テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月5日(木)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。引退したいという父親の意を汲み、4年前に家業を継ぐ覚悟で戻ってきた相談者。ほぼ、自分の思う通りに仕事をしているが、母親が経理・会計を牛耳っており、異なる手順で仕事をすると口を挟んでくる。嫁や従業員とも上手くいっておらず、間に挟まれて途方に暮れる二代目。八方美人を認める相談者、何を大事にすればいいのだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『表と裏の使い分けが出来る事が、自我の確立です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:30歳男性 妻37歳 子供2人 2歳と0歳の男の子 父71~2歳 母62歳 従業員5人

もしもし?(加藤諦三)
あ、もしもし?(相談者)

はい・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

・・

どうも、こんにちは。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

・・

え・・30歳です。(相談者)
・・
30歳・・(加藤諦三)

あのぅ・・結婚してます?・・独身ですか?(加藤諦三)

あ、結婚してます。(相談者)
結婚してます・・えーっと、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

30・・7です。(相談者)
37歳・・(加藤諦三)

お子さんは?(加藤諦三)

えーっと、2歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
0歳の・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
男の子がいます。(相談者)

はい、わかりました・・それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

・・

店を引き継ぐ

えーっと、今、あのぅ・・実家が、商売してまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

4年・・ぐらいに、戻ってきたんですけども・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

まぁ、うちの親父・・が、もう、70・・1~2ぐらいですかね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
になりまして、引退したいんや、ということで・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

あのぅ・・まぁ、お店も引き継いでくれないか?・・っていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、この、今4年間、ずっと、やってきたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

いろいろ、こうやって、やっていくなかで、あのぅ・・(相談者)

うちの、おふくろ・・がですねぇ・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

結構、ネックになってまして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
・・
まぁ、今、いろいろとそのまぁ、おや・・うちの親父も、あんま、やってなくってですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

自分で・・いろいろ、考えて・・(相談者)
・・
やるんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、うちのおふくろがですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのぅ、今までやってきた・・ぁ、ことと、ちょっと、違うことが、したりするとですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、それと、違うんじゃないか・・とかって、いうですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・まぁ、話しになったりですねぇ・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ええ、あと、ま、ちょっと、うちの、おふくろは、は・・(相談者)

ちょっと基本的に、その・・ま、いろいろと、従業員さんとかも、何人か・・(相談者)

あの、いるんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

従業員、何人ぐらいいるの?(加藤諦三)

まぁ・・5・・5人・・ぐらい、いますかね。(相談者)
5人・・5人ぐらい・・いるんですか・・(加藤諦三)

・・

実は、その方達とも、あんまり上手くは・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
やって・・ない・・本人は、やってるとかって、言うんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

実際・・こう、現場に出て、こう、話したりするとですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

で、「ちょっと、辛い事、言われたんや」・・とかですねぇ。(相談者)
ええ、ええ。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

もしくは、ま、納得できない・・(相談者)

ぃ・・言い方、されたんや・・みたいな・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
あ・・話しが、結構、多くてですねぇ・・(相談者)
はぁい。(相談者)

でぇ、。まぁ、僕も結構、そんな、従業員さんと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あとはそのぅ・・身内の者として、あい・・間に立ってですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

よく・・悩んでる・・んですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい、それで・・(相談者)

うちの嫁さんが、あのぅ・・ま、子供、産んで・・(相談者)
はい。(相談者)

ま、一緒に、手伝ってやろうかなぁ・・と、思って・・(相談者)

でぇ、まぁ・・今の事業を、引き継ぐような、形でですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
やっていこうと・・思うんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

ま、正直、うちの嫁さんとも・・今のところは、あんまり上手くいってない・・様子なんです。(加藤諦三)
はいはいはい、そりゃそうでしょうね、こんだけ・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
従業員と上手くいってないっていうことは・・(加藤諦三)
でぇ・・ぇ・・へへへへ・・(相談者)

母親VS嫁・従業員

まぁ・・そのね、これから・・やっていくにあたって、もちろん・・自分が・・(相談者)

自信を持ってですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、これからもう・・あのぅ・・まぁ、俺の嫁さんと一緒に、やっていくんやと・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

うん、それをまぁ・・(相談者)

その、喧嘩してでもですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう・・(相談者)

何をおいても・・もう、喧嘩・・(相談者)

あのぅ、なんて、だから、ぼ、僕の心の中ではですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そのぅ・・お、奥さんとか、従業員とかの、味方に・・(相談者)

なってしまうと・・どうしても、おふくろからいったら、敵になってしまう。(相談者)

まあ、そうでしょうねぇ。(加藤諦三)

ま、そうですね、僕が、じゃあ、おふくろ寄りに、なってしまうと・・(相談者)

変な話し、従業員さんとかが、みんな、離れちゃって・・いっちゃうんですよねぇ。(相談者)
うん・・うん、うん、うん。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
それで、お母さんは今、何歳ですか?(加藤諦三)

・・

お母さんは今・・60・・2ですね。(相談者)

うーーん、元気ですねぇ、まだ。(加藤諦三)

・・

え、まだ、元気です・・ねぇ・・(相談者)

それでこのぅ・・商売っていうのは・・そのぅ・・お母さん・・抜きには、成り立たないんですか?(加藤諦三)

お父さんは、引退した・・しようって言ってるってことは?(加藤諦三)

・・

そうですねぇ、引退・・(相談者)

あの、もう親父は、あんまりもう、まぁ、ちょっと手伝ってくれる・・手、手伝っては、くれるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう・・(相談者)

ほとんど自分で・・もう、僕で・・もう、なんでもかんでも・・(相談者)

ああ、やりたいと思ったことは・・(相談者)

できる状況なんですけども・・ただ・・(相談者)

ただ・・ちょっと今・・おか・・(相談者)
っていうことは、アレね、お母さん・・抜きに・・(相談者)

うん。(相談者)
やろうと思えば、できる状態に、なってるということね。(加藤諦三)

・・

お金の?(相談者)

はい。(加藤諦三)
お金の、経・・会計とかですねぇ・・(相談者)

はい、はい。(相談者)

そ・・(加藤諦三)
お、お給料の面で、今までずっと、僕のおふくろがやってたもんですから・・(相談者)
はいはい、会計の・・(加藤諦三)
あの・・そこの・・(相談者)
責任者ね。(加藤諦三)

はい。(加藤諦三)
そうです、そこの部分は、やっぱり、まだ、あの、譲ってもらってないというかですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん。(加藤諦三)
うん・・あのぅ・・僕・・自分、まだ・・勉強してないところなんですけども・・(相談者)
うんうん・・うん。(加藤諦三)

八方美人

そうすると・・(加藤諦三)

・・

あなたの今日の相談っていうのは、このお母さんが・・(加藤諦三)

うん。(相談者)
従業員とのコミュニケーションがうまくいかなくって・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

困っていると。(加藤諦三)

・・・

・・・

そうですねぇ・・(相談者)

・・・

ということ・・(加藤諦三)
それで・・(相談者)
はい?(加藤諦三)

うん・・もう、これ、なんか僕も、ずっとそのぅ・・(相談者)

従業員と・・(相談者)

あのぅ・・そのぅ・・おふくろとの間に・・(相談者)

なぁ・・ずっと・・おったんでですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
これから・・帰ってきて・・(相談者)

なんか・・(相談者)

で、これから、まぁ引き継ぐみたいな形には・・な、なるとは思うんですけど・・(相談者)

・・・

そうなってくると・・まぁ、うちの、おふくろ・・とかと・・そのまた・・(相談者)

嫁・・なんか、その従業員とかと・・その間で・・すごいあのぅ・・(相談者)

悩むだろうなと思ってですね・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
まあ・・(相談者)

要するにアレでしょ。(加藤諦三)

・・・

あなた・・は、八方美人なんだ。(加藤諦三)

・・・

ああ、かも・・そうです、よく言われる・・あの、自分・・(相談者)

いやぁ、そりゃあ・・八方美人だったら・・あなた、あなた・・今、不安で、辛いわ。(加藤諦三)

だって・・あの、お嫁さんにも、いい顔したいわ・・お母さんにも、いい顔したいわ・・従業員にも、いい顔したいわ・・っつって・・(相談者)

八方美人で・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
それで心穏やかに・・(加藤諦三)

生きていこうっていうのは・・無理じゃない?(加藤諦三)

・・・

ああ、無理なんですかね?(相談者)

だって・・(加藤諦三)

・・・

ず・・(加藤諦三)

商売やってて色々大変で、立場がそれぞれ、お母さんと、嫁さんと、従業員と、みんな違うわけですよ。(加藤諦三)

・・・

ええ、ええ、ぇぇ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

それで、あなた、みーんなから・・(加藤諦三)

・・・

に、いい顔したいと。(加藤諦三)

む、むしろ、いい顔しないではいられないんだよね。(加藤諦三)

・・・

・・・

はぁぁ・・(相談者)

そうですか・・(相談者)
っていうよりも、みんなに愛されてることが、あなたの生きてる意味なんだよね。(加藤諦三)

・・・

・・・

あぁ、そうかもしんないですねぇ。(相談者)

ねえ。(加藤諦三)

それでぇ、まぁ・・その中で、自分は・・(相談者)

・・・

何を・・大事にして・・(相談者)

・・・

ま、いっかい・・ま、自分の気持ちを大事に・・(相談者)
いやぁ・・それはもう・・(加藤諦三)

答えはもう、明らかなんですけどね、自分を大切にするって。(加藤諦三)

だけど・・これからですね、もうちょっと、そういう・・簡単な・・話しではなくてですね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ、いろんな・・もっと、心の・・奥・・底の・・ある問題まで含めて・・(加藤諦三)

え・・今日はスタジオにですねぇ・・心についての・・エッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしているので・・(加藤諦三)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク