テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月9日(金)は、加藤諦三&中川潤。去年、税金の通知で父親が3年前に亡くなっていた事を知る。ギャンブル好きで、借金まみれだった父。小学生の時に家を出て音信不通だった。借金取りに脅された母、それを聞いていた兄からは父の悪口だけ刷り込まれた。会いたいと思っていたが死に目に会えず、心の整理がつかない。父の死因を知りたいと思うのだが、どうすればいいのか。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:43歳女性 夫39歳 子供3人 長女7歳 長男5歳 次女3歳

加藤諦三氏の〆の言葉『幸せとは、悲しみがない事ではありません。生まれた以上、悲しみは避けられません』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

43歳の女性から、夫は39歳、長女7歳、長男5歳、次女3歳。

えーっとですね、3年前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、亡くなった父親・・の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと・・死因を・・(相談者)
・・
調べたいのと・・あと、その・・(相談者)
・・
死因を調べたいって、な、何?なんかこの、疑問があるんですか?(加藤諦三)

借金まみれで家を出た父

わたしが子供の時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

えっと、家を出て行って・・(相談者)
・・
ま、二十歳・・(相談者)
あ、お父さんが、家を出たってことね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)

で、二十歳ぐらいに・・えっと・・正式に離婚はしたんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えーっと、高校ぐらいの時に、葬儀に行って、一回、会ったぐらいで・・(相談者)

ずっと、あの、音信不通だったんですよね。(相談者)
つまり、あなたが子供の時というのは、おおよそ何歳ぐらいですか、お父さんが出たのは?(加藤諦三)

30年ぐらい・・(相談者)
30年ぐらい前?(加藤諦三)

そう・・ですね。(相談者)

ということは、中学生ですか?(加藤諦三)
あっ、えっと、小学生の時ですね。(相談者)
小学生だった・・はい。(加藤諦三)
はい・・の、時に・・(相談者)
で、小学生の時に、お父さんが家を出て・・(加藤諦三)
・・
ええ。(相談者)

そして・・(加藤諦三)

二十歳・・あなたが、二十歳の・・ぐらいの時に・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
離婚が、成立したということですね。(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それで、葬儀というのは?(加藤諦三)

父親の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと、弟さんか、まぁ、誰か亡くなった時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
お婆ちゃんか、亡くなった時に・・ま、一回・・会ったぐらいなんですけど。(相談者)
あっ・・なるほどね。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
その時に・・(加藤諦三)

お父さんの・・(加藤諦三)

顔を見たということですね。(加藤諦三)
あ、はい。(相談者)

でも、小学校で、まぁ・・高学年だったら・・お父さんは、当然、覚えてますよね?(加藤諦三)
はい、覚えてます。(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
ズズッ(鼻をすする)・・(相談者)

思い出も、なんとなくあるんですけど。(相談者)
はい、でしょうね、はい。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
そいで?(加藤諦三)

それ以降も、結局また、音信・・(相談者)
・・
お互い、音信不通で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それ以後っていうのは・・(加藤諦三)

お父さんの、弟さんが・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
か、お兄さんか、なんかが、亡くなられた時ということに、会って以降ですね?はい。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

で、まあ・・(相談者)
・・
離婚もなんか、調停か、なんかが、あったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしは、あの、関知してないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
長男・・(相談者)

は、わたしの兄と母で・・進めていったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、詳しいことは、わからないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、とにかく、わたしは、会ってない・・状態で、ずっと、今まで来て・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・
いつかは、まぁ、会えるかなぁ?とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたし、死に顔ぐらいは、見えるかなぁ・・と、思いながら生きてたんですけど・・(相談者)
はい。(相談者)

・・
2年・・(相談者)

前に、亡くなったっていう、なんか、税金の通知で・・それも知らされて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

さっき・・2年前って、3年前って言わなかった?(加藤諦三)
あ、それがあの、去年・・その、税金の通知が来たんですね。(相談者)
あぁ、あぁ、はい。(加藤諦三)

で、その通知を見たら・・あの、2年前に・・(相談者)
あ、3年前に、亡くなっていたということですね?(加藤諦三)
はぁい、そうなんです。(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)

・・
父親が、ちょうど亡くなる・・ぐらいに・・は・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
あのぅ、うちの主人が、まあ、結婚式とかでも、もちろん、呼んだりもしてないし・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ま、居所が、わからなかったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
「お父さんに・・連絡して、会ってみたら?」みたいな・・(相談者)
・・
感じで言ってくれて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、わたしも、その気になって、母に相談したんですけども、母はあの・・(相談者)

もう、まあ、嫌な思いしかしてないんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「今更、電話してどうするの!」ってもう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
頭ごなしに言われたんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしも連絡するのも・・(相談者)

もう、そこで諦めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
しまったんですけど・・(相談者)

ちょうど、その頃に・・(相談者)

まあ、亡くなる・・(相談者)

かなっていう・・時だったんですよね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今・・(相談者)

思えば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

心の整理

まあ、ずっと会ってなかったんですけど・・(相談者)
・・
まあ・・(相談者)

兄とか、母からしか、あのぅ・・聞いてないんで、ま、全てほとんど、悪口みたいな感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・
擦り込まれて・・(相談者)

育ってきたんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、その、そいでもやっぱり・・(相談者)

わたしの・・父親であることには、変わらないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・
でも、まあ、こう、亡くなってしまった今・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
この気持ちを・・(相談者)

どう・・(相談者)

・・
なんて言うか(泣き始める)・・整理すればいいのかって・・いうか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
孫の顔、一つも、見せられなか・・ったっていうのが・・(相談者)
ん、ん・・うん。(加藤諦三)
申し訳ないのもあるし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

・・
半分、自業自得って・・(相談者)
・・
母なんか、言うんですけど・・それもそうかな、とは思うんですけど・・(相談者)

な、半分、そういうことになったのは、お父さん自身に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
問題があるという言い方ね・・お母さんは・・(加藤諦三)
ええ、ええ、そうです。(相談者)
はいはい・・(加藤諦三)
ズズ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まあ、あのぅ・・ギャンブルが好きで・・まぁ、あちこちから借金作って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

お給料、持ってこなかったとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
母も、さんざん、苦労させ・・られてますし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、兄なんかも、あのぅ、中学・・ぐらいの時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
家に、借金取りが来て・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

階段で、その・・(相談者)
・・
あの・・(相談者)
・・
「奥さんなんか、その、夜の商売で、働いて返してもらうよ」みたいな・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
そんなのも、階段で聞いているみたいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

今・・(加藤諦三)
・・
その、3人お子さんが居て・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
ご主人が居て・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
その、今の家族は・・(加藤諦三)
・・
幸せに、やってるわけ?(加藤諦三)
幸せです。(相談者)

もう、今までに・・(相談者)
・・
考えられないぐらい、結婚してからずっと、幸せで・・(相談者)
・・
うーん・・(加藤諦三)
怖いぐらいです。(相談者)
・・
ふふふっ・・(相談者)

それが・・アレですか・・(加藤諦三)
・・
あのぅ・・お父さんに対する・・(加藤諦三)

ギャンブルやって、どうしようもない親父っていう・・(加藤諦三)
・・
ええ。(相談者)
ことは、頭の・・(加藤諦三)

理屈としては、わかるけれども・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

あな・・た・・の、今の幸せな・・生活の中で・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
父親に対する、優しい気持ちが出てきて・・(加藤諦三)

どうにもならないってことね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

・・・

でぇ・・それで・・(加藤諦三)

・・
ぅ・・はい。(相談者)
むしろ、今日の話しはそうすると、こういうことですか?(加藤諦三)

・・
そういう・・お父さんに対する、どうしようもない感情を・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どう・・整理してったらいいの・・(加藤諦三)

・・
ええ。(相談者)
・・
かという・・(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
さ、最初の死因を調べ・・たいとか、そういうことでもないんですよね?(加藤諦三)

まあ・・あのぅ・・わたしにも子供がいるんで・・そういう病気・・で、なんの病気で死んだかっていうのは・・(相談者)
ああ、そういう・・(加藤諦三)
知りたいなっていうのも、あるんですけど・・(相談者)
ことですか。(加藤諦三)
・・
ま、自殺とかではないとは・・思うんですけど、ちょっと、わからないので・・(相談者)

まぁ・・一人で暮らしてたようですし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

うーん・・まぁ、そういう可能性もあるかなぁって・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
思うんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・
はい、わかりました。(加藤諦三)

あのぅ、直接の、法律・・の、問題ではないんですけれどもね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ぁ・・はい。(相談者)
伺って、みたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク