テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月3日(木)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。父から頼まれて探し物をしていた時、パソコン内に、父の不倫の証拠画像データを発見。4~5年前、同じ女性の自宅と思われる場所で撮ったと思われる。亭主関白な父、言われるままの半生だった母を離婚という形で解放してあげたいとも思うのだが。まだ、誰にも相談していないが、どうすればいいのだろうか?

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:31歳男性(今年、32歳になる) 父64歳 母61歳 2歳上の兄

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

はい、え・・わたしの・・父と母の、まあ・・離婚する・・した方がいいのか、しない方がいいのか?・・ってところでの、ご・・相談なんですけれど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お父さんと、お母さん、おいくつですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

父が、64の、母が、61・・ですね。(相談者)
はい・・あなたは?(ドリアン助川)

わたしは31で、今年、2になります。(相談者)
はい、32歳になるところと。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ご兄弟、いるんですか?(ドリアン助川)

はい、ぇ、2つ上の兄が、います。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

え・・それでぇ・・お父さんもお母さんも、初婚同士で?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

父の不倫発覚

はい。(相談者)
でぇ・・ぇ・・離婚という・・と、今、何が?・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
何が、具体的に、起きてるんですか?(ドリアン助川)
え・・ここ、二日前・・なんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ぇ、ちょっとあの、家の中の整理をしていたところ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

父・・が、どうも、え・・ま、昔にというかですね・・(相談者)

え・・4~5年前から・・まあ、母以外の・・ぇ、女性と、関係を持っているような・・(相談者)

ものを、ちょっと見つけてしまいまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まあ、そういったところを踏まえて・・(相談者)

ま、父と母は、このまま生活をした方がいいのか?・・それともそれぞれ・・(相談者)

別れて・・生活した方がいいのか・・っていうところなんですけれども。(相談者)
ああ、はいはいはい。(ドリアン助川)

えーっと・・それはなに?・・なにか・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
手紙とか、見つけちゃったんですか?(ドリアン助川)

いえ、まあ・・写真・・のような物ですね。(相談者)
写真?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

うん、他の女性と、写ってる写真ですか?(ドリアン助川)

そう・・ですね、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それで、その事について・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)
お父さんになにか、尋ねてみたんですか?(ドリアン助川)

いえ、まだ、誰にも・・(相談者)

尋ねてないです。(相談者)

じゃあ・・(ドリアン助川)

今、具体的に、お父さんと、お母さんの間で、離婚の問題、起きてるわけではなくて・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)

あなたが今・・いろいろ、考えちゃってる・・という段階なんわけですね?(ドリアン助川)
まあ、そうですね。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

普段、お父さんと、お母さんの・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
雰囲気っていうのは、どうなんですか?(ドリアン助川)

えっ・・まあ、昔からなんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ぇ、父はもう、あのぅ・・(相談者)
・・
昔ながらの、亭主関白のような・・人間で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、母も・・なにも意見が言えないっていう・・ような、関係でですね・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

父の言った事には、「はい」という形でしか、あのぅ・・答えるような関係で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、普段から特に、会話っていう会話・・は、あまりなく。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
伝えた・・ちゃいけない内容を、伝えあうような・・(相談者)

形の、関係が、つ・・まあ、昔からずっと、続いてるような・・形です。(相談者)

じゃあ、子供・・心に、うちの・・親は・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
なんて親だろうと?(ドリアン助川)

まあ・・そうですね、はい。(相談者)
思ってきた・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

よその、そのぅ・・幸せそうな、家族みると?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ええ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

パソコンの中から

まあ・・とはいえ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
夫婦が、続いてきたわけですよねぇ?(ドリアン助川)

まあ・・そうです・・はい。(相談者)
あ、お父さんと、お母さん、あのぅ・・(ドリアン助川)

アレですか?(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
恋愛・・結婚ですかねぇ?見合いですかね?(ドリアン助川)
そう・・(相談者)

一応、わたしが聞いてる・・形だと・・(相談者)

恋愛だ・・っていうふうに聞いてます。(相談者)
はあ・・(ドリアン助川)

でぇ、まあ・・ちょっとこう、不満がある・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
両親では、あったけども・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
形としては、夫婦として・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
続いてきたと?(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

で、あなたがそのぅ・・お家の・・掃除をしたと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おっしゃいましたけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
偶然だったのか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あるいは、なにかを見つけようとして・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
掃除をしたのか、どっちですか?(ドリアン助川)

ま、どちらかと言えば、偶然に近い方ですねぇ。(相談者)
あ、偶然ですか?(ドリアン助川)

まあ、そうですね。(相談者)

ということは、お父さん・・(ドリアン助川)
ちょっと・・(相談者)

ええ?(相談者)
・・
随分、不用意なとこに、置き・・置いときましたね。(ドリアン助川)
うーん・・まあ、そうですね、ちょっと、あのぅ、父・・から、頼み事をされて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まあ、そのぅ・・父の所有物を、ちょっと、確認していたところ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ぇ、見つけてしまった・・っていう形・・ですね。(相談者)
うん・・でも、写真だけだったら・・仲のいい・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
友達かも、しれないじゃないですか?(ドリアン助川)

いや、それがまぁ・・いわゆる・・二人共あの、ま、男女の関係・・のような、写真・・って言うんですかね?(相談者)
・・
あれあれ?(ドリアン助川)
なかなか・・ええ。(相談者)

そういう写真?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

・・・

あの・・どっか・・の観光地で、二人、立ってるとか、そういうのじゃなくて?(ドリアン助川)
ああ・・そういうのじゃなくて、もう、はい、明らかに・・っていう写真で・・(相談者)

あらら。(ドリアン助川)
まあ・・(相談者)
・・
ええ。(ドリアン助川)

明らかにそのぅ・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)

・・

そういう・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
つまり、行為をしてるのの、写真なわけですか?(ドリアン助川)

そうですね、はい。(相談者)
ふーん・・(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
これ、相手、同じ女性なの?(ドリアン助川)

うーん・・そうですね、何枚か、見つけた中では、全て同じ女性だったと思います。(相談者)

え・・カラー写真?(ドリアン助川)

カラーですね。(相談者)
カラー?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
・・
紙焼きの、写真なんですね?(ドリアン助川)

いや、違いますねぇ。(相談者)

・・

ん・・(ドリアン助川)
ま、データというか、画像・・ですね。(相談者)
データ画像?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ほっ、ほっ、ほっ、ほっ。(ドリアン助川)

ということは・・コンピューターの中で、見つけちゃったってことですか?(ドリアン助川)

まあ、それ・・ですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

で、これは、あのぅ・・(ドリアン助川)

・・・

例えばね・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ま、そういう・・お父さん、そういう趣味があって・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)

そういうお店行って、撮ってる・・(ドリアン助川)

っていうことで、考えられない?(ドリアン助川)

まあ・・そういったような、背景の写真も、少なからず、あったのは、あったんですけども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
・・
明らかに・・普通の人の・・まあ、その相手方の・・人の家の・・(相談者)

ま、中であろうと思われるような、乱雑した・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
中での写真・・が、多かったので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まあ、ほぼ、ほぼ、間違いなく・・(相談者)

そういった、お店系ではないのかな・・(相談者)

っていうのは・・ちょっと、わたしながらには、判断したんですけれども・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

母の人生を歩んで

あんたそれ、見つけた時・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ビックリしましたねぇ。(ドリアン助川)

まあ・・ちょっと、見なきゃよかったな・・っていう・・(相談者)

形ですね。(相談者)
うん・・その日、ご飯とか、食べれました?(ドリアン助川)

ちょっと、ま、食べた後だったんで・・(相談者)

その後は、ちょっとまあ・・苦しみましたけれども。(相談者)

・・

いや、でもねぇ・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
ビックリしたと、思いますよ。(ドリアン助川)

そうですね、ま、ちょっと、なかなか・・今まで、そういった節・・を、見せなかった父だったので・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
余計に、ちょっと、ビックリですね。(相談者)
うん、ただ、ま、今、あの、離婚っていうふうに、おっしゃいましたけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
先ほど・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)
・・
あなた・・の、ショックは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
わかりますけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ちょっと、ま、一足飛びに、そこに行く前に・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(ドリアン助川)

どういうことなのか?って・・ねえ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
・・
それは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
聞いてみないと・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)

・・・

・・・

まあ、ただ、それをほんとに、聞いていいのかも・・ちょっと、わからないですし・・(相談者)
・・
うーん・・(ドリアン助川)

まあ、そのぅ、昔ながら、先ほど言ったように・・(相談者)

父と母の関係を見ていたなかで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ま、母は、だいぶ・・やはりまあ・・(相談者)

こう、苦しんだというか・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
・・
まあ、自分の人生・・っていうよりは・・まあ、夫・・ないし、わたし達、子供・・の為・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
人生っていう形で、大半を過ごして・・(相談者)

きてて・・ま、それは、今・・も、まあ、少なからず・・(相談者)

あるのかなぁ・・って気はするので・・(相談者)
はあぁ・・(ドリアン助川)

まあ・・わたし自身、ま、男なんで、どうしても、母・・母親・・側の方を、もちたくなるっていうのも、あるんですけれども・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

まあ、母親に・・次の人生じゃないですけども・・(相談者)

歩んでいただいた・・ま、もらった方が、いいのかなぁ・・っていうような・・(相談者)

ちょっと、いろいろな・・(相談者)

こう、自分の中での・・(相談者)

気持ちが、ぐるぐる、ぐるぐる・・(相談者)

回ってる形なんですよ。(相談者)
お母さん・・お母さんが、お母さんの人生を、歩んでないような気がする・・っていうのが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
寂しいんですよね?(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
お母さんは、お母さんで、生きててくれると、ちょっと、助かるんですけども・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なるほど。(ドリアン助川)

その段階で・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
お、お父さんの、そういうの見つけちゃって・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
・・
さあ、これからどうしよう?・・どうしたらいいんだろう?っていうのが・・(ドリアン助川)
はい、ええ。(相談者)
今日の電話ですか?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
うーん・・あなた・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
理想としては・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どうですか?・・どうなったらいいんですか?(ドリアン助川)

うーん、ま、そこは・・ちょっとまだ、なにも・・か、頭に決まってないんですけれども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ま、例えば・・そういった・・(相談者)

な、なんて言うんですかね?離婚であれば、離婚っていう、形をとってもらっても、わたし自身は、全然、大丈夫なので・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

とってもらって、尚且つ・・ま、今までの母の苦労も考えて・・(相談者)

まあ、きちんと・・まあ、慰謝料なり、なんなり・・母に入るものは・・入れてあげたいな・・っていうのが・・(相談者)

思いではあるんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

うん・・お母さんが・・幸せそうに、見えないんですか?(ドリアン助川)

まあ、そうですね。(相談者)
ふーん・・(ドリアン助川)
・・
ま、そりゃもう、現在進行形で、そのように、感じてます。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

なるほど。(ドリアン助川)

ええ。(相談者)

じゃあ、今日の先生に、相談してみましょうね。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
・・
精神科医の、高橋龍太郎先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     離婚する or しない  は ご当人(ご両親)の お決めになることで 息子が 「離婚しろ」などと 言うべきことではないですね?
     黙って 静観 なさることを お勧めします。

     回答者 が 弁護士でなく 精神科医 だと事でも 分かりますね。

  2. 優しい息子さんですね。でも、夫婦の事は夫婦じゃないと判らないからね。
    案外ご両親、破れ鍋に綴蓋で相性がいいかも知れないし。
    無理に離婚させたらお母さんから恨まれちゃうかも。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.