テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月27日(月)は、加藤諦三&大原敬子。国公立大学を目指し二浪するも受験に失敗した息子。隣の県の私立大学に通うも大学2年になって行かなくなってしまう。学校からの連絡で発覚。メールで確認したところ、大学を辞める気はないが、話し合いをしようと連絡したら返事がない。酒に酔うと暴言を繰り返す夫を嫌がっていた息子。夫婦仲が悪いのが原因だろうか?の問いに・・
加藤諦三氏の〆の言葉『妻への攻撃性を子供に向ける、攻撃性の置き換えです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:52歳女性 夫49歳 長男21歳(二浪し大学2年生) 長女19歳

もしもし?(加藤諦三)
あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

どうか、よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、わたし、52歳です。(相談者)
52歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)
40・・9です。(相談者)
49歳・・お子さんは?(加藤諦三)

え・・長男、21歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

長女、19歳・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それで・・(加藤諦三)

どんな相談ですか?(加藤諦三)

大学に通わなくなった長男

はい、あのぅ・・(相談者)

長男が・・(相談者)
21歳ですね?(加藤諦三)
え・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

隣の県の、私立大学の、今2年生でして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

通わなくなってると。(相談者)

・・

・・

大学に。(相談者)
かよ・・通わなくな・・(加藤諦三)

ってから、どのくらい経つんですか?(加藤諦三)

もう、二ヵ月ぐらいは行ってない・・(相談者)
二ヵ月ぐらい、行ってない・・(加藤諦三)
はい、二ヵ月以上ですね。(相談者)
二ヵ月以上、行・・ウン・・(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)

・・

隣の県っていうのは・・下宿してるの?・・それともあなたの家から通っているの?(加藤諦三)

え・・アパートで一人暮らしで・・(相談者)

あ、一人暮らし?(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

ほいで・・(加藤諦三)

あなたはその・・「あ、大学に行ってないなぁ」・・ってこと、気付いたのは・・(加藤諦三)

な・・どこ、なんでですか?(加藤諦三)
えーっと、大学の方の・・ぁ、先生から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・連絡がありまして・・(相談者)
ああ、なるほどね。(相談者)
知りました。(相談者)

で、その後・・このぅ・・(加藤諦三)

21歳の息子さんと・・会いました?(加藤諦三)

う・・あ、会ってないです。(相談者)
会ってない。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
っていうか、話ししてない?そして・・(加藤諦三)
話し・・も・・(相談者)

してないですね・・(相談者)
ウンウン。(加藤諦三)
メールで・・ちょっとだけ・・(相談者)

ありましたけれど・・(相談者)

「絶対に辞めたくないから・・」・・(相談者)

っていう・・ことは言ってましたが・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

電話・・まずは、話ししましょう・・ってことで、電話・・頂戴・・っていうふうに返しましたら・・(相談者)

あのぅ、数日後に・・(相談者)

「もうちょっとやっぱり、もう少し考えさせて」っていうふうに・・メールが来て・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それっきり・・あっちからの意思表示はなんにもなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

で、この・・子は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
アレですか?高等学校・・時代まで、小中高と・・(加藤諦三)

はい?(相談者)

どんな子だったわけ?真面目な・・良い子だったわけ?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ、大人し目で・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
真面目で・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うん、あまり、自分の意思を・・(相談者)

・・

言ってこないっていうか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい、大人しい子です。(相談者)

・・

で、あのぅ・・大学を決めるのもアレ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
自分の意思で決めてるの?それとも・・(加藤諦三)

いや・・(相談者)

周りの誰・・はい?(加藤諦三)
自分・・(相談者)

はぁい、自分の意思・・っていうよりは・・まずは、国公立を目指そうということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

勧めて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まあ・・(相談者)

うんうん・・っていう感じで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、で、1回受験、失敗しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

公立の・・(相談者)

え・・職業訓練校・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

に、一旦は、そっちに入ったんですけれど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、自分の方から・・あのぅ・・辞めたいっていうふうに・・(相談者)

言ってきまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・四年の大学に行きたいって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

が、学力をつけたいって言って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

浪人させまして・・結局・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)

そのぅ・・予備校に通い・・始めたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なぜか、休み明け・・も、全然、行かなくなってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

話しして、まぁ・・(相談者)

続けさせて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
また受験をしたんですけれど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

結局、また国公立、二回、し・・二年連続失敗して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

そして・・今回、行ってるその私立・・の方に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

受かってたので、そっちに行ったんですけれど・・(相談者)
あぁ・・(加藤諦三)

・・

続かないのは

そうすると・・まぁ・・(加藤諦三)

もう、お父さんと対立したとか・・妹と対立したとか・・(加藤諦三)
ハァ・・(相談者)

なんか、自分の意見を言って・・(加藤諦三)

うん。(相談者)
相互になんか対立したってことはないんですよねぇ?(加藤諦三)

・・

父親が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

酔った勢いで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わりとあのぅ・・暴言っていうか・・言葉の暴力が・・ちょっとあったので・・(相談者)

あぁ・・(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)
酔った勢いって言っても、例えば、どんな言葉?(加藤諦三)

・・

・・

「この野郎!」って、まぁ、言葉が・・そういう感じになって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

酔った時に、そういう・・(相談者)

行動・・するから、嫌だ・・って言って。(相談者)
うん。(加藤諦三)

飲んだ時に、そういうことを・・(相談者)

は、やらないようにする・・っていうことを、父親から・・(相談者)

約束・・は、し・・(相談者)

・・

うん。(加藤諦三)
しました。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

・・

そうすると、あなたの側からすると・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

このぅ・・二ヵ月・・行かなくな・・(加藤諦三)

ったということ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ああ、やっぱり・・っていうんじゃなくて、驚きの方ですか?(加藤諦三)

やっぱり・・ですね。(相談者)

やっぱりですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

その、浪人生の時も・・行かなくなったっていうのもあったし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、自動車学校も・・その間に行ってるんですけど、自動車学校も、なんか・・(相談者)

一回くじけたら・・しばらく行かなくなって、向こうから言われて、また、行かせたりっていうことがあったり・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

その・・自分で・・(相談者)

マズイ事して、行かなくなると、マズイっていう、その自覚が・・(相談者)

ないで、こういうことをやってる・・(相談者)

・・

・・

気配なん・・ですよ。(相談者)

うーん・・(加藤諦三)

・・

そこがちょっと、理解・・できないっていうのも・・(相談者)

あなたからすると、理解できない・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

つ・・続かないんですよねぇ?(加藤諦三)
続かないん・・です。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

で、今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
まぁ・・今現在こう・・21歳の息子さんが、こういう状態で・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

これにどう対処したらいいでしょうか?・・ってことですか?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
・・
我々のその・・夫婦関係も・・(相談者)

良くない・・(相談者)

からなんだろうか・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
っても、思ったり・・(相談者)

夫婦喧嘩もするし・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
お互いの心の中で・・(加藤諦三)

ええ、ええ。(相談者)

繋がりみたいなものも、もう、なくなったという・・(加藤諦三)
もう・・はい、わたしとしてはないです。(相談者)

ということですねぇ?(加藤諦三)
ええ。(相談者)
そういう中で・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

息子さんは、育ったと。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
そして、こうなったということですね。(加藤諦三)
・・
はい、わかりました。(相談者)
はぁい・・はい。(相談者)

今日はスタジオに幼児教育の、大原・・敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク