テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月23日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。支配的な母親に否定されて育った相談者。幼少時は溺愛されるも、思春期には、生理用のナプキンも買ってもらえず、母親の高級なナプキンは使わせてもらえない等の虐めをされる。仕事で海外に逃げたり、居場所を明かさなかったりしたが、後悔したくないと10年ぶりに会う約束をするも、会うのを迷っているという相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『親に否定された人は、自分が自分を否定します』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:46歳女性 夫49歳 子供2人 長女7歳(小学1年生) 長男4歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ・・こんにちは。(相談者)
こんにちは。(加藤諦三)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、46歳です。(相談者)
46歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい、してます。(相談者)
え・・ご主人、何歳でしょうか?(加藤諦三)

49歳です。(相談者)
49歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えーっとですね・・4歳の男の子と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
7歳、小学校1年生の女の子がいます。(相談者)

支配的な母

ハ・・はい、わかりました・・それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっとですねぇ・・(相談者)

母・・とですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
10年ぐらい、会ってないんですけれども・・(相談者)
母って・・その、あなたのお母さんですね?(加藤諦三)
わたしの母です。(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)
はい・(相談者)
今、一緒に暮らしてないんですねぇ・・(加藤諦三)
暮らしてないです。(相談者)
もちろん・・はい。(加藤諦三)

おいくつですか、お母様は?(加藤諦三)

えっと、74です。(相談者)
74・・はい。(加藤諦三)

ま、近日中に、ちょっと、会おうかっていう約束をしたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今になって、やっぱり、会っていいのかどうかっていうのを、すごい迷い始めまして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい、それで・・(相談者)
それにはなんか、深い理由があるんですか?(加藤諦三)

えぇ・・(相談者)
普通は、お母さんに会うっていうの、そんなに・・(加藤諦三)

ぅ、理由、考えなくても・・会いたい、会いたくない・・(加藤諦三)

・・

っていうことだと思うんですけれども・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
その迷うのは、なんか・・深い理由があるんですか?お母さんとの間に?(加藤諦三)

母がこう・・ちょっと、支配的な人というか・・(相談者)
ああ、はいはい。(加藤諦三)

それで・・えーっとまぁ・・今まで・・まぁ、10年、会ってないですし、その前もずっと・・(相談者)

あの、海外に逃げたり・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・(相談者)

・・

居場所を知らせなかったりっていう・・ぅ・・(相談者)
あぁ・・(加藤諦三)
生活が続いてまして・・(相談者)

海外に居たっていうのは、お母さんの方が、海外に居たっていうこと?(加藤諦三)
あ、わたしです。(相談者)
あっ・・ぉ・・あなたの方が、海外に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、一応、仕事・・とかで、行ってた・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
っていうことなんですけれども・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ、父とか母がまぁ・・(相談者)

単独では来れないような・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

所で・・はい、仕事をしてまして・・(相談者)
はぁ・・ん。(加藤諦三)

悪口を言わずにはいられない

あの、支配的って・・いうことは、小さい頃の、なんか・・(加藤諦三)

お母さんとの思い出で・・なんか辛い思い出があるわけですねぇ。(加藤諦三)

スゥ・・えっとあのぅ、小さい・・(相談者)
自分の意見が言えないとか・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)
したいことでも・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

したくないことでも、したいと・・言わなきゃいけないとか・・(加藤諦三)

・・

あっ・・それも、ありますし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

ま、母は、とにかく、女の子が欲しかったらしくて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・もう、妊娠する前から、ピアノを買って、女の子に、これをさせるっていうのを、決めてたらしくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、わたしが全然、才能もなかったっていうのもあって、すごい・・そんなのが辛かったり・・(相談者)

ああ、ぁぁ・・(加藤諦三)
女は勉強をなんかできんでも、愛嬌さえあったらいいとか、わたしは割と、勉強好きだったんで・・へへへ・・へへへ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
はあ・・はぁ・・(加藤諦三)

ちょっと・・あのぅ・・母の・・理想の子供に、なれなかった・・のもあ・・って・・(相談者)

あとそれとですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、小さい時は、溺愛で・・(相談者)

中学生ぐらいになると・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ・・祖父の、遺産が入ってから・・母がすごい、派手になって・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ、あの、スナックとか、飲み歩くようになって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしが中学3年生の時に、スナック、開い・・(相談者)

自分で、始めちゃったんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい・・それでもう・・まあ・・もう、昼に・・起きて・・(相談者)
・・
で、夜中・・3時とか4時とかに帰ってくる生活になったんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、そうですね、中1ぐらいからもう、家事とかは・・わたしがしてて・・(相談者)

はひ、はい、はい・・はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

その頃からもう、母とは、ほとんど会わない生活を・・(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

してたん・・ですよねぇ、はい。(相談者)

そうすると、あなたから見て・・お父さんと、お母さんとの関係は、どうだったの?(加藤諦三)

どうだったの?夫婦関係?(加藤諦三)
えーっと・・(相談者)

母と父・・(相談者)

は・・あのぅ・・仲良しっていうか、母がもう・・(相談者)

父の悪口を、ずっと言ってるって感じでしたねぇ。(相談者)

はぁぁ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

悪口・・を・・(加藤諦三)

いっつも、言ってると、もう、なんか、悪口を言わないでは、いられない・・っていう感じなのかなぁ?(加藤諦三)

うーーん・・そうですねぇ・・未だになんか・・(相談者)
・・
この、長い手紙に、ひたすら父の愚痴が書いてあったりするので・・(相談者)
ああ・・はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そうすると、お母さんは何・・お父さん以外にも、だいたい、その、近くなると、みんな悪口を言ってた?(加藤諦三)

あっ、それはあります。(相談者)

ですよねぇ・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

・・・

遠い人は別として、近くなると、全部・・(加藤諦三)

気に入らない・・(加藤諦三)

なくなるんでしょうねぇ・・(加藤諦三)

は・・ぁい・・(相談者)

要するに、ものすごい、依存心の強い人なんでしょう?(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

そう・・なんだと思います。(相談者)

母の虐め

あの・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
10年ぐらい前に、会った・・時は・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょっと、子供・・(相談者)

・・

みたいだな・・って、その時は、ちょっと思った・・んですよね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
もう、子供と・・ま、幼児と同じよう・・心理的に言うと、まだ、幼児・・っていうことでしょうねぇ・・(加藤諦三)
はあぁぁ・・(相談者)

要するに、外側のことが、すごく大切なわけですよね。(加藤諦三)
・・
女の子が欲しい、要するに・・(加藤諦三)

男の子でも・・女の子でも・・自分の子ができたら、嬉しいっていうんじゃなくて・・(加藤諦三)
うん、うん。(相談者)

女の子が欲しいと。(加藤諦三)

こんな女の子じゃ・・欲しいと。(加藤諦三)

はい。(相談者)
要するに、外側の事が、自分の思い通りでないと・・(加藤諦三)

はい!(相談者)

・・

うん、ものすごく・・不満になるという・・(加藤諦三)

あっ・・(相談者)

だと、思います。(相談者)
だから・・(加藤諦三)
そうですね・・うん。(相談者)
あな・・(加藤諦三)

た・・が、おん・・(加藤諦三)

あなたのことが、理想の女の子っていうことは、お母さんにとって、その理想の女の子でないと・・(加藤諦三)

あなた・・(加藤諦三)

・・

は、面白くないんだ・・(加藤諦三)

よねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ・・あと・・(相談者)

ちょっとあのぅ・・中学生の時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、女の人って、まぁ、生理とかが・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
始まるじゃないですか。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、ナプキンを、買ってもらえなかったんですよねぇ。(相談者)
・・
で、わたし、ほとんど、お小遣いも、もらえてなかったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それが、すごく辛かったって・・いうのが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あ・・ってですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あはっ・・(相談者)

そういうなんか・・うん・・(相談者)

なんか・・(相談者)
それはあの・・(加藤諦三)

うん?(相談者)
あれ・・(加藤諦三)

虐めで・・(加藤諦三)

という・・感じなの?それとも、虐めという感じでなくて・・無関心で、そういうことやってるって・・どっち・・ですか?(加藤諦三)

そのぅ・・それに関しては、虐め・・と、思いました。(相談者)
あ、虐めの方ですか?(加藤諦三)

うん。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

自分の物は、持ってるんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
いいやつ・・高いやつを、持ってるんですけれども・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

「数えてるから・・取ったらバレる・・からね」みたいなこと・・言われるんですよ・・ふふっ・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

で・・(相談者)
で、虐めはかなり、しつこいね。(加藤諦三)

しつこいですねぇ・・ふっ・・(相談者)

うーん・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

お母さんは、あなたに・・執着してますからねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・・

・・・

もう・・(加藤諦三)

フゥ・・(相談者)
別れたままでいるのが、僕はもっとも、いいと思うんですけれども・・(加藤諦三)
はあぁぁ・・(相談者)

それはなんか、難しいんですか?(加藤諦三)

わたしも、常識的なこと、考えたら・・まぁ、あの、子供が二人、いるんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ずっと、おばあちゃんの存在を・・ま、父だけに会うっていうのは、難しいので・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・おばあちゃんの存在も、知らせないかんのかなぁ・・とか。(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)
ああ・・なるほど、そう考えたのねぇ・・(加藤諦三)

こう、例えば今・・(相談者)

母とか父が、死んだ時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、あの・・なんの、このぅ・・なんて言うか、あのぅ・・和解もなく・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

死なれたら・・あとで、後悔するのかな?・・とか・・(相談者)

あぁぁ・・(加藤諦三)
ちょっと思ったり・・(相談者)

してですねぇ・・(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

今日はですねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
スタジオに・・(加藤諦三)

心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(加藤諦三)
ハイ。(相談者)
マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あぁ、愛先生の御意見、伺ってみてください。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク