テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月13日(水)は、加藤諦三&大原敬子。孫娘が3歳の時、次男が離婚し三人暮らし。二年前、次男が再婚し、親と一緒に住むのを断った孫娘と二人暮らし。来年、高校を卒業するのだが進路が決まっていない。不登校だった孫も今では元気に学校へ行っているが、体が弱く、就職するのではなく、アルバイトをして一人暮らしをしたいと言っている。どのようにアドバイスしてあげればいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉『人は、苦労する事で成熟していきます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:69歳女性 夫他界 独立した長男42歳 15年前に離婚した次男(現39歳)は2年前に再婚し家を出る 次男の子、孫娘(当時3歳、現在18歳の高校生)と2人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

あ・・はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・最初に、年齢、教えてください。(加藤諦三)

60・・9歳。(相談者)
69歳。(加藤諦三)

結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

もう、他界しまして・・(相談者)
あっ・・そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
すと・・今は・・お一人で、暮らしてるの?(加藤諦三)

18歳の孫と、暮らしてます。(加藤諦三)

ぁ、は、はい。(加藤諦三)

この、18歳のお孫さんっていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
何番目の、お子さんの子供ですか?(加藤諦三)

二番目の・・(相談者)

お子さんは、何人いるんですか?(加藤諦三)
ふ・・二人です。(相談者)
・・
二人?・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)

え・・42歳と、39歳です。(相談者)

で、この18歳のお孫さんっていうのは、どちらのお子さん?(加藤諦三)
はい。(相談者)

あの、下の・・(相談者)
さん・・(加藤諦三)
39歳の子供です。(相談者)
ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
この39歳の子供は、男の子?女の子?(加藤諦三)

男です・・あ、すいません・・あ・・(相談者)
男の子・・で、42歳は?(加藤諦三)

も、男です。(相談者)
あ、両方とも、男の子ね?(加藤諦三)
はい、わたし・・は、男の子、二人なんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

次男が・・(相談者)

あの、18歳の子・・孫が・・3歳の時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
離婚しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしに・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

預けたんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だから、15年前から・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ぃ・・三人で、暮らしてまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・・

でぇ・・二年前に・・次男が・・再婚しました。(相談者)

はい。(加藤諦三)

そこから、二人・・(相談者)

暮らしです。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

長男は、もう・・(相談者)

あのぅ・・出てます。(相談者)

はい。(加藤諦三)
家から、出てます・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・来年・・(相談者)

高校三年生を、卒業するにあたりまして・・(相談者)

この18・・今、18歳の・・お子さんね?(加藤諦三)

孫・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

進路というのが、はっきりしてなくて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい、卒業してから自分が、なにをしたらいいのかが・・(相談者)

見つけられなくて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)

一年前・・に、少し、学校・・(相談者)

を、行けてなくて・・(相談者)
・・
登校拒否だったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・このぅ・・(相談者)
どのくらい続きました・・その不登校が?(加藤諦三)

約・・(相談者)

10ヶ月ぐらいです。(相談者)
約10ヶ月・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

学校には問題なくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
虐めがあるとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そんなんじゃなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

・・

居場所がないということで、自分は・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
両親は、両方とも、結婚してしまって・・(相談者)

わたしは、生きてても、しょうがないっていうことで、少し、鬱みたいになりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

学校なんか、行きたくないっていうことで・・(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で・・あの、夕方まで寝てて、夜中、起きてるっていうようなことでも・・(相談者)

ずーっと、10ヶ月間・・はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

・・・

・・・

そんな・・だったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
二学期から・・(相談者)

あの、学校の先生に、説得されまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

行くようになりました。(相談者)
あ、はあ・・(加藤諦三)

で・・その、学校の先生は、あのぅ・・自宅に来てくれたんですか?(加藤諦三)

そうです。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)

担任の先生かなんか?(加藤諦三)

はい、そうです・・はい。(相談者)
ふーん・・はい。(加藤諦三)

はい・・でぇ、やっぱり・・行かなきゃいけないっていうことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
人間が、変わったように・・(相談者)

あのぅ・・元気に行くようになりました。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

娘を育ててないだけに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
孫が・・初めての女の子なんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、同姓いうこともあるんですが・・どうもやっぱりこう・・(相談者)
・・
躾というのが、なかなか・・できなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
でぇ・・本人も・・(相談者)

そのぅ・・お婆ちゃんには、言われたくないというか・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ちょっとこう、やっぱり、あのぅ・・構えるところがありまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

で、まぁ、ま、自由気ままというんですか・・なんか・・(相談者)

たぶん、他所さんだったら、こういう事は、叱るだろうなぁ・・っていうようなことも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
叱れなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、まぁ、来年、卒業しまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・まぁ、学業を終えて・・(相談者)

社会に出た時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

このままで・・いいのだろうかどうか・・(相談者)
うん、う、うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・孫も、一人暮らししてみたいとかも・・言ってるですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
どういうふうに、アドバイスしてこれたら・・(相談者)
あ、今、ひ・・あのぅ・・(加藤諦三)

高等学校が卒業したら、一人暮らししたいというふうに、言ってる・・(加藤諦三)
したい・・(相談者)
言ってんですか?(加藤諦三)
とか・・言ってるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

たぶん、できないだろうな、お金がないから、できないだろうな・・とは、言ってるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

どういうふうに接していったらいいのか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

先ほど、その、なにをしたらいいか、わかんないし、進路がはっきりしないって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
言いましたけれども・・(加藤諦三)

はい、はい。(相談者)
もう・・(加藤諦三)

本人自身は、どういうふうに言ってるんですか?(加藤諦三)

アルバイト・・(相談者)

しようかなと。(相談者)

・・

たぶん・・(相談者)
要するに、あのぅ・・が、高等学校卒業して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
就職しよう・・(加藤諦三)

って、言ってるわけですよね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

・・

じゃなくて・・会社にちゃんと勤めるんじゃなくて・・アルバイトをした方がいい・・という言い方ですか?(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)

・・

それは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっと、体が弱くて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
小さい頃から、少し弱くて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ぁ、自分はもう、あのぅ・・病気持ちなんだぁ・・というのが・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
あのぅ・・ま、その・・ホントなんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
どうしても、朝が、起きれないという・・(相談者)

ぅ・・父親は、それは、やる気がないからだと・・言ってしまうんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

夜が・・(相談者)

遅いから、朝、起きれないっていう・・ことでもなく、やっぱり・・(相談者)

登校拒否の間も・・夕方まで寝てたとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
やっぱり・・いい事がなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
で、今は・・起きて行ってますけども・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)

また、卒業しましたら・・(相談者)

アルバイトしようなかぁ・・って言いながらでも、また、ズルズルと行かない・・(相談者)

そのまま、いってしまうような、気もしますし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

それで・・(加藤諦三)

ただ・・(相談者)
そのぅ・・さ、先ほどの話しだと、二年前に再婚して・・(加藤諦三)
んん・・(大原敬子の咳払い)
はい。(相談者)

そして・・(加藤諦三)
・・
お婆ちゃんの方と、一緒に暮らしていて、この・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

お父さんの方と・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
一緒になって・・暮らさなかったんですか?(加藤諦三)

孫が・・(相談者)

気を使うので、住みたくないと・・(相談者)

で・・(相談者)
ということは、そのお父さんが・・(加藤諦三)
・・
まあ・・(加藤諦三)

・・・

新しい女性と結婚して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

まぁ、そっちの方に行くのは、自分が・・嫌だった・・ということですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

どこかに・・心のどこかに・・(相談者)

あの、お父さんを、取られた・・っていうのが・・(加藤諦三)

ああ、あるでしょうね。(加藤諦三)
あったようです・・はい、ありましす、はい。(相談者)
うん、心・・心のどっかじゃなくてもう・・(加藤諦三)

あります、はい。(相談者)
うん、ど・・うん・・ど真ん中にあるんじゃないですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うん・・ど真ん中にあり・・あります、はい。(相談者)

はぁい・・はい。(加藤諦三)

それが登校・・学校に行けない・・(相談者)

大きな原因の一つだと思います。(相談者)

・・・

うん、大きな原因の一つというよりも、それが原因ですよねぇ。(加藤諦三)

あぁぁ・・(相談者)

それでぇ、今は・・とにかく・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

元気になったわけですねぇ。(加藤諦三)
・・
そうです。(相談者)
ただ、あなたの今日の相談というのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
このぅ・・(加藤諦三)

・・・

来年、そ・・卒業して・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

この先、この子は大丈夫だろうか?・・と。(加藤諦三)

はい。(相談者)
どういう形で・・指導したらいいか?・・っていうことですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

そうです。(相談者)
そういうことですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク