テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年8月17日(木)は、ドリアン助川&大原敬子。昨年の冬、自死した息子。親権を持ち二十歳過ぎまで、手元に居た長男。寺の跡を継ぐ為、別れた夫の元に行き、大学を卒業、僧侶の養成所のような所に入り連絡が取れなくなる。元夫に尋ねても、修行と言われる。警察からの連絡で自死した事がわかる。遺書のような紙メモはあったが、手元を離れた時、一言、二言でも悩みを聞けていたらと思うと、いつまでも気持ちが癒えない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:55歳女性 2度離婚し一人暮らし 同じ市内に娘28歳が一人居る 昨年の冬、息子28歳で自死

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

癒えない

あの、すいません、あの・・去年の・・昨年の冬に・・長男を亡くしたことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、わたしの、気持ちがですね、あの・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
癒えない・・いつまでも・・(相談者)

癒えないんですよ。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
それでぇ・・あの今、一人暮らしをしてるんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう、一人になると・・(相談者)

もう、亡くなった・・ことが、悲しくて、悲しくて・・(相談者)

そのことばかり、考えてしまうんですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
あのぅ・・(ドリアン助川)

もちろんだと、思いますけどねぇ。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

おいくつで・・いらっしゃいますか?あなた様?(ドリアン助川)

55歳・・(相談者)
55歳?(ドリアン助川)
50・・5歳です・・はい。(相談者)

え・・ご長男は、おいくつだったんでしょう?(ドリアン助川)

28歳でした。(相談者)
28歳?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

どういったことが原因で、亡くなられたんですかねぇ?(ドリアン助川)

あのぅ・・とても・・(相談者)

マイペース・・な、子だったんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしが・・ま、2回、結婚して・・(相談者)

あのぅ・・いるんですけれど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

2回とも、結局・・ダメになってしまったんですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それであのぅ・・前の主人・・が・・(相談者)

えっと・・ま、いろんなことで、わたしに対して、猜疑心を持ってしまって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、調停離婚・・っていう形で、向こうの申立てで・・離婚したんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

でも、まったくわたし、疑われるとか、そういうこと、例えばあのぅ・・浮気してるんじゃないか?っていうことを、言われてしまったんですけれど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

たぶんまったく、そんなことは・・なかったんです。(相談者)

ええ・・(ドリアン助川)

だって、むしろ、主人の方が・・(相談者)
・・
ま、自営業を、してたんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それまで家に、縛られていたのを、わたしが、結婚して、ま、入った途端に・・(相談者)

これ幸いみたいにして、自分が、しょっちゅう出かけてた人間なんですよね。(相談者)

ぁ、はい。(ドリアン助川)

・・

はい、それなのに・・(相談者)

あの・・自分の留守の間に、「何をしてたんだ?」みたいなこと、いきなり言い出して・・(相談者)

・・

そういうことから、ちょっと・・(相談者)

溝ができてしまった形で・・(相談者)

亡くなったんですけど・・結局、そのぅ・・(相談者)

二十歳を過ぎるまで、わたしの親権で・・(相談者)

子供・・を、育てていたんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

二十歳を過ぎた頃に・・なんか、わたしの内緒・・のところで・・(相談者)

跡継ぎが欲しいんだっていうことでもって・・(相談者)

あのぅ・・家に戻るように、話しを持ちかけて・・(相談者)

しまって・・まあ・・(相談者)
あの・・(ドリアン助川)

その、亡くなられた、ご長男というのは・・(ドリアン助川)

えー、一番最初に結婚された・・(ドリアン助川)

旦那さんとの間にできた、お子さんですか?(ドリアン助川)

あ、そうです、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

え、でぇ・・(ドリアン助川)

息子さん、二十歳になるまでは、お母さんと一緒に・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
いらっしゃったわけですね?(ドリアン助川)

えっと、21歳と・・(相談者)
21歳?(ドリアン助川)

もうちょっとぐらいだけど・・はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

えー、その後、その・・ぉ・・離婚された旦那さんの方に、戻られたということでしょうか?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そうなんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

後悔の念

まあ・・ぃ、一回・・長男が、もど・・その長・・ま、前の主人んとこ、戻って・・大学に入って・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あ、まあ・・わたしのところでは・・高卒で就職して、3年働いてたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

大学を・・(相談者)

出なきゃダメだって言われて、大学を出て・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

ま、家業・・(相談者)

つ、継ぐような形で・・いたんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ちょっとあのぅ・・お寺の関係でして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、大学を出た後に・・あの、資格を取るために・・なんと言いますか、施設と言いますかね、そういう・・あのぅ・・(相談者)

ん・・お坊さんの、養成所みたいな所で・・2年・・(相談者)

行ったりしたんですよね。(相談者)

僧侶の養成所のようなとこですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そうなんです、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

もう、養成所に入ると、携帯とか・・(相談者)

えっと、あのぅ・・かけちゃいけなくって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
でぇ、連絡が・・とれ、取れなくなってしまうんです、あの、ま、出家という形なのか、よくわかんないんですけど・・(相談者)
はいはい・・ええ、ええ。(ドリアン助川)

でぇ・・わたしはもう・・ちょっと心配はしていて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なん、なん・・もう養成所から出て来れ・・出て来るのを、ほんとに・・一日待ちに、日待ちにしてたんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・・

養成所出て・・いいんじゃないかって頃に、電話しましたけれども・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
・・
うん・・(相談者)

息子にも・・(相談者)

電話が通じないし、あの、携帯がもう、切られてる状態で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、全然・・通じないし・・(相談者)
・・
あのぅ・・元の主人に電話をしても・・(相談者)

「いや、大丈夫だよ、心配はいらない」と。(相談者)

「うん、また修行してるんだ」・・って形で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
全然わたしとは、連絡をと・・取って、もらえなかったんですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、えーっと、それが・・昨年の春ぐらいだったんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんだかんだ、もう心配して電話しても、いつもそんなような返事で・・(相談者)

春とか、夏、秋と、電話してたんですけれども・・(相談者)
・・
結局・・そのぅ・・(相談者)

元の主人から、家出をしたんだよって話しを、初めて聞いたんですね、そこで。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・・

・・・

でぇ・・えっと・・自殺したということを、連絡を、警察から・・もらったんですね。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

で、そういうことで・・(相談者)

もう、ほんとに・・(相談者)

・・・

あっという間に、なんか、わたしの手元を離れて、わたしの知らない所で、どんどん話しが・・進んでしまって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたし・・と・・(相談者)

一言でも、二言でも・・(相談者)

ちょっとでも、息子の・・悩みを聞いてあげてたら・・(相談者)

そんなことに、ならなかったんじゃないか・・(相談者)

っていう・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

ん・・後悔の念が・・(相談者)

十分・・毎日、苦しめるんですね。(相談者)

お苦しいですねぇ・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

穏やかに

ま、仕事なんかでは、なるべく考えないようにしてるんですけれども・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うん、どうしても、一人になってしまったり、もう寝ながらも考えてしまうっていう、形なんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はぁ・・い・・なので・・(相談者)
息子さんが、あの・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

自死ということ、選ばれてしま・・った・・遺書のようなものは、出てきたんですか?(ドリアン助川)

はい、遺書・・出てきました。(相談者)
ちょっとした、メモ紙・・みたいな形でしたけれど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その紙には、あのぅ・・(相談者)

家を出た時から・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・死ぬことばっかり、考えていましたっていうことで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
あのぅ・・で、まぁ・・気がかりだったのか、そのぅ・・家の一部を・・(相談者)

壊した・・(相談者)

それは、自分じゃないんです・・っていう、その、言い訳・・っていうのか・・それがすごく、気になっていたのか・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
ま、そういうことで、揉めていて・・もう、いたたまれなくなって・・出たのか・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
ま、そんなような・・(相談者)

ことしか、受け取れなかったんですけども・・(相談者)

あのぅ・・(ドリアン助川)

・・・

・・・

一人息子さんですよね?(ドリアン助川)

はい、そうです、あのぅ・・妹は、いますけどね。(相談者)
あ、妹さんが?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うん、まぁ、そのぅ・・(ドリアン助川)

当然・・当然、お苦しいと思います。(ドリアン助川)

当然、お苦しいと思うんですけども・・(ドリアン助川)

ぅうん・・(相談者)
抱えてらっしゃる苦しさというのを・・(ドリアン助川)

吐露されたかったという・・(ドリアン助川)

・・・

ことと・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)

あと・・少し、胸の中が、穏やかになる方法が、あれば?ということですか?(ドリアン助川)

はい、そうですね、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

えー、では、今日の先生・・紹介いたします。(ドリアン助川)

幼児教育研究の、大原敬子先生です。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク