テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月8日(土)は、加藤諦三&坂井眞。現在の場所だけで14年目になる飲食店の自営業男性、低業から業務用冷凍冷蔵経費比較表を提示され、5台ある冷蔵庫を一つにまとめることで、電気代が浮き、経費が安くなると提示される。それが決め手となりリース契約を結ぶが、実際には、電気代が変わらなかった。これは、詐欺になるのではないか?といいう相談。
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:61歳男性 飲食店経営 独身(婚姻歴なし)

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

61歳の男性から、結婚はしておらず、婚姻歴なし。

詐欺なのか

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えーっと、わたくしあのねぇ・・自営の・・ぁ、飲食店・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
をしてるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

冷蔵庫屋さん・・なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えー、業務用冷凍冷蔵・・経費比較表ってものを作ってもらって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

というのは、ご、ぇ・・今、使っている、5台の冷蔵庫を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
処分して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ・・1台に、まとめませんか?っていう提案をいただいて・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

その時にあの、電気代・・ということで、あのぅ・・計算したんですがね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

1万8千2百1拾1円かかってるんです、計5台の分がね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、新しい、提案の冷蔵庫は、1千2百4円です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それと・・あと今・・リースが、2・・2年残ってるやつが・・あるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それも、いりませんって言うんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、これはいい話しだなと思って・・契約・・したんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ひと月、まるまる・・様子を見ましたら、電気代が・・変わってないんですよ。(相談者)

電気料が、変わってないっていうことは、なに?1万8千・・いくらかってこと?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・・

それで?(加藤諦三)
その辺が、あの・・不思議なんですが。(相談者)

そっか、要するに・・1万8千2百何円かで・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

が・・1千2百4円に変わるというので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

変えたと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・すってみたところが、全然、電気代の節約には、なっていないと・・(加藤諦三)
な、なっていないと・・(相談者)

はい。(相談者)
それで、変える時に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぅ、アレですか・・5台処分して・・(加藤諦三)

新しい物、買ったんで・・相当、経費は・・必要だったわけ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

いくらぐらい、かかったの?(加藤諦三)
えーっと、その、新しい・・機種が・・(相談者)

2万2千5百円・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすると、あなたとしては何?この・・(加藤諦三)

2万2千5百円が、必要なかったじゃないか?っていうこと?(加藤諦三)

必要なかったはずなんです。(相談者)
つまり、あのぅ・・今日、弁護士の先生に伺いますけど・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたの、聞きたいことは、なんですか?(加藤諦三)

えーっとですね・・(相談者)

これは・・(相談者)

詐欺のような話には、ならないのかなぁと思いましてね?(相談者)

あ、なるほど。(加藤諦三)

・・・

そういうことですか?(加藤諦三)
え・・い(「ええ」と「はい」が混ざった感じで)。(相談者)

わかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

sponsored links


目次に戻る

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)
あ、よろしくお願いします。(相談者)

えっとですね・・(坂井眞)
はい。(相談者)
一つ、確認をしたいのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

えー、5台あった物を、1台にしたってことで、いいんですよね?(坂井眞)
はい・・そうです。(相談者)

で、1台買った物が、2万2千5百円。(坂井眞)
はい。(相談者)

と、そんな大きな物じゃないですよね、2万2千5百円というと?(坂井眞)

リース料ですよね。(相談者)
あっ・・月額のリース料ね。(坂井眞)
はい。(相談者)

それでですね・・(相談者)
何年?5年?(坂井眞)

えーっと、そうですね、最初、7年とか言われたんですが・・(相談者)
うん。(坂井眞)

5年にしてもらって・・(相談者)

ということで、計算して・・(相談者)
利息が、たくさんかかりますもんね。(坂井眞)
はい。(相談者)

サイズ違いと追加

それで・・容量も足りるって言ったはずのアレが・・足りなくて・・もう1台、追加・・しないといけない・・ようなことになりまして・・(相談者)

新しく買った、月額2万2千5百円のリース料の、新しい物っていうのは・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

5台分、入るような容量が、あったんですか?(坂井眞)
えーっとですね・・当初・・入れようと思った、機械が、ちょっと・・(相談者)

現場に来て・・入らないようなことになりまして・・(相談者)
うん。(坂井眞)
で、サイズが・・少し、小さくなったんですよ。(相談者)
はい。(坂井眞)

そういうのがやっぱり・・(相談者)
だからね、その辺をね・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

細かく聞いていかないと・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
ま、詐欺になるのか、契約の解除なのか、そんな事できないなら、損害賠償なのかって、そういう話しなんですけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

こう、断片的に、聞いていると、例えば今の話しでも・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

最初の・・ぇ・・比較表というのをもらいましたと。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、5台っていうのは、もともとあった物で・・(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ・・1台っていうのは、その時、買おうと言っていて・・持ってきたら大き過ぎて入んなかった物じゃないですか。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ、そうすると、そこで既に、容量が変わっているので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

と、後であなたが、おっしゃった・・(坂井眞)
うん。(相談者)

入ると言っていたのが、入らなくなりました・・(坂井眞)
はい。(相談者)
って言うんだけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

小さくすれば、そりゃそうだなっていう部分もあるじゃないですか?(坂井眞)
はいはい。(相談者)

で、もう1台、入れた・・のは・・もう、入って、2万2、3千円なんですか?(坂井眞)
えーっとね・・(相談者)

もともと・・(坂井眞)
電気代・・のことですか?(相談者)
そう・・電気代。(坂井眞)

あ、電気代は、そうです、もう1台入って・・(相談者)
で、2万2、3千円なの?(坂井眞)
うんうん、はいはい、平均的に言うと・・(相談者)

で、そうすると・・(坂井眞)
そんな感じ・・(相談者)

まあ、新しい冷凍冷蔵庫は、月1千2百円とかいう、話しだから・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

それが2台になったって、大きくは変わんないはずなんだけど・・(坂井眞)
ぇぇ、ぇぇ・・(相談者)

計算問題としては・・1万8千円が、1千2百円になりますって言ってたんだけれども・・(坂井眞)
うん、ええ・・(相談者)

ま、同じだけかかるとしたら、1万8千円が、2千4百円になりますと・・こういう数字・・話しになるんだよね?(坂井眞)
あああ・・(相談者)
2台入れたからね。(坂井眞)
はい、2台入れてね、はい。(相談者)

で、2台入れるのは、まあ、しょうがないと・・(坂井眞)
ぇぇ。(相談者)
ま、ただ、しょうがないって言うのは、その部分ではしょうがないんだけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

もともと、1台にできますって、その、業者さんが言ってるわけじゃない。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ・・あなたの立場からしたら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

「これが入るって言ったんじゃないか」って・・(坂井眞)
はい。(相談者)
言ってもいいよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

入るって言ったのに、現場来たらダメだったって、それは、ちゃんとプロがチェックしてくれなきゃ、困るよねって、言ってもいいとは思いますよ。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、だって、もう1台、リース組んだから、それがまた、月2万とか、1万5千とか、かかるんですよね?(坂井眞)

余程、売りたかった

はい・・そうですね。(相談者)
後から入れた・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そうすると、全然、話が変わっちゃって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

電気代はオッケーだけど、リース料は・・結構、かかるようになったわけですよね?(坂井眞)
あ・・(相談者)

リース、2年いりませんって言うんだけど、あと、5台の内の・・何台かはもう、リース、リースは終わってたんですよね、きっと?(坂井眞)

えっと、5台は・・リースは、ないやつで・・(相談者)

あれ?リース2年、それもいりませんって、言ったのは、別の・・(坂井眞)
それは今、まだ、使ってますが、現在も・・(相談者)
あっ・・使ってるの?(坂井眞)

ええ・・(相談者)
ぁ・・ん・・(坂井眞)
それはまだ、使ってるんですが・・(相談者)
で、そのリースを被ってくれたわけ?業者さんが・・(坂井眞)

そういう、はい、言い方をされまして・・(相談者)
ん・・それでも、売りたいっていうんだから、なんか、よっぽど、向こうにとっても、美味しい話しだったんだろうね。(坂井眞)

なんか・・(相談者)
ま、売上、あげたかったのか・・も、しれないけど。(坂井眞)

だから、後で考えてみると、すごい金の金額を、払わなきゃいけなんだっていうことになり・・(相談者)

ん。(坂井眞)
が・・わかりまして・・(相談者)

あの、ち、ちなみにね・・(坂井眞)
はい。(相談者)

は、払わなくてよくなったリース、あと、2年分っていうのは、月額いくらだったの?払わなくてよくなったの?(坂井眞)

9千・・税込みで、9千4百5拾円・・ですか。(相談者)

でぇ、新しい、もう1台、入れた方のリース料は、月いくらぐらいですか?(坂井眞)

あ、新しく・・あのぅ・・(相談者)
2台目。(坂井眞)
使えなくなって、入れた方ですね。(相談者)
うん・・そうそうそう。(坂井眞)

それは、3千8百・・8拾8円ということです。(相談者)
あ、これは小さい・・小さいんだ、これは。(坂井眞)

そうですね・・(相談者)
はん・・(坂井眞)
これは、のりもの(もしかして、飲み物?)の分だけということで・・(相談者)
ああ・・なるほど・・(坂井眞)

そうすると・・えーっと・・電気代は、高くかかってたけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

1万8千円ね、冷蔵庫。(坂井眞)
はい。(相談者)

えー、で、冷蔵庫の電気代は、1千2百4円と・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
安くなるんだけど・・(坂井眞)

9千4百5拾円でよかったリース料が・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
2台合わせて・・え・・2万6千円とか、7千円?(坂井眞)
はい。(相談者)
ぐらいになったって、こういうことだよね?(坂井眞)

はぁはぁはぁ。(相談者)
2台分のリースを新たに組んだわけじゃない?(坂井眞)

2台分のね、はい。(相談者)
月額・・(坂井眞)
はい。(相談者)

で、あなたの店の出費としては、月額2万6千円とか7千円が、リース料でかかって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

えっと、冷蔵庫・・関係のリース料で、今まで払ってたのは、9千4百5拾円だから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

結局、月々の支払としては・・(坂井眞)

9千4百5拾円のリース料が、2万6千円か7千円になりましたと・・(坂井眞)
はい。(相談者)

だから、そこで、1万8千円ぐらい、リース料が増えて・・(坂井眞)
はい。(相談者)

電気代は、1万8千円ぐらい、減りますだから・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

まあ、あの、支払い、あんまり変わらなくて・・(坂井眞)
はい。(相談者)
冷蔵庫が、新しくなるからいいじゃないですかと、こう言われたのかな?(坂井眞)

そうなんですね。(相談者)

でぇ、それでまあ、同じ支払だったら、いいかと思って、2台目は、ちょっと余分だとしても・・(坂井眞)
はい。(相談者)

電気代・・変わってないんだけど・・って、こういう話しね?(坂井眞)
はい、そうです。(相談者)

詐欺の証拠

で・・わかりました。(坂井眞)
で、そうすると・・もともとそのぅ・・今みたいな話があって・・(坂井眞)

えー、プラスマイナス、出費、変わらなくて、冷蔵庫・・も、1台になって、便利になって、ま、結果は2台だけど・・(坂井眞)

新しくなるなら、いいじゃないかと言われれて、買いましたと。(坂井眞)
はい。(相談者)
ところが・・節約できるはずの電気代が、全然、節約できませんでした・・っていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ま、売買契約、ま、リース、リースが入りますけど、売買契約とするとね・・(坂井眞)
はい。(相談者)

売買契約は・・ちゃんと買うつもりがあって、サインをしているから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ、物を買うっていう売買契約自体に、錯誤・・錯誤っていうのは、勘違いね。(坂井眞)
はい。(相談者)

は、ないんだけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
なぜそれを、買ったかっていうところの動機。(坂井眞)

はい。(相談者)
動機・・が、あるわけじゃない。(坂井眞)
はい。(相談者)

えー、電気代、節約できるから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
買いましたって、動機だよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

そこが・・あのぅ・・勘違い、ぁ、錯誤・・(坂井眞)

が、ありましたって、いう話しになって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

で、ちょっとこれ、難しい法律の話しになるんだけれど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

契約の内容に、勘違いがあると・・無効だっていう、話しがあるんだけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

動機の場合は、それが、お互いに表示されていたら、契約を結ぶにあたって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

こういう動機で買いますよってのが、表示されていたら・・動機の錯誤も、無効の原因になるっていうような、そういう理屈があるんですね。(坂井眞)
ほうほう。(相談者)
ちょっと、難しいと思うから。(坂井眞)
はい。(相談者)

ぇ、だから、あのこれは、表示した・・という、証拠きっとあると思うんで・・(坂井眞)
はい。(相談者)

この契約は、無効だっていうことも、理論的には、あり得るんだけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

だけど、無効だっていうことは、全部、元に戻さなきゃいけないわけなんですよ。(坂井眞)
はい。(相談者)

だけど、今更、その新しく入れた、冷蔵庫を、返せないじゃないですか。(坂井眞)
はい。(相談者)

だって・・もう、処分しちゃったんですよね?古い冷凍冷蔵庫。(坂井眞)
はい。(相談者)

だから、新しいのは返すから、この契約は、もう、なかったことにしてくれって言っても、かえって困るんだよね。(坂井眞)

はい。(相談者)
あの、お店・・で使う、冷、冷蔵庫、また買うなり、リース組まなきゃいけなくなるから。(坂井眞)
はい。(相談者)

ちょっとだから、その、理論的には・・動機・・の錯誤でそれは、あなたが言ってきたことで、わかってたことだから、無効だとかって言ってみても・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ちょっと、現実的でないなと、思います。(坂井眞)
は、はぁ、はぁ。(相談者)
一つね。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ、もう一つ・・あなたがおっしゃった、詐欺のような話だって・・(坂井眞)
はい。(相談者)
これはまぁ、確かに詐欺で・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

そういう資料は、ありますか?(坂井眞)

えっと・・比較表ってもの、作っていただいて・・(相談者)
うん。(坂井眞)

来て、持って来て・・(相談者)
うん。(坂井眞)

・・でぇ・・それで、見ると・・電気代から、そうやった、視点でみると・・(相談者)

3千5百7円、あなた、浮きますよ、みたいな話しなんですよ。(相談者)
リース料、入れて?(坂井眞)
はい。(相談者)

ぁぁ・・(坂井眞)
新しい・・冷蔵庫、入れた場合に・・(相談者)

ぁ、だから、さっきのだいたい、わたしの計算が合っていて・・(坂井眞)
はい。(相談者)

2台目、買ったから・・ちょうど、チャラになっちゃったんだよね。(坂井眞)

あぁ、そういう・・(相談者)
2台目のリースが・・(坂井眞)
うん、そうです、はい。(相談者)
3千8百8拾8円じゃないですか。(坂井眞)
はぁい・・は、そう・・(相談者)

で、もともと、3千5百7円、浮きますよっていうのが、あったんだけど・・(坂井眞)
ぁ、ええ、ええ。(相談者)

あとで、2台目、買ったから、ちょうどプラマイゼロになっちゃったって・・(坂井眞)
へへへへ・・(相談者)
こういう話しだよね?(坂井眞)
はい。(相談者)

で、3千5百7円、浮きますよって・・いう計算をしたって、いう証拠があるんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・そう信じてやったんだけれども・・(坂井眞)
ええ、ええ。(相談者)

騙されちゃった・・っていうのが・・ぁ、それはそれでいいんですけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

二重の故意

ここで一つ、あの、法律的には、クリアしなきゃいけない、こう・・ハードルがありまして。(坂井眞)
はい。(相談者)

詐欺っていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

これもちょっと、難しいけど、我慢して、聞いてくださいね。(坂井眞)
はいはい。(相談者)

ぇ、言葉で言うと、『二重の故意』って言うんですけど・・(坂井眞)

騙す・・つもりで、そういう、嘘を言ったっていう・・(坂井眞)

それで、騙したっていうのが、ないといけなくて・・(坂井眞)
ぁぁ・・(相談者)
3千5百7円、浮きますよっていう、さっきの計算ですよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

ないしは、もともと、電気代のところでは、1万8千円、得しますっていうところが、その根っ子だと思うんですけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
リース料は、嘘がないから。(坂井眞)

はい。(相談者)
電気代のところの計算が、間違ってたっていうことを、わかって言ってないと・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

騙そうと思って、人を騙したことにならないので・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

詐欺とはちょっと、言い辛い事があるんです。(坂井眞)
ぁ、はは(苦笑い)・・(相談者)

はい。(相談者)
要するに、今の話しは、何が言いたいかというと・・そのぅ・・えー、比較表もらったじゃないですか?(坂井眞)

はい。(相談者)
で、トータルで、3千5百7円、浮きますよと、言った時に・・(坂井眞)
はい。(相談者)

こんなに電気代は、節約できるわけないと思っていたら・・詐欺です。(坂井眞)

そうじゃなくて、本気で計算していて、本気で得になると思って、やっていて・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

蓋を開けてみたら、違ってましたっていうと・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

それはまあ、詐欺っていうのは、下手すりゃ犯罪ですからね。(坂井眞)
ぇぇ。(相談者)

で、そういうところにまで、なるのかっていうと・・そこはちょっと、どうかわからない、でもそれは、追及してみていいですよ、結果が違うんだから。(坂井眞)

「あんたの言ってることと、違うじゃないですか?」ってことは、言ってもらっていいんですね。(坂井眞)

それは、詐欺かどうかってのは、微妙だけれども・・(坂井眞)

はぁはぁはぁ・・(相談者)
ただ・・もともとその、あなたが保証していた、その性能を発揮してないんだから・・そこは・・(坂井眞)

これちょっとまた、話しが・・二つ、今、錯誤で、無効だって話しと・・詐欺で取り消しだっていう話しを言ってるんですけど・・(坂井眞)

はい。(相談者)
取消ても意味がないので・・(坂井眞)

はい。(相談者)
詐欺で取り消して、ま、詐欺にならない可能性、強いと思うんで・・詐欺で取り消して・・(坂井眞)

ええ。(相談者)
ぇ・・新しい、冷蔵庫、持って帰ってもらっても困るじゃないですか。(坂井眞)

はい。(相談者)
だから、あんまり詐欺で・・って言っても、しょうがないから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そうすると、あの、行きつくところは・・あなたが言ってた性能、発揮してませんよと。(坂井眞)

はい。(相談者)
電気代、もっと安いと言ってたのに、違うじゃないですか?と。(坂井眞)

はい。(相談者)
これは、契約違反だと。(坂井眞)

はい。(相談者)

債務不履行って言いますけど。(坂井眞)
はい。(相談者)
契約違反だと。(坂井眞)
ええ。(相談者)

だから、契約違反で蒙った、損害を、賠償してくださいっていうことは、言いやすいと思う。(坂井眞)

ぁ、はぁはぁはぁ・・(相談者)

でぇ、あなたの手元には・・1万8千かかったのが、1千2百円に・・なるって表があるんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

どう考えても、おかしくないですか?って言ってもらって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ちょっと、その辺、追及するしかないんじゃないかなぁと、思いますけど。(坂井眞)

わぁ・・っかりました。(相談者)
うん、ちょっと、ごちゃごちゃ、いろいろ話しちゃって、申し訳なかったですけど。(坂井眞)
ああ、いえいえ。(相談者)

sponsored links

目次に戻る

加藤諦三まとめ

よろしいですか?(加藤諦三)
はい、わかりました。(相談者)

あのぅ、あなた、何年ぐらい、自営業やってるの?(加藤諦三)
えーっと・・・ここ・・へ、来て、10・・4年目・・なんですが。(相談者)

14年間で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

いい話しっていうのは、時々、く・・来ることってのは、なかったんですか?(加藤諦三)
いや、あのねぇ・・(相談者)

ここ・・14年・・(相談者)

前・・目って、言いましたが・・その前に・・・あのぅ・・近場で、居酒屋をやっている時に・・(相談者)

似たような話しを・・ふっ・・(相談者)

アレしたことあったんですよ。(相談者)

電気代を、節減しますっていうか・・(相談者)
はい・・あのぅ、10年やってたらね・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

いい話しっていうのは、向こうから来ないですよ。(加藤諦三)
へっへへへ・・(相談者)

向こうからくる話は、いい話しじゃないと、思った方が・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

経営者としては、当たり前じゃないの?(加藤諦三)
あはは・・(相談者)

・・・

坂井先生のアドバイスに従って・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

頑張ってください。(加藤諦三)
わかりました、すいません。(相談者)
それで、あんまり・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

こんないい話しは、おかしいよなぁと・・(加藤諦三)
あはっ・・へへへ・・(相談者)

その事を、いつも頭に置いておいてください。(加藤諦三)
はい・・ありがとうございます。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、失礼します。(相談者)




YouTube

管理人のちょっとひと言

『いい話しっていうのは、向こうから来ないですよ』
ほんと、これです
これを、〆の言葉にして欲しかった・・・けど、編集の時間内に収まらなかったみたい

そもそも、冷凍冷蔵庫が、収まらなかったって
いや、もう、信じられない
一番、選んじゃいけない業者じゃん

営業の姿から、その会社の姿が透けて見えるよね

で、問題は、相談者が同じことを2度してるってことかな
この先、大丈夫?
61歳だし、ぼちぼち要注意の年齢に差し掛かってきた、変なのに騙されないでね

それと、相談者さん、坂井先生の話しについていけてない
途中で、「ん?」というところも何箇所か
なので、ちょっとまとめときます

●提案前の経費
電気代
18,211円
リース代(残2年)
9,450円/月

毎月の経費
27,661円

●提案
電気代
1,204円
新規リース代(5年)
22,950円/月(放送内では言及なし)
残2年リース代
0円

毎月の経費
24,154円
3,507円のお得

●設置後の経費
電気代(以前と変わらず)
18,211円
リース代(収まらなかったので変更後)
22,500円/月
追加リース代
3,888円/月

毎月の経費
44,599円
設置前より16,938円オーバー

電気代は、変わらなかったと言ってますので、こんな感じで
毎年、20万強の経費が増えちゃいましたね

処分した冷凍冷蔵庫は、たぶん、14年前の物
いくら、性能が上がったとしても
18,211円が、1,204円になるとは、ちょっと・・・

あと、追加で設置した冷凍冷蔵庫
小さい物だと思いますけど
余分に場所も、とってるわけですよ

これさ、普通に怒っていいと思うけど
相手は、こういうの繰り返してそうだから
自分で直接じゃない方が、いいかもね

スポンサーリンク

コメント

  1. 私も経験があることですが、新しい設備を導入したり、なにか工事をしたりというとき、当初の目論見通りにいかないことはよくあることです。
    ルーチンワークならどんなリスクがあるか、おおよその予測が付きますが、経験したことが無いことにチャレンジするときには、思いもよらない問題が発生しがちです。

    この相談者さんも、期待してたのとは違った結果になり、お気の毒だと思います。
    かくなる上は、なんとか知恵を絞って乗り越えていかれるよう、お祈りします。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.