テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月12日(木)は、ドリアン助川&坂井眞。4年前、息子の暴言・暴力が原因で嫁が実家に帰ってしまう。不妊治療の末、やっと授かった娘を連れて行き、連絡も取れず、訪ねて行っても会う事もできない。娘に会えず、絶望した息子は、仕事も辞めてしまう。嫁は離婚を決意しているが、息子は離婚したくない。離婚し前に向かう方向で、面会交流の機会を得れるようにしたらと、坂井眞。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:81歳女性 息子58歳 15年ぐらい前に結婚・4年前に暴言・暴力が原因で別居 嫁(10歳は若い・推定48歳) 孫娘4歳(不妊治療の末に授かる)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
はい、どうもお世話・・お世話になります、お願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

家へ帰って戻って来ない嫁

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
はい・・あのぅ、息子夫婦のことで・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

15年、連れ添っていたんですけど・・(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

赤ちゃんができ・・あのぅ・・いろんな治療した結果、やっとできたんです、赤ちゃんがね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そうしましたら・・ちょっとしたことの、赤ちゃん・・(相談者)

わたしの考えでは、赤ちゃんのほうに、やっぱ、お母さん・・(相談者)

手が行くに、決まってるん・・で・・(相談者)

息子の方、やっぱりね・・(相談者)

男の人って、やっぱ、寂しかったのかわかんないけど、ちょっと乱暴な口をきいて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

ぉ、奥さんは暴力を振るったって言うんですけど・・(相談者)

倅は、振るったとは思ってないんですね・・いつもの調子の口暴力・・っていうかね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それで・・出ていってしまったんです。(相談者)

あのぅ・・奥さんが?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、いきなりもう、赤ちゃんと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

権利書ですか?お家のね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

名義は奥さんのほうに、あのぅ・・もうそこへ、越すことによって、変えたんですね。(相談者)
・・
はい?(ドリアン助川)

その権利書を・・もう、どこにあるか、わたし達は、わからないけど、ちゃんとね、持って・・(相談者)

あの、実家へ帰って、4年帰って来ないんですって。(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

・・

どうしてこんなことになっちゃったのかしら?・・と思って・・(相談者)

今、もう・・(相談者)

子供のことで、な・・もう、ずーっと、もう、寝られなくて・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
81にもなって・・(相談者)
うーん・・あっ・・(ドリアン助川)
こんな思いをねぇ。(相談者)

お母さん、81歳なんですね?(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お母さん、81歳で・・じゃあ、ちょっと、話しを整理していきますね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

え・・息子さんは、今、おいくつですか?(ドリアン助川)

えっと、58。(相談者)

58歳・・(ドリアン助川)

おいくつの時に、結婚なさったんですかね?(ドリアン助川)

・・

50・・15年ぐらい前な・・前にね。(相談者)
15年ぐらい前?・・まぁ・・(ドリアン助川)
ええ、同棲から始めてね。(相談者)
4・・じゃあ、まぁ・・仮に15引くと、43歳ですね?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

え・・初婚なんですか?(ドリアン助川)

ぇ、そうです。(相談者)
で・・(ドリアン助川)

その時の・・(ドリアン助川)

ぉ、奥さんは、おいくつだったんでしょうね?(ドリアン助川)

奥さんの歳がねぇ・・わからなくて、わたしも・・(相談者)
わからない?(ドリアン助川)
・・
年上か、年下も、わからない?(ドリアン助川)
いえ、年下・・もうずっと、年下なんです。(相談者)
ずっと、年下ですか?(ドリアン助川)
若いんですねぇ。(相談者)

ぇ、どれぐらいでしょうか?仮に。(ドリアン助川)
10歳は、若いと思う・・(相談者)
10歳は、若い?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

10歳は、若いという事は、まぁ、じゃ・・え・・43と、33ということに、しときましょうかね、仮にね。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

そのぅ・・お二人が、結婚なさって・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

お子さんが、出来たのが・・(ドリアン助川)

何年前ですって?(ドリアン助川)
4年前です。(相談者)
4年前?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ということは、まぁ、結婚して、10年、11年で、できたということですね?(ドリアン助川)
そうなんです・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
治療してね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、4年前に・・え・・男の子?女の子?(ドリアン助川)
女の子です。(相談者)
女の子ができた・・(ドリアン助川)

それで・・(ドリアン助川)

奥さんの気持ちが・・まぁ・・赤ちゃんのほうに、ま、当然、行きますよねぇ。(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
それ・・について、なんか、息子さんが、ヒステリックなことを・・口走った?(ドリアン助川)
そうです、蹴っ飛ばしたらしいんです。(相談者)

蹴っ飛ばした?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

でぇ・・え・・まぁ、奥さんとしては、もう、これ、一緒にやってらんないわっていうことでぇ・・(相談者)
そう・・何度か、別れる・・ようなところで、そう・・二人で・・相談してね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

どうする?実家に帰る?向こうに帰る?って・・あのぅ・・二人で、駅のベンチで、悩んでいたこともあるくらい、わたしも・・だ、可愛がってたつもりなんですけどね。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
やっぱ、一緒に住んでないもんですからね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
目が、行き届かなくって・・(相談者)

私生児

あっ、あのぅ・・(ドリアン助川)

え、それで・・(ドリアン助川)

その、住んでるお家というのは、もともと、奥さんの・・(ドリアン助川)
いえいえ、そうでない・・(相談者)
お家なんですか?(ドリアン助川)
そうでない、あの・・(相談者)

彼のお父さんが・・(相談者)

くれた物なんです、その家を・・あの、お祝にね。(相談者)
か、彼女のお父さんが?(ドリアン助川)
いえ、うちの・・男のほう・・息子のほうのお父さんが。(相談者)

ちょっと待ってくださいよ?(ドリアン助川)
・・
息子のほうのお父さんっていうのは・・あなたの・・(ドリアン助川)

いや、わたしは、あのぅ・・(相談者)
・・
なんと・・息子との間にできた・・あの、お父さんとの間にできた・・子供なんです、息子は。(相談者)

・・

ですけど、やっぱり、20年間、籍を入れていただけなかったんで・・(相談者)

わたし、イチから出直して・・今日まで、生きてきたんです。(相談者)

旦那さん・・(ドリアン助川)

では、ないんですか?(ドリアン助川)

えぇ・・あの、奥さんがいたんです。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・あのぅ・・概略は、わかりました。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そういう形で、お子さんができたと。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

その、お子さんは一緒に、暮らされたんですか?(ドリアン助川)

え、ずーっと、高校卒業・・するまで。(相談者)
は、ずっと一緒にいられた?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
で、その後・・息子さんは、高校卒業した後は?(ドリアン助川)

え・・出てって・・出てったの?(ドリアン助川)
ええ・・もう、あのぅ・・(相談者)

19歳の時に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、同棲する女性がいて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
同棲してました。(相談者)
あ、それで、出て行ったっていうことですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

じゃあ、えーっと、その後は、一緒には暮らされてないわけですね?(ドリアン助川)
え、そうです。(相談者)
それで・・(ドリアン助川)

40を過ぎて、結婚をして・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
お父さんが、プレゼントした家・・家に、住んだと?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

でぇ、この権利書とか、そういう物が、奥さんの・・(ドリアン助川)

息子さんの奥さんの・・名前になってるということですね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

で、現在は・・あの・・(ドリアン助川)

・・

おま、お孫さんですね?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
は、誰と一緒に、暮してるんですか?(ドリアン助川)

あの、お嫁さんと、お母さんと・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
妹さんとです。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

その皆さんが住んでるのは・・(ドリアン助川)

お嬢さん・・その奥さんの、実家なんですね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
で、じゃあ今、そのぅ、家に居るのは、息子さん・・と?(ドリアン助川)

息子、一人で居ます、今。(相談者)
一人で?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
あ、はっ・・(ドリアン助川)
あのぅ・・二人が、暮らしてた所にね。(相談者)
はいはい、わかりました。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

未練はない

それで、離婚というのは、成立してるんですか?(ドリアン助川)
してないんです。(相談者)
してないんですか?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

うーん、じゃあ、あのぅ、籍は残ったまま・・(ドリアン助川)

4年間、別居してるということですね?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
それで、わたし達が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
行って、初めて、そこでそういう・・話し合いを・・少しでもできるかな?と思ったけど・・ま、それもなく、一切・・あのぅ、さぁーっと、もう、帰っていかれて・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
それ以降、もう、なにをしても、もう、連絡が取れないんです。(相談者)

電話にも、出てくれませんので。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それでぇ・・1週間前に行ってきたんだけど、それでも会って・・いただけなかったんです。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
お母様にも・・お嫁さんにもね。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
・・
ま、いっそうのこと、離婚が成立したほうが、よ、よっぽど、スッキリしますよねぇ?(ドリアン助川)
そう・・もう、今となれば、そうは言ってるけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

倅はもう・・やっぱり、子供のことをね・・初めてできた子だから・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それをすごく・・(相談者)

あのぅ、残念がってね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あの、命を絶って・・もう、何の未練もないから・・子供もいないの・・暮らせないなら・・っていうことでねぇ。(相談者)

そんなことしたって、始まらないから・・お母さんの傍に来て・・出直しましょうよって、説得したんですけども・・(相談者)

「ダメだ」「ダメだ」って、言うんですよ。(相談者)

息子さんは、つまり、タヒにたがってるっていうことですか?(ドリアン助川)
そうなんです、だから、心配だから、警察に、お願いしてね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

見ていただくなんてことも、できるものかどうかも、ずっと、そんな毎日で・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

もう、ご相談させていただいたんです。(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

え・・息子さんは・・(ドリアン助川)

出てった、4年前に出てった奥さん・・その、実家との連絡が取れず・・(ドリアン助川)

でぇ・・む、娘に会いたい・・(ドリアン助川)

あなたからすれば、お孫さんですね。(ドリアン助川)

そうなんです。(相談者)
に、会いたいけれども、会えないと。(ドリアン助川)

で、その中で・・(ドリアン助川)

仕事は・・現在、どう・・どうなんでしょうか?(ドリアン助川)

もう・・やけになって、辞めてるそうなんです。(相談者)
で、タヒにたい、タヒにたいと、言ってると。(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
でぇ、お母さんとしては、もう、どうしたらいいか、わからないということですね。(ドリアン助川)
そうなんですねぇ。(相談者)

ま、一番理想的なのは、そのぅ・・奥さん・・が、戻ってくる。(ドリアン助川)

そりゃそうですねぇ。(相談者)
あるいは、え・・離婚が、成立して、きちんと・・する・・(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
という部分ですねぇ。(ドリアン助川)
うん。(相談者)

どうしたらいいかという・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ことですねぇ。(ドリアン助川)

わかりました。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ぇ、今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今日の回答者・・弁護士の坂井眞先生です。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい、すいません、お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク