テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月25日(水)は、ドリアン助川&三石由起子。31歳の息子、部署移動で各支店に一人ずつのお客様担当の仕事に変わる。同じ部署の同僚は、うつ病で休職している人も多い。頑張ると言っていたが、手に負えなくなり行き詰り、疲れ切ってしまった様子。上司は助けてくれないとのこと。土日は休みで早く帰れる日もあるとのこと。昨年、婚約も破談になり、親として、どう接すればいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:57歳女性 夫62歳 車で15分の所で一人暮らしの息子31歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
もしもし・・お世話になります。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

お願いしまーす。(相談者)
今日、どんなご相談でしょう?(ドリアン助川)

息子の・・(相談者)

あの・・仕事の・・ことで、行き詰ってしまって・・(相談者)

はぁい。(相談者)

え・・ご相談したいんですけども。(相談者)
はい、息子さん、おいくつですか?(ドリアン助川)

31です。(相談者)
31歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
大変失礼ですが、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)

57です。(相談者)
57歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

仕事?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
会社員ですか、息子さん?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

はぁ・・い・・(ドリアン助川)

仕事の行き詰る

なにが起きてるんですか?(ドリアン助川)

部署が・・変わりまして・・(相談者)

・・

責任・・が、えーっと・・か・・各支店に、一人ずついる部署なんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

え・・一人・・な、もので・・(相談者)

・・

手に負えなくなっちゃったんでしょうね。(相談者)

疲れちゃったみたいで・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

で、上司が・・(相談者)

助け・・て・・くれない・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

それで・・行き詰ってきて、だんだん・・なんかこう、暗くなってきたんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

でぇ・・同僚の方も、同じ部署の方が・・(相談者)

何人か、鬱病になって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
休職してる方が、いらっしゃって・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

なんか・・(相談者)

・・

もう、自分もダメかも・・っていうふうに・・言い始めちゃったんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

なんて声をかけていいんだか・・どうしてやったらいいんだかが・・(相談者)

わからないんですよ。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

・・

え・・息子さん・・おいくつからこの仕事・・なさってるんですか?(ドリアン助川)
えっと・・大学、出てからですから、22?(相談者)
22歳から?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

え・・そして、先ほどの部署移動で・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・ま、それが始まったという感じだったんですけどね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
部署移動で、お一人・・って、言い方されたんですが・・(ドリアン助川)

はい、担当が一人なんですね、その・・各支店に一人ずつ担当が居て・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その、一人に、な・・(相談者)

選ばれた・・(相談者)

っていうか・・(相談者)
それはあの、お客さん対応とか、そういうことですか?(ドリアン助川)
そうです、そうです。(相談者)

うん、その対応が、たった一人で、やってらっしゃると?(ドリアン助川)

そうなんです。(相談者)

でぇ・・え・・しかし、まぁ、そのセクションには、上司も、同僚も、居るわけですね?(ドリアン助川)

同僚は、いないんです。(相談者)
同僚はいない。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)
上司は、いらっしゃるんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・・(ドリアン助川)

一人で居るのが辛い

で、あの、今それが、息子さんの、様子がわかるってことは、今、同居してらっしゃるんですね?(ドリアン助川)

いえ、一人暮らしを、して・・るんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

今までは、滅多に帰って来なかったんですけど・・(相談者)
ほう。(ドリアン助川)

最近は、ちょくちょく・・「帰ってもいい?」・・って、いうふうに・・言うようになってきて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのまぁ、「帰って来るな」とは言わないん・・ですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・・

ン・・その、回数が、増えてきたんで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でぇ・・ぇ、えっと、「どうしたの?」って、聞いたら・・(相談者)

・・

「辛いんだ」って、言うんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・一人で居るのが、辛いと・・(相談者)

夜、一人が辛くなったって、言い始めて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ・・車で15分ぐらいのとこなんで・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

だから・・別に、帰って来るには不便じゃないんで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

・・・

受入れていたんですけど・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・・

・・・

ウン・・なんて、声をかけていいんだか・・親は・・(相談者)

見てるしかないんですけど・・(相談者)

・・

あのぅ・・(ドリアン助川)

・・

息子さん、一人暮らしということはね・・(ドリアン助川)

お付き合いしてる彼女とか・・(ドリアン助川)

ぇ、それも、去年・・(相談者)

っていうか、破談になっちゃって・・(相談者)
あらぁ・・(ドリアン助川)

それぇ・・(相談者)
そういうことも、あるのかなぁ・・(ドリアン助川)

ぅ、うーん・・うん、うーーん・・なんか・・(相談者)

悪い事・・続いたんですよねぇ、うん・・(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)
その時期に・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

だから、えーっと・・ぜん・・え・・部署移動された時も・・(相談者)

「頑張る」って、言ってたんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ん、で、出来るの?・・っていう話しをしてて・・出来るという話しで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

だから・・(相談者)

やる気はあって、始めたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

いや、辛くて・・っていう・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
ふふっ・・(相談者)

言葉になってしまって・・(相談者)
ウン、あの・・(ドリアン助川)

・・

ぃ、ぃ、失礼ですが、破談・・というのは・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・結婚の約束・・も、してたということ・・ですか?(ドリアン助川)

して・・たんですけど・・(相談者)
婚約まで、行った?(ドリアン助川)

・・

うーん、プロポーズは、受けてくれたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

相手の親の方に反対をされて・・(相談者)
はぁぁ・・(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

どうしてだろう・・(ドリアン助川)

うん・・あのぅ・・(相談者)

バンド・・が、好きだったんですよ。(相談者)

・・

息子さんは?(ドリアン助川)
バンド・・(相談者)

そうなんです・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その・・(相談者)

バンドの趣味が、嫌だって・・(相談者)

向こうのお母様に、言われて・・(相談者)
でも、お母さんと一緒になるわけじゃないのにねぇ・・(ドリアン助川)

そう・・で、娘さんも、お母さんに逆らえなくて・・(相談者)

・・・

・・・

でぇ・・(相談者)
バンドっていっても、変なバンドですか?(ドリアン助川)

変なっていうか、普通の、ロックバンドですよね。(相談者)
普通のロックバンド?(ドリアン助川)

ということは息子さん、バンドは組まれてるんですか?(ドリアン助川)

組んで・・は、います。(相談者)

けど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
最近はそれも・・(相談者)

行きたくなくなったみたいで・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

・・・

・・・

・・・

病気にはならないで

いろんな疲れが押し寄せてきちゃって、感情が、今、ちょっとこう・・(ドリアン助川)

ンン・・(ドリアン助川)
そう・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

ねえ・・(相談者)
高揚しなくなっちゃってるんですかねぇ?(ドリアン助川)

そうなんです、と・・(相談者)
あのぅ・・その行き詰るということ、内容を聞きたいんですけどね。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
休みはあるんですか?(ドリアン助川)

休みはちゃんと・・土日、休ん・・(相談者)
土日、休める?(ドリアン助川)

休めます。(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)

そうですか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
で、じゃあ、月金の話しですね。(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
これは、だいたい・・お母さん、推測でいいんですが、何時頃出てって、何時頃帰ってくる生活ですか?(ドリアン助川)

えっと、8・・時までに入って・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん、遅い時は、10時ぐらいまで・・ですね。(相談者)
8時までに入って・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
遅い時は、10時まで続くと。(ドリアン助川)

ウン・・でも・・(相談者)

早い時は・・あのぅ、それなりに、5時で、お、あがる・・終わる時もあるみたいんですけど。(相談者)
ふーーん・・(ドリアン助川)

・・

そうするとその、いわゆるブラック企業がね・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
もう、休みもなしで・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
睡眠時間も、許さないよって感じで・・(ドリアン助川)

あの、働かせるというとこが、まぁ・・(ドリアン助川)

そう、そういうんじゃないんです。(相談者)
そういうんではないわけですね?(ドリアン助川)
そういうわけじゃないんです。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

じゃ、肉体的に、追い詰められてるというわけではないわけで。(ドリアン助川)

精神的ですね。(相談者)
精神的に・・(ドリアン助川)

お客様・・(相談者)

の対応が・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

大きな声、出されるお客様もいる・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

っていう、その対応・・あと、「上司を連れて来い」っていう、お客様もいるんだけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

上司が、動かない・・って・・(相談者)

く・・ン・・「行ってくれないんだ」って、いう・・話しなんですよねぇ。(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)

お客さんが、「なんで、お前一人なんだ?」っていう、話しになる・・らしいんですよねぇ・・(相談者)

大変ですね、これはねぇ。(ドリアン助川)

ウン・・でぇ・・(相談者)
ハァ・・(ドリアン助川)

会社・・辞め・・て、いいんだよ・・っていう話しをしたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

本人は・・(相談者)

まだ、決心はつかないんですけど・・(相談者)
ウン・・(ドリアン助川)

「こんな甘い考えで・・他へ転職しても、ダメなんじゃないか」って、言うんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

だから・・(相談者)

「頑張る」とは、言わないんですけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

うん、こんな・・(相談者)

ことで、辞めていいのかな?・・っていう・・(相談者)

・・

他、行っても、同じなんじゃないか・・っていう・・考えがあるみたいで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

しかしまぁ、その、これまでのその、お客様担当というのが・・(相談者)

はぁい・・(相談者)
え・・実際には、うつ病で、休職す・・な・・してる方も、いら・・いるわけですよね?(ドリアン助川)
います。(相談者)

でぇ・・次は、うちの息子かもしれないと。(ドリアン助川)

そうなんです。(相談者)

だから、それだけが怖いから・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
アハッ・・(相談者)

顔を見せてもらった方が・・(相談者)

ちょっと、安心・・なんですよね。(相談者)

ま、仕事はねぇ、どんなものでも、辛さっていうのは、伴うかとも思うんですけども・・(ドリアン助川)

そうなんですよ、それを・・(相談者)
そのぅ・・ねぇ・・(ドリアン助川)

ぉ・・行き詰っちゃって・・変なこと、なんなきゃいいっていうのは、お母さんの気持ちで・(ドリアン助川)

あっ・・そうなんですよ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
病気だけに、なんないでくれれば・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

働きたくないわけじゃない子なんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

転職したらしたで、やるとは、思うんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

本人に、それが・・その自信がもう・・全然ないんですよねぇ。(相談者)

転職する・・自信もないし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

まぁ、息子さん、31歳ということでね・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
立派な、大人の年齢なんですけども・・(ドリアン助川)

そうなんです・・(相談者)

まぁ、しかし・・一人で・・ンン・・浮かない顔で、帰って来ると・・(ドリアン助川)

そうなんです。(相談者)
なにか・・一つ・・こう・・打開・・策に、なるような言葉も、与えたくなると。(ドリアン助川)

そうなんですけども、なん・・何を・・(相談者)

でぇ、なにか・・(ドリアン助川)

方法は、あるでしょうか?ということですね?

そうです。(相談者)
わかりました。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
それでは今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク