テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月13日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。7年前、受験に失敗した息子、当時、高校生の娘の入浴時を盗撮しようとし失敗、機械を取り上げ反省文を書かせる。以降、娘と息子の会話なし。明るく、真面目で、誰からも褒められるような息子、母親自身、受験に失敗し、自分の希望する仕事に就けなかったので、教育熱心で一生懸命子育てしてきたと母親。清く正しく頑張れと、いつも励ましてきた。それだけに不甲斐ない、どうすれば盗撮癖が治るのか?

テレフォン人生相談2016年12月13日(火)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:53歳女性 夫53歳 長男25歳 長女22歳

加藤諦三氏の〆の言葉『本当の事から、目を背けようとすると、何かをしないでは、いられなくなります』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

読むテレフォン人生相談

53歳の女性から、夫も53歳、子供は、長男25歳、長女22歳で、今は長男が外に出ており、娘と3人暮らし。

盗撮願望

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、長男の盗撮願望を、治したいんです。(相談者)

・・・

何を治したい?(加藤諦三)
盗撮・・・盗撮です。(相談者)
ああ!・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

の願望があって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それが悪い事って、わかってると思うんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

治らないような・・っていうか・・(相談者)

ま、やめようと思っても、やめられないです、うん。(加藤諦三)
はい、頭の中に、それがある・・残っているという状態ですね。(相談者)

で、実際に盗撮して、あの・・警察に捕まったとか、なんか、そういうこと・・(加藤諦三)
・・は、ないです、ないです。(相談者)
そういうことは、ないんですね。(加藤諦三)
はい、ないです。(相談者)

ないです。(相談者)
で・・(加藤諦三)
で、あの、7年前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

大学受験を失敗しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
予備校に通い始めて、間もなくなんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

体調不良を起こしまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、その症状が、1ヶ月ぐらいで良くなった・・その時期にですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

長女の、入浴時に・・あの・・(相談者)
あ、この、2・・今の、22歳のお嬢さん?(加藤諦三)
そうです・・の、入浴・・高校生だったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

入浴時の脱衣所に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、音楽が聴ける、小さな機械の動画を撮れるような物を、置いて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを長女が気づきまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
返す返さないで、2人でばたばた始まったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、それを私が気づきました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、それぞれの話を聞いて・・長男にも、その時には反省文とかいろいろ・・書かせて、機械も取り上げて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・それでまあ、終わってるとは、思ったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの先日、部屋に行ったら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
小型のカメラがあったんです。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
あ・・だ・・(相談者)
一人住まいの所に、あなたが・・行ったということですね、はい。(加藤諦三)
そうです、あの、大学も・・無事にその後、受かりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、まだそれは、あのぅ・・買ったばっかりというか、使ってはいなかったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

本人を、すぐ呼んで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしも、話を聞いたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そしたらあのぅ・・「見つけて欲しかった」って、言うんです。(相談者)
ああ、まあ・・そ、そうで、しょうね・・うん。(加藤諦三)
で、やっていないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だけど・・あのぅ・・そういうのが、我慢できないっていうか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、自分で自分が、どうにもできないんですよね。(加藤諦三)
だと思います。(相談者)
ええ・・あ、あの・・意思の問題を、超えている問題ですからね。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

清く正しく

でもあなた、部屋に行ったっていうのは、何か、不安を感じたの?それとも・・はい。(加藤諦三)
あ、そうです、日頃からそういうのは、もう二度としてない・・かしら?っていう・・いつも不安がありますし・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

そうですね・・何気なく、あの、家を出るときも、あの、清く正しく、頑張るのよっていう、何気なく、一言は入れて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう・・監視してるって言ったらアレですけれども・・あの、見守っていきたかったので・・(相談者)

う、うん。(加藤諦三)
あの・・ここで、こんなことでつまずく・・なんて、わたし、すごく・・不甲斐ないっていうか・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
残念で・・(相談者)

一生懸命やって・・子育て、やってきた、つもりだっ・・(相談者)
そう、ものすごい一生懸命だったと思いますよ・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
それで、清く正しくっていう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

願いがね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それは、嘘じゃなくて、本当に、そう思って・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

教育、熱心に・・なったって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
わかります。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、なんで、そんなに、教育熱心だったのかしら?(加藤諦三)

うーん・・自分・・が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、思うような・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

えー、そうですね・・希望の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

仕事に、就けなかった・・(相談者)
う、うん・・うん、うん。(加藤諦三)
自分が、大学、失敗したりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

子供にはそういう思いを、させたくなかったっていうのあります。(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・・

それがずーっと、心の中にあったわけでしょう?(加藤諦三)

ずっと、ありますね・・うん・・(相談者)

悔いっていうか・・(相談者)

・・・

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で・・・そっから目を背けようと思って、息子さんのほうに・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
目が行ったんだね。(加藤諦三)
ああ、はい。(相談者)

・・・

全てを子供に

で、教育熱心に、なり・・そしたら、な、何歳ぐらいから?この25歳の・・息子さんが・・(加藤諦三)
幼児からやってます。(相談者)
幼児からですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

っということ・・(加藤諦三)
一生懸命やってきたつもり・・(相談者)
一生懸命やってきたと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

自分の趣味も持たずに・・(相談者)
趣味・・(加藤諦三)
子供にかけて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

やってました。(相談者)

もう、す、全てが、子供にかけて・・(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)

熱心に?(加藤諦三)
はい、やってました、頑張ってきてま・・言えます、そう、言い切・・れます。(相談者)
うん。(加藤諦三)
一生懸命やってきたんです。(相談者)
い、一生懸命、やってきました。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

だけど、望むようにはいかなかったね?(加藤諦三)
そう・・ですねぇ・・(相談者)

悔しいですねぇ・・(相談者)
うん、悔しいの、わかります。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

お褒めの言葉しか

教育熱心というよりも、この職業・・を、忘れようとしてたんだよね。(加藤諦三)

ああ!・・(相談者)

はぁい・・(相談者)

・・・

はぁい・・長女にも、同じ対応してます。(相談者)

教育・・の、事に関しては・・(相談者)
ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

で・・その22歳の今、お嬢さんは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
一緒に暮らしてるということで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

このお嬢さんはどうなんですか?もう、非常にうまくいってるの?(加藤諦三)

んん・・それ以来、長男とは、会話がなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

ん・・結局・・・今、4年生なんです・・3年生・・までは、寮生活をしてて・・(相談者)
今、大学・・4年生ね?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、授業が・・空くので、戻ってきたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そしたら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
長男と一緒には、屋根の下にはいられないので、長男を出してほしいという・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
長女からの・・泣きの、願望が入ったので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

遠いので・・近くに・・って行ったら、ということで、出したんですけど。(相談者)

それで、この・・今、大学4年生のお嬢さんは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

との関係をどうなんですか?(加藤諦三)

あのぅ、やっぱり、前より笑顔が減ってしまって・・あんまり良くないですね。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
とても明るくていい子なんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

2人とも・・性格は、すごくいい子なんです。(相談者)
あ、はい。(加藤諦三)
長男も真面目で・・勉強もできるし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・周りからも、お褒めの言葉しか、いただかないぐらい、本当に・・(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だって、あなたに、清く正しくって言われて、清く正しく・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
生きてきたわけでしょ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

外に漏れる前に

だから、外には別に、盗撮ってのは、見せてないもんね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
清く正しい面だけでしょ、外に見えるのは・・(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

でぇ・・妹さんのほうも教育熱心で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

一応、そのぅ・・そこも・・社会的に見れば、何の挫折もないということですね?(加藤諦三)
そうですね、今、はい。(相談者)

と、あなたの今の、心配というのは、そうすると・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
順調に人生が、行きそうなんだけれども・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

この問題が・・(加藤諦三)
早く、治したいです。(相談者)
は、早くな、治したいとは、もし、なんかあると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

このことで、全部の人生が・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
ひっくり返っちゃうということね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
今日はあの、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ

コメント

  1. >母も叱りだよね、本当の意味での。(マドマアゼル愛)

    これって、「叱り」じゃなくて「然り」だと思うけど。
    文脈からするとね。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.