてるけど・・・あれ、違う?

制作側の、誘導がありますから
それに、引っ張られないようにとは
思っているんですけど

要は、この電話する前の時点で
状況を、楽観視・・・甘く見ていた
そんな感じですね

嫁さんが、中国人だから?
日本語が、上手くないから?
それとも、何某かの、アレを、たくさん積んで、嫁に来てもらったから?

どれも、推測ですけど、ただ・・・
言葉の端々に自分が感じたのは
どうせ嫁は、ここしか帰ってくる場所がないっていう奢り

大喧嘩したのかもしれないけど
嫁さんに、帰ってきて欲しいって
そんな気持ちは、全然・・全く・・少しも汲み取れない

だったらいいや
離婚してやる
そんな感じでしかないよね

『こうなっちゃった以上は、もう、離婚しか道ないと思うんですよね』

俺は、妥協しない
お前が、そういう態度なら
別に、出て行ってもらってもかまわない

警察が、事情を聴きに来た時も
ああだ、こうだ、言ってやった
みたいなこと、言ってませんか?

わかりませんけどね
どちらにしろ、2人の私服警官
「こいつ、ダメだ」

そう思ったんでしょう
裏が、取れちゃったってことでね

今更、結婚紹介所で紹介される中国人女性のことを
ある程度は想像できるぐらい、認知されてる状況で
この9年間、どんな態度で接したか

想像できるってもんですな
ちょっとでも、思いやりがあれば
こうはならなかったと思います

もともと、頼る場所は
相談者の所しかなかったのに
その場所を、奪ってしまったのは、自分自身ってことに気付かないとダメですよね
目次に戻る

スポンサーリンク