テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月1日(木)は、柴田理恵&大迫恵美子。2年前の脳梗塞でリハビリ中の甥、出来る範囲で家事をやっているが、嫁は何もしていないと離婚を考えている。4年前に心筋梗塞で倒れ、将来的に脳梗塞になる可能性があると医者に指摘されていたにも関わらず、3年前に結婚。当初は嫁実家が一緒に看ようと言ってくれていたが、いざ大変になり頼むと断られる。甥の実家に帰る話も断り、叔母としてどうすればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:53歳女性 姉の息子 甥っ子35歳(4年前に心筋梗塞、2年前に脳梗塞・現在リハビリ中) 甥っ子の嫁35歳 3年前に結婚し子供はいない

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい、今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)
えっと、甥っ子が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
病気になって、あの・・(相談者)

お嫁さんと、今、ちょっとあのぅ・・(相談者)

離婚のことで・・(相談者)

揉めてまして、その間に、わたしが入ってるんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

お嫁さんと甥っ子の考えが違うので・・(相談者)

その、わたし・・も、なんかその、お嫁さんの意見に・・(相談者)

なんで、反論できなくなってきたっていうか・・(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)

えっと・・まず・・(柴田理恵)

あのぅ・・あなた、おいくつですか?(柴田理恵)
わたし、53歳です。(相談者)
53歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

甥っ子さんっていうのは・・(柴田理恵)
はい、35歳です。(相談者)

35歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ど、どなたの甥っ子さんっていうか・・(柴田理恵)
えっと、わたしの姉の息子です。(相談者)

でぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
お嫁さんが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
たぶん、同い年だと思うんですけど、35歳・・(相談者)
うん・・うん。(柴田理恵)

耐えられない

あんまり夫婦仲が良くなくて、揉めていらっしゃるんですか?(柴田理恵)

甥っ子が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

えーっと、2年前に、脳梗塞をやりまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

それでぇ・・(相談者)

今、まだリハビリ中なんですけど・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

そのリハビリ中で・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
お家で一人で、リハビリをしてるんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
お嫁さんは、家で遊んでて、何もしてない・・っていう感じで・・(相談者)

疲れて帰ってきてるのに、家で遊んでるの見てると・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
その・・(相談者)

ちょっと、イライラするので・・もう、こんなのでは、将来やってけない・・ってことで、離婚したいってこと、言われるんですけど・・(相談者)
あっ、甥っ子さんが・・(柴田理恵)

何にもしてないって言うんですか?リハビリを?(柴田理恵)

ちゃんと・・(柴田理恵)
あっ、リハビリはしてるんですけど、そのリハビリは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの、たぶん、何もしてないことに・・(相談者)

見えるんだと思うんですよ。(相談者)

あっ、お嫁さんが、そういうふうに言うんですね?(柴田理恵)
はい。(相談者)
ふんふんふんふん・・(柴田理恵)

・・

・・

でも・・ちゃんと、リハビリはなさってるわけでしょう?(柴田理恵)
聞いたら、一日三時間・・頑張って・・練習してるって言うんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

で、三時間もやると、疲れるらしいんですよ。(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)

本人もやっぱり、手足が不自由なので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・お風呂掃除とか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
掃除機かけるとか、洗濯もんたたむぐらいしかできなくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

お料理とか、包丁が持てないので・・(相談者)

できない・・って言うんですよ。(相談者)
あの、甥っ子さんが、家事もなさってるんですか?(柴田理恵)

あっ・・うちに・・出来る事だけは、やってるだけです。(相談者)

はあぁぁ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

でも、リハビリもなさって、家事もなさって、風呂掃除もなさって、大変ですね。(柴田理恵)

ね、わたしはそう思うんですけれど・・(相談者)
うん・・うん。(柴田理恵)
お嫁さんにしたら、何もしてない・・って言われるんです。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

でぇ、甥っ子は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
4年前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

心筋梗塞もやってて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

その時に・・たぶん、将来的に、脳梗塞もやる可能性があると、お医者さんに言われてるはずなんですけど・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

それでぇ・・(相談者)

わかった上で、3年前に結婚してるんですよ。(相談者)

はあぁぁぁ・・(柴田理恵)

で、それにさらに最近・・(相談者)

病状の方が思わしくないらしく、また再発の可能性があるって、お医者さんに言われたの・・更になんか、お嫁さんには許せなかったらしくて・・(相談者)

許せないとは、どういうこと?(柴田理恵)
あの・・もう、将来が不安だから、もう、耐えられないみたいな・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

幸せなのか?

お子さんは、いらっしゃるんですか?このご夫婦に・・(柴田理恵)
いないです。(相談者)

いない?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

なんか、話・・聞いてると、あんまりお嫁さんの方には・・(柴田理恵)

愛がないみたいな感じですねぇ。(柴田理恵)
わたしもそう思いました、はい。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

・・

そう、それでぇ、あのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

甥っ子の方には・・あのじゃあ、もうちょっと、出来ること我慢して。頑張ろうねぇ・・って、言ったんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか、言ってくることが、どんどんエスカレートしていくので、わたしも、あの、「ちょっとあんまり、酷いんじゃないの?」ってこう、ちょっと、言い返してしまったんですけど・・(相談者)

お嫁さんに?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そしたらなんか、そんなふうに、わたしを見てる・・って、更に・・お嫁さんに言われたんですけど・・(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)
うーん・・(相談者)

なーるほどねぇ・・(柴田理恵)
でぇ・・お嫁さんの・・あの・・さん・・電車で30分くらいのとこに・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの、お嫁さんのお母さんが住んでるんですけど・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

えっと、病気で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
退院した時に・・(相談者)

一人で看るの、大変だから・・あの、うちに来て、ぃ、一緒に看ない?・・って言われたので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ただその時、お嫁さんは、一緒に住みたくない・・って言ったので・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
じゃあ、二人で頑張ろうね・・って、言ってて・・さい・・もう、2年ぐらい経って、わたしも、最近、辛くなってきた・・って言うので・・じゃあ・・(相談者)

前に、あの、お母さんが、一緒に住もう・・って言ってたので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

お母さんに、もう一度、相談してみたら?・・っていう話で、お母さんに相談したら・・(相談者)

お母さんは・・そんな病人がうちに入れたら、生活が振り回されるから嫌だって、言われたんですよ。(相談者)

は、はぁぁ・・(柴田理恵)

でぇ、更にお母さんが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
最近、そんな病人で、働かないし・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
子供も、将来的に見込めない人だったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの、もう離婚して、帰ってきたらって言うんで、更にお嫁さんがこう・・(相談者)

なんか心が揺れてるみたいで・・(相談者)
ああ・・お母さんの方からも、勧めるわけですねぇ?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

・・

じゃあ・・あなた・・的には、このご夫婦の間・・を・・(相談者)

どうとりもってあげたらいいのか?・・っていうことを・・(柴田理恵)
そうなんです、とりもってあげたいんですけど・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ただ・・(相談者)

もう・・(相談者)

ねぇ・・なんか、わたし・・も、そう・・なんか、話を聞いてて、だんだんイライラしてくるっていうか、お嫁さんの考えに・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ついて行けないっていうか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そうなんです・・(相談者)

そ・・こも・・(柴田理恵)

愛情がない感じがする・・(柴田理恵)

人と・・(柴田理恵)

甥っ子さんは、生活してて、幸せなんだろうか?・・とも、ちょっと、思いますよねぇ。(柴田理恵)
はい、思います。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

・・

でも・・(柴田理恵)

甥っ子さん的には・・(柴田理恵)

やっぱり・・(柴田理恵)

一緒に暮らしたいって・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
それでも、そのお嫁さんのことが・・(柴田理恵)

す・・好きなわけですよねぇ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

・・

ただ、仕事の方もやっぱりあのぅ・・心筋梗塞と脳梗塞やったら、なかなか採用は、されないんですよねぇ・・(相談者)

そうですねぇ・・(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

こだわり

まず、そっちの・・甥っ子さんの、この生活の方、きちんと・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
しないことには・・(柴田理恵)

・・

なかなかねぇ・・(柴田理恵)

そうなんです。(相談者)

で、わたしは、生活の質、落とすように言うんですけど、それも、なかなか出来ないみたいでぇ・・(相談者)

うん?生活の・・質とは?(柴田理恵)

アパートもっと、安いとこに引っ越すとか・・(相談者)

ああぁぁぁ・・(柴田理恵)

なんか、いろいろ理由をつけて引っ越そうとはしないんですよねぇ・・(相談者)

それは・・お嫁さんの方が?(柴田理恵)

りょ・・両方です。(相談者)
両方?(柴田理恵)
はい。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

・・

あのぅ・・(柴田理恵)

甥っ子さんの、お母さんは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
なんとおっしゃってるんですか?(柴田理恵)

お母さんは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「帰ってくるなら、帰っておいで」って言ってるんで、本人が、「帰りたくない」って言ってるんで・・(相談者)

お母さんの所に?(柴田理恵)
はい。(相談者)

あのぅ・・(柴田理恵)

その、甥っ子さんのお母様、つまり、お姉さんは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの、お家、持ってらっしゃるんですか?(柴田理恵)
はいはい。(相談者)

実家で・・自営業やってます、はい。(相談者)

あっ、自営業やってらっしゃるんですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

あぁ・・(柴田理恵)

じゃ、ほんとうはそこに・・(柴田理恵)

行くのが一番安心ですよね。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ご実家の方でお仕事探すっていうことも、考えられる話ですよね?(柴田理恵)
そうです、はい。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

お嫁さんも一度・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
そういう離婚話の前に・・(相談者)

一回・・一度、実家に行って、距離おかないか・・って話は、したらしいんですけど・・(相談者)

ぅ、ぅ、実家って・・(相談者)
本人が、行きたくないって、やっぱり、言い張ったらしいんですよ。(相談者)

ほぅ・・(柴田理恵)

おい・・甥っ子さんと・・その・・(柴田理恵)

あなたのお姉さんの間は、仲はあんまり良くないんですか?(柴田理恵)
あっ、そんなことないです。(相談者)
そういうことはないんですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

・・

ふぅーーん・・(柴田理恵)

・・

・・

・・

なるほどねぇ・・まだ・・(柴田理恵)
ただ単に、甥っ子が、こっちにこだわってるだけなんですけど。(相談者)

ふんふんふん・・(柴田理恵)

若いからねぇ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

でも、そこを説得するしかないですよねぇ・・(柴田理恵)
うーーん・・(相談者)

・・

・・

ちょっと先生に・・聞いてみましょうかねぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

はい・・(柴田理恵)

それでは、ぇ・・今日の回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)

先生、よろしくお願いします。(柴田理恵)
よろしくお願いします。(相談者)
はい。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 仮にもし私がこのお嫁さんの親だったら「離婚して戻ってこい」と言うでしょうね。
    このままでは将来の展望がまったく描けませんよ。
    甥御さんも甘ったれてます。実家に帰りたくない?そんなことは自立できてる者の言うことです。お嫁さんに寄生して生きてゆくつもりなんでしょうかね?
    お嫁さんが自分の面倒見るのは当然だと思ってるんでしょう。

  2. ご相談者さん の家庭環境が良くわかりませんが  お暇ですね そんな 兄弟(姉妹)の 子供の家庭にまで 首を 突っ込まれる余裕が おあり なのですね?
     経済的にも時間的にも余裕がおありに なるようで(はっきり言うと暇を持て余している)
     そんなことに構わず ご自身の ご家庭を お大事になさり 趣味の世界でも お楽しみなさい! 貴女が ご介入なさても 何にもなりません。