テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月13日(月)は、今井通子&マドモアゼル愛。中学2年、14歳になる孫娘が、2週間ほど前から、最初は当たらにように文房具を投げて来るようになり、最近は、祖母目掛けて投げてくる。祖父や、離婚し働く娘の見える所ではやらない。注意をすると、鬱憤を晴らすかのようにやってくる。2日ほど、注意するのを止め、普通に会話していると、冷たいと言い、注意してもいいよとは言うけれど、どう接していいかわからない。

パーソナリティ:今井通子
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:72歳女性 夫79歳 娘48歳(会社員・孫が11ヶ月の時に離婚) 孫娘14歳 4人家族

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

72歳の女性から、ちょっとあのぅ、孫娘のことで、ご相談申し上げたいと思って、お電話差し上げました。

はい、まずあなたは・・(今井通子)
はい。(相談者)
おいくつですか?(今井通子)
わたくしは、72歳です。(相談者)
72歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご主人、いらっしゃいますか?(今井通子)
はい・・はい、79歳です。(相談者)
79歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
お孫さんの事と、おっしゃると・・(今井通子)
あのぅ、娘が48歳でして・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、娘の・・子供が、14歳の、女の子でございます。(相談者)
はい。(今井通子)

お嬢さんの、ご主人は、何歳?(今井通子)
はい・・あの・・えーっと、もう、その産まれて、11ヶ月目に、離婚しておりまして・・(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)
はい、あの、家の方で、4人で今、過ごしております。(相談者)
あ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

お嬢さんも、お孫さんも、ご実家にいらっしゃるってことですね。(今井通子)
はい、はい。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

反抗期の孫娘

で、お孫さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)
どうなさいました?(今井通子)

はい、孫が、あのぅ、今、中学2年生なんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
中学1年生の頃から、すごく反抗的な態度をとるようになりまして。(相談者)
はい。(今井通子)

中学2年ぐらいから、ちょっと、暴力が入るようになりまして。(相談者)
はい。(今井通子)
物を投げるんですね。(相談者)
はい。(今井通子)

わたくしには、当たらないように、物を投げるようになりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

あ、それから、ちょっとここ・・2週間ぐらい前から、わたくしに目掛けて、物を投げて・・くるようになりましたもんですから・・(相談者)
はい。(今井通子)

ちょっと、どのようにして、対処したらいいかと思って、ご相談、申しあげたんですが。(相談者)

まず、普段の生活なんですが・・(今井通子)
はい。(相談者)
お嬢さんは、そうすると・・離婚されてから・・(今井通子)

はい。(相談者)
あの、お仕事を、されてる?(今井通子)
はい・・もうすぐ、あのぅ・・離婚しまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・普通の会社員をしております。(相談者)
そうしますと・・昼間は・・(今井通子)

お嬢さん、いらっしゃらないわけですね?(今井通子)
はい、昼は・・はい、昼は、わたくしと主人で・・ずっとみております。(相談者)

そうすると・・まず、第一反抗期、子供の頃は、どうでした?(今井通子)

あ、その頃は、まぁ、そうですね・・あ、まぁまぁ、な、何事もなく・・来ておりましたけど、中学1年生になりました途端に、ちょっと反抗的になりまして・・(相談者)

はい。(相談者)
じゃ、小学校の時は、何もなく・・(今井通子)
はい。(相談者)

はい、あの、何事もなく、過ごしておりました。(相談者)

でぇ・・小学校と中学校、別な学校ですか?(今井通子)
はい、はい、あのぅ・・地元の公立の小学校から、公立の中学、行っております。(相談者)
ああ・・(今井通子)

あのぅ、小学校よりは、中学校の方が、楽しいって言いまして。(相談者)
ああ、そうなんですか?(今井通子)

お友達も・・はい、お友達もいますし・・(相談者)
はい。(今井通子)
夏休みも、冬休みもいらないわ、学校、行きたいわっていうぐらい・・(相談者)

あ、そうだったんですか?(今井通子)
言う・・ええ、中学は、楽しく行っております。(相談者)

そいであの、反抗する割には、なんでも話すものですから・・誰ちゃんと、誰ちゃんっつってもう全部・・話してくれて、楽しく・・行ってるようで・・ございます。(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

祖母にだけ物を投げてくる

でぇ、どんなことで、反抗されたの?(今井通子)

反抗っていうのは、わたくしがなんか、ちょっと注意しますと・・(相談者)
はい。(今井通子)

どうも、それに対してね、あのぅ・・ぁ・・口出しするなとか・・婆は・・声が大き過ぎるとか、汚いとか、臭いとか・・そういうことを言うんです。(相談者)

うーん・・(今井通子)
そんな・・で、あのね・・あのぅ・・やっぱ、みんなと寂しいんですかね?みんなと一緒のとこ、リビングで勉強するんです。(相談者)

ふん。(今井通子)
で、テレビが、つい横にあるもんですから、自分でつけるんですね。(相談者)
うん。(相談者)

だから、「勉強の時は、消そうね」とかって言うとね・・(相談者)
はい。(今井通子)
それが・・気に食わないんだか、その後になってそれが、その時はちょっと消したりするんですが、後から、たまってきてわたしに・・(相談者)

物を投げつけたり、なんかしてくるんです、まあ・・(相談者)
その、物を投げつけるようになったのは、最近なんでしょう?(今井通子)
ま、ここ2週間ぐらいなんです。(相談者)

うーん・・(今井通子)
この前は、あのぅ、わたくしにではなくて、他に投げておりました。(相談者)

あの・・(相談者)
うん、あの・・(今井通子)
他の、わたしに当たらないように・・(相談者)
鬱憤を晴らすために・・(今井通子)
そう、そうなんです。(相談者)
他に向かって、投げてた?(今井通子)

はぁい。(相談者)
投げてる物は、何だったんですか?(今井通子)
消しゴムとか、鉛筆とか。(相談者)
ああ・・(今井通子)

自分の、ほら、文房具になる、ノリとか・・(相談者)
うん。(今井通子)
そんな物ですね。(相談者)

そいで、主人と自分の母親には、もう、絶対にしないんです。(相談者)

物投げるっていうことは・・(相談者)
ほぅ・・(今井通子)
わたくしにだけ、向かってくるんです。(相談者)

まあ、一番そのぅ・・お孫さんの面倒みてらっしゃるのは、あなたでしょう?(今井通子)
そうなんですもう、背中で育ったようなもんでございます。(相談者)
ん・・ふふふふ・・(今井通子)

でぇ・・ご主人は、その事について、なんか、おっしゃってる?(今井通子)
はい、あのぅ・・ちょっとはまあ、男の人で、強く言いますけど・・「そんなこと、するもんじゃないぞ」とか、ただ、わたし・・にやる時に、見てない所でやるんです。(相談者)

ああ・・(今井通子)
主人と、母親が居ない所で、わたしに向かってくる。(相談者)
ふーん・・(今井通子)

だから、2人共、現場は見てないもんですからね。(相談者)
はい。(今井通子)

それとあと、その2週間ぐらい前から・・(今井通子)
いや、わたくし・・(相談者)
直接。物が当たるように・・(今井通子)

そうです。(相談者)
投げてくるように、なられたっていう・・(今井通子)
そう。(相談者)
そのきっかけの時の、な、なにか、注意かなんか、なさった。(相談者)

注意が気に食わない

あの、勉強・・・の、時間をもっと、あのぅ、早く寝る前に、じゃ・・じゃなくって、学校から帰ってきたら、すぐしなさいよ、それで、早く寝なさいねって。(相談者)

早く寝なさいっていうのも、気に食わないような・・(相談者)
早く寝なさいって、何時頃のこと?(今井通子)

それが先生・・11時過ぎるんですよ、寝るのが・・(相談者)
あら・・(今井通子)

じゃあ、学校に行くのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
朝、起きるのは、何時?(今井通子)

朝、起きるのはね、あの、7時から、7時15分の間に起きます。(相談者)
あ、そうなんですか?(今井通子)
それが、なかなか、起きられないんです。(相談者)

あ、まあ・・そうでしょうね(笑いながら)・・ふふふ・・(今井通子)
へへへへ・・何回も、起こさないと。(相談者)

でぇ、お嬢さんは・・(今井通子)
はい。(相談者)
会社に出掛けるのは・・あ、あのぅ、起きられるのは、何時頃?(今井通子)
はい、あのぅ・・(相談者)

あ、あのぅ・・娘はもう、6時半には起きて・・(相談者)
うん。(今井通子)

そいで・・7時・・20分には、家を出ますので・・(相談者)

ああ、じゃあ、ほとんど、アレですかね?(今井通子)
そうです。(相談者)
お、お嬢さんと、お孫さんは・・(今井通子)
はい、(相談者)
普段は、顔を合わせることがない?(今井通子)

あ、まあ、でも、夜、帰ってきて、あのぅ、8、8時くらいには、帰ってきますので・・(今井通子)
うん・・(今井通子)

だから、8時から、母親といたいんですかね、11・・あのぅ、どうしても夜・・遅くまで起きていたくって・・しょうがないんですねぇ。(相談者)

あとは・・(今井通子)
はい。(相談者)
お嬢さんに、あなたが、その・・(今井通子)
ええ。(相談者)

お孫さんが、反抗期で・・(今井通子)
はい。(相談者)
なんか、物を投げるとかっていうことに・・(今井通子)
はい。(相談者)
なっちゃった話しは、された?(今井通子)

はい、もう全部、知っております。(相談者)

で、なんておっしゃってた?(今井通子)

いや、そうじゃ・・あのぅ、孫に・・注意するんですね。(相談者)
ああ、そうなんですか?(今井通子)

そうすると、注意すると、後になって・・「バアバ・・お母さんにチクったね」って・・ふふふ・・(相談者)
うーん・・(今井通子)

こう、あの、結構あのぅ・・興奮しますので、そういった時には・・(相談者)
ええ。(相談者)

ギュッと、抱きしめてやると、収まるんですねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)

そいで、注意すると・・すごく、あのぅ、そうやって反抗してくるんで、ここんとこ、昨日・・一昨日なんか、なんにも、言わないで、普通の会話だけして、なにも注意しないでいたら・・(相談者)

「随分、冷たいわね」って言うんです。(相談者)

あらまあ。(今井通子)
わたしに・・だから、言う・・だから、あの、注意すると、あのぅ・・「嫌なんでしょう?」って言ったら、「うん、注意してもいいよ」って、こう言うんですけど・・(相談者)

注意すれば、ま、したんでまた、そういうことして、しなきゃしないで、「冷たいわね」ってくるんですね。(相談者)
うーん・・(今井通子)

いったい、どうなんでしていいかと・・(相談者)
ふふふ・・(今井通子)
はい。(相談者)

わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)
今日はですね・・(今井通子)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてますので・・(今井通子)
あ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
よろしく・・はい、よろしくお願いします。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク