テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月11日(水)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。3ヶ月前、元嫁の再婚相手が、子供が欲しくないとの事で、引き取る事になった5歳の娘。再婚した今の嫁は、幼稚園の送り迎えや、休みの日に一緒に出掛けたりしているが、なかなか心開いてくれないと悩む。どうすれば、心開いてくれるようになるか?という相談に、心開かないのは当たり前、人間の心を物みたいに扱うなと加藤諦三が指摘。
加藤諦三氏の〆の言葉『不幸を受け入れる。そうすると、やるべき事が見えてきます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:30歳男性 妻28歳 再婚 2年前に離婚した前妻との子 娘5歳 3ヶ月前に引き取り3人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、お世話になります。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

えーっと、30歳です。(相談者)
30歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
えーっと、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

28歳です。(相談者)
28歳・・お子さんは?(加藤諦三)

5歳です。(相談者)

5歳・・男の子、女の子、どっちですか?(加藤諦三)

女の子です。(相談者)
女の子・・はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

心を開かない

えーっと・・(相談者)

2年前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

離婚しまして・・(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

2年前に離婚っていうことは、今は、そうすると一人ですね?(加藤諦三)

あ・・(相談者)

再婚したんですよ。(相談者)
あ、再婚したんですか、はいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・元嫁が・・(相談者)

娘を連れてく・・ことになりまして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

最初は、そういう話しで、離婚をしまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・元嫁も、あのぅ・・再婚したんですね、最近。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ・・再婚した・・(相談者)

相手の旦那さんが・・(相談者)

はい?(加藤諦三)

子供は欲しくないみたいの感じの人らしくて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

子供を引き取って欲しいって、話しをされたんですよ。(相談者)

はい・・はい。(加藤諦三)

でぇ、子供、引き取って、3ヶ月経つんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まだ、ちょっと、子供の方が・・(相談者)

今の・・嫁の方に・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

心を開いてなくて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

ちょっと、嫁の方も、ちょっと、困ってるんですよ・・でも・・(相談者)
うんうんうん・・(加藤諦三)

・・

あのぅ・・(加藤諦三)

最初の時に・・(加藤諦三)

の、離婚の時にはね。(加藤諦三)

お互いに、欲しいって言って・・うん、元の・・お嫁さんの方に、引き取られたんですか?(加藤諦三)

それとも、最初っから・・(加藤諦三)

・・

あなたは・・(加藤諦三)

やっぱり・・(加藤諦三)

・・

父親だから、お母さんの方に、行きなさい・・ってことだったの?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

ま、僕も・・最初、引き取りたいって、話しはしたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、仕事もしていましたし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

どうやって・・育ててくの?みたい・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なことに、なったんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、周りの人は、やっぱり、あのぅ・・(相談者)

女の子なんで、やっぱ、お母さんの方に・・(相談者)

育ててもらった方が、いいんじゃないか・・みたいな感じで言われ・・(相談者)
ま、そりゃ、周りの人は、そういう・・こと、言う人は、多いでしょうね、そりゃねぇ・・(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まあ・・娘の方も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お母さんの方に、行きたいっていう・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

話しで・・(相談者)

ちょっと、待ったんですけど・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

それで今は、そうして、とにかく・・(加藤諦三)

引き取ったのね?(加藤諦三)

そうです、はい。(相談者)

・・

安易な考え

それでぇ・・なかなか、お互いに、子供と・・今の・・(加藤諦三)

あなたの・・奥さんとか、心開かないって・・どうしたらいいでしょう?・・って・・(加藤諦三)

言うけど・・(加藤諦三)

ちょっと、アレですね、いろんなこと・・が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
安易に考え過ぎていない?(加藤諦三)

・・

今の嫁の方は・・(相談者)

・・

幼稚園の送り迎えもしてくれますし・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

休みの日も、一緒に、お出掛けしてくれてる・・(相談者)
・・
んですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、ちょっと、子供の方がまだ・・(相談者)

慣れてないっていうか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

のが、あって・・(相談者)

どう・・して・・っていい?みたいな感じで・・(相談者)

っていうのが・・(相談者)

話しをされたんですよ。(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)

いや・・(加藤諦三)

それはそのぅ・・(加藤諦三)

むしろ、あなたのねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、そんだけ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

今のその、28歳のお嫁さんがね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
送り迎えもして・・るのに、なん・・どうして心開かないんだ・・っていうようなね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

なんか、その発想そのものが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

なんか、ちょっと・・傍から聞いてると・・(加藤諦三)

随分、人の心を・・(加藤諦三)

簡単に、考えてるなぁ・・っていうような、気がするわけですよ。(加藤諦三)

あぁ・・(相談者)
だって、子供はねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

3歳の時で、お父さんと、お母さん、別れたわけです。(加藤諦三)

はい。(相談者)
それだけだって・・(加藤諦三)

辛かったでしょう。(加藤諦三)

・・

はい・・(相談者)
さぁ、今度は、都合悪いから・・(加藤諦三)

お母さん、結婚するから・・(加藤諦三)

今度、向こう行きなさいと。(加藤諦三)

・・

そうすると、あなたもそこで、「はい、わかりました」って言って、受け取っちゃう?(加藤諦三)

そして、ちょっとやってみたら、心開かないっていうのは・・(加藤諦三)

傍から見るとねぇ・・(加藤諦三)

よくもここまで、人間の心を・・(加藤諦三)

物みたいに、扱うなって感じなんだよ。(加藤諦三)

ぁぁ・・(相談者)

だって、それは、そうでしょう・・(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

・・

だから・・(加藤諦三)

今の嫁に、心開かない・・(加藤諦三)

っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ある意味で、当たり前の話しで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

だから・・(加藤諦三)

どうしたら、心を開けるようになるんでしょうか?・・っていうよりも・・(加藤諦三)

むしろ・・(加藤諦三)

こういう・・(加藤諦三)

苦しみを・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

わたしは、どう解釈して乗り越えてったらいいんでしょうね?・・という相談なら・・(加藤諦三)

わかるんですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ところが・・(加藤諦三)

どうしたら上手くいくんでしょうね?って言われると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

それ、お前・・何、言ってんだって話しになっちゃいますよ。(加藤諦三)

そう思いません?(加藤諦三)

はい・・そうですねぇ・・(相談者)

この子供からすれば・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

わたしは・・(加藤諦三)

周りにとって、迷惑な存在だという・・(加藤諦三)

メッセージを今、受けて・・(加藤諦三)

5歳まで、来てるわけですよ。(加藤諦三)

はぁ・・(相談者)

・・・

心を開けっていうのは・・(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
いくらなんでも、無茶苦茶で・・(加藤諦三)

要求ですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

この子に、心を開けっていうのは・・(加藤諦三)

本当に酷ですよ。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
この子の、心を開くには、どうしたらいいですか?って言われたら・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

まず、あなたが変わりなさいって言う以外、ないですよね。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

・・・

でぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

だいたい、今日・・今日の相談は、わかりましたけれども・・(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに・・(加藤諦三)

え・・心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク