テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月30日(火)は、今井通子&三石由起子。水回りは別だが二世帯住宅に同居する姑夫婦は、離婚はしてないが、毎日のように来る一人で子供を育てる娘の子を可愛がり、同居している孫にあたる息子の子はないがしろにし、無視をする。「意地悪をする」と泣く息子が不憫でならない。子供を連れて同居解消した方がいいのか?姑夫婦とうまくやっていく方法はあるのだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:47歳女性(自営業手伝い) 夫48歳 息子一人5歳 舅82歳 姑76歳 二世帯住宅 水回りは完全に別 義姉は離婚し子供一緒に隣の家に住んでいる 義妹と娘(もうすぐ7歳)は夫を追い出し二人暮らしだが、週に4日は義両親宅に居る

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

もしもし(元気のない声)・・(相談者)
はい。(今井通子)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

主人の・・(相談者)
はい。(今井通子)
両親と共に、今、生活してるんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
ま・・その・・(相談者)

関係がうまく・・(相談者)

やっていけない・・(相談者)

のが、相談です・・ふぅ・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

・・

あなたは、おいくつですか?(今井通子)

えっと・・40・・7歳です。(相談者)
47歳・・ご主人は?(今井通子)

・・

48歳です。(相談者)
・・
48歳・・(今井通子)

・・

ぇ・・ご主人のお母様は?(今井通子)

70・・(相談者)

6歳・・(相談者)
はぁい・・(今井通子)

お父様は?(今井通子)

82歳・・(相談者)

・・

・・

お二人とも、お元気なの?(今井通子)

年相応に元気だと思います。(相談者)

お子さんは?(今井通子)

えっと・・5歳の子供が居ます。(相談者)

男の子?(今井通子)

おんな・・(今井通子)
はぁい。(相談者)

おとこの・・(今井通子)
男の子です。(相談者)

お一人?(今井通子)

はい。(相談者)

・・

・・

っていうことは、ご家族が・・(今井通子)

ぇ・・お父様、お母様含めて・・(今井通子)

お子さんと一緒で5人?(今井通子)

はい、ま・・(相談者)
かぞ・・(今井通子)
一応、あの、その、家の中といっても、二世帯住宅で・・(相談者)

水回りも別には・・(相談者)
あっ、そうですか・・(今井通子)
なっているんですけれども・・はぁい。(相談者)

そうすると普段の・・(今井通子)

生活は・・(今井通子)
生活は・・(相談者)

別にしてらっしゃるわけ?(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

それで?(今井通子)

それで・・(相談者)
・・
うん。(今井通子)

ちょっと家庭が複雑というか、もともと、わたしが結婚する時に・・(相談者)
はぁい。(今井通子)
まぁ・・ぁ、えっと・・離婚して、戻って来てる、お姉さんが・・いる・・(相談者)

んですねぇ・・(相談者)

子供を連れて、戻って来ていて・・(相談者)

・・

・・

で、まぁ、それで・・わたしが嫁に・・(相談者)
・・
来た時は、そのぅ・・(相談者)

連れて来た・・(相談者)

・・

子供、お姉さん・・義理の両親、四人で住んで・・(相談者)

・・

・・

いたんですねえ・・(相談者)
・・
で、主人はそのぅ・・(相談者)

家の隣に家・・を、持っていたので、そこに一人で住んでいたんですけれども・・(相談者)

・・

・・

はぁい。(今井通子)
や・・(相談者)

で、まぁ、結婚後、わたしもそこへ、入・・(相談者)
・・
って・・(相談者)

生活してたんですけれども・・(相談者)
ええ。(今井通子)
まぁ、いろいろ・・(相談者)

理由があって、家を建替えなくてはならないことになりまして・・(相談者)

はぁい。(今井通子)
まぁ、そのぅ・・(相談者)

時に・・まぁ、主人が・・まぁ、長男であるということで・・(相談者)
・・
まぁ、一緒に・・住もう・・(相談者)

という形には、なったんですけれども・・(相談者)

そうすると、お姉さんとお子さんは?(今井通子)

お姉さん・・(今井通子)
まぁ・・もともと・・主人が住んでいた家に・・(相談者)

えっと・・(相談者)

住んでいます。(相談者)
あっ・・っていうことは・・(今井通子)

入れ替わったわけね?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)
うん。(今井通子)

・・

・・

はぁい。(今井通子)

でぇ・・さらには・・えっと・・(相談者)

・・

・・

同じ時期に結婚をした・・(相談者)

主人の妹というのが居て・・(相談者)
ええ。(今井通子)

ま、その妹が・・今・・(相談者)

旦那さんと仲が悪く、旦那さんを追い出して・・(相談者)

・・

うん。(今井通子)
子供と二人で、生活してるんですけれども・・(相談者)

ま、子供・・を抱えて、仕事をしてっていうのは、難しいので・・まぁ・・(相談者)

じっ・・(相談者)

実家である・・こ・・この家に・・(相談者)

ほぼ・・(相談者)

・・

・・

毎日のように・・(相談者)

・・

一年ぐらい前までは、来てたんですが・・(相談者)

はい。(今井通子)

今は週四日・・(相談者)

うん。(今井通子)

来てるような状況なんですけれども・・(相談者)
うん。(今井通子)

・・

うん・・(今井通子)
でぇ、そうすると・・(相談者)
うん。(今井通子)
まぁ・・(相談者)

・・

必然的にまぁ・・娘の子が可愛いし・・(相談者)

うん。(今井通子)

仕方ないんですけど、ま、そっちに気持ちが行くと・・(相談者)

まぁ、わた・・うちの子供っていうのは、ぃ・・ま・・(相談者)

たしかに・・(相談者)

同じ家に住んでるよ・・って、言ったって、まぁ、違うって言われてしまえば、それまでなんですけれど・・(相談者)

ま、でも、一応、おや・・同じ家に住んでいて・・ついこの間まで、その、隣の家に住んでいたにも関わらず・・(相談者)

・・

こう、いつも・・こう無視されるっていうと、変ですけど・・(相談者)

どこへ出かけるのも、娘の子供と・・娘と一緒に、パッパ、パッパ、いろんな・・こう楽しい・・(相談者)

行事?(相談者)

いろんな行事・・(相談者)

一年間、こう・・町でいろんな行事がありますよねぇ。(相談者)

うん。(今井通子)

そういうのはまぁ、全部、そのぅ・・(相談者)

・・

うん・・妹の・・(相談者)

子供と、妹と・・出・・掛けて行って・・(相談者)

ま、うちの子の存在は、無視で・・(相談者)

うん・・(今井通子)
なんか食事に・・行くっていうのも全部、そのぅ・・(相談者)

子供・・達と行って・・(相談者)
うん。(今井通子)
ま、うちは・・誘われることもなければ、声か・・(相談者)

かかるっていうのも、本当に、年に三回・・(相談者)

あるかないか・・(相談者)

うん。(今井通子)

かなぁ・・っていう状況なんですけれども・・(相談者)
ぁ、うーーん・・(今井通子)

そういう中で・・(相談者)

子供は、「なんで?なんで?・・婆ちゃんは・・」(相談者)

・・

・・

・・

「意地悪するの?」とか・・(相談者)

「僕を連れてってくれないの?」とか・・(相談者)

・・

お子さんが?(今井通子)

はぁーい!(相談者)

ま、結局そこで・・お互い、うまくいかなくなるというか・・(相談者)

妹の子からすれば・・「お父さんいて、羨ましいな」ってなりますし・・(相談者)

ええ。(今井通子)

うちの子からすれば・・(相談者)
・・
まぁ・・(相談者)

いつも・・(相談者)

「お婆ちゃん、とっててズルイ!」って気持ちもあるでしょうし・・(相談者)

なんか・・とにかく常に、喧嘩してて、結局、けんか別れじゃないけれど・・うちの子が、逃げ帰ってきて、終わり・・っていう状況・・っていうか・・(相談者)

・・

妹さんのお子さんは・・男のお子さん?(今井通子)

おんな・・(今井通子)
女の子です。(相談者)

女のお子さんで・・(今井通子)
・・
おいくつ?(今井通子)

今、まだ・・(相談者)

お誕生日来てないから6歳・・(相談者)

もうすぐ、ま、7歳になりますけど・・(相談者)
はぁい。(今井通子)

お子さん同士の・・(今井通子)

ト・・トラブルっていうとおかしいけど・・(今井通子)
今は・・(相談者)
お子さん同士が、うまくいかないってこと?(今井通子)

それもありますし・・わたしも結局・・常にそうやって、こう・・(相談者)

・・

ウーン・・妹・・の子、妹の子ってされることによって、なんかこう、すごい自分・・(相談者)

・・

も、自分の子供も、ないがしろにされてるっていうと、変ですけど・・(相談者)

そういうことで結構、ストレスが溜まってきてしまって・・(相談者)
ええ。(今井通子)

ちょっと、一年ぐらい前に・・ほんと精神的に病んで・・しまってこう・・爆発して・・(相談者)

ど・・(相談者)
どういうふうに爆発したの?(今井通子)

スゥ・・なんか・・お誕生日・・よ、四歳のお誕生日の時に、まぁ・・四年間、どこも遊びに連れてってくれたことがないんですよ、うちの子供。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

それなので、わたしとしては、「お誕生日にじゃあ・・今までどこも行ったことないから、お誕生日、連れて行ってあげてください」・・(相談者)

「どこか、遊びに連れて行ってあげてください」って、お願いしたんですけれども・・(相談者)
ええ。(今井通子)
まぁ、結果的に・・(相談者)

食事だけをして、帰・・ってきてしまって・・(相談者)
うん・・(今井通子)

本人は、ほんとにどっか、遊びに行くつもりだったけど、「連れてってもらえなかった」・・って、ちょっと、がっかりして帰・・ってきて・・(相談者)

はぁい。(今井通子)
で、その後、結局、妹達・・(相談者)

・・

家族を呼んで・・(相談者)

・・

・・

・・

子供の・・うちの子の目の前で、出かけて行ってしまったんですよね。(相談者)

・・

うん・・(今井通子)
それで・・(相談者)

うちの子にしたら、連れてっても、もらえなかったし・・(相談者)

こう、自分はまた、置いてきぼりにされるし・・っていうことで、すごく泣いたんですよね。(相談者)

うん・・(今井通子)
それで・・わたしもなんか、スイッチが入っちゃって・・(相談者)
うん。(今井通子)

・・

もう、「わぁーっ!」ってなってしまって・・(相談者)

それで、家の中で、大暴れしたっていう・・(相談者)

そこからわたしもなんかもう・・ほんとにもう・・(相談者)

・・

・・

・・

・・

義理の・・母・・が、嫌になってしまったのと・・(相談者)
・・
妹達家族が、常に来て・・(相談者)

・・

どんどん、どんどん、イライラを募らせていくというか・・(相談者)

・・

・・

・・

・・

で、まぁ、当然、その・・(相談者)

・・

・・

その以降も・・結局、うちの子供は、ずっと無視されたまんまで・・(相談者)

・・

・・

なにがあっても、こう・・(相談者)

妹・・一家と・・(相談者)

・・

出掛けて行く・・(相談者)

なに・・しに行く・・うちの子を、声・・声かけることもない・・(相談者)

気にかけることもない・・っていうのが、すごく、わたしとしては、悲しいし・・(相談者)

このまんま、ずーっと・・(相談者)

今、まだ5歳で、ちょっと、もの心ついたぐらいですけど・・(相談者)

まぁ、男の子だから、そんなに気にしないのかもしれないけど、こういう・・(相談者)

・・

・・

なんて言ったらいいんでしょう?無視される状況が、つづ・・(相談者)

く(続く)っていうのが、わたしは、いい事のように思えないのでぇ・・(相談者)
・・
うん・・(今井通子)

どう・・(相談者)

して・・(相談者)

いいかわからないのが、正直で・・このまま・・(相談者)

どうにか・・(相談者)

・・

・・

両親・・(相談者)

との関係をうまく・・(相談者)

やって・・(相談者)

いく・・(相談者)

すべがあるのか、それとも子供を連れて、わたしが出て行った方が・・(相談者)

いいのか?(相談者)

・・

わかりました、今日はですねぇ、三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので・・伺ってみたいと思います・・先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 確かに目の前で差別されたら気分悪いだろうが
    70代80代が孫を連れて行けるところって限界があります。
    私も幼い頃祖母に可愛がられ連れまわされましたが
    あんまの待合で何時間も待たされたり
    墓参りに連れて行かれたり
    熱い銭湯に連れて行かれ長風呂に付き合わされたり、
    な~~んも面白いこと無かった!
    騒ぐな、走り回るな言われるし。
    それより近所の子供たちと遊びたいと思ってました。
    お子様が嫌がらなければ
    小さい子供が集まる習い事とかサークルに入れてあげたらどうでしょうか。

  2. 二世帯住宅とは言え やはり 同じ屋根の下に住むのは無理が在りますね!
     気持ちをきり替え ちょっとご無理(・・? このままでは不満が鬱積するばかりですね 義父母が ぽっくり逝ってくれればご相談者に良いでしょうが 長患いでもされたら その時は是非 お二人お揃いで老健施設 (シニアマンション)にお引越しくださるように今から工作してみませんか(・・?

  3. 三石先生の回答、お見事!

    年寄りに変われと言っても無理ですから、自分がどう受け止めるかの問題ですね。