テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月6日(水)は、加藤諦三&大原敬子。二十歳で日本に来て23年、外国人妻が悩む言葉の暴力とお酒の席での屈辱的な裸踊り。帰ってきて喜んでいる旦那が理解できない。営業マンの前だと、仕事について「わらう?」と聞いてくる夫。普段は、聞くことすらなく、それを言葉の暴力に感じる。いろいろ重なり複雑な感情があり、毎日、泣いている。前向きに生きて行きたいのだが。
加藤諦三氏の〆の言葉『どのような状況で言われたかによって、言葉の意味は違ってきます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:43歳女性(20歳の時に来日) 夫47歳 長女13歳 次女13歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ・・もしもし、こんにちは。(相談者)
ハ・・はい・・はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、43歳です。(相談者)
43歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

えーっと、47歳です。(相談者)
47歳・・お子さんは?(加藤諦三)

13歳・・女の子と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
9歳の女の子です。(相談者)
・・
はい、わかりました・・それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)

夫の・・(相談者)

言葉の暴力を・・(相談者)

受けてるんだけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
本人が・・(相談者)

「そんなつもりないですよ」・・って・・そのぅ・・(相談者)

ことに対して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今、悩んでます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その言葉の暴力っていうのは・・あのぅ、具体的に言うと、例えば・・(加藤諦三)

どんな・・(加藤諦三)
例えば・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お仕事中で・・お客さんと・・打ち合わせする時あるんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・わたしは、仕事・・完全にわかってるんだけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんかお客さんの前で・・(相談者)

「わかる?」(相談者)

「こうこう、こうだよ」って、言われて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ、実際は・・(相談者)

お客さんいないときは・・(相談者)

えっと・・そういうこと一切、言わないです。(相談者)

ああ、はぁ、はぁ、はぁ。(加藤諦三)

そうすると・・(加藤諦三)

営業してる時、まぁ、あなたとご主人と、一緒に居るわけですね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)
で、お客さんがいる・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、そのご主人が、あたなに「わかる?」・・(加藤諦三)

・・

って聞かれると、それがもの凄く、あなたには堪えるわけですね?(加藤諦三)

そうですね・・実際は・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

居ない時は、同じ状況でも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「こうこう、こうって、わかる?」って、聞かないんですよ。(相談者)

あぁ・・ハァ・・はい・・(加藤諦三)
でぇ・・お客さん居ると・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

営業マン居る時は・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
言われちゃうんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ・・(相談者)

実は・・(相談者)

わたし、二十歳、日本に来たんですよ(少し泣き始める)。(相談者)

それで・・(相談者)

やっぱ、言葉の・・壁が結構、あったんで・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ、ここまで・・もう、23年間で、頑張ったけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わかってるのに・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
わざわざ聞くのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっと、馬鹿にされてるの気分なんですよ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

わかりました、そしてその・・(加藤諦三)

まず、言葉の暴力って言った時、一番前に出てきたの、その「わかる?」ってアレだけど・・(加藤諦三)

その他に・・(加藤諦三)

どういうことがあります?(加藤諦三)

ズッ・・(相談者)

その他は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
この前、旦那が、飲み会があって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・すごく調子乗っちゃって・・(相談者)

裸になっちゃったみたいんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで・・(相談者)

帰ってきて、喜んで・・たんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でも、聞く方が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分の旦那、そんなに・・(相談者)

・・

大勢の前で裸になって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか・・(相談者)

怒りたい気持ちが収まんなくって・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

だからそれは・・(相談者)

その言葉の暴力と、これと・・(相談者)

結局全部重ねちゃって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
自分が、前が向けれなくて・・毎日は・・(相談者)

元気がなくって・・(相談者)

うんうん・・(加藤諦三)
で、どうやったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
自分が前に・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
向けれるかな?と思ってて・・(相談者)

・・

・・

うん・・(加藤諦三)

・・

そのぅ・・あなたの・・(加藤諦三)

こぅ・・日本に来る前ね・・(加藤諦三)

なんか・・人前で裸になることが、で、非常に屈辱が・・(加藤諦三)

を、感じるというような、そういう・・(加藤諦三)

ぶん・・文化というか・・(加藤諦三)

ぁ、あなた自身・・(加藤諦三)
あまり・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あ・・あり得ないことなんですけど。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

あり得ないことだったわけね?(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
はい・・はい、はい、はい。(加藤諦三)

あなたにとっては耐え難い屈辱感なわけね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、これは・・よく、そのあなたの中では、わかるわけですね?(加藤諦三)

その「わかる」・・って・・例えば・・(加藤諦三)

言った時ね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

「わかる」って言葉・・は、同じだけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

馬鹿にするときに言うこともあれば・・(加藤諦三)

・・

そうですねぇ。(相談者)
相手に対する親切、愛情から言うってこともあるって、そこら辺はわかる?(加藤諦三)

そこら辺、わかります。(相談者)

そいで・・(加藤諦三)

あなたが日本に来る前に・・(加藤諦三)

人間関係の中で・・(加藤諦三)

ああ・・(相談者)
すごい屈辱感っていうもの、味わったってことはあります?(加藤諦三)

・・

ありました。(相談者)

例えば、どんなこと?(加藤諦三)

えっと、自分は・・(相談者)

向こうに居た時の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
彼氏がいるんですよ。(相談者)

その彼氏が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

自分の・・親友が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
奪われた。(相談者)

・・

ああぁぁ・・(加藤諦三)

・・

ということは・・(加藤諦三)

屈辱というより、こう人が信じられなくなってるわけね?(加藤諦三)
ズッ・・(相談者)

まぁ・・それ・・から、ずっと、あまり人に信用するのは・・(相談者)

あんまり・・できない・・(相談者)

・・

ま・・でもやっぱ、家族としては・・(相談者)

ちょっと信頼関係が・・必要かな・・と思ってて・・(相談者)

ちゃんとやってるけど・・(相談者)

旦那が・・折れそうな気持ちない・・って言ってるんですよ。(相談者)

うーん・・なるほど・・ね、つまり・・(加藤諦三)

家族が信じられれば・・(加藤諦三)

生きていかれると。(加藤諦三)

・・

だけど、その家族・・の中で、今・・(加藤諦三)

あなたが言っているような・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

・・

あなたの言葉で言うと、言葉の暴力ね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

それが・・(加藤諦三)

・・

一つが原因じゃなくて、おそらく、いろんなことが原因になってんだと思いますよ。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その言葉の暴力以外に、夫との関係・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でも、いろーんなことが、たくさーんあって・・(加藤諦三)

言葉の暴力で・・苦しんでますって言うよりも・・(加藤諦三)

もう、わたしどうしていいかわからない、助けて・・っていうような・・(加藤諦三)

ことなのかな?(加藤諦三)

ズッ・・(相談者)

そうですね(泣く)・・はい。(相談者)

はい、わかりました、今日はあのぅ・・スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク