テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年2月10日は、今井通子&三石由起子。高校2年生の息子の留年が決定。留年して卒業した子はいないとのことで、通信制へ変更することに。出席日数が足らず、学校からは言われていたが、実際に留年となると塞いでしまう。これが一番いい方法と納得する部分と、もった息子の為にやってあげれたのではないかという後悔の部分が混同し、悩んでしまう。心の持ちようをどうすればいいのか?という相談。

テレフォン人生相談2017年2月10日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:46歳男性 妻41歳 長男17歳 次男14歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

※クリックすると、本ページ内の指定した場所へ移動します。
※「目次に戻る」をクリックすると、ここに移動します。

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

46歳男性から、自分の心の持ちようについてなんですけれども・・ちょっと、子供が、高校・・通えなくて・・えぇ、ま、進路変更する・・まぁ、それが一番いい方法なのは、頭でわかっているのですが・・

どうもこう、一人になると考えてしまって・・こう、気分が塞いでしまうと言いますか・・

まず、あなたのお歳は?(今井通子)
46歳です。(相談者)
46歳・・奥様は?(今井通子)
はい・・え、41歳・・(相談者)
41歳・・(今井通子)

子供のって、おっしゃったんですが・・(今井通子)
はい。(相談者)
男のお子さん、女のお子さん?(今井通子)
男の子です。(相談者)
男のお子さん・・(今井通子)
はい。(相談者)
今、何歳ですか?(今井通子)
え、17歳・・(相談者)
17歳・・の方と・・(今井通子)
はい・・えー、その下に・・男の子が、14歳・・(相談者)
はい。(今井通子)
です。(相談者)

高校留年という現実

じゃあ、17歳のお子さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)
学校に、通えなくなったんですか?(今井通子)

それとも・・(今井通子)
そうですね・・あのぅ・・(相談者)

特に何が原因ってわけじゃないんですけど、朝、起きられないとかで・・(相談者)

まあ、学校、半分ぐらいしか行けなかった・・(相談者)

今・・高校?(今井通子)
2年生・・(相談者)
2年生・・(今井通子)
だったんですけど・・(相談者)

はい。(今井通子)
まあ・・で、留年になりますよということで・・(相談者)
はい。(今井通子)

まあ、もう・・早い段階から・・(相談者)

・・・

言われてはいたんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)
ま、やっぱり、現実に迫ってきて・・(相談者)

はい。(今井通子)
ま、手続きなんかもしなきゃいけないっちゅうなかで・・(相談者)
はい。(今井通子)
ちょっと・・はい・・(相談者)

です。(相談者)
ということは・・2年生を・・(今井通子)
はい。(相談者)
ほとんど出席しなかったの?(今井通子)

いや、は・・半分ぐらい・・(相談者)

半分ぐらい?(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・・

これは・・あの、お子さんは、朝が起きられないとおっしゃってるの?(今井通子)
あ、はい。(相談者)

・・・

他になにか、原因はないんですか?(今井通子)

・・・

ん・・思い当たることっちゅうのは、そのぅ・・(相談者)

・・・

ぁ・・なんちゅうの、甘えってるっていうのか、ま、行かなくても、どうにかなるみたいな考えがあったのか・・(相談者)

・・・

うん。(今井通子)
まぁ、起きない。(相談者)

えー、なかなか自分で行かないっちゅう感じです。(相談者)

例えば、学校でイジメにあってるとか?(今井通子)
それはないみたいです。(相談者)
そういうことはない?(今井通子)
はい。(相談者)

お子さん、友達はいっぱい、いらっしゃる?(今井通子)
はい。(相談者)

ふん・・(今井通子)

夜遊びが過ぎる?(今井通子)

いやそれもないです。(相談者)
あ、それはない?(今井通子)
あるいはあのぅ・・携帯だとかビデオだとかで・・(相談者)

うだうだ夜・・(相談者)
あぁぁ・・(今井通子)
やるときある・・ちゅうことはあります。(相談者)

過去と未来の狭間で悩む

でぇ・・(今井通子)

今そうすると、あなたの・・お悩みは・・(今井通子)
はい。(相談者)
息子さんが・・留年になってしまうっていうことが・・(今井通子)

えっ?・・そこは・・受入れられてるつもりなんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、それで、実際に手続きなんかをすすめていくと・・(相談者)
はい。(今井通子)

・・・

なんて言うんですか・・もう少し、なんとかして、で・・してあげられなかったかな?とか・・(相談者)
ま、学校変わるわけなんですが、友達と一緒に卒業アルバム・・(相談者)

まぁ、載る事ができないだとかっていうのを、考えるとなんか・・自分で自分を・・(相談者)
あっ、学校変わるというのは・・(今井通子)
はい。(相談者)

ここで・・同じ学校では、留年し・・したくないって、息子さん言ってるわけ?(今井通子)

えーっと、そこは、まぁ学校の先生も・・(相談者)
ええ。(今井通子)

まあ、留年して・・卒業出来た人は、まずこの10年いないんで・・(相談者)
ええ。(今井通子)

あのぅ・・もう少し・・か、あの、楽に卒業できるとこに移った方がいいでしょうということで・・(相談者)
あっ、なるほどね。(今井通子)

はい。(相談者)
うん。(相談者)
それは・・自分でも、受入れて、それが一番いい方法だっていうのは、頭ではわかってるんですけれども・・(相談者)
で、息子さんは、それを納得してるの?(今井通子)

えー、やっぱり、納得・・は、してるんですけど・・やっぱり、同じようにそのぅ・・ちょっと、わだかまりがあるような感じは受けます。(相談者)

仲間と離れてしまうとかっていうのには、やっぱり・・(相談者)

現実になってきたら、やっぱり・・(相談者)
あ、抵抗感がある?(今井通子)
はい。(相談者)
ああ・・(今井通子)

で、そこで・・じゃあ、あなた自身、お父様としての悩みは・・(今井通子)
はい。(相談者)
もうちょっと、尻を叩いて・・(今井通子)

出席日数を、足らしておけば良かったとか・・(今井通子)

いや、それができてれば・・(相談者)
うん。(今井通子)
行って、大丈夫だったと思うんですけど、それはやっぱ不可能だったと思いますんで、日常生活を見てると・・(相談者)

そこには、後悔・・(相談者)

っていう、まあ、後悔があるのかもしれないんですけど・・まあ・・(相談者)

う、うん・・でもその・・(今井通子)
一緒に卒業させてあげたかったなっていう・・ような思いと・・(相談者)
うん。(今井通子)
まあ・・(相談者)

これが、一番いいんだなっていう・・思いと・・(相談者)
うん。(今井通子)
ま、両方あって・・(相談者)
うん。(今井通子)

その、自分の心の持ってき方っていうか・・(相談者)

・・・

よ、要するに・・(今井通子)
こう・・(相談者)
過去について・・(今井通子)

もっと、こうできたのに、ああできたのにって、悩んでしまう時がある?(今井通子)

そうですね。(相談者)
はい。(今井通子)

それと、一方で・・(相談者)
はい。(相談者)

まあ、これが一番良かったんだ・・(今井通子)

っていうふうに・・(今井通子)
はい。(相談者)
諦めようっていう・・(今井通子)

心も・・ある?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)

で、そこの狭間で、あなた自身が、悩んでらっしゃるってこと?(今井通子)

そうですね、はい。(相談者)
うん。(今井通子)

方向性は決まったが

奥様は、どうなんですか?(今井通子)

いや、当初やっぱ、かなり悩んでましたけど・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・方向性が決まってからは・・(相談者)
うん。(今井通子)

もう・・割と大丈夫な感じですね。(相談者)

なるほど。(今井通子)

もうじゃあ・・この学校は・・(今井通子)
はい。(相談者)
ま、一応、辞めて・・(今井通子)
はい。(相談者)

他の・・学校に行く?(今井通子)

そうですね。(相談者)
そのぅ、楽な学校っていうのは・・どういう学校なんですか?(今井通子)
あぁまぁ、あの、通信制です。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

他に・・息子さんがなんか、興味持つものとか、ないんですか?(今井通子)

そう・・興味・・ってのは、いろいろ持って・・は、いますけど・・(相談者)
うん。(今井通子)

ま、最近なんか、筋トレだとか・・(相談者)

健康みたいなことには随分・・興味を持ってるみたいです。(相談者)

ま、将来を考えた時に・・(今井通子)

今、普通に、あのぅ・・(相談者)
し・・し、仕事に・・つなが・・(今井通子)
ま、4年制の大学に行って・・(相談者)
うん。(今井通子)

っていうふうに、考えてる・・ようです、本人も。(相談者)

ご本人も?(今井通子)

はい。(相談者)

4年制の大学に行って・・(今井通子)
はい。(相談者)
まぁ、どこかに・・就職し・・(今井通子)

そうですね、今・・(相談者)
お父さんと、同じようにサラリーマンになろうと?(今井通子)

そりゃまぁ、まぁ、もう少し専門職にみたいなぁ・・それに挑戦できればっていうのも・・(相談者)

ふん・・(今井通子)
あるようですが・・本人には。(相談者)

なるほどねぇ。(今井通子)

そうすると・・(今井通子)
はい。(相談者)
お父様が、ご自身で、その・・こうしてあげれば良かったみたいなところと・・(今井通子)
はい。(相談者)

逆に、これが良かったんだっていうところで・・(今井通子)
方向性が決まったにも関わらず、まだ・・悩んじゃっている・・ということが・・(今井通子)

そうですね。(相談者)
今日の、ご相談理由?(今井通子)
はい。(相談者)

わかりました。(今井通子)

えー、今日はですね・・(今井通子)
はい。(相談者)
三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由起子先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

目次に戻る

三石由起子アドバイス

はい、こんにちは。(三石由起子)
あ、よろしくお願いします。(相談者)

自分で招いた結果、鼻で笑え

はい・・あのぅ、父親の役割っていうことだと思うんだけれども・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あのぅ、父親ができることっていうのは・・過去のことはどう・・ねえ、してもしょうがないんで・・(三石由起子)
はい。(相談者)

これ、あの、今後何を厳しくして、何を庇っていくかっていうことに尽きると思うんだけれども。(三石由起子)
はい。(相談者)

例えば、あの、仲間と離れる・・ことが寂しそうで、ぐずぐず・・しているような子どもを見た時にね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

あのそれはねぇ、あの、突き放していいと思うんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

これは、当たり前の結果ですよね。(三石由起子)
はい。(相談者)
行かなかった、自分が招いた結果なんで・・(三石由起子)
はい。(相談者)

そんなのは、あのぅ・・悩んでる方がおかしいっていう・・ことをね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
鼻で笑ってやるっちゅうことが・・1つのその、父親の役割じゃないかと、わたしは思うんですけど・・(三石由起子)
あ、はい。(相談者)

あのぅ・・何をかばうかっていうことを・・こん、今後ね・・(三石由起子)
あ、はい。(相談者)

考えた時に、父親側の、何をか・・してやれるかとか、何をかばえるかっていうのは・・(三石由起子)
ただそのぅ・・子供に・・広い目を与えるっていうことだけだと思うんですよ。(三石由起子)

いくつもの道がある

はい。(相談者)
子供って、やっぱり・・(三石由起子)

ぁ・・そんなに、広い目を持ってないんで・・(三石由起子)
はい。(相談者)
だから、父親がね・・あのぅ・・(三石由起子)

道はいくらでもあるんだと・・(三石由起子)

あ、はい。(相談者)
あのぅ、高校を辞めようが、通信になろうが、大検になろうがね・・(三石由起子)

あ、はい。(相談者)
あるいは、通信がうまく行かなかろうが・・(三石由起子)

大学に入れなかろうが・・(三石由起子)
はい。(相談者)
道はいくらでもあるし、どうやったって生きていかれるんだって言うことをね・・(三石由起子)

あ、はい。(相談者)
本当に、これ、母・・あの、母親と違って・・(三石由起子)
あ、はい。(相談者)
父親がもう、確信として信じて教えてやることだと思うんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
行かなくたっていいんだよと。(三石由起子)

ただそれを、あの、本当に確信を持って教えることによって・・(三石由起子)

あの、同時にしなきゃいけない事は・・あの、自分の責任を、子供に感じさせるっていうことですよね。(三石由起子)
はい。(相談者)
あの・・(三石由起子)

どんな道でもあるけれども、その結果っていうのはやっぱり自分が・・毎日毎日選んできた積み重ねが未来になるわけですから・・(三石由起子)
はい。(相談者)

で、その・・あの、父親はただ、ひたすらその広い視野でね、こんな道もある、あんな道もあるって・・(三石由起子)

あの、こんなことはたいしたことじゃないっていう、態度をとることがすごく大事だと思うんだけど・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そうしないとあの、子供は、自分の責任を感じることができないと思うんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
で、そこで、まあ、かばってるように見えて、広い視野で世の中を見ることを教えるっていうことは・・(三石由起子)

実はあのぅ、すごく厳しくするっていうことと同じで・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あの、子供に自分の、その行動の結果を・・(三石由起子)

もう、ヒシヒシと感じさせるっていう・・これはもう、父親しかできないことだと思うんですね。(三石由起子)

先回りできない

はい。(相談者)
でぇ、子供ってね、あのぅ、親はほら、先回りして、教えてやろう、教えてやろうと、思いますけども・・(三石由起子)

はい。(相談者)
みるみる失敗するのが分かってるから教えてやろうと、思うんだけども・・(三石由起子)

子供っていうのは、あのぅ・・言われてもわかんないですね。(三石由起子)

むかえ・・(相談者)
実際、自分で痛い目にあったり、やってみたり・・(三石由起子)
はい。(相談者)
納得しない限りは、わからないんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
だから、これは、あの、やっぱり・・言ってしまうのが母親だと思うんだけれども・・(三石由起子)

はい。(相談者)
父親の役目としてはね・・いや、高校なんか行かなくたって大したことないと・・(三石由起子)

大学なんか行かなくたって、大したことないと・・(三石由起子)
どうやったって・・世の中生きていかれるんだっていうことをね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ま、鼻歌まじりに・・教えるっていうことで・・(三石由起子)
あ、はい。(相談者)
自覚させるしかないと思うんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
だから、それはね」、どんなに先回りして、あれをすればよかった、これをすればよかったと思っても・・(三石由起子)

できたことではないし・・(三石由起子)
はい。
今からもね・・(三石由起子)

先回りして教えられる事でもないと思うんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
だから・・(三石由起子)

本人が・・(三石由起子)

わかるまで、父親の役目っていうのは・・(三石由起子)

やっぱ、広い目で・・(三石由起子)
はい。(相談者)
絶対に、生きていかれる。何があっても生きていかれる、どうやったって、あのぅ、男1匹、暮らすことができるんだっていう・・(三石由起子)
絶対的な自信をね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ただ励まして、教えてやればいいと思う。(三石由起子)

う、はい。(相談者)
それより後のことっていうのは、本人が考える以外、どうしようもないんですよ。(三石由起子)

自信のなさは見せない

あ、はい。(相談者)
これは・・あの・・あなたが今・・今みたいなこう・・なんか、き、気持ちっていうか、不安なっていうか・・(三石由起子)

これでいいのか?みたない気持ちだと・・(三石由起子)

あ、はい。(相談者)
あの、ずーっと、おろおろしなきゃいけないね。(三石由起子)

はい。(相談者)
通信・・やったか?とか、宿題やったか?とか、スクーリングの時期じゃないのか?とか・・(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、それをね、いちいちやったら、あの・・父親の、その自信の無さ・・みたいなものを・・(三石由起子)

見せるだけになってしまうと思うんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
それとね、もう一つはねぇ、この・・次男の方がいるでしょう、中学の?(三石由起子)
はい。(相談者)

そうすると、あ、オヤジって結構甘いんだな、とかね・・こんなことしてもいいのかとかね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あ、ここまでは許されるんだなって、なめるんですよね、子供って親を。(三石由起子)

はい。(相談者)
で、それだけはさせちゃだめなような気がするんで・・(三石由起子)
はい。(相談者)
やっぱりその・・(三石由起子)

この高校2年の子を、今からもう一回、高校2年をやらせるにあたって・・(三石由起子)
やっぱり、励ます・・しかもそのぅ・・(三石由起子)

あのぅ・・なんか、広い視野に立って励ます。(三石由起子)
でも、俺はお前の人生は知らないし、責任は持たないんだっていう事を・・同時に教えながら励ましていくっていうことを・・(三石由起子)

あ、はい。(相談者)
するのが、父親の役割だと思うんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
これは、やっぱり母親にはできないことなんで・・(三石由起子)
はい。(相談者)
やっぱり、あのぅ、本当にこれが父親の・・なんか、見せどころっていうかね・・(三石由起子)

本当に役目だと・・思うんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
これ大変なことだと思いますけど・・(三石由起子)
はい。(相談者)

うん、なんとか頑張って欲しい・・(三石由起子)
あ、はい。(相談者)
と、思いますね。(三石由起子)
はい。(相談者)

どうでしょうかね?(三石由起子)

・・・

わかります?(三石由起子)
そうですね、はい。(相談者)
はい。(三石由起子)

目次に戻る

今井通子まとめ

おわかりになりますか?(今井通子)
はい。(相談者)

過去より先のこと

あのぅ、今あなたが悩んでいらっしゃるのは過去のことですよね。(今井通子)
はい。(相談者)

まあ、あの、先の不安もお有りだったんでしょうけど・・(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)

で、過去はもう取り返しがつかないので・・(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)

それよりも先のことを考えた方がいいっていうふうに・・(今井通子)
はい。(相談者)

三石先生はおっしゃってるんですが・・(今井通子)
はい。(相談者)

なんか、その・・(今井通子)

先のことで・・(今井通子)

考えたときに・・(今井通子)

はい。(相談者)
今のお話で・・(今井通子)

なんか、具体的にお分かりになりますか?(今井通子)

・・・

そう・・ですね・・まあ、なんとなく、イメージができました。(相談者)

うん、例えば・・3日、4日・・携帯も・・パソコンも通じないような国、連れてってみるとかね。(三石由起子)

はい。(相談者)

うん。(三石由起子)

・・・

探そうか?(三石由起子)
携帯や・・コンピューターなくても・・こんな楽しいのか・・とか、こんな暮らしがあるのか・・ってこと・・(三石由起子)

知らないってこと、ないじゃないですか。(三石由起子)
そうですね、うん。(今井通子)

そう、そういうなんか、異文化を見せてやるっていう・・ことですよ・・(三石由起子)
うん。(今井通子)
わたしが言ってるのはね。(三石由起子)
はい。(相談者)

あの・・いかに自分の・・そのぅ、なに?・・視野が狭いかっていうことを・・(三石由起子)

あの・・気が付かせてやるっていうのは、やっぱり、父親の役目だと思いますね。(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

悩んでいる場合じゃない

だからやっぱり、一つには、父親が、落ち込んでちゃダメですよね?(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

俺は理解できないなら、理解できないで、通せばいいと思うんですよ。(三石由起子)

あ、はい。(相談者)
うん、そういう・・だから・・理解してやりたいけれども、わからない、それでもいいのかな?・・みたいな不安っていうのは・・(三石由起子)

子供が見てとると、なめるから・・(三石由起子)
はい。(相談者)
でしょ、それを心配してるんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
特に、ここに中学生がいるから・・(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

強いお父さんに・・なってくださいよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

おわかりいただけましたか?(今井通子)
あ、はい、ありがとうございます。(相談者)
はぁーい。(今井通子)
頑張ってください。(三石由起子)

お父さん、いずれにしても、お父さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)
過去のことで・・(今井通子)
うん。(三石由起子)

はい。(相談者)
悩んでる場合じゃないってことだけは・・(今井通子)
そうそうそう・・場合じゃない、場合じゃない。(三石由起子)
おわかり・・いただけましたよね・(今井通子)
はい・・わかりました、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

じゃあ、そういうことで。(今井通子)
はい。(相談者)
はい、失礼しまーす。(今井通子)
お元気で。(三石由起子)
失礼します。(相談者)




YouTube

管理人のちょっとひと言

朝、起きられないっていうのは
この間、大原先生が回答してました
子供の遅刻の原因

あと、なにも海外に行かなくても
「ランプの宿」にでも泊まれば?
青森の、青荷温泉ね

行きそこなったんだよなぁ
携帯も圏外だっていうし
行った人は、良かった~とご満悦でしたけど

やっぱり今回は、三石先生のアドバイスがいい!

『親はほら、先回りして、教えてやろう、教えてやろうと、思いますけども・・みるみる失敗するのが分かってるから教えてやろうと、思うんだけども・・子供っていうのは・・言われてもわかんないですね。実際、自分で痛い目にあったり、やってみたり・・納得しない限りは、わからないんですよ』

これ、本当にそうね
これが、あって、広い視野が有効に作用します

『どんな道でもあるけれども、その結果っていうのはやっぱり自分が・・毎日毎日選んできた積み重ねが未来になるわけ』

『父親はただ、ひたすらその広い視野でね、こんな道もある、あんな道もあるって・・こんなことはたいしたことじゃないっていう、態度をとることがすごく大事』

あんたが、シャッキとせい!
父親がブレてるから
子供が、ブレる

肝に銘じて!
目次に戻る

スポンサーリンク