テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月16日(水)は、ドリアン助川&大迫恵美子。65歳の女性から、20年以上前に他界した夫。少し離れた実家のお墓に入れた。夫の両親は健在だが痴呆症で夫の妹が世話をしている。子供達の卒業祝いや結婚祝いに、まとまったお金を両親から貰っており、それで相続はしないものだと、義妹は言っているし、義妹が管理している夫が眠るお墓にも入れてくれそうもないが、どうなるのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:65歳女性 一人暮らし 夫は20年以上前に40歳過ぎで他界 子供は三人 皆、成人している 息子一人に娘二人 夫の両親は痴呆症だが健在で、義妹(60歳ぐらい)が面倒を看ている 他に義姉がいる様子

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
はい、お願いします。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

ぇ、今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

えーっとですねぇ・・(相談者)

ぇ・・お墓のことと・・妹の関係と、相続のこと・・(相談者)

お墓のことと妹さんのことと相続?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ん・・今、どういう・・家族形態でいらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

あっ・・一人暮らしです。(相談者)

一人暮らし?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ、今、ど・・ん・・悩まれてる事は?(ドリアン助川)
・・
まずじゃあ・・お墓からいきましょうか?(ドリアン助川)

えーっとですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

主人が・・もう、二十年以上前に、亡くなったんですよね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

それでぇ・・主人の両親が、今まで健在で・・(相談者)

そろそろ危ないって言われてるんですよね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

それでぇ・・(相談者)

ちょっと離れてるもんですから、いも・・妹がいて、妹がちょっと面倒を看て・・アレですよね、この・・一年ぐらい、一年・・か、一年半ぐらい・・(相談者)

妹さんっていうのは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あの、ご主人の?(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

看てたんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
この間・・あのぅ・・(相談者)

母の方が危ないっていうことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

妹に・・あのぅ・・(相談者)

「お墓・・どうするの?」って・・(相談者)

わたしが・・お墓・・にね。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・「どうするの?」って、「どこに入るの?」って、聞かれたんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
はい、そいでぇ・・うちの主人は、あのぅ・・(相談者)

主人の両親の・・建てたお墓に・・入れたんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

ぇ、ちょっと離れてるんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

そしたら妹が、そのぅ・・両親、あの母親がとか、具合悪くなってから・・わたしに、えっと、わたしは、「どこに入るの?」って、聞くわけですよね。(相談者)

あなたが、どこに入るの?ってことですね?(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だからわたしも・・(相談者)

わたしはほれ、主人が入った時点で、自分もそこに入ると思ってたもんですから・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ええ。(相談者)

なんでそんなこと聞くのかなぁって・・この間、聞いたんですよね。(相談者)

ええ。(ドリアン助川)

そしたら・・(相談者)

自分の・・(相談者)

地元の、自分の・・とこに入ると思ったからとかって、こうなんて言うの?・・にごすような言い方するんですよね。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)

だから・・(相談者)

えっ?・・っと思って・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

実家の方の・・(ドリアン助川)
はいはいはいはい。(相談者)
お墓にって・・いうことですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

えっ?・・って、それはないだろう・・と、わたしは思ったんですけど。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
うん。(相談者)

そして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うちは・・あのぅ・・長男なんですけど、主人も亡くなりましたから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
妹が・・(相談者)

面倒みる・・っていうんですか?(相談者)

ええ。(ドリアン助川)
もつ・・って言ってるんですよね。(相談者)

あのぅ・・スイマセン、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)

65歳です。(相談者)
65歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ということは、随分、ご主人・・若い頃に・・(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)

ご・・ご主人、いくつで・・逝かれてしま・・(ドリアン助川)
40・・過ぎですね。(相談者)
40歳過ぎで?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、えーっと・・妹さんというのは・・今、おいくつなんでしょうか?(ドリアン助川)

60・・(相談者)

過ぎ・・です。(相談者)
60過ぎ?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
この妹さんと・・あなた・・との関係っていうのは、これまではそんなに悪くなかった?(ドリアン助川)

いや、普通だって、わたしは思ってたんですよねぇ・・ふふっ(苦笑)・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
そんなにあのぅ・・わたしもずっと、仕事してましたから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
アレですけど・・ええ。(相談者)

普通に、こんなもんかなぁって・・(相談者)
ふ-ん・・(ドリアン助川)
思ってたんですよね。(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
うん。(相談者)

そこへもってきて・・あのぅ・・なんて言うの?(相談者)
・・
いも・・うと(妹)が・・(相談者)

看るって言って、その・・(相談者)

財産のことについてもね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
あの・・妹がずっとみんな・・(相談者)

今はほら、痴呆にかかってますから・・(相談者)

え・・(ドリアン助川)
ええ、両親が。(相談者)
両親がね?・・はい(ドリアン助川)
はい、はい・・だから、管理してるんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
だからわたしは・・そのぅ・・なか・・み(中身)を、ぜんぜんわかりません。(相談者)

財産の中身は?(ドリアン助川)
はい、はい・・(相談者)
わかんない・・ってことね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

それでぇ・・(相談者)

あの、この間、あのぅ・・見舞いに行った時に・・食事した時に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
妹が・・あのぅ・・うちは・・ほれ・・(相談者)

あのぅ・・主人、大学出てるんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
妹は出て・・私立高校・・で、出てないんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん・・だから、そういうものとか、うちの・・子供達に、あの・・(相談者)

卒業祝いとかに・・(相談者)

あの、まとまったお金をくれたんですよね、「車、買いなさい」とか。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
言って・・(相談者)
妹さんが?(ドリアン助川)

いやいや(苦笑)。(相談者)

お父さんが。(相談者)
あっ、お父さんが?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

それとか・・あの、結婚する時とか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
なんか、お祝いとか・・(相談者)

もらったんですけどね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

妹はその、車・・買うとかなんとかって言ったら、わたしも・・そんなこと、妹のとこも、同じふうにしてると思ったんです、両親が。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

だから・・「アレでしょう?」って言ったら、「うちはね、もらわなかった」って。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
「祝いだけで、断った」って言うんですよねぇ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

そうし・・そうやって言われて・・(相談者)

だから、あのぅ・・(相談者)

なんて言うの?チャラ?(相談者)

ああ・・(ドリアン助川)
「それでいいと思った」って言われたんですよね。(相談者)

ええっと、あなた様の・・息子さん?(ドリアン助川)

ぉ、お嬢さん?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ぉ、お子さんは、何人いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
三人です。(相談者)
三人?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
三人とも・・もう・・(ドリアン助川)

成人してらっしゃいます?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

あなたの・・あの、家庭には、こう、こういうふうにしてるから・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
まぁ、暗に(あんに)、この財産の方は、諦めてください・・相続のほう・・(ドリアン助川)
そういう意味かな?・・って・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
思ったんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしも、あのぅ・・そういうふうに、お母さん達も、具合悪くなる前は・・(相談者)

妹も面倒看てるし、わたしもしてもらってるから、いいと思ってたんですよね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

いいと思ったんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
なんか、いろんなこと言う・・言われだしたら・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ふと・・はぁ(大きなため息)・・(相談者)

えっ?・・っと思・・って・・(相談者)

あのぅ・・まぁ・・旦那さんの・・両親?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
の・・(ドリアン助川)

名義は、お父さんとお母さん・・(ドリアン助川)
はあ・・(相談者)
の、財産ってことになるんですかねぇ?(ドリアン助川)
はあ・・(相談者)

でぇ、それを・・あなたにまず、そのぅ・・相続する・・(ドリアン助川)

権利があるかどうかっていう・・(ドリアン助川)
いや、わたしにないことは知ってます。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

だから、うちの子供達に行くっていうの知ってます。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ぁ、それは・・ご存知なんですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、お子さん達三人っていうのは、今その、どういう状況かってことは、わかってるんですか?(ドリアン助川)

「もらえる物だったら、もらいたい」って、言ってました。(相談者)
いやぁ・・(ドリアン助川)

息子、「いらない」って、言ったんですけど。(相談者)

ん?・・息子さん、「いらない」と。(ドリアン助川)
はい、いや、遠く離れてるから・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
アレだって、言ったけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
はい、はい・・(相談者)

え、あ、ごめんなさい、三人のお子さんの・・息子さんと?(ドリアン助川)

娘、二人です。(相談者)
娘、二人?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

え・・この三人に、ぃ・・ま、貰えるもんがあるなら、ん、ん・・引き継がせたいと?(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
え・・どうしたらいいか?ということですか?(ドリアン助川)

はぁい・・それと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そのぅ・・なんて言うんですか?そうやって・・(相談者)

「どこに入るの?」って、言われた時点でね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

妹が・・みるって・・(相談者)

仏壇も・・お墓もみるって言ったんですけどね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

妹がみた場合、わたしは、このお墓に入れないんですか?(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

・・

状況としては、わかりました。(ドリアン助川)
・・
え・・こっから先、どう動けるか・・ということですね。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい・・えーそれでは、今日の回答者の先生紹介いたします。(ドリアン助川)
・・
弁護士の、大迫恵美子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

  1. 弁護士の言う通り、調停で決着つければいいんですよ。
    それに、相談者は相続に関しては当事者じゃないですからねえ。子供たちにやらせればいいんです。

    なぜか「調停」という言葉にため息ついてましたけど、闘うべき時に闘わないで逃げてしまうと、後々愚痴をこぼすことになりますよ。しっかりしてもらいたいです。

  2. そのお墓に、入りたいですか?

    ご主人のお骨、分骨って面倒かな?
    できるならば、私なら、相続放棄させて、分骨してもらって、
    新しいお墓立てますが。

    分骨が大変なことならば形見と一緒にご自分のお墓に。。。

    「骨」が無ければ、お墓に関するしきたりも簡単にできるのにと、たびたび思います。。。

  3. 小姑との関係は 姑より厄介 と 言いますからね、どこまで行っても 義妹と 上手く行くわけがありませんね!
     相手(義妹)からは  貴女の 悪口しか出ないでしょうね、ご回答にもありましたとおり 第三者に 双方の言い分を 聞いて 判断してもらうのが最良です。