テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

はい、どうも・・(マドモアゼル愛)
よろしくお願いします。(相談者)
はい、ど・・こんにちは。(マドモアゼル愛)
・・
こんにちは。(相談者)
よろしくどうぞ。(マドモアゼル愛)
お願い致します。(相談者)

父親不在

今回の話の基本には・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
まぁ・・(マドモアゼル愛)

ぉ、男の子がだんだんほら・・(マドモアゼル愛)
・・
体も大きくなってきて・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
男として成長していく・・中でぇ・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
お父さんになれないわけだよね、お母さんはやっぱりね、それは・・(マドモアゼル愛)
そうです、そうです、それはとても・・(相談者)
当然だよねぇ。(マドモアゼル愛)
とても感じています・・はぁい。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

そこに、すごい不安がある・・(相談者)

事がね。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
やっぱり・・(マドモアゼル愛)

問題が、ま、ちょっと・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
ま、大っきく・・必要以上に思われちゃうかなぁ・・と思ってんのね。(マドモアゼル愛)

ぁぁ、はい。(相談者)
例えば・・僕ね、思うんだけど、やっぱり、父親不在・・で、これは、離婚はこれ、仕方ない・・問題として。(マドモアゼル愛)
はぁい・・はぁい。(相談者)

彼としては、男、自分一人なんだよね。(マドモアゼル愛)

そうですねぇ、はい。(相談者)
・・
それでぇ、男の見本が・・**、この家には、ないわけよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

だから変なことやったら・・親父に殴られるかもしれない・・ぐらいの。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)

ものがあればね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
自然・・に、そういう・・性的なものも含む秩序っていうの、僕、生まれてくるような気はするんだけれども。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)

やっぱりこれは・・(マドモアゼル愛)

はっきり・・だから、な・・「お前、なにやってんだ」・・っていう、態度は・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

やっぱり、基本的に、一貫して、ぉ、お母さんは、父親になったつもりで・・(相談者)

はぁい。(相談者)
はっきり、やっぱり、それは・・させておくと。(マドモアゼル愛)

あっ、はい、分かりました。(相談者)
はい・・はい、その上でぇ・・何事もなく・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
これまで通りに・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
暮らすって事は、まぁ、一番、基本のスタンスかな・・って、気はするんですよね。(マドモアゼル愛)
あっ、はぁい。(相談者)
はい。(マドモアゼル愛)

それでぇ、その際に・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

妹さんと・・お兄ちゃんの関係が・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

ギクシャク・・その後してるのかしら?どうのかしら?そこが・・結構、重要・・な、ポイントに、なるんだけれども。(マドモアゼル愛)

あっ、特にないです。(相談者)

じゃあ、割と・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
妹さんも・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
不自然な・・出来事の中でも・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
まぁ一応、自然に対応してるっていうことだよねぇ?(マドモアゼル愛)
あっ・・そうですねぇ、結構、楽天的な・・(マドモアゼル愛)
ねぇ。(マドモアゼル愛)
とこがあるので、はい、そうです、はい。(相談者)

やっぱり、そこで・・そのぅ・・その、重要性がね。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
この問題の重要性が・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
見えるような気がするんですよ。(マドモアゼル愛)

普通はねぇ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

男性的に対処

いくら、性・・的・・に・・(マドモアゼル愛)

そう、強く感じる年代で。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
そいでぇ、発散するものがない・・と、言ったって。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

普通はねぇ、妹にねぇ、そういうものが、向けられるってことは、まずないのよね。(マドモアゼル愛)

ないですよねぇ・・はぁい。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

しかし・・現代・・っていうのは、変な時代でぇ・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
わたくしも、読んだことないけれども。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
そういう・・ぇ・・なんだ?アニメとか・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
それから、あのぅ・・(マドモアゼル愛)
・・
物語とか・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
え・・まぁ、そういうような・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
ぁ、雑誌とかね。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
そういう・・ものが、ある・・らしいんですよ、やっぱ。(マドモアゼル愛)
はい、はい。(相談者)
うん、うん・・(マドモアゼル愛)

そういう物見て、これが・・もしかしたら、一般的に、あっても、おかしくないぐらいの・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
錯覚に、陥ってることもあるのよね。(マドモアゼル愛)

あぁ・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
高校三年生・・でも、あり得ます?(相談者)
いやぁ・・まぁ・・ないとは、思うけれども・・(マドモアゼル愛)
はぁい・・(相談者)
その延長にある、可能性はあるよね。(マドモアゼル愛)

ぁぁ・・なるほど、はい。(相談者)
だから・・近親相姦とかいう、大きなことではなくって。(マドモアゼル愛)
ぁぁ・・はぁい。(相談者)
そこの垣根が結構、意識の上で、この、なくなってる可能性はあるのよね。(マドモアゼル愛)

はぁ・・はるほど。(相談者)
その時、やっぱ、誰かがはっきり、「なにやってんの?お前!」と、いう・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

結構、なんて言うの?はっきりした態度。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
っていうのは、一回、どっかへ、ボーン・・と、ぶつけといた方が、いいよね。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
そうしたら・・(マドモアゼル愛)

ハッと、目が覚めるから、やっぱり。(マドモアゼル愛)

はぁ・・そうですか?(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

はぁい・・(相談者)
そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

まぁ、お母さんは、お母さんで、ちょっと、用心して、見ていなくちゃいけないんだけれども。(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

物理的には今、離れてる部屋に、居るわけよね?まず?(マドモアゼル愛)

狭い・・アパートなので・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

そんなに距離はないです。(相談者)

あ、ホント?(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
でも・・妹は・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
もし、万が一何か・・そういう、コレ以上のことがあったら・・大きい声出すとか・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
「何やってんだ!」ぐらいの、ことを、言う・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)

感じはあるよね。(マドモアゼル愛)

もちろん、あります。(相談者)
あるよね?(マドモアゼル愛)
はい、はい。(相談者)

だから、それはもう、そういうふうに任せて・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
それ、お母さんからも、「お前、何やってんだ!」と、「冗談じゃない」と・・ねぇ。(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
「普通、妹になんか、そんなことやらないんだよ」と、いう・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

ことを、やっぱり・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

一回、お父さん、なったつもりで。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
やっぱり・・ガン!と、教えるのがいいと思いますよ、僕。(マドモアゼル愛)

はぁい・・わかりました。(相談者)
そいでぇ、あぁ・・母親も、そう思ってんだと。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
いうこと・・でぇ・・(マドモアゼル愛)

明るく、そうやって、思い切って・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
男性的に対処しちゃった方が・・僕はいいような・・(マドモアゼル愛)

気がしますねぇ。(マドモアゼル愛)
あっ・・もう、父親に・・なりきったように・・はい。(相談者)
なりきってください、ここは、ねえ。(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

わかりました。(相談者)

負い目

その負い目が、お母さんに、あったと思うの、やっぱり。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
うーん、だから・・(マドモアゼル愛)

その、長男に・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
どう、対応していいか、わからない、一種の、一つの負い目だよね、やっぱりね。(マドモアゼル愛)

ありますね、はぁい。(相談者)
が、お母さんを、苦しめてたような気がする・・その・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

アレが、あるから・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
意外と・・(マドモアゼル愛)

大した問題でない可能性も・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
実は・・あのぅ、あると思うね。(マドモアゼル愛)

あっ・・(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)
ありがとうございました、はぁい、はぁい。(相談者)
ただ、はっきり言わなくちゃいけないよね、やっぱり、これは。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
お母さんには・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
ぅ・・離婚したことで、男が、この家に居ないっていう負い目が、まずあったわけよね。(マドモアゼル愛)

はぁい、あります。(相談者)
そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

ぇ、どこかで・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
長男に対して・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
その役割を・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

どこかで、あのぅ、期待してた面が、僕はあるような気がするんですよね、やっぱりね。(マドモアゼル愛)
ぁ、はぁい、はい。(相談者)
そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

それが・・長男にも・・敏感に、やっぱり、キャッチしますから。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
長男は、間違った男を、助長した面が、お母さんの弱さに、あったような気がするのね、やっぱりね。(マドモアゼル愛)

ぁぁ・・なるほど、はい。(相談者)
それを指摘できるの、お母さんだけなんです。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
「お前は、男としてそれじゃあ、間違っている」っていう、視点で・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
叱ってもらいたいの。(マドモアゼル愛)

ぁぁ・・わかる、なるほど、はぁい。(相談者)
うん・・うん・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
そうすると、効きますよ、これは。(マドモアゼル愛)

あぁ、わかりました、はぁい。(相談者)
っていうか、妹には、「こんなことするもんじゃないんだよ」と。(マドモアゼル愛)

それ・・そいでぇ・・(マドモアゼル愛)
ぁぁ、わかりました、はい。(相談者)
妹が居る時にはもう・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
「お兄ちゃんが、変なことしたら、お母さんに、すぐ言うんだよ」・・っていうような・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
ことぐらいの、認識を・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
三人で、共有しておくってことが、大事だと思います、僕。(マドモアゼル愛)

あぁ・・なるほど、はい。(相談者)
うん、そいでぇ・・(マドモアゼル愛)
三人でですね、はい。(相談者)
そうです、居る前で。(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
そいでぇ・・(マドモアゼル愛)

一つの、心理的、仕切りを作っておけば・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
後は、また、いつも・・ま、元のように・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
みんなで仲良く暮らすと。(マドモアゼル愛)

あぁ・・(相談者)
いうことを、そいでぇ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
な・・なんて言うのかねぇ・・やっぱ、そういう、マンガとか・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
アニメとか・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
でぇ、誤解してるから、教えなくちゃいけない・・時が、あんのかもしれないね、今の子ってね、そういう・・(マドモアゼル愛)
そうですねぇ・・はぁい。(相談者)
うん、ことをねぇ。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
はい。(マドモアゼル愛)

あのぅ・・それで、僕は・・(マドモアゼル愛)
・・
特に心配ない・・っていう・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
ふうに・・まぁ、思うんですけれどもねぇ。(マドモアゼル愛)
あぁ・・ありがとうございます。(相談者)
うん、そのぐらい・・(マドモアゼル愛)
ちょっと、ちょっと、軽くなりました、はぁい。(相談者)
そのぐらいのことが・・(マドモアゼル愛)
ありがとうございます。(相談者)

はい。(相談者)
一回、二回・・ぐらい、あって・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
その後、その・・(マドモアゼル愛)

以上に、発展がなんかないとか・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
妹が、恐怖感を持つとか・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
しきりに、きゃ・・壁を、お兄ちゃんと、作ろうとするとか・・っていうことで、なければね。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)

うーん・・まぁ・・(マドモアゼル愛)

そ、そんなに・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
うん、ただ、お母さんが、負い目を持ってたんで。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・あと、二人の為に・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
まぁ・・(マドモアゼル愛)

これまでと違って意味でね。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
みんなで、三人で、ご飯、食べに行くとか。(マドモアゼル愛)

ええ・・(相談者)
なにか・・あのぅ・・そういう、時間を・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
持つようにして・・ま、子供達が、来てくれるかどうか、また、わかんないけどね。(マドモアゼル愛)
あはっ・・はぁい。(相談者)

なんか、そんなことでぇ・・心理的な、わだかまりを・・解消すると。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
いうことでぇ・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
問題ないじゃないかなと、僕は、気がするんだけどね。(マドモアゼル愛)

あっ・・(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)
わかりました・・はぁい。(相談者)
ま、心理的に、いろんなケースがあるでしょうから・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
加藤先生に、一回・・あの、尋ねてみたいなと、思います。(マドモアゼル愛)

はぁい・・ありがとうございます。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

  1. 実態がどの程度なのかがわかりませんね。
    子供の成長過程での一過性の悪ふざけ程度なのか、妹にトラウマを残すほどの深刻なものなのか?
    思春期に異性に対する関心が急激に高まるのは当たり前のこと。些細なことを騒ぎ立てて事件にしてしまうのも考えものです。
    そうかといって深刻な事態を見逃すのは絶対避けなくちゃいけない。

    実態をよく見極めて対処しなくちゃいけないと思いますよ。