テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)
あ・・よしくお願いします。(相談者)

・・

ちなみに・・(坂井眞)

はい。(相談者)

その女性の名前は・・(坂井眞)

本名は知ってる?(坂井眞)

本名はわかります。(相談者)

あの、その、銀行の振込先が、本人の名前だと思うんで。(相談者)
ああ・・なるほどそうだね、じゃあ・・(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ・・漢字で、名前はわかる?(坂井眞)

・・

ああ、漢字・・漢字でって言われますと・・(相談者)
うふふふ・・(坂井眞)

銀行の振込み口座、漢字じゃなくても振り込めるもんねぇ。(坂井眞)

そうですねぇ。(相談者)

そうか・・(坂井眞)

なかなか苦しいご相談だなぁと思いますが・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あのぅ・・(坂井眞)

お金を貸すという行為は・・(坂井眞)
はい。(相談者)

いくらいくらを・・(坂井眞)
はい。(相談者)
いついつまでに・・(坂井眞)

返してくださいと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、誰が、誰に貸した。(坂井眞)

はい。(相談者)
っていうことわかんないといけないよね。(坂井眞)

はい。(相談者)

貸主と・・借主の特定が必要だから。(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

でぇ、そのためには、名前だけじゃなくて、住所もいりますよね。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、そのお金を、何月何日に、実際、貸し渡した・・(坂井眞)

はい。(相談者)
貸しましたという約束だけじゃなくて、渡さないといけないのね。(坂井眞)

はい。(相談者)

で、そういうことを立証して・・(坂井眞)

はい。(相談者)
でぇ、いついつまでに返すっていうの、弁済期っていうんですけど・・(坂井眞)

はい。(相談者)
その、弁済期を過ぎても返してくれませんと。(坂井眞)

はい。(相談者)

だから・・(坂井眞)

はい。(相談者)
返してくださいという、こういう・・ことをね・・(坂井眞)

はい。(相談者)

裁判所に言って、それを立証しなくちゃいけないの。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、貸したあなたは、別に、すぐ証明できるね、私ですからって・・いうことですよね・・ふふっ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、相手は誰かってことが、今、まず、ちょっと・・(坂井眞)

今すぐわからない・・まぁ、調べる方法あるのかもしれないけどね、建物があるから。(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

・・

それで・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、問題は・・(坂井眞)

そのぅ・・金額ですよね。(坂井眞)

はい。(相談者)
・・
いつ・・(坂井眞)

いくら・・(坂井眞)

はい。(相談者)
を・・(坂井眞)

その人にどうやって貸し渡した、実際に渡したのか?(坂井眞)

はい。(相談者)
それは、手渡しでも、送金でもいいんだけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

で、あなたの手元にある資料っていうのは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ぁ、まぁ100万円ほどと、おっしゃっていたけれども・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

送金した振込票・・しか、証拠ないよね。(坂井眞)

・・

・・

そうですねぇ、全部・・それも全部が全部、残ってるわけじゃないんで・・(相談者)

で、送金した振込票は・・(坂井眞)

ハイ。(相談者)
あるもので、合計するといくら分あるの?(坂井眞)

何十万はあります。(相談者)

何十万あるの?(坂井眞)

はい。(相談者)
で、それは、そのぅ・・女性の口座に、ちゃんと送金したっていう証拠は、ちゃんと残ってるんだよね?(坂井眞)

そうですね、はい。(相談者)
で、そうすると、お金を渡したっていう、その・・その証拠のある金額はね。(坂井眞)

はい。(相談者)
お金を渡したっていう立証は、できるんだけど・・(坂井眞)

はい。(相談者)

それは・・(坂井眞)

返してくれという約束でお金を貸したのか・・(坂井眞)

はい。(相談者)

あなたにあげますと言って・・(坂井眞)

はい。(相談者)

あげちゃったのか・・ま、贈与って言いますけど・・(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

・・

それは、どっちなのか?立証する方法は、どうもなさそうだよね?(坂井眞)

ないですね、はい。(相談者)

・・

・・

・・

はい。(相談者)
もし彼女が、「いや、それだって、もらったんですよ」・・と。(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

あの、「仲のいい友達だったから、苦しい時に助けてもらったんですよ」と言われちゃうと・・(坂井眞)

はい。(相談者)

こっちは、「いやいや、貸したんだ」っていうのは、あなたの・・(坂井眞)

あの・・記憶?(坂井眞)

はい。(相談者)

言葉・・(坂井眞)

・・

・・

ま、証言って言うのかな、裁判だったら。(坂井眞)

はい。(相談者)

でしかないんだけど、「いやいや、もらったんだ」・・って向こうが言うと、言い合いになっちゃって・・(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ・・その裁判の話をすると、立証責任、こっちにあるから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

ちょっと・・不利ですよね。(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

・・

そいで・・(坂井眞)

その・・(坂井眞)

100万って、あなたは要するに・・(坂井眞)

ぇ・・貯めてた・・預金か貯金か・・(坂井眞)

貯めてたお金を、随分、使っちゃったってこと?(坂井眞)

いや・・消費者金融で借りてでも・・(相談者)
借金して?!(坂井眞)

はい。(相談者)
・・
じゃあ、今、借金残ってるの?(坂井眞)

・・

そうですねぇ・・残ってます。(相談者)
そっちの方が心配になっちゃうよね・・わたしとしては・・ふふっ・・(坂井眞)

普通に・・はい。(相談者)

残ってます。(相談者)

あっ、そう・・(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

はい。(相談者)
それで、慌てて、ご相談していただけたんだけれども・・(坂井眞)

はい。(相談者)

さっき言ったように、返してくれっていう為の材料が、無さ過ぎるよね。(坂井眞)

はい。(相談者)

だから・・その、法的なことをやって、返してくれっていうのは、相当・・(坂井眞)

難しいから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

で、その為に、費用・・かけるわけにもいかないよね、今。(坂井眞)

はい。(相談者)

消費者金融から借りてる身で。(坂井眞)

はい。(相談者)

で、それで・・(坂井眞)

弁護士頼んで訴訟やれば勝てるっていうんだったらいいけれども・・(坂井眞)

はい。(相談者)
勝てる見込みが、なかなか難しいのに、そこにまたさらに、費用をつぎ込むわけにもいかないもんね。(坂井眞)

はい。(相談者)

彼女・・の、働いてる店とか・・知らないの?(坂井眞)

あ、店は知ってます。(相談者)

まぁ、店行くと、また、お金かかっちゃうから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
難しいところだけれども・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

えーっと、わたしのアドバイスとしては・・(坂井眞)
はい。(相談者)
なんか法的手続きをとって・・ぇ・・金を返してもらうっていうのは・・(坂井眞)

はい。(相談者)

裏付ける証拠がなさ過ぎるから。(坂井眞)

はい。(相談者)

それは難しいと思う。(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ、彼女の・・やってきたことを見ると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あなたが何か、都合の良い・・金づる的な存在になっちゃっていて・・(坂井眞)

はい。(相談者)
もう・・引き出せないと思ったら、もう、別れましょう・・って言われちゃった感じなんだから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

とてもその、あなたが会って、話しを・・したら・・(坂井眞)

ぁ、「わかった返す」・・と・・(坂井眞)

言う人には思えないんでね。(坂井眞)

はい。(相談者)

苦労の割に・・得る物、少ないと思うんだけれど・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あとは、そういう、法的な手続きでないところで・・(坂井眞)

はい。(相談者)
彼女に会えるんだったら会って・・(坂井眞)

は、はい。(相談者)

貸したものを返してくれと言って、彼女が返してくれれば、それは、めでたしめでたしだけど。(坂井眞)

はい。(相談者)
まぁ、なかなか、そういう人にはわたしは、思えないから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

あまりしつこくそういうことをすると、トラブルになって・・(坂井眞)

あなたが・・変な・・(坂井眞)

こう、立場になっちゃっても・・(坂井眞)

嫌だなと思うから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

・・

それもあんまりやりすぎない方がいいと思うけど、あるとしたら、彼女の店があるんだったら、わかるんだったら、そこへ行って・・(坂井眞)

はい。(相談者)

いや、終わりにするのはいいけども、返してくれと言ってみるしかないよね。(坂井眞)
・・
でも、効果は薄いと思うなぁ。(坂井眞)

・・

はぁい・・(相談者)

・・

・・

ちょっと残念だけど・・(坂井眞)

・・

・・

そこまでしかアドバイスできないなぁ。(坂井眞)

ああ、わかりました・・(相談者)
うん。(坂井眞)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク