テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月26日(土)は、加藤諦三&塩谷崇之。15年ほど前の浮気が原因で別居中の夫から離婚の申し出。応じようと思うが、その時に相続で継いだ土地・建物を夫名義に変更。理由は、浮気相手の妻から1千万円の慰謝料請求の裁判を起こされた為。結果、相手から夫が慰謝料3百万円を貰い、財産のない自分の支払いは無し。そもそも、浮気はしてなくて嘘の自白を夫が信じた。土地、建物の名義はどうなるのだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『はっきりと物を言えない人というのは、心にやましさがある人です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:64歳女性 夫64歳 子供は3人(全員結婚し家を出ている) 21歳で結婚し15年前に別居し一人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢、教えてください。(加藤諦三)

えーっと・・64。(相談者)
64歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

64です。(相談者)
64歳・・(加藤諦三)

お子さんは?(加藤諦三)

3人います。(相談者)
3人・・(加藤諦三)

で・・今・・そうすると・・家を出てるんですか?3人とも?(加藤諦三)

あ、みんな結婚して、出ています。(相談者)
と、今、おふ・・お二人で、暮らしてるんですね?(加藤諦三)

いや、一人です。(相談者)

あ、一人?(加藤諦三)

別居してるということですか?(加藤諦三)
別居してます。(相談者)

どのぐらい前から、別居ですか?(加藤諦三)
15年前ぐらいくらいです。(相談者)
15年前?(加藤諦三)

・・

で、結婚・・・生活は、どのぐらいだったの?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

21歳で、結婚しましたので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

40・・(相談者)

過ぎですね。(相談者)

あぁ、そうですか、あの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

別居したのはね、はい、わかりました。(加藤諦三)

それで今、一人暮らしということで、はい、どんな相談ですか?(加藤諦三)

名義変更

えーっとね・・(相談者)

もう、15年も経つから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

旦那が・・最近になって・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

離婚をした方が、いいじゃないか?・・っていう話しが、出てきたもんだから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

だから・・(相談者)

わたしも考えまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

離婚・・できなかったのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、土地の・・家の土地の名義がね・・(相談者)

うん?(加藤諦三)

旦那の物、なったんです。(相談者)

家の名義が・・ご主人の物・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
夫の・・はい。(加藤諦三)

だから・・わたしは、この家の土地を・・(相談者)

親から・・(相談者)

財産分けとして、もらったもんですから・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)

あ、そうすると・・(加藤諦三)
だから・・(相談者)

あの、別居といって・・ご主人が、出て行ったわけですねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、もともと、あなたの・・(加藤諦三)

あの、相続で・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
もらった土地と・・(加藤諦三)

家であったけれども、名義は・・(加藤諦三)

夫の名義になっていたと。(加藤諦三)

あのねぇ・・(相談者)

はい?(加藤諦三)
えーっと、やっぱ、15年くらい前に・・(相談者)
ぅ・・ぅぅん・・(加藤諦三)
出てく、ちょっと前に・・(相談者)
・・
わたしが・・(相談者)

あの、会社、行ってた頃・・(相談者)

うん?(加藤諦三)
浮気っていうかねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

こういう、何人かの人と、飲みに行ったりしてたもんで、それが、見つかってしまったので・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

要す・・要するに・・(加藤諦三)
で・・(相談者)
あなたの方の、浮気が見つかった・・っていうことですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

そして?(加藤諦三)

そして・・あのぅ・・(相談者)

その相手の・・奥さんに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

裁判にかけられたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)
1千万円の請求を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ほいだから・・(相談者)

・・

これはいけないということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

旦那に名義を、変えられちゃったんですよ。(相談者)

・・・

名義を?・・あああ・・(加藤諦三)

・・・

・・・

なるほど・・要するにそのぅ・・(加藤諦三)

あなたが・・浮気をした相手の・・奥さんから、裁判の、1千万円を・・(加藤諦三)

とられるとマズイので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その家の土地・・と、名義を・・(加藤諦三)

・・・

・・・

うん、夫の物に、変えてしまったと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

浮気していないのにしたと言う

それで・・(加藤諦三)

変えて、その後、その・・(加藤諦三)

裁判は、どうなったんですか?(加藤諦三)

え?あのぅ・・(相談者)

3百万・・旦那・・に・・向こうの奥さんが、払・・った・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの方は、なんにも払わ・・ないもんですからね、なんにも・・(加藤諦三)

相手の方からもらったってのは・・(加藤諦三)

どういうことですか?(加藤諦三)

・・

相手の・・(相談者)
あなたが浮気したんでしょう?(加藤諦三)

そう・・(相談者)

あ・・(相談者)
その、3百万・・っていうのは・・(加藤諦三)

あなたが浮気をした相手の奥さん・・(加藤諦三)

が・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
あなたに・・(加藤諦三)

・・

わたしじゃなくて、旦那に・・(相談者)

慰謝料として・・(相談者)

わたし・・(相談者)

に・・あのぅ・・向こうの旦那さん、関係ある・・っていうことの、慰謝料として・・(相談者)

3百万、もらったんです。(相談者)

あああ・・(加藤諦三)

・・・

・・・

関係があったっていうこと、わたしが言ったんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

ほしたら・・旦那も、本気にしちゃって・・(相談者)

3百万・・を、向こうから・・(相談者)
・・
ちょっと待って・・(加藤諦三)
それは・・(相談者)
相手も本気にしちゃったって、事実を・・ちょっと、しっかりしときましょう・・(加藤諦三)

あなたが浮気をした・・これは事実ですねぇ?(加藤諦三)

ええ・・事実・・ではないんだけれど・・(相談者)
・・
ちょっと待って。(加藤諦三)

じゃあ、わかりました。(加藤諦三)
・・
浮気を見つかったと、言ったけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
浮気は、していなかったということですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

はい。(相談者)

・・

もう・・(相談者)
実際に・・浮気してないのに、なぜ・・(加藤諦三)

浮気してるというふうに、言ったんですか?(加藤諦三)

わたしねぇ・・結婚した当時から、きつかったんですよねぇ、自分自身が・・(相談者)

・・

はあ・・それ・・(加藤諦三)
旦那には・・(相談者)

はいはいはい・・(加藤諦三)
意地悪ばっかし・・してて・・(相談者)

あなたが、意地悪してたの?
旦那さんが・・(相談者)
・・
はい?(加藤諦三)

うん・・そう。(相談者)

だけど、子供3人いて・・(加藤諦三)

・・

もう・・子育てで、大変でしょう、普通・・考えて。(加藤諦三)
大変だって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
だから、わたしはもう、一生懸命、働き通しだったんですよ。(相談者)
そりゃそうだと思いますよ。(加藤諦三)

で、一生懸命、働いてた時に・・(相談者)

会社にいた人が・・(相談者)

誘ってくれたの・・わたしもうんと悩んでて、子育てや・・(相談者)

旦那のことにも・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

いろいろ、悩んでて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ほいで、そう・・やっぱ、一人に、相談してたんですよね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・・

・・・

離婚した方がいいのかどうか

はい、わかりました。(加藤諦三)

それで今日・・そういうようなことで・・(加藤諦三)

・・

そのぅ・・(相談者)

相談してた・・というだけね?(加藤諦三)

・・・

うん・・ときたま二人でね・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

車の中で、話してたりしてた・・(相談者)

ですよね。(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・

そして・・いつも行く・・あのぅ・・飲み屋さんに行ったんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

二人で・・(相談者)

うん・・(相談者)
だから、そういう、周りの人達は・・そうやって、いいようには見てくれなかったんですよねぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
・・
ほいで、奥さんに言いつけたんですよね。(相談者)

・・・

はい、わかりました、それで?(加藤諦三)

今日の相談っていうのは・・(加藤諦三)

あの、夫の方から、離婚しようと言ってきたと。(加藤諦三)

離婚した方が、いいのかどうか・・(相談者)

はい。(相談者)

で、あなたが、この状態の中で、離婚したいけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

その、家、土地は、夫のだ・・(加藤諦三)

物になっている・・(加藤諦三)

で、10・・15年間、別居していると。(加藤諦三)

はい。(相談者)
どうしたらいいでしょうか?・・ってことですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました・・今日はあの、スタジオに弁護士の塩谷崇之先生がいらしてるので、伺ってみてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、こんにちは。(塩谷崇之)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. この相談者の相談内容が複雑と云っていいのか主語、述語がはっきりしないと云うのか、自分が旦那さんにきつく当たってた?それともその反対?まあ、取り敢えず
    浮気騒動があって本当に実際には浮気なんて無かったのか、実際に浮気したのか分からないけど多分それがきっかけで別居になったんでしょうね。別居して15年、旦那さんだってまだ64歳、恐らく結婚したい女の人でも出来たんじゃないかと想像しますが離婚しようかと云われたんですね。お互い21歳同士の結婚なんですね。若かったですね。不思議なのは私も女ですが、女の人って家庭の悩みでも旦那の悩みでも男の人に相談するのって多い気がしませんか?複数の知り合いもそうでした。この間の女優さんの不倫でもそうでしたね。悩みを聞いて貰ってたって。私には分からないですね。
    そういうのは誤解される素じゃないかな。異性に相談すると何か違う答えを得られるんですかね。加藤先生とかも男性だけど。なんか隙があるような気が。それで家庭を壊しちゃうってどうなんですかね。ま、今日の相談は家の名義の相談ですが。

  2. しずりさん
    確かに この相談者さんの話は分かり難いですね。
    私も「きつかった」と言う意味を最初は相談者さん自身の性格の事かと思いました。

    でも「旦那さんが意地悪」と言うのを聞いて分かりました。
    「きつい」と言うのは肉体的にも精神的にも大変という方言(?)だと思いますよ。

    それから女性は同姓に相談して同情されたくない(相談相手に優越感を与えたくない)のと、異性に慰められたいんでしょうね。自分の事を考えてくれる異性の存在が嬉しいのだと思います。
    浮気をするしないに関わらず。(私はそんな経験はありませんが、そう感じます)

  3. いやいや。「実際には浮気してませんでした」なんて今さら言っても意味ないですよ。
    発覚時、当人たち二人とも「浮気してました」と認めちゃってるんですから。
    実際に浮気してなかったんなら、少なくとも浮気相手とされた男は必死に抗弁したはずです。
    裁判になったということは(しかも1千万、300万円という高額な請求)、動かぬ証拠もあったとしか思えません。
    この相談者さんが言ってることは信用できませんね。加藤先生の最後の言葉「うしろめたい」は、それを指摘してるんだと思いますよ。

  4. 響子さん、管理人さん有難うございました。「旦那さんに意地悪をされていた」んですね。聞き取れませんでした。納得しました。そうですか。女の人は同情されたくなくて相談相手を異性に求めるんですね。この相談者の場合はそれ以上いってしまった確率が高いという事でしょうか。本人は否定していますが。だとしたら旦那さんに意地悪をされて辛かった過去かも知れませんが、現在はまた違った辛さ、淋しさですかね。経済力の問題が加わりましたね。旦那さん好きな人が出来たか、と思いましたが管理人さんの定年と云う言葉でハッとしました。現役とは全然違いますものね。
    この相談者の方、相談の名義とお金以外では平穏に暮らしてほしいなと思います。子供を当てに出来る時代ではないけど、いるのといないのとでは違うと思いますよ。