テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月18日(月)は、加藤諦三&大迫恵美子。4年前に他界した夫の遺品整理をしていたら、30年ほど前の浮気の証拠写真を発見した。彼女はほぼ同い年で、夫の趣味の絵のモデルをしていた女性。夫は風景を描きに、よく泊りがけで旅行に行っており、その時、一緒に行ったものか。子供達が小学生の低学年の頃、その女性の自宅に連れて行かれた事もある。収まらない気持ちをどうすればいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『真面目な人の心の底にある憎しみは、なかなか消えません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:78歳女性 夫4年前に他界(14歳年上だった) 子供は男(?)二人(53歳と50歳・二人共結婚している)

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

えっと・・(相談者)

78・・です。(相談者)
78歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
え・・結婚しています、今?(加藤諦三)

お一人ですか?(加藤諦三)
ええ・・今、一人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・はい、一人です。(相談者)

遺品の中に浮気の証拠写真

ずっと、けっ・・お一人ですか?それとも、結婚してから・・(加藤諦三)
ええ、死べ・・(相談者)

主人が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
四年前に亡くなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、あのぅ・・遺品の整理をしてまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

写真を・・整理・・そのとこ・・あの、整理してましたら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・主人が、女の人と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
旅行・・し、したり・・自宅へは、子供を連れて行ったのは、あたしは、わかってるんですけれども・・(相談者)

まさか、旅行して・・(相談者)
自宅に、これ・・子供連れ・・要するに、この女性の自宅に・・(加藤諦三)
うん、自宅・・ええ、そうですそうです。(相談者)
自分の子供を、連れて行ったという・・(加藤諦三)
ええ・・はい、そう・・そうなんです・・あっ・・(相談者)
はい、そうすると、お子さんは今、何人いるんですか、あなた?(加藤諦三)

今、二人ですけれど・・(相談者)
二人・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

ふた・・(相談者)
あの、その二人のお子さんは、もう、結婚してるんですか?(加藤諦三)
ええ、そうです。(相談者)
で、何歳・・ですか?(加藤諦三)
ええ、もう50過ぎてます・・50・・(相談者)

と、53・・(相談者)
で・・どういうふうに・・50・・3と?(加藤諦三)
・・
50です。(相談者)

53と50歳。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでそのぅ・・女の人のとこ・・所に、連れて行った・・っていうのは・・その男の子の・・(加藤諦三)
ま、小学校・・(相談者)

二人です、小学校の・・低学年の時に・・(相談者)
あっ・・この二人のお子さん、両方共、小学校の低学年の時に?(加藤諦三)
時・・はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)
その時に・・そこに、その遊びに行くと言って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
二人を連れて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで・・(相談者)

遊びに行ったことがあるんですね。(相談者)

それ以後、付き合ってたらしいんですよねぇ(テンションが上がってきた)。(相談者)
・・
それが、ち・・知らない・・(相談者)
それ以後、付き合っていたというのは、ご主人が、この女性と、付き合っていたと?(加藤諦三)
そうなんです、そうなんです。(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)

それで、そうすると?(加藤諦三)

今、あなたは、78歳ですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ええ。(相談者)
この女性は、今、何歳・・ぐらいなんですか?(加藤諦三)
たぶんねぇ、あたしぐらい・・あたし、主人とは、14違いますから・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

たぶん、あたしと同い年か・・も、もうちょっと、若いかな?・・って感じですけれど・・しっかり・・(相談者)
はい・・ぁ・・ほぼ、同じ年齢の・・(加藤諦三)
そう・・(相談者)
はい?(加藤諦三)
たぶん、そうでないかしら?・・と、思うんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、その旅行へ、二回か、三回、行ってる写真が、あるんですよね。(相談者)

旅行に・・(加藤諦三)
それが・・(相談者)

行ってる写真というのは、旅行は、日帰りですか?・・それとも・・(加藤諦三)
いえ、泊まってます。(相談者)

はい。(加藤諦三)

泊りがけの旅行に・・(加藤諦三)
ええ、そんなようです、そうです、そうです・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
一泊・・ぅだと思うんですよね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それで・・(加藤諦三)

あなたは、浮気してるということを・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
言ってるんですが・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
浮気してるということは、どうして分かったんですか?(加藤諦三)
ですから、写真で・・最近、それもつい最近です。(相談者)
・・
だから、遺品を・・(相談者)

して・・(相談者)

あと、主人が、絵が好きなもんですから・・あちこち、どこへ行ってもその・・(相談者)

絵・・絵の道具を持って・・どこ行っても、景色を描いてきてたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そいである時・・主人が・・これだけじゃ面白くない、女性の・・モデルを・・ぉ・・描きたいと・・そういうふうに言ったんですよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでその・・三枚描いてるんですよね。(相談者)
・・
その体も全部・・その人の体なんですよ。(相談者)

収まらない気持ち

それと、だから・・(相談者)
わかりました、そうするとその・・写真・・が・・(加藤諦三)

浮気の証拠で、その写真というのが・・(加藤諦三)

泊りがけの旅行に行ってるという・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
時の・・(加藤諦三)

写真ですね?(加藤諦三)
&%・・それから、もう一つ大切なことは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
あのぅ・・(相談者)

何か月か後に、手紙が来たんですよ。(相談者)
・・
で、主人・・(相談者)
いつですか?手紙が来たの・・ってのは?・・今から、どの位前の話しですか?(加藤諦三)
ですから、30年か、そこら・・の、話しですよねぇ。(相談者)

だからそれが、分からないんですよ、あたし。(相談者)
・・
主人が亡くなったのが、80・・とにかく、60代の・・の時だと思うんですよ。(相談者)

60代で、定年ですよねぇ?(相談者)
はい。(加藤諦三)

それから後の事だと思うんですよ。(相談者)

そうすると、60代で、定年の後に・・(相談者)

ええ。(相談者)
浮気をしてた・・ということですね、はい。(加藤諦三)
はぁい、そういうこと・・だから、その前から・・(相談者)

向こうが、その、主人を好きだったんでしょうねぇ。(相談者)

はい・・それで・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

ぅ・・そういうことで、ご主人が、浮気したということ・・(加藤諦三)

ですけれども・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
今日・・の、相談というのは・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
どういうことですか?(加藤諦三)
それ・・あたしの気持ちが、収まらないので、どうしたら忘れることができるかしら?・・と、思いまして・・(相談者)

あっ・・そういう話しですか?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

ええ・・(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

・・

あれ、あたしは・・(相談者)
ただ、もう・・はい?(加藤諦三)

これだけ苦労して・・その、一番、たい・・大変な時にね。(相談者)

あたし達、親子三人を・・縛っといて、自分は、のうのうと・・そういうふうに遊んでいくという・・いく・・亡くなったといえ、許せないもんですから・・(相談者)
・・
どういうふうにしたら、自分の気持ちが、落ち着かせることが、できるかしら?と思って・・(相談者)

お電話、差し上げたんですけれども。(相談者)
あっ・・そういうことですか・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
要するに、四年前に御主人が亡くなって・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

そして・・(加藤諦三)

そこで、写真がいろいろ、出てきたということですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
で、その写真を見・・見たら、今・・話したようなことが、わかったと。(加藤諦三)

はい、はい。(相談者)

それで、わたしは・・(加藤諦三)

そのぅ・・ま、子供二人を育てながら、大変だったのに・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人が、浮気をしてる・・た、ということが分かって、それが、許せないと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

その気持ちを、どうしたらいいか?ということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ま、法律的な事というよりも、気持ちの方の問題ですね?(加藤諦三)
そうですよねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はぁぁ・・(相談者)
今日はあのぅ・・法律的なご相談ではないようですけれども・・(加藤諦三)

あの、心理的なこと・・も、含めてですね・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
大変、ご造詣の深い弁護士の・・大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク