テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井眞)
ぁ・・よろしくお願いします。(相談者)

・・

そういう話で・・養子縁組って・・(坂井眞)

うーん・・(相談者)
わかるけど。(坂井眞)

うん・・(相談者)
それでいいのかな?っていうような、そういう・・(坂井眞)

漠然とした不安感があるっていうことですか?(坂井眞)

ま、それが・・一番強いですねぇ・・(相談者)
うん・・(坂井眞)
あはは・・(相談者)
だからあのぅ・・(坂井眞)

両方・・親になる側、「養親」と言いますけど、親になるか側と、養子になる側・・(坂井眞)

はい。(相談者)
が、あのぅ、養子縁組しましょうと言って・・(坂井眞)

それで・・え・・ちゃんと、届けを出せばですねぇ・・(坂井眞)

はい。(相談者)
養子縁組が成立するわけで、でぇ、15歳未満ですけど・・(坂井眞)
あっ・・(相談者)
15歳になってやるのか、その前に・・(坂井眞)
あぁ・・(相談者)

はい。(相談者)
ご両親、法定代理人がやるのか・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)
どちらにしても、そうなればできるわけですけど・・(坂井眞)
・・
ぁ、はぁい。(相談者)

その後・・(坂井眞)

はい。(相談者)
法律的には、親子関係になりますのでぇ・・(坂井眞)
あっ、はぁい。(相談者)

あのぅ、これは・・家を継い・・ぐための・・(坂井眞)

養子縁組だから・・(坂井眞)

うん。(相談者)
親子関係じゃないんだと・・言ってもそれは通らなくなっちゃうわけですよ。(坂井眞)

ああ・・はいはい。(相談者)
えーっと、親子としての、お互いの扶養義務があったりとか・・(坂井眞)
ああ、ぁぁ、ぁぁ、ぁぁ・・(相談者)

だ、子供として、育てる・・(坂井眞)
うん。(相談者)
当然、義務が出てきますし・・当たり前ですけどね・・ふふっ。(坂井眞)

ああ・・そうですよねぇ・・(相談者)
でぇ・・(坂井眞)
まぁ、高校、大学と行けば・・学費もいりますしねぇ・・(相談者)

そうなると・・(相談者)

やっぱ親だから、出さないかんくなったりとか・・ふふふ・・しますよねぇ。(相談者)

まず・・第一に、そういうことになりますよねぇ・・ふふっ・・(坂井眞)
はははは・・ですよねぇ。(相談者)

ふふっ・・でぇ、まぁ・・その辺の話しも、別に・・(坂井眞)

実の親の方でぇ・・(坂井眞)
うん、あの、話し合いで・・(相談者)
うちも・・っと言ってだせば・・(坂井眞)
あれ・・あれかなぁ?(相談者)
別にそれを・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
あのぅ、国が制度として入ってくるわけじゃないんですけれども。(坂井眞)
ぁぁ・・ぁぁ・・(相談者)

ええ、ええ・・(相談者)
えーっと、自分の・・あのぅ、法律上の・・お母さんになるんだと、あんまり話したことがない親戚の。(坂井眞)
うんうんうんうん、うんうん・・(相談者)
あはは・・あなたがですねぇ。(坂井眞)
あははは・・そうですねぇ・・へへへ・・ははは・・(相談者)
そこはまだ・・きっと彼は、わかってないんだと思うんですよねぇ。(坂井眞)

そうですよねぇ・・(相談者)
でぇ、あなたとしても・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
それは・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
なんとなく、そういうことはわかるのでぇ、不安があるということなんでぇ。(坂井眞)
うん・・(相談者)

うん・・(相談者)
本質的には・・(坂井眞)

うん。(相談者)
最もな不安だと思うから・・(坂井眞)

うんうん。(相談者)
よくよく、考えた方がいいし・・(坂井眞)

これは、人それぞれに、考え方があることなのでぇ・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
お子さんも含めて、みなさんが、そういう価値観で動くんだったら、やめなさいって話ではないんですけれども・・(坂井眞)

うん、どっちにしても、結婚してからしかこっちには入らないって言ってるから・・(相談者)

ああぁぁ・・(坂井眞)
この家には。(相談者)
はい。(坂井眞)

うん、まぁ、それまでは多分わたしが一人で、この家を管理するということに、なる感じなんですけどねぇ・・ふふっ・・(相談者)
でもこの家っていうのは、あなたが相続されたんじゃないんですか?(坂井眞)
・・
一反半・・(坂井眞)
わたしが相続してます、はい。(相談者)

それって・・(坂井眞)
うん。(相談者)
別に家のもんじゃないから・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
家っていうのはその・・(坂井眞)
うんうん。(相談者)
えっと、皆さんが言っている・・昔から続いた家だって。(坂井眞)
うんうん、うんうん、うんうん。(相談者)
あなたの・・財産だから・・(坂井眞)

うんうん、なんですけどねぇ、へへへ・・(相談者)
それは・・あなたはどう思ってるんですか?(坂井眞)

あなたがいいって言うんだったら・・周りが口出す必要ないんだけれども。(坂井眞)

・・

うん、なんかこのまま、残した欲しいって言い方されるから・・(相談者)

でぇ、あなたはどう思ってる・・あなたの財産ですよ?(坂井眞)

うーん、ま、まぁ・・あたしもちょっと、考え方古いから・・(相談者)
うん。(坂井眞)
まぁ、そうかな・・って、思っちゃうからさぁ・・ははは・・(相談者)
それだったらまぁ、いいんですけど・・(坂井眞)
うーん・・(相談者)
でもまだ、58でしょう?(坂井眞)

そうです・・うふっ・・(相談者)
でぇ、まぁそのぅ・・(坂井眞)

ご主人、亡くなったばっかだから、そういう話・・では、ないだろうけれども。(坂井眞)

ええ、ええ・・(相談者)
まだ・・何十年も・・(坂井眞)
うん。(相談者)
人生、ありますから・・(坂井眞)

そうですよねぇ・・(相談者)
うん、その間にどういう展開になるかっていう問題もありますしねぇ・・(坂井眞)
・・
あぁぁ・・(相談者)

で・・(坂井眞)
でぇ・・あのでも、どっちにしても・・(相談者)

あのぅ・・やっぱり、ここの血・・引いた子に・・そうやって、あげようと思うと・・(相談者)

遺言書?(相談者)

とか・・(相談者)

書いてかないと、ダメですもんねぇ?(相談者)

いやだから、財産の話だったら、あなたさえ良ければ、それ、あなたが相続した・・(坂井眞)

はい。(相談者)
うん・・田畑(でんぱた)は・・お姉さんと妹さんに・・(坂井眞)
うん。(相談者)

うんうん。(相談者)
ちゃんとそのぅ・・(坂井眞)
うん。(相談者)
あげてるから、ちゃんとそのぅ・・元の家には、渡してるわけじゃないですか。(坂井眞)

ぁ、ええ、ええ・・(相談者)
元の家と言っても、お姉さんと妹さんは、外の家に嫁いだんでしょう?その古い考え方だと?(坂井眞)
そうです。(相談者)

だからなんか変って言えば、変だよね?(坂井眞)

ふふふ・・(坂井眞)
そうですねぇ。(相談者)
それはそれで、相続だって、今の法律・・の話やってるのに・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
本家に嫁に来た、あなたのところだけ・・(坂井眞)
うん。(相談者)

それは・・本家なんだから、「あんたのもんじゃない」みたいな・・ふふっ・・言われ方をしてるわけでぇ・・ふふふ・・(相談者)
ふふふ・・(相談者)
まぁ、あんまり筋の通った話じゃないと思うんだけど、それは・・(坂井眞)
うーん・・(相談者)
ちょっと置いておきましてぇ・・(坂井眞)

まぁ、あのぅ・・(相談者)
ええ、もっと言っちゃうと・・(坂井眞)
でも・・ま、生活さえ・・(相談者)

でき・・てけば・・(相談者)
うん。(坂井眞)
あの、一応・・(相談者)

土地は・・(相談者)

血を引いた子に、受け継いがせてあげたいな・・っていう気持ちもあります。(相談者)
なるほどねぇ。(坂井眞)

自分の兄弟とか・・自分の親、そっち側の、自分の側に・・わざわざ、その、渡す話じゃなくて・・(坂井眞)
うん・・あっ、そう・・(相談者)
この家に、遺していくのがいいと・・(坂井眞)
うんうん。(相談者)
あなたとしては、思う・・それだったら・・(坂井眞)
うん。(相談者)
それでいいですよね。(坂井眞)

はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、名前も遺してあげたいと思ってるわけですよねぇ?(坂井眞)
はぁい。(相談者)
その・・ご主人の・・と、あなたの、名乗っていた・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そのぅ・・本家というか、旧家の・・(坂井眞)

はい。(相談者)
名前を・・で、そうすると・・(坂井眞)
はい。(相談者)
まぁ、確かに・・あの、そ、そういうお考えで皆さんが一致してるんだったら・・(坂井眞)

はい。(相談者)
どなたか、親族から・・って話は、ありだと思いますけれども。(坂井眞)

はい。(相談者)
その時に・・そういうつもりでやっても親子関係ができてしまうので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

そこは、ちゃんとあのぅ・・(坂井眞)

子供のほうも、親のほうも・・(坂井眞)

ぁぁ、親ってあなたの事ですけど・・(坂井眞)
ああ・・はいはいはいはい。(相談者)
あの・・(坂井眞)

親子になるんだよっていうことを、ちゃんと・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)

自覚しないと・・(坂井眞)

でぇ、もう一つはさっき言ったように、あなたはまだ58・・だから。(坂井眞)

ええ、ええ・・(相談者)
だ、若いから・・(坂井眞)

そうなんですよねぇ。(相談者)
うん、でぇ、これからどういう生活をしていくのか・・って問題もあるからねぇ。(坂井眞)

うーーん・・(相談者)

・・

でぇ、そういう時にあのぅ、養子縁組していて。(坂井眞)

たとえば、あなた・・に、相手が現れたりした時に・・(坂井眞)

うん・・(相談者)

結局、その子なんかぁ・・巻き込まれちゃうですよ、そういう・・(坂井眞)
あははは・・(相談者)
ことに。(坂井眞)

うん・・そうですよねぇ。(相談者)
うん・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
その辺、よく整理した方がいいと思うんですよねぇ、あの、間違ったは、全然ないんだけど・・(坂井眞)
あっ・・はぁい。(相談者)
あのぅ・・いろんな要素がありますから・・(坂井眞)

だから、あの遺言書は別に・・(坂井眞)

うん。(相談者)
養子縁組しないんだったら、あなたがおっしゃるように・・(坂井眞)
うん。(相談者)
遺したいんだったら、その残すべき人。(坂井眞)

うん。(相談者)

に、渡す・・で、いいわけですけれども・・(坂井眞)

遺言書っていうのは自分で、パァっと書くだけで大丈夫なんですか?(坂井眞)

法律は、三つシステムがあるんですけど書き方は。(坂井眞)

安全なのはちゃんと公証人役場に行って・・(坂井眞)

はぁ・・(相談者)
こういう遺言を、したいんだけれど・・と言うと。(坂井眞)

一番その、効力に争いがない・・公正証書遺言っていうのを・・(坂井眞)

はぁ・・(相談者)
作ってもらいますので、費用はもちろん・・若干かかりますけれども。(坂井眞)
ふぅーん・・(相談者)

えっと・・(坂井眞)
なんか結構かかり・・みたいですよねぇ?(相談者)
うん、それは、あのぅ・・(坂井眞)

す・・財産の、大きさによるので・・(坂井眞)
ああ、そうですねぇ。(相談者)
あなたのところの場合は、それなりに・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
あるようだから・・(坂井眞)

そうなんですよ・・ふふっ・・(相談者)
評価が・・そうすると、それを基準に算定されるから、それなりにかかると思います。(坂井眞)

ああ・・(相談者)

それは、一回作れば・・ずっと有効なんですか?(相談者)
有効です。(坂井眞)

でぇ・・(坂井眞)
うん・・(相談者)
また、次に新しいもの作れば・・新しい方が有効で、古い方は、無効になります。(坂井眞)

ああ・・(相談者)
ということになってます。(坂井眞)
それは自分、持ってればいい・・って、いうことですか?(相談者)

もってればいいですねぇ。(坂井眞)

あっ、ふんふんふん・・(相談者)
ただあのぅ・・亡くなった時に、誰にも言ってなくて、発見されないと・・(坂井眞)
ああ・・どこにあるかわからないといけない・・ふふふ・・(相談者)
無かったことになっちゃうから・・(坂井眞)

なるほど。(相談者)

タヒんだら絶対・・あのぅ、見られるようなところにしまっておくとか・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)

あっ、なるほど、で・・(相談者)
そういうことは、配慮したほうがいいです。(坂井眞)

やっぱり・・それでお勧めとしては・・(相談者)

もっと後の方が、いいですかね?・・えへへへへ・・(相談者)

えっと、養子縁組?(坂井眞)
養子縁組・・えへへへへ・・(相談者)

別に・・遅い方がいいって言ってるわけじゃないけれども・・(坂井眞)

まだ何か迷ってらっしゃるようだから・・(坂井眞)

ええ、ええ。(相談者)

でぇ・・今・・すごくうまくいってらっしゃるから、いいと思うんですけど。(坂井眞)

うん・・(相談者)
あのぅ・・親族間で、やっぱり・・感情こじれちゃうと、一番・・話がややこしくなりますから・・(坂井眞)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(坂井眞)
でぇ、これもだから、簡単にやっぱり嫌だって言うと、いろいろとねぇ・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
言われちゃうかもしれないけど・・(坂井眞)

うん・・(相談者)
なってからだと、子供も含めての・・なんか、こじれた関係になるから・・よく、考えた上で・・(坂井眞)
そうですねぇ・・(相談者)
もうそれで、いいんだと決心できたら・・別に・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ゆっくりする必要もないし、ゆっくりしたからいいってことでもないですよね。(坂井眞)
わかりました。(相談者)
なんか、抽象的で申し訳ないけど・・(坂井眞)
ぁ、いえいえ・・(相談者)
ふふっ・・(坂井眞)

ぁ、あのぅ・・(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. >ぁ、この時代でも、そういう話になるんですねぇ?(ドリアン助川)

    まさにこの一言 ↑ に尽きますねえ。

    義理の姉さんにしてみれば、先祖代々受け継いできた家屋敷が、弟の嫁一族に横取りされるのを阻止したいってことなんでしょう。

    人間の欲ってのは限りが無いですね。

  2.  ドリアンさんも 仰せでしたが 「今時(・・? 家を絶やさない」ナンセンス 時代錯誤!
     そんな 大きくなった子を養子に 無理無理!
     子育ての経験がなく 子供とどうして接したらよいかわからない 当然でしょう。

     勝手な推測ですが  ご相談者 跡取り娘で 婿さんを お迎えになったのでしょうね?

  3. 何と言うか呑気な相談者にしか見えませんが・・・
    ナチュラルに財産狙われてるようにしか見えない(なぜ相続した財産(田畑)を義兄弟に?)この辺も凄く謎。洗脳されちゃったのかな?
    子供出来なかった負い目が有るのかな?本家残すなら子供が小さいうちに養子迎えれば済む話だしそっちのが自然。
    旦那が亡くなった今なぜ???
    遺産を残すなら遺言で済む話。ヘタに養子縁組すると大変な事になると思いますよ。