テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月7日(土)は、今井通子&三石由起子。46歳の女性からの相談。3年前、昔付き合っていた彼と出会い、再婚の約束をして離婚する。半年ぐらい前、彼の様子がおかしいと思ったら鬱病に。病院を探したり対処をしたりするが、聞き出した原因は自分。子供も含めて全部面倒を看るつもりだったが、実際、子供に注意できないとかがプレッシャー?自分が原因なので、どうすべきか全くわからない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:46歳女性 3年前に離婚(元夫55歳) 親権を持ち一緒に暮らす子供二人 長女15歳(中学3年生) 長男10歳 再婚予定の同い年の彼(昔付き合っていた)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

ぁ、もしもし?(相談者)
はい。(今井通子)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

あっ・・すいません、お願いします。(相談者)

えっとあのぅ・・(相談者)

えっと・・あのぅ・・3年前に・・(相談者)

はい。(今井通子)
あのぅ、離婚・・を、したん・・ですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

その時にあのぅ・・昔付き合っていた彼に再会しまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、その彼と、再婚の約束をして離婚をしたんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、新しい生活を始めていたんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

半・・年ぐらい・・前にはっきりしたんですけれども。(相談者)

ちょっと様子がおかしかったんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

彼の方が、あの、うつ病になってしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・最初は、あの一緒に・・あの・・(相談者)

病院を探したりだとか、対処してたんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

あのどうやら・・ふっ・・あの、話せば話すほど。(相談者)

鬱になった原因が自分に・・(相談者)

あるっていうことが、だんだん・・はっきりしてきまして。(相談者)
はい。(今井通子)

このままあのぅ・・自分が、そばに居る事が、彼にとって・・(相談者)

いいかどうか・・っていうのが・・(相談者)

あの・・ちょっととても、迷っていて・・(相談者)

あのぅ・・今後の将来のこと、決めるにも。(相談者)
はい。(今井通子)
あの、まったく、180度、変わってしまったのでぇ。(相談者)

はい。(今井通子)
あの、まともな状況で話・・将来の話とか、今後の話とか・・(相談者)

あのぅ・・わたしが居る事で・・酷くなってしまうんでは・・あれば・・別れなければいけないのかとか、そういう話を・・(相談者)

出来ない状態で・・(相談者)

あの、もう、ずっといるんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・自分がどうすれば・・べきが・・一番いいのかが・・(相談者)

ちょっともう、どう・・どうにも答えが出なくて、お電話、お願いしたんですけれども。(相談者)
なるほど。(今井通子)

まずですねぇ。(今井通子)
はい。(相談者)

あなた、おいくつでしょう?(今井通子)

あっ・・えっと、40・・7です。(相談者)
47歳・・(今井通子)
あ、46です。(相談者)
ぁ、6歳・・(今井通子)
ごめんなさい、46です。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、もともとの・・ご主人は、おいくつ?(今井通子)

50・・5です。(相談者)
55歳。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、お子さんはいらしたの?(今井通子)
はい、おります。(相談者)

今、中学3年の娘と・・(相談者)
はい。(今井通子)
あ、15歳の娘と・・(相談者)
はい。(今井通子)
10歳の息子です。(相談者)
なるほど。(今井通子)
一緒に暮らしてます。(相談者)

でぇ、その・・娘さんと・・(今井通子)
はい。(相談者)
息子さんは・・(今井通子)

はい。(相談者)
あなたが、連れて・・親権者?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)

でぇそのぅ・・彼が・・(今井通子)

はい。(相談者)
出会った時と、なんか180度変わっちゃったみたいなお話になった・・けど。(今井通子)
はい・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
もともとは、どういう性格の方だったの?(今井通子)

あ、あのぅ・・ホントに、あの、後ろ・・(相談者)

向きな考えが全くないようなタイプだったんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

だんだん、だんだん・・(相談者)

あの、おかしくなってきて、ある日を境に・・(相談者)

あのぅ・・目も合わせれないし・・(相談者)

電話もメールをしても、なんにもへん・・あのぅ・・出来ない状態、「調子が悪い」っていうぐらいの返事しかなくてぇ・・(相談者)

あの、要するに、人とのコミュニケーション・・(相談者)
はい。(相談者)
全く取れない状態になったわけ?(今井通子)

って、思っていたんですけど。(相談者)
・・
人って言うよりは、わたしとの・・っていうのが・・(相談者)

うーん・・(今井通子)
強いのかな・・と思って、もちろん、仕事も今続けていて、接客業なのでぇ。(相談者)
うん。(今井通子)
話さないわけにいかないのでぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

もちろん職場でも、辛いとは・・言っているんですけれども。(相談者)
うん。(今井通子)

いや、ちゃんと・・(相談者)

成り立っている状態なのでぇ。(相談者)

なるほどぅ。(今井通子)
はぁーい、そのぅ・・病のこと、知れば知るほど、もう・・よう・・原因は、わたし(苦笑)・・(相談者)

・・

原因・・(相談者)
その、原因がわたしという・・(今井通子)
はい。(相談者)
原因はなんなの?(今井通子)
はい。(相談者)

もともと・・彼は、全部・・わたしの家族も、わたしも・・(相談者)

はい。(今井通子)
子供も・・生活も・・あのぅ・・わたしも仕事を辞め・・あのぅ・・手に仕事・・して・・やってたのを・・(相談者)

辞めてきたのでぇ。(相談者)

そういうのも、全部ひっくるめて自分が・・(相談者)

あの、面倒を看るというか、包み込むつもりだったんでしょうけれども。(相談者)

はい。(今井通子)
実際問題、やっぱり・・(相談者)

経済的にも・・(相談者)

子供が、なつく・・なつかない・・(相談者)

とか、子育て・・子供に注意できないとか。(相談者)

はい。(今井通子)
初めて子供との、生活・・あの、ほとんど休みの日・・(相談者)

に、ちょっと・・(相談者)

あの、接触する・・ふっ・・感じの・・付き合いから、始めたんですけれども。(相談者)
ぅ・・うん、うん。(今井通子)

あとは・・(相談者)

あと、子供の・・あのぅ・・父親・・に関しては、今も・・面会していたりするのでぇ・・(相談者)
ええ。(今井通子)

それとの・・関係も・・やっぱ、自分の置き所がわかんない・・ような・・(相談者)

ところがあって・・(相談者)

それでやっぱり一番忙しい時に、わたしが仕事から帰ってきて・・(相談者)

はい。(相談者)
あのぅ・・感謝の・・言葉もなく・・(相談者)

子守というか、留守を・・(相談者)

ちゃんと・・(相談者)

してないじゃない・・みたいな感じのこと、言ってしまったんですね。(相談者)

はあ・・(今井通子)
その態度でぇ、もう・・(相談者)

あのぅ・・わたしのことが、別人に見えたみたいな感じでぇ。(相談者)

うーーん・・(今井通子)
その日の・・わたしの顔が、もう、忘れられない・・っていう・・ようなこと、ちょろっと言う・・(相談者)

言った・・なんか、やっと、聞き出したというか、行った時に、言ったのが・・(相談者)

「ああ、それを気にしてたんだ」と思って・・(相談者)
うん・(今井通子)

はい。(相談者)

・・

なるほどね。(今井通子)

ぁ、はぁい。(相談者)

ということでぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたとは・・(今井通子)

なるべくなら・・(今井通子)

コミニュケーション取りたくない。(今井通子)

彼は、今。(今井通子)

えっとでも会うと・・「ごめんね」「ごめんね」の・・(相談者)

言葉ばかりでぇ。(相談者)

まったく病気を治す、つもりもないんですよね、もうこれ、一生付き合うしかないみたいな、後ろ向き、後ろ向きの考えでぇ・・(相談者)

なので、わたしも励ませば、励ますほど、向こうに強迫・・(相談者)

観念をもたせてしまうのかなぁ・・っという・・(相談者)

でぇ・・(今井通子)

彼はじゃあ・・(今井通子)

同い年・・ぐらい?(今井通子)
はい、同い年です。(相談者)

え・・結婚は、してなかったんだ。(今井通子)

してないです。(相談者)

で、あの・・(相談者)

で、彼に・・は・・こっちに・・(相談者)

えっと新しく、生活を移して・・(相談者)

あのぅ・・家賃・・(相談者)

だけは最初、ほ、補助というか・・(相談者)

出していただいている状態なんです。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

でも、そういう話も・・あの、もう・・(相談者)

病気があって、大変であれば・・(相談者)

いいよ・・っていう話もしてるんですけど。(相談者)

そ・・そういうわけにはいかないみたいな感じで断られて・・今も入れてもらってる状態なんですけれども。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

わかりました。(今井通子)
うん、はい、でぇ、生活が別なのでぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

なんかあの、フォローのしようが・・なくて・・(相談者)

うん・・(今井通子)

はぁい・・(相談者)

でぇ、最初は一緒にもう、生活しないか?・・っていう感じだったんですけど。(相談者)

もう、絶対無理・・っていう・・のは、断られていて。(相談者)

・・

今はね。(今井通子)
はい。(相談者)

ウン・・(相談者)

でぇ、もともと職場・・というか、あの、店をしてるその側に住んでいたんですけれども。(相談者)

やっぱり、わたし達の為に・・側に引っ越してきてくれたんですけど。(相談者)

ああ・・なるほど。(今井通子)
あのぅ・・とっても・・通勤を考え・・かなり遠くなるのでぇ・・(相談者)

ワンルームの、あのぅ・・駅の近くを・・(相談者)

探したようなんですけど。(相談者)
うん・・うん。(今井通子)

とても狭い部屋で窓も・・なんか小さくて・・(相談者)
うん。(今井通子)
とてもなんか・・(相談者)

いいとは思えないんですけれども・・(相談者)
なるほど。(今井通子)
引越しも勧めたりしてるんですけど・・(相談者)

気力が出ないんじゃないかなぁ・・と思って。(相談者)

そうすると、今日のご相談はなんですか?(今井通子)

あの・・(相談者)

将来的な・・(相談者)

ゆくゆくずっとあのぅ・・(相談者)

一緒に・・(相談者)

添い遂げる・・つもり・・でぇ・・(相談者)

いた・・彼が突然・・(相談者)

一瞬で消えたような・・(相談者)

状態で・・(相談者)

わたしもなんか、目標もなにも、失ってしまって、どうすればいいのかが、わからなくて・・(相談者)

あの、自分がそういう、申し訳ないことをしてしまった。(相談者)

償いもしたいと思っている・・(相談者)

んですけれども、治せるものなら一緒に、治したいんですけれども・・(相談者)

わたしが、原因になってる・・以上・・(相談者)

それも望めないのかな?・・と思って・・(相談者)

あたしは、どうするべきなのかが、まったく・・わからない状況で・・(相談者)

はい。(今井通子)

それを、はい・・相談したくて、お電話しました。(相談者)

わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)
今日はですねぇ・・(今井通子)

三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので。(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います、先生、よろしくお願いします。(今井通子)
あ・・よろしくお願いしまーす。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 言葉でごまかしてるけど、実際は 元カレと再会 → 不倫 → 夫と離婚 → 浮気相手と再婚しようとした → 浮気相手が結婚に乗り気じゃなくなった ってことでしょ。
    自業自得、ざまあみろって感じかな。

    浮気相手の男も、はじめのうちは「この女を夫から奪い取ったぜウハハ」だったんだろうけど、現実に直面したら大変な重荷を背負い込んじゃったことに気付いたんだろうな。

    元旦那は養育費もきちんと払ってるようだし、子供との面会もしてることから判断すると、良識あるまともな人物。

    一つの家庭を壊し、自分は幸せになろうとしたけど、思い通りにはならなかった。
    だけど今さら愚痴を言っても仕方ないよね。これからの人生、頑張って生きてゆくしかないよ。