テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月16日(金)は、ドリアン助川&マドモアゼル愛。事業も人間関係も、何もかも上手くいかないという相談者。夜も寝られなくて精神科に行けば軽い鬱で、仕事を休んだ方が良いと言われるが、個人事業主なので休むこともままならない。一念発起して四十代後半で整骨師の資格を取得。事業拡大をする友人の介護事業の敷地の一角を借りて開業するも、人間関係のトラブルで事業も右肩下がり。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:54歳男性(友人の敷地を借りて整骨院を営んでいる) 妻(年齢不明) 長男20歳 次男18歳(高校三年生) 遠方に住む母と弟

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

もし・・(ドリアン助川)
もしもし?(相談者)
あっ・・もしもし?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)
あ、こちらこそ、よろしくお願いします。(相談者)
ぇ・・今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

・・

えーっと・・(相談者)

なんと言いましょうか・・あのぅ・・(相談者)

気持ちの有り様と言いますかね・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
人間関係というか・・(相談者)

友人・・の敷地を借りて、事業をやっているんですが・・(相談者)

・・

はい・・(ドリアン助川)

あの、その事業が・・ぇ・・ちょっと、昨年度に・・(相談者)

職員との・・関係とですねぇ・・(相談者)

トラブルもありましてですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
弁護士の方に相談したり・・(相談者)

ぇ・・あの、精神的にも疾患・・を患ったような感じでちょっと、軽い鬱というか、そういうふうな雰囲気で・・(相談者)

・・

それに対して、あのぅ・・(相談者)

事業をちょっと・・数日・・休んだり、数日っていうか、休んだりして・・(相談者)

・・

あの、そこから事業も、上手くいかなくなってきたりですね・・&%せ、あのぅ・・(相談者)

夫婦間もちょっと・・(相談者)

ゴタゴタしてるような雰囲気なんですけれども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ・・(相談者)

急に・・事業を辞めて、次の展開にって、上手くいけばいいんですけども、借金もありますし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なかなか、上手くいかない・・(相談者)

自分自身が、ま、ま、招いた結果なんでしょうけれども・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
今、なにもかも・・(ドリアン助川)

あんまり、上手くいってないっていうことですね?(ドリアン助川)
いってないっていう気がしてもう・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

思い立って、お電話した次第なんですけれど。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
ぅ、あのぅ・・(ドリアン助川)

ぇ、もう少し詳しく教えてくださいね?(ドリアン助川)
はぁい、そうですねぇ・・(相談者)
まず、あなた様は、おいくつですか?(ドリアン助川)

54歳になります。(相談者)
54歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・友人の敷地で事業というのは・・(ドリアン助川)

え・・(ドリアン助川)
えっと・・介護施設の敷地・・が、ちょうど、あのぅ・・(相談者)

事業展開を、彼がするらしくて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ぉ、ぉ、大規模に・・敷地を広げたもんですから・・(相談者)

余ってるよ・・ということで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そこに・・ぇ、治療・・等・・の・・(相談者)

事業をやってるんですけどね、治療院とかの・・そこに、建てないか・・という事で・・(相談者)
治療院?(ドリアン助川)

はいはいはい。(相談者)
ぇ・・(ドリアン助川)
そこに・・建てたって・・わたしが建てたんじゃないですけど、彼が、建てて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
名義は彼で・・(相談者)

彼が、全面協力・・してくれる・・っていうことで、それと、辺鄙なとこだったんですけども・・(相談者)

あのぅ・・わたしも、ちょっと、迂闊だったんですかねぇ・・(相談者)

あのぅ・・口約束、ふたつ返事で、ちょっと・・(相談者)

開業しちゃったもんですから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
最初は、良かったんですが・・(相談者)

そう・・こうして、昨年度、その、トラブルに見舞われまして・・(相談者)

あのぅ、トラブルっていうのは・・具体的には、どんなことですか?(ドリアン助川)

・・

スタッフとして入っていただいた・・か・・た・・がですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だんだん、わたしと慣れてきたら・・ちょっと・・常識じゃ考えられないような方向に、いろいろ、中の方もされたり・・(相談者)

パートだったんですけど、長く働きたいって言われたんでちょっと・・うちは、ちょっともう・・採算的に困るけど、まだ、おりたいとか言われて、ちょっと、長めにしてたら・・(相談者)

その間、わたし・・が、見てないところで、ちょっと色々・・なんて言いましょうか・・(相談者)

治療・・の、水増しみたいなですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、それを・・(相談者)

「先生の為にやってるんだからね」みたいなこと、言う・・言ってきて、そりゃ違うでしょう・・って、そういう・・(相談者)

感じのトラブルがあったんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ぇ・・それをまた、逆に、あのぅ・・向こうの旦那さん・・(相談者)

向こう、結婚されてたんですけどね、旦那さんの方から・・(相談者)
その方、女性だったんですね?(ドリアン助川)

女性・・ですね・・(相談者)
はぁ・・(ドリアン助川)
女性のパートさんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
パートの従業員の方・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、逆に・・あの、うちの・・妻が、おかしくなってきてるから・・っていうことで、酷くなったのは、あなたのせいじゃないですか?って、あなたの事業所のせいでしょうって、責任とってくれという・・(相談者)

半分ちょっと、脅しまがい、恐喝まがいのこと言われたりして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ちょっと、わたしもちょっとそこから・・(相談者)

昨年・・それがあってですね、おかしくなってもう・・相当、手に負えなくなって、弁護士たのん・・で・・(相談者)

あれです・・それで自分自身も、ちょ・・っと・・これは・・(相談者)

精神的におかしいなと、夜も眠れない日が続いたりしたもんですから・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

精神科のほうに行きましたですね・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

したらまぁ・・(相談者)

ちょっと、鬱にはなってますよ・・ということで・・(相談者)

&%ちゅうで、安静が・・お休みになったら、いいんじゃないですか?って言ったけど・・(相談者)

あの、個人事業・・主やってるんで・・休めなかったからですねぇ・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
それでぇ・・(相談者)

現在に至ってるのは、至ってる状況なんですよ・・(相談者)
はぁい、あのぅ・・治療院というふう、おっしゃいましたけども・・(ドリアン助川)

あっ・・整体とか・・ですね・・(相談者)
はい、そういうことですね。(ドリアン助川)

そうです、&%$・・(相談者)
あなた、整体師でいらっしゃる?(ドリアン助川)

ま、整体というか、整骨というか・・はい、はい。(相談者)
整骨・・そういうこと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
やってらっしゃるわけですね。(ドリアン助川)
はい・・そういう資格を持っております・・はい、はい。(相談者)
はい、それで・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・このぅ・・仕事は、いつぐらいからやら・・やられてるんですか?(ドリアン助川)

ぇ・・すぐには、開業できなかった・・あのぅ・・わたしも、社会人・・から、中途で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
専門学校行きまして・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

四十代・・(相談者)

後半に、国家試験・・に通りましたですからね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

40代後半?(ドリアン助川)
えっと、そこから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

数年、あのぅ、地元の方で、修行といいますか、インターンといいますか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あの、勤務治療者として働らいていました。(相談者)
はい・・はい。(ドリアン助川)

そこから・・(相談者)

今、言いましたように、借りた所で、四年前に、あのぅ・・(相談者)

開業という運びに・・(相談者)

なったんです・・(相談者)
四年前なんですねぇ?(ドリアン助川)
はいはい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あっ、そうそうそう・・(ドリアン助川)

結婚、してらっしゃるんですよね?(ドリアン助川)

ええ・・あのぅ・・(相談者)

おります、はいはい、あのぅ・・(相談者)
夫婦関係も良くないっておっしゃいましたけど・・(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
お子さんは?(ドリアン助川)

・・

20歳の長男と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ぇ・・18歳の・・ぇ・・高校3年生の次男坊とおります。(相談者)

あっ、じゃあ、二人お子さんいらっしゃるわけですねぇ?(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
ですからまぁ・・お子さんも二人いらっしゃるし・・(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
奥さんも、いらっしゃるし・・でぇ・・(ドリアン助川)

意地でも、このぅ・・治療院、頑張って行かなきゃいけないということで・・(ドリアン助川)

・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)
たぶん、無理したとは・・(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)
思うんですけどね、昨年来・・今年にかけてですねぇ・・はい。(相談者)
ぇ・・ちょっと、まぁ、あの、整理しますよ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・四十代後半から・・(ドリアン助川)

整骨師というか・・(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
ぇ・・そういう仕事・・に・・ぃ、なってですねぇ・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
これ、そう・・なろうと思ったきっかけは、なんなんですか?(ドリアン助川)

会社辞めて・(ドリアン助川)

あのぅ、重症の眼病・・にかかりまして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
大学病院に、入院する羽目になって、失明直前まで行ってですねぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あの、それで、かい・・奇跡的にあのぅ・・(相談者)

ゆ・・有名な・・あの、こちらの方の、地方にある名医の方に・・(相談者)

していだだいて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ええ、やっぱりあの、以前まだ、あのぅ・・(相談者)

通常、サラリーマン以外の時は、病院で勤務してたもんですから、二十代は。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そこで目覚めまして、やっぱり、あのぅ・・白衣の仕事がしたいな・・と思って・・(相談者)
へえ・・(ドリアン助川)
一念発起で、四十代で・・(相談者)

あのぅ・・整骨・・学校に、行った次第ですね。(相談者)

あっ、そうなんですか・・(ドリアン助川)

はいはい。(相談者)
じゃあ、あなたご自身のご病気もあって・・(相談者)

はぁい・・そうです。(相談者)
それでぇ・・(ドリアン助川)

残りの人生は、やっぱり、白衣の仕事がいいなと。(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)

はいはい、そういうことです。(相談者)
でぇ、強い意志もあって・・(ドリアン助川)
そうなんですよ。(相談者)
でぇ、その時、奥さん、賛成してくれました?(ドリアン助川)

そん時は、あのぅ・・(相談者)

いんじゃないということで、あとで、&%$#は、もう、大賛成でしたね、はい。(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)

そして・・友人の敷地で開業と。(ドリアン助川)
そうなんです、そしたら・・(相談者)
これが・・四年前ですね。(ドリアン助川)
そうですね、はぁい。(相談者)

でぇ、ぇ・・ま、従業員の方の・・トラブルがあって・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ぇ・・それまで、上手く回っていたものが、全て歯車がおかしくなってしまったと。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
その方が、入ってらっしゃった頃・・(相談者)

前後ぐらいからですねぇ・・(相談者)

はぁーい、ま、ただ、なにか、仕事をしてくってことは、常にこういうこと乗り越えてくことだと思うんですけども。(ドリアン助川)

まぁ、そうですねぇ・・(相談者)
ええ、どうなんですか?・・随分、かなりあのぅ・・山あり、谷あり・・ぃ、ぃ、越えられてきたような、気もするんですが・・(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
今回は・・(ドリアン助川)
それでぇ・・(相談者)

おおき・・(ドリアン助川)
いや、今回は、あのぅ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
そこで・・(相談者)

数年前に、父が亡くなってですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
今、母・・(ドリアン助川)

が・・(ドリアン助川)

一人と、弟が・・おるんですけども、その母・・(ドリアン助川)

に・・ちょっと、遠距離なんですけども・・(ドリアン助川)

老齢な、高齢なんですけども、手伝いに・・(ドリアン助川)

ちょっと、事業・・自営業なもんですから、手伝いに来てもらったりしてて・・ちょっとそこでも・・(相談者)

おかしかったんですよね、暴言吐いたりして・・大喧嘩しましてですねぇ、数回・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

それから、母とも今・・(相談者)

ぁ・・しっくりいってないような、状況なんでですねぇ・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
なんかまぁ、まぁ・・アレ&%$なんでしょうかねぇ、そのぅ・・(相談者)

・・

どうやって、その辺も、修復して、まず、気持ちの、こう・・(相談者)

拠り所がないというかですねぇ・・(相談者)
ねぇ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・気持ちという言葉が、何回か出てきましたけれども・・(ドリアン助川)

あっ、そうですか?(相談者)
これ・・(ドリアン助川)

個々の現象を、一つ一つ、どうするか?というよりは・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
まさに、あなたおっしゃる通り、気持ち・・を、どう安定させて・・(ドリアン助川)

はぁ・・(相談者)
どう・・(ドリアン助川)

・・

・・

再生してくか・・っていうとこに、あるような気がするんですけども・・(ドリアン助川)
そう・・ですねぇ・・(相談者)
ですよねぇ?(ドリアン助川)

わた・・(相談者)
お母さんとの、ことの・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
奥さんとのことも・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
会社の未来も・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

あなたの気持ち、一つですもんね。(ドリアン助川)

・・

・・

・・

そう・・ですよねぇ・・(相談者)

今・・今、それが、崩れちゃってるわけですよね?(ドリアン助川)

はぁい・・ほぼほぼ、崩れてますねぇ。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

・・

わかりました。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ぇ・・それでは・・(ドリアン助川)

今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

心についてのエッセイスト、マドモアゼル愛先生です。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. トラブルの具体的な内容がサッパリわかりませんね。
    でも愛先生は相談者に非があったと言っている。
    放送には乗らなかった(カットされた)ことがあるんでしょうかねえ?
    放送を聴いただけでは釈然としないですよ。

    トラブルというのは、どちらか一方だけが100%悪いということはまずないのが通例ではないでしょうか?

    • そう、トラブルの内容、知りたかったですねぇ
      奥さんも、何してるのか?とかもですけど
      まさか、専業主婦ってことは・・・