テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月14日(水)は、柴田理恵&三石由起子。二世帯住宅で姑と同居して15年。当初は一緒にご飯を作ったりして食べていたが、嫌いなご飯が出ると、目の前でゴミ箱に捨てたり、子供のお皿に移したりされる。そのうちに一緒にご飯を食べることもなくなるが、近くに姑の部屋があり、気配を感じただけで嫌悪感がする。顔も見たくないし口もききたくない。上手くやっていく気はないが、気持ちを楽にしたい。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:44歳女性 夫54歳 婚姻17~8年 子供二人 長男17歳 長女13歳 二世帯住宅に住む 姑75歳・夫の妹夫婦(子供二人は独立)と同居して15年

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)
あっ、もしもし?・・よろしくお願いします。(相談者)
はい。(柴田理恵)

今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

あ・・えっと、同居している、主人の・・母との・・(相談者)

関係が、うまくいっていなくて・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

でぇ、その母に・・(相談者)

対して・・わたしの方が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
んっと、すごくもう・・(相談者)

顔も見たくないし、口もききたくないっていう・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
気持ち・・に、なってて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっと姿を見かけるだけでもう・・(相談者)

すごく嫌な気持になるんですよねぇ。(相談者)
うん、うんうんうん。(柴田理恵)
それで、自分の気持ちを・・(相談者)

・・

なんとか・・(相談者)

いい方に・・(相談者)

あの、これから生活していく上で・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
どのようにしていったらいいのか・・っていうのを、教えていただきたくて・・(相談者)
うんうん・・そうですねぇ・・一緒に住んでらっしゃる人の・・顔見るだけで嫌なんて・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
そんな毎日、嫌ですもんねぇ。(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)
あなた今、おいくつですか?(柴田理恵)

44歳です。(相談者)
44歳・・旦那さんは?(柴田理恵)

54歳です。(相談者)
54歳・・お母さんは、おいくつですか?(柴田理恵)

えっと、75歳です。(相談者)
75歳、はい。(柴田理恵)

えっと、同居して何年ですか?(柴田理恵)

同居して・・(相談者)

15年ぐらいです。(相談者)
15年・・えっと、結婚・・(柴田理恵)

も、そのぐらい?(柴田理恵)

えっと、結婚は・・17~8年になるんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

んっと、最初、結婚してすぐは、転勤になって・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
3年ぐらいは・・離れてました。(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

3年間、別の所に住んでらして・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
でぇ・・(柴田理恵)

ご実家の方に、戻ってらしたって事ですかね?(柴田理恵)
はい。(相談者)

うん、じゃあ、えっと・・そこの、今の、お家は・・お母様が、ずっと住んでらっしゃった、お家ってことですか?(柴田理恵)

えっと・・(相談者)

・・

結婚する前に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

家を、建てたんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
主人が建てた家で・・(相談者)
ふんふんふん。(柴田理恵)
えっと・・(相談者)

主人と・・あと、二世帯住宅なんですけども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

主人の妹家族と、もう、一世帯が・・あるんです。(相談者)
ってことは・・(柴田理恵)

今、住んでるのは・・(相談者)

はい。(相談者)
あの、要するに、お姑さんと・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

あなたのご家族っていうか・・お子さん、いらっしゃるんですか?(柴田理恵)

はい、二人います。(相談者)
二人?・・えっと・・ごめんなさい。(柴田理恵)
えっと、上が、高・・んっと・・(相談者)
高校・・(柴田理恵)
10・・7歳・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
男の子。(相談者)
男の子・・はい。(柴田理恵)
下の子が・・(相談者)

10・・3歳で、女の子です。(相談者)
はぁ、はぁ・・じゃあ、その・・あなたのご家族4人と・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
ぉ、お姑さんと・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ご主人の・・(柴田理恵)

妹さん・・(相談者)

はい。(相談者)
が・・また、ご夫婦で?(柴田理恵)

はい・・でぇ、えっと・・(相談者)

妹家族の子供二人は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もう、あのぅ・・社会人になって・・(相談者)
あぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・はぁ。(柴田理恵)
いないので・・はい。(相談者)

じゃあ、あの、妹さんと、ご主人と?(柴田理恵)
はい。(相談者)

じゃあ、これだけで住んでらっしゃるんですね?(柴田理恵)
はい。(相談者)
結構、大家族ですねぇ。(柴田理恵)
はい。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

なぁーんで、そんなに、嫌になったんですか?・・おくさ・・お母さんのことを?(柴田理恵)
・・
もう、15年、ずっと嫌なんですか?(柴田理恵)

んっと、最初・・こっちに、越して来た時は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ・・仲良くやろうと思って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

いたんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あの、最初・・一緒にご飯・・(相談者)

作って・・食べるようにな・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)
って・・食べてる・・(相談者)

そういうふうに、食事も一緒に摂ってるうちに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
なんとなく・・(相談者)

・・

・・

うん・・だんだんと・・(相談者)

なんだろう・・あの、お母さんの方も・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっと、嫌だと思ったのか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自分の部屋で食べるようにな・・(相談者)

って・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
でぇ、それから・・(相談者)

今度は・・(相談者)

あの、もう・・(相談者)

「自分で作るから、ご飯、用意しなくていいよ」みたいな・・(相談者)

ってきて・・(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)
そして、下の妹の方に行って・・作ってもらってるのか、自分で作ってるとか用意して、自分の部屋で・・(相談者)

食べるみたいになって、だんだん、顔を合わすこともなくなってきたんですけど。(相談者)
うーーーん・・(柴田理恵)

そういうふうにして、だんだん・・(相談者)
じゃあ・・(柴田理恵)

なんっつうんですか、お姑さんの方が・・(相談者)
離れてったんですか?最初・・(柴田理恵)

うん・・たぶん・・(相談者)

わたしが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

やっぱり、嫌だと思ってるのに気付いて・・離れて行ったんだと思います。(相談者)

あなたは・・(柴田理恵)

どこが嫌だったの?(柴田理恵)

そのぅ・・最初はだって、仲良くしようと思って・・(柴田理恵)

頑張って、ご飯も作ってたんでしょう?(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)

んん・・(相談者)
なに・・なにか、嫌なこと・・(柴田理恵)

言われました?(柴田理恵)
まぁ・・食事のことで・・言えば・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、自分が・・嫌いな物が出てきたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ゴミ箱に、目の前で、サッと投げたりとか・・(相談者)

ああ!(柴田理恵)
投げたり、あと・・(相談者)

ゴミ箱に捨てたんだ・・(柴田理恵)
あの、子供が一緒に食べてたんですけど・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)
小さい時ねぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

「あげる」って言って・・(相談者)

あの、子供のお皿に・・入れたりとか・・(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)
ま、そういう・・(相談者)

ことで、だんだん、なんか一緒に食べても楽しくないので・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
嫌だなぁっていう気持ちには、なってったんですけど。(相談者)
うーん・・嫌い・・好き嫌い、多いんだ、お母さん。(柴田理恵)

・・

うーーん・・わからないですけど・・(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)

そりゃ誰でも、その目の前で、ゴミ箱に捨てられたら嫌ですよねぇ。(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)

「嫌いなの」って、普通に言ってくれればいいのにねぇ。(柴田理恵)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)

じゃあ、今、じゃあ、全然、ご飯作ってないんですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

それはそれで・・良くないですか?(柴田理恵)

ぁ、それはそれで、いいし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

だんだんと、顔を合わせることも、ほとんどなくなったので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
前に比べたら・・(相談者)

ずっと、いいんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ただ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

それなのに・・わたしの気持ちとしては・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・すごく、だんだん・・(相談者)

嫌いだ・・っていう気持ちが、どんどん強くな・・っていって・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

それでぇ、まぁ、ほとんど顔を合わさないんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの・・やっぱりそこに・・(相談者)

部屋は、一緒の・・(相談者)

すぐ近くにあるので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの、部屋に居るなぁ・・っていう気配とか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ、あのぅ・・(相談者)

トイレに上がってきて・・(相談者)

ドアをバンと閉めたとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そういう、なん・・ただ、そういう・・(相談者)

事を、存在が・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
感じるだけでもう・・(相談者)

ああ、居るんだぁ・・とか、嫌だなぁ・・とかって・・(相談者)
ああ、ああ・・(柴田理恵)
そういう気持ちになっちゃって・・(相談者)
些細なそういうことが、もう・・(柴田理恵)

こう・・神経に障るというか・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
嫌だった・・嫌になってきちゃった。(柴田理恵)
はい。(相談者)

ああ・・(柴田理恵)

えっと・・(柴田理恵)

・・

あの、ご主人は、なんとおっしゃってますか?(柴田理恵)

うん・・なにも・・言わないです。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

・・

・・

・・

なんか・・(柴田理恵)

ご主人だけ、「わたし、どうしても嫌なのよ」とか・・「お母さんに、あんな事されるのよ」とかって、いうふうには、言ったことはないんですか?(柴田理恵)

・・

・・

うん・・(相談者)

言ったことも・・ありますけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・「相手にするな」っていう・・感じで・・(柴田理恵)

ふぅーん・・(柴田理恵)

・・

・・

・・

お母さんに、直接、言ったことはないんですか?(柴田理恵)

うーん・・(相談者)

いや、あまりそういうふうには、言ったことないです。(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)

・・

・・

ふぅーーん、じゃあ、ずっと我慢してきたってことですか?(柴田理恵)

うん、そうですねぇ。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

・・

・・

・・

・・

どなたかそういう・・愚痴っていうか・・(柴田理恵)

うん・・(相談者)

そういうふうに・・言える・・方は、いらっしゃらないんですか?(柴田理恵)

・・

いないです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

学校の時の・・同級生とか・・(相談者)

・・

うーん・・(相談者)

・・

まぁ・・友達はいますけど・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
お母さんのことを話す・・っていう・・(相談者)

友達はいないです。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

・・

・・

じゃあ、毎日・・しんどいですねぇ・・そういうふうに思ってると。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
うーーーん・・(柴田理恵)

・・

・・

なるほどねぇ・・(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)

じゃあ、えーっと・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
とにかく・・あの今、一緒に住んでらっしゃる・・ご主人のお母様が・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あまり・・嫌だと。(柴田理恵)

はい。(相談者)
どうやったら、うまくやっていけるかっていう・・ご相談でよろしいですね?(柴田理恵)

うまく・・(相談者)

やっていけるとは、思ってないので・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

わたしが・・もうちょっと気持ちを楽に・・(相談者)

うんうんうん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)
あなたの気持ちが、楽にするには、どうしたらいいか・・(柴田理恵)
そこまで・・そんな・・なにかされてるわけでもないんだから・・(相談者)

そこまで・・に・・憎しみの気持ちを持つこともないんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そのぅ・・そういう気持ちになれる・・には、どうしたらいいか・・っていうことを、教えていただきたいです。(相談者)
わかりました・・はぁい。(柴田理恵)

ぇ、では、今日の回答者の先生はですね・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。(柴田理恵)

はい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. この手の 嫁姑問題  行くつくところ スープの覚めない 足音も気配も感じない距離 が よさそうですね そもそも 嫁と 姑の 世代間ギャップ 味の好みも 違いますし 加齢による 味覚減退も ありますからね 姑の健康など 気遣わずに 和風濃い目の味付けを すればいいのですが ねぇ。
     こんな 逸話が あります  爺さんが 若い 後妻を 貰ったところ 新妻が ソースを 食卓に 置いていたところ 爺さんが それを お浸しに かけて 口に入れ た 途端「なんだ これは 醤油を 腐らせやがって」と 怒り心頭だったそうで、 ソースなどと言う ハイカラな調味料を 知らない 古い田舎から出たことのない爺さんの 味覚には 腐っているとしか思えなかったのでしょうね 今日のご増段 件の 姑さんも 同じような 味覚をお持ちで ゴミ箱へ捨てられたのでは(・・?  まぁ 二世帯住宅などと言うものにお暮しになっていること自体がご無理です 安アパートでも いいので さっさ と 別居なさい 夫が同意しなかったら ご相談者だけでも 明日 ご実行ください。 その方が ご相談者の精神衛生上好ましいです、 このまま行ったら そのうち 大爆発します。

  2. 三石先生の大っ嫌いな人はよその人だったみたいだけど
    この相談者の場合家の中にいるわけで・・・
    楽器演奏したり歌歌ったりするくらいでは
    この気持ち晴れないと思いました。
    相談が終盤に向かうに連れどんどん声が暗くなる相談者・・・
    「とっとと別居しなよ」って言って欲しかっただろうに・・・。

  3. これって妹夫婦と二世帯って事かな?だとしたら結構特殊じゃないですか?
    こんな同居って結構無理が有ると思いますがね・・・
    義母を妹側に見て貰う事もしないような頼りにならない旦那じゃ、別居も無理だと思うけどなあ、見るからに事なかれ主義みたいだし・・・
    子供も大きいんだから働きに出れば?収入も増えるし色々気分転換になると思うけどな。四六時中、嫌な義母といる必要無いでしょ。

  4. 「小人閑居して不善をなす」ってことですね。
    あきれてしまいましたよ。家庭にこもりっきりの専業主婦なんてこんなレベルなんですね。姑も嫁も。

    社会へ出て責任ある立場で仕事してたら、ここで述べられてたような「些細な」ことで上司や同僚や部下を嫌ってしまうような我儘は許されません。
    もっともっと遥かに大きなストレスと闘っているのが普通です。

    こんなことでそこまでいがみ合ってられるなんて、なんと幸せなことですこと。

  5. 隣の部屋にいるなら、歌うたったり音楽かけてたら「うるさい!」って怒鳴られそう。