テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月14日(火)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。再婚同士の夫は、何か月かに1回、突然キレて暴力をふるう。一度は足が真っ青に腫れあがったこともある。机をひっくり返したり、物を投げたり、表情が豹変し、大魔神のよう。DV夫が好きだし、普段は優しい、怒らせる自分が悪いを連呼する相談者。高橋龍太郎医師は、別れることを勧めるも、夫を悪く言われて逆に気分が悪くなる。DV夫と別れられない典型的なパターン。

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:54歳女性 夫47歳 婚姻10年ほど再婚同士 自身には子供が3人居るが、今は別々に暮らしている

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

54歳の女性から、あの、主人の・・ことなんですけども・・

はい。(ドリアン助川)
ま、職場・・の人・・と、合わなくって・・ま、仕事・・長続きしない?(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ってことと・・(相談者)

ま、仕事でイライラしていて・・わたしにあたったり・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
こう、娘のことを、凄く悪く言ったりとか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

っていう、まぁ、家庭にもちょっと、影響があるっていう・・ので、ちょっと・・相談したいなぁと、思いまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えー、あなた様は、おいくつですか?(ドリアン助川)
あ、54歳です。(相談者)
54歳・・(ドリアン助川)

旦那さんは、おいくつでしょう?(ドリアン助川)
47歳。(相談者)
47・・あっ・・初婚同士で?(ドリアン助川)
いえ、お互いに、再婚です。(相談者)
お互いに、再婚?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えー、何年前に・・い、一緒になられたんですか?(ドリアン助川)

そ、それが10年くらい・・です、はい。(相談者)
10年くらい前?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、娘さんというのは・・どちらの?(ドリアン助川)
あ、前の・・夫との子供です・・3人です。(相談者)
3人、いらっしゃる?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、ん、ん、同居してるんですか・・そ・・(ドリアン助川)
今は、別々です。(相談者)

ということは、そのぅ、旦那さんが今・・お、お嬢さんの事、悪く言うというか、その目、目の前のお嬢さんが、いらっしゃるわけじゃないんですね?(ドリアン助川)

ではないんですけど、やっぱり、口うるさく言ったりして・・(相談者)
ん・・(ドリアン助川)
結局、娘がもう・・嫌になっちゃって、出て行ったていう・・感じです。(相談者)
ああ、一緒に居る時に?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

仕事の続かない夫の暴言と暴力

あの、失礼ですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その離婚の原因というのが・・この結婚だったとか?(ドリアン助川)

人には、誰にも言ってないんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

別居が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
主人と、前の人と、してたんですけども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

やっぱり、きっかけになったのは・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
今の主人との、出会いです。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

離婚に踏み切ったのは。(相談者)

なるほど。(ドリアン助川)

それで、ぇ、まあ、そういう形で・・清水の舞台から飛び降りるようなつもりで・・(ドリアン助川)
ふふっ・・(相談者)
二人、一緒になったんでしょうか?(ドリアン助川)
そうですね、まさか自分が、離婚するとは思ってなかったんですけども・・(相談者)
んん・・(ドリアン助川)
そうなって、一緒になったのに・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

いや、結局、主人が・・なんか仕事が・・全然続かなくって・・(相談者)
そりゃ、ま、前からですか?・・若い頃から?(ドリアン助川)

あ、たぶんそうです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
あの、履歴書を書くと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう、忘れちゃったぐらい・・もう、1枚じゃ足りないぐらい・・(相談者)
ん・・(ドリアン助川)
なんです。(相談者)

で、だいたいそのぅ・・すぐ辞めちゃうというのは・・これは、アレですかね、職場の人間関係ということですかね?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

例えばね・・あなたから見て・・ちょっと普通の人間・・と比べて・・喧嘩っ早いとか・・(ドリアン助川)

まあ、それはあります。(相談者)
あぁ・・(ドリアン助川)

ええ、わたしに対してもです。(相談者)
んん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

そのぅ・・ご、ご結婚なさる時は、そういう人だって、わかんなかったんですか?(ドリアン助川)

結婚するちょっと前に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
1回、怒って、なんか、すごい人だなぁと思ったんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

だけど、ふふっ・・正直、わたしが好きだったので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんか、そういうのも、目をつむってしまったっていうか・・(相談者)
ん・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
それで、その時の怒り方っていうのは・・(ドリアン助川)

例えば、物を投げたり、ひっくり返したりするとか・・(ドリアン助川)

そういうとこまで、行っちゃう?(ドリアン助川)
ま、普通にその時はまだ・・ね、他人だったので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

そこまで、暴れはしなかったんですけど・・主人の場合は、言葉が、すごいんです。(相談者)

言葉の、暴力があるんだ・・(ドリアン助川)
そういう感じです。(相談者)
んん・・(ドリアン助川)

全然、普段とは違う、人格が出てきちゃうってことですか?(ドリアン助川)
そんな感じです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

たとえばほら、普段、温厚な・・あの、大魔神ってわかります?(ドリアン助川)

あ、はい・・はい。(相談者)
あの、温厚なんだけど・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
怒るとこう、がぁっと腕が上がると、もの凄い形相に変わると・・ああいう人が・・(ドリアン助川)
そうですね、いつも優しい顔が、もう、全然もう・・まぁ、ま、真逆になってしまうっていうか・・(相談者)

逆の・・人格が出てくると。(ドリアン助川)
はい、でも、実際、普段は優しんです、本当に。(相談者)

普段は優しい?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

家を出て行こうと思うが置いて行けない

その・・でぇ、あの今は・・その時はまだって、おっしゃいましたけど、今は、そのぅ、物が飛んできたり、机がひっくり返ったりするんですか?(ドリアン助川)

あ、あります、わたしもう、左足、真っ・・あの、足1本、真っ青になって・・(相談者)

たまたまその時、仕事、行ってなかったので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
保険証がなかったから、病院に行けなくって・・(相談者)

っていうような事も、ありましたね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ま、そのぅ・・普段、優しいとおっしゃいますけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
こういうことが、頻繁にあるんですか?(ドリアン助川)

そこまで怒るっていうことは・・ホントに・・何か月かに・・1回・・くらい・・うん・・(相談者)

ん、何か月かに1回なら、結構、頻繁ですね。(ドリアン助川)
そうですね。(相談者)
年に、数回ってことでしょう?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
んん・・(ドリアン助川)

で、やっぱり、怪我をさせたら・・いけないっていう、やっぱ、そこまで・・の、その辺の理性みたいなのはあって・・結局・・椅子を投げて壊しちゃったりとか・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
あの、壁を叩いて、穴あけちゃったりとか・・(相談者)

もともと、そういうところが、そういう性格・・なのかどうか、わかりませんけども、その職場も、上手くいかないし・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
人生もなんかこう、ちぐはぐなってきちゃってるし・・(ドリアン助川)
あ、そうなんです・・はぁい。(相談者)

でぇ・・暴れちゃってるという感じなんですかねぇ?(ドリアン助川)
そうです・・ま、怒ってない時は、ホントに・・(相談者)

あ、でも、いい人っていうか、優しいんですけどねぇ。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

たぶんでも、職場でも・・あいつ、いきなりキレちゃったよ、みたいなことが・・(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)

あるわけですねぇ。(ドリアン助川)
それはたぶん、わたし・・想像できます。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あなたとしては、どうしたいんですか、これから?(ドリアン助川)

そうやって怒られると・・もう、この人とは別れようって、いつも思うんです。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
真剣に・・(相談者)

もう、明日、家を出て行こう・・って・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
思うんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

たぶん、&%$経つと、優しくなるんで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あ、でもやっぱりこの人・・まあ、わたしを必要としてくれているんで・・(相談者)

・・・

やっぱ、置いて行けないな、みたいに、思っちゃうんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でも、実際に、わたしが好きなんだと思います、まだ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

今日・・お悩みとしてね・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・電話をかけてきて下さって・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どうなんでしょう、つまり、これから、この結婚を、もう、やめた方がいいのか、どうかという相談なのか・・(ドリアン助川)

わたしは・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
正直言うと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、一緒に居たいんです、まだ。(相談者)
ええ、ええ、ええ、ええ。(ドリアン助川)
ん・・(相談者)

その辺、どういうふうに、してったらいいかっていうことを、今日、話したいという・・ことですか?(ドリアン助川)
なんか、でも、うん・・どうしたらいいのかがもう・・(相談者)

わからない状態・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
に、なってます。(相談者)

では・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー、今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

精神科医の、高橋龍太郎先生です。(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)
よろしくお願い致します。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク