テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月28日(金)は、加藤諦三&大迫恵美子。17年前に離婚した父、2年後に不倫相手と再婚。数年ぶりに実家に帰省すると、生活が派手になっていた。ブランド品に身を纏う再婚相手。いい車に乗って実家に入り込んでる再婚相手の息子家族。質素倹約の父だったのに、実家がのっとられそう。死んでも渡す財産は1円もないので、請求しないでと父の再婚相手に告げられる。そんな事が許されるのか?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:32歳女性 夫38歳 子供3人 実家の父65歳(17年前に離婚し2年後に再婚) 父の再婚相手68歳

加藤諦三氏の〆の言葉『現実への正しい認識、それが解決の必要条件です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

32歳の女性から、夫は38歳、子供3人。

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

散財する父の再婚相手

実の父親の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、再婚相手に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、実家が、ちょっと・・(相談者)

とられちゃいそうで・・実家の父の・・(相談者)
再婚相手というのが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
何歳の方ですか?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)
おおよそ。(加藤諦三)
68です。(相談者)

はい。(相談者)
お父さんは?(加藤諦三)

65です。(相談者)

それでこの・・(加藤諦三)

再婚・・(加藤諦三)

相手・・に、とられてしまいそうっていうの、具体的に言うと、どういう・・話しですか?(加藤諦三)

えーっと、先日、何年かぶりに・・えっと、実家に帰省したら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今まで・・すごい質素倹約な父・・・だったんですけれど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、奥さんの持ち物が・・(相談者)

ちょっと、ブランド物とか・・車とか、そういう物が、すごい・・(相談者)

派手で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

地元・・に、まだ居る・・兄弟の話しでは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

パチンコもギャンブルもやるし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、あのぅ・・(相談者)
・・
実家の方も、ちょっと、あの、再婚相手の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

前の旦那さんとの間の子供を・・あの、家にあげちゃってたりとかして・・(相談者)

でぇ、あのぅ・・その嫁・・と、その子供・・とかも・・割と自由に出入りしていて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、そのぅ・・子供達も、わりといい車を乗っているっていう・・(相談者)

感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でも、なんか・・(相談者)

この前、帰った時も・・(相談者)

父・・の、財産は・・あなた達、兄弟に残す財産はないから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・死んだ後でも、請求しないでくれ・・っていう・・(相談者)

言われ方をしたんですね。(相談者)

と、あなたから見ると・・この・・(加藤諦三)

実家に行ってみたら、「え?」・・っていう、こう、驚きというか・・(加藤諦三)

面白くないっていう・・(加藤諦三)

気は、あったんですか?(加藤諦三)

あっ、ありますね・・あのぅ、腹立たしいっていう・・(相談者)
あるよねぇ。(加藤諦三)
気も・・(相談者)

はい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

そのぅ・・あなたのお母さんと離婚したのは、なんですか、原因は?(加藤諦三)

その再婚相手・・と、ずっと・・(相談者)

不倫っていうか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

していたみたいで、わたしもまだ、子供だったので、その辺の詳しい事情は、よくわからなかったんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

実家がとられそう

はい、で、その母と・・離婚してから・・(相談者)

2年後ぐらいに、すぐ・・再婚して・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まあ、そうすると・・(加藤諦三)

まぁ、あなたとすると、この再婚相手の・・人・・は・・まぁ、当たり前の話しですけど、自然な感情として、面白くないですよね。(加藤諦三)

ああ、そうですね、はい。(相談者)

・・・

でぇ、しかも自分の・・お父さんが・・(加藤諦三)

そのぅ・・人に、贅沢をさして、また、その人の子供が・・(加藤諦三)

その、あなたから見ると、まあ・・(加藤諦三)

自分の家のような感じの家に・・(加藤諦三)

が、自分の家で、なくなってると。(加藤諦三)

そうですね、自分の実家・・が、もう・・完全に・・(相談者)

再婚・・相手と、再婚相手のそのぅ・・子供に・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
なんか・・いいようにされちゃっていて・・なんか・・父もなんか・・(相談者)

あんまりそれに・・(相談者)

口出しできないような・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
状況・・が・・(相談者)

出来上がっちゃ・・ってったっていうのが、この前、何年かぶりに・・(相談者)
行った時の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
感じということですね・・(加藤諦三)
そうですね、ビックリして・・はい。(相談者)
まぁ、非常にその・・不愉快で、怒りがもっていると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、こういうことが、通るのかどうかってことですね?(加藤諦三)

そうですね、それでそのぅ・・再婚相手の子供も・・(相談者)

に、その、うちの、父の財産が・・(相談者)

とられちゃんじゃないかっていう・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)
っていうことですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日は、スタジオに弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.